申し込みから解約まで網羅!ソフトバンクAirの基礎知識を徹底紹介

申し込みから解約まで網羅!ソフトバンクAirの基礎知識を徹底紹介

ソフトバンクのインターネットと言えば光コラボのソフトバンク光ですが、ホームWiFiのソフトバンクAir(エアー)も人気のあるネットです。これからネットを始めたい。だけど高額な工事費や工事期間が気になる・・・。という人には工事不要で即日からネットにつながるソフトバンクAirがおすすめです。今回はソフトバンクAirのサービスを申し込みから解約まで徹底紹介します。

目次

ソフトバンクのおうちのWiFi「ソフトバンクAir」

※画像はソフトバンク公式サイトより引用

ソフトバンクAirはソフトバンクが提供するWiFiサービスです。光回線のような光ファイバー網を自宅の終端装置に引き込み、ネットにつなげる有線とは異なる無線のインターネットサービス

  • 工事不要
  • 最短即日利用可能
  • 無制限のWiFi

WiFiの最大の特徴は工事の要らない手軽さ。しかも工事期間がないため、機器を設置したらその場ですぐにネットにつなげられる便利さです。これだけ聞いていると「ソフトバンク光よりもソフトバンクAirが万能」に見えますよね?そんなソフトバンクAirにもできることとできないことがハッキリとしています。

ソフトバンクAirに興味をもった人は次からの解説をご覧ください。

ソフトバンクAirのサービスを解説

ソフトバンクAirはWiFiのネットです。他社のWiFiと基本的には同じ性質をもち、従来通りのWiFiと同じ扱いで問題ありません。しかし、ソフトバンクAirのWiFiは他社とは若干異なる仕様や手続きの必要があるため、ここではポイントごとに解説していきましょう。

提供エリアはほぼ全国

ソフトバンクAirのWiFiはソフトバンクが提供する4G LTE回線を使用しています。ソフトバンクモバイルの携帯電話回線を独自の技術でネットに応用したネット回線であるため、ソフトバンクの携帯電話のつながる地域はほぼすべてがソフトバンクAirの提供エリアと考えて問題ありません。

10階以上の高層階は使用不可

提供エリア内であっても建物の構造や周囲の環境によっては、ソフトバンクAirが利用できないケースもあります。

  • 10階以上の高層階
  • 電波の入らない地下
  • 建物の周囲に電車の走る線路、工事中の建物がある

まず、ソフトバンクAirで使えない建物が10階以上の高層階です。これはソフトバンクAirに限ったことではありませんが、電波が入りにくいところでは極端な速度低下が予想されるからです。たとえ電波が入っても、ソフトバンクが定める安定した通信速度が見込めないと判断した場所は使用不可とされています。

住居周辺の環境にも影響されやすい

高層階でなくても電波の通らない地下や、多くの電波干渉が発生する線路付近や工事現場周辺も対象となります。ソフトバンクの調査で提供可能と判断したエリアでも電波のつながりが悪い場所だった場合、即座にソフトバンクに連絡を入れましょう。

最悪の場合は契約解除となりますが、周辺地域の影響の場合は特例として契約解除料が発生しません。この場合の相談は申し込み窓口に確認措置の手続きを伝えましょう。手続きはSoftBank Air お問い合わせチャットサポート電話ショップから行えます。手続き期限は8日間と決まっているので、電波の不具合を感じる場合は即座に連絡を急ぎましょう。

ソフトバンクAir問い合わせ番号0800-1111-820
受付時間:10:00~19:00

ソフトバンクAirの仕様

ソフトバンクAirはサービス名で、ネットに接続するための設置機器はAirターミナルという名称になります。ソフトバンクAirを契約していてもAirターミナルを設置しないとネットにはつながりません。当然Airターミナルだけでもネットには繋がりません。

通信速度最大350Mbps(標準261Mbps)
通信規格IEEE 802.11a/b/g/n/ac
※最大通信速度866Mbps
最大同時接続数64
LANポート2

簡単なソフトバンクAirの仕様説明が上記になります。ソフトバンクAirは最大通信速度350Mbpsと最近のWiFiに比べるとやや速度に優位性がありません。通信規格は現在のWiFi規格では高速となる11acを採用しており、この点においては現行のWiFiサービスとは見劣りしません。

規格の最大通信速度866Mbpsは理論上の出せる速度です。Airターミナルの性能が上がれば将来的にはそこまで速度を出せる可能性があるとしたうえで知識として覚えておきましょう。

地域によっては通信速度261Mbpsが限界

ソフトバンクAirの通信速度は最大350Mbpsですが、実は地域によって出せる場所と出せない場所があります。これは当時のAirターミナルの出荷される型番が「Airターミナル2」が標準だったことによります。

※画像はソフトバンク公式サイトより引用

Airターミナルは年々バージョンアップしており、初代のAirターミナル1は既に出荷を終了しています。後継機のAirターミナル2、2018年現在までAirターミナル3が登場しています。

 通信方式
Airターミナル24G方式:AXGP(2.5GHz)
Airターミナル34G方式:AXGP(2.5GHz)、TDD-LTE (3.5GHz)
4G LTE方式:FDD-LTE (2.1GHz)

350MbpsはAirターミナル3のみが出せる通信速度です。Airターミナルは通信方式が異なり、Airターミナル3だけが最大通信速度を引き出せる仕様となっています。2と3はどちらもソフトバンクのLTE回線を受信することができますが、3のほうがワンランク上の回線を受信できる仕様ということです。

基本的な機能は同じなので最大通信速度が出せない地域ではAirターミナル自体が使えないということはありません。それぞれ対応した地域の最大通信速度で受信するだけなので、速度が地域の最大速度に落ち着くだけとなります。261Mbpsを基準とすればAirターミナル2も3も互換性があります。

5G登場後の2020年以降はさらに高速化?

ソフトバンクは次世代通信規格の5Gの商用化に向けたプロジェクトを推し進めているのをご存知でしょうか?そのひとつのMassive MIMOと呼ばれる技術は、ネットやスマホの電波を一人ひとりに割り当てるという高度な通信技術です。

既存局から発信される電波を専用回線として割り当てることが可能になれば、ソフトバンクAirも例外なくさらなる高速化が十分に見込めます。5Gが普及される見通しの2020年以降のソフトバンクAirに注目です!

2つのLANポートから有線接続が可能

AirターミナルにはLANポートが2つついており、端末とつなげて疑似的な有線接続が可能です。無線は遮蔽物による電波の影響を受けやすいというデメリットがありますが、端末に直接つなげることで電波干渉を緩和させることができます。

混雑が予想される時間帯に回線が安定しないときは試してみましょう。無線による同時接続数64とWiFiのなかでも圧倒的なソフトバンクAirは、使用するWiFiが多いほど干渉を受けやすくなります。

速度制限なし!ソフトバンクAirは無制限のWiFi

WiMAXやポケットWiFiには、短期間での通信量の合計で速度制限が掛かる3日間制限や月間通信量の上限が決まっています。ソフトバンクAirでは、そういったデータ通信量による通信制限のない無制限のWiFiが提供されています。毎日でもいくら使おうが速度制限が掛けられず、スマホも好きなだけつなぎ放題なのもソフトバンクAirのメリットです。

ただし、ベストエフォート型のサービスである以上、通信の混雑などで一時的な速度低下は免れません。速度が安定しないときは時間をおくか、先述の有線接続を試してみましょう。また、窓側にAirターミナルを置いてみるのも効果的です。

おうちのでんわの給電機としても設置可能

※画像はソフトバンク公式サイトより引用

ソフトバンクでは月額500円から使えるWiFiの固定電話サービス「おうちのでんわ」を提供しています。おうちのでんわは電話回線をWiFiに変え、本体も手のひらサイズで場所を取らないコンパクトなデザインも特徴です。

※画像はソフトバンク公式サイトより引用

おうちのでんわ本体には電源が必要となりますが、Airターミナルの台座とすることでそのままソフトバンクAirの給電機として使用することが可能です。

※画像はソフトバンク公式サイトより引用

上の画像のように縦に並べることでよりスマートなシルエットになり、部屋のインテリアの一部として溶け込みます。WiFiならネットも電話も工事要らずで場所を取らず、しかも低価格。WiFiのある暮らしを目指す人には十分検討に値するサービスです。

外への持ち出しは不可能!住所を変える場合は届け出を出すこと

WiFiと言えば持ち運びのできる自由なWiFiのイメージがありますが、ホームWiFiは契約先住所での使用に限定されています。そのため、Airターミナルを持ち出して外で使用するのは規約違反となってしまいます。

旅行や帰省先での長期滞在や引っ越しの場合は、WEBや電話からの手続きが必要になります。電話の場合もカスタマーセンターに一本入れるだけで済む簡単な作業です。

ソフトバンクAir問い合わせ番号0800-1111-820
10:00~19:00 受付

ソフトバンクAirはあんしん乗り換えキャンペーンの対象


※画像はソフトバンク公式サイトより引用

※画像はソフトバンク公式サイトより引用

ソフトバンクでは、他社のネットからソフトバンク光に乗り換えると最大10万円までの違約金を補償してくれるあんしん乗り換えキャンペーンを実施中です。このキャンペーンの乗り換え先対象はソフトバンクAirも含まれています。

仮に何らかの形で今のネットを解約してしまった場合、すぐにでもネットを使いたいというときにはあんしん乗り換えキャンペーンを利用して最短でソフトバンクAirを利用することが可能です。

スマホの違約金還元キャンペーンも同時に実施中なので、ネットとスマホの同時乗り換えを負担なしで行なえるのもソフトバンクAirのもうひとつのメリットです。

もちろんおうち割も使える!

※画像はソフトバンク公式サイトより引用

ソフトバンクのセット割引「おうち割」ももちろんソフトバンクAirで使えます。家族で最大10回線まで最大1,000円割引の適用おうちでんきとの併用も可能です。ソフトバンク光とのサービス内容に差別化はされていません。

対象のスマホもソフトバンクとワイモバイルで共通しているため、ソフトバンクユーザーには変わらない快適なサービスを受けられます。

ソフトバンクAirの費用

初期費用
 初期費用
事務手数料3,000円
Airターミナル3 販売価格58,320円
月々割購入時本体代金から36ヶ月間1,620円割引

ソフトバンクAirを始めるにあたり、Airターミナルを購入するかレンタルかを決めます。工事費用のないソフトバンクAirではAirターミナルが工事費用みたいなものになります。送られてくるAirターミナルは現在Airターミナル3となります。(Airターミナル2と同額)

本体は販売価格がとても高額なので多くの人はレンタルを検討すると思われます。しかし、ソフトバンクAirは購入時に月月割適用で最終的に本体を無料で購入することも可能です。本体は一括購入もできますが、どう考えても分割購入→月月割適用のコースを選んだほうがお得です。

月月割とは?

ソフトバンクの高額機種購入時に適用される継続割引制度。本体代金を一旦保留し、24~36ヶ月間連続で割引することで元の本体代金を無料にすることが可能。割引期間中の解約やプラン変更で割引は終了し、代金残債は一括請求となる。元々は携帯電話に採用されていた割引制度だが、携帯電話の契約プランリニューアル後の仕様で事実上終了。現在はほぼソフトバンクAir専用の割引。

Airターミナルの月月割は36ヶ月間です。申し込みから3年使い続ければ、本体代金を支払うことなく月額のみでソフトバンクAirを利用することができます。しかし、ソフトバンクAirは2年自動更新であるため、月月割満了と同時に解約してしまうと契約期間中なので契約解除料が発生します。

月額料金
月額料金4,880円
はじめよう SoftBank Air割初回24ヶ月1,080円割引
Airターミナルレンタル月額料金から490円上乗せ
契約解除料9,500円

ソフトバンクAirは初回特典として24ヶ月間1,080円割引が適用され、2年間はソフトバンク光と同じ3,800円で使用することができます。Airターミナルを購入した場合は月額料金にオプション料金が加算されます。なお、ソフトバンクAirの初回特典にはオプション初月無料があり、開通後の1ヶ月間はレンタル料が発生しません。

契約期間は2年自動更新となり、この期間中の解約には契約解除料が発生します。先述の月月割による本体代金の割引が完了直後に解約した場合、契約解除料のみが請求されます。負担が大きい本体代金よりははるかに安い違約金なので、どうしても解約したい人は36ヶ月目が目安となるでしょう。

長期利用なら分割購入がおすすめ

ソフトバンクAirの長期利用、4年以上使うことを想定するなら分割購入がおすすめです。レンタルの場合はソフトバンクAirを使い続ける限り発生する費用のため、何年使っていようと必ず請求される費用です。逆に2年以内の短期なら購入よりレンタルのほうが安くなります。

Airターミナル1は3に事務手数料無料で機種変更できる

既に終了しているAirターミナル1ユーザーには、現在Airターミナル1から3に機種変更で事務手数料が無料となるSoftBank Air 機種変更キャンペーンを行っています。スペック的にもサイズ的にも旧型のAirターミナル1を使い続けることのメリットはほとんどなく、既存ユーザーはこの機会にキャンペーンを利用することをおすすめします。

ソフトバンクAirの申し込みから解約までの流れを解説

ざっとソフトバンクAirについて紹介してきましたが、次からはいよいよ申し込み手続きについて解説します。ここまでの流れで興味がわき、サービスに問題がないと感じた場合はそのまま申し込みを。申し込み後もソフトバンクAirを解約するまでの必要な手順も合わせてご紹介します。

  • 最大通信速度350Mbpsは使える地域が決まっている
    標準速度は261Mbp
  • ソフトバンクAirは10階以上の建物では使用不可
    地下や電波状況の悪い周辺環境も含む
  • Airターミナルの持ち運びには手続きが必要

最後に以上の注意点を確認し、それを踏まえたうえでソフトバンクAirを始めましょう。

申し込み窓口はネット、電話、ショップの3つ

ソフトバンクAirの申し込み窓口は主に3つ。ネットからのほうが時間帯を選ばない利便性がありますが、電話なら自宅から直接質問ができ、ショップでは同時にホワイトコール24の申し込みもできるというメリットがあります。それぞれ自分の都合に合わせた申し込み方法を選びましょう。

新規受付センター0120-981-072(10:00~21:00)
年末年始休業

電話申し込みの場合は新規受付センターからとなります。サポートセンターに掛けても取り次いではくれますが、その分の手順が増えるので本来の申し込み窓口から申し込みましょう。

ショップ手続きの場合は在庫次第で即日可能

ネットや電話申し込みの場合は大体3ヶ前後で本体が郵送されてきます。ショップで手続きをした場合、店頭在庫次第では即日持ち帰りが可能となり、その日のうちにネットにつなげることもできます。

ただし、購入の場合は「Airターミナル購入契約同意書・証明書貼付シート」の提出が必要となるため、ショップから本社に送るまでの時間を考えるとレンタル以外で即日は難しいと考えられます。それ以外にも基本情報登録なども必要なので、余裕をもって焦らずゆっくり始めることをおすすめします。

申し込み後の手続きの流れ

  • 申し込みから90日以内に開通手続きを終わらせる
    ・Yahoo! JAPAN ID・パスワード登録
    ・利用料金支払登録

申し込みから郵送されてくる書類やSMSに目を通し、必ず必要事項を満たしたうえで90日以内に開通しましょう。行われなかった場合はキャンセル扱いとなります。

後日送られてきたソフトバンクAirはそのまま設定でもネットを使えますが、手動で設定を変更することも可能です。

ソフトバンクAirの解約の流れ

申し込み方法の次は解約方法です。解約窓口もネット、電話、ショップから行うことが可能です。電話の場合はサポートセンターへの連絡となります。ソフトバンクは各部署で電話窓口が分かれているので番号をよく確認しましょう。

サポートセンター186-0800-1111-820(10:00~19:00)
年末年始休業

解約窓口のサポートセンターは2時間ほど受付時間が短いので注意しましょう。

レンタルの場合は機器の返却が必要

  • 本体
  • LANケーブル
  • 電源

レンタルの場合は最初に送られてきた同梱品をすべて指定の住所に返却します。意外と見落としがちなのがLANケーブル、ソフトバンクAirの有線接続用に専用のLANケーブルも同梱されています。区別がつきやすいように先端がカラフルになっているので、ほかのケーブルと混ざっても見分けがつきやすくなっています。

返却物がひとつでも欠けると弁償もあり得るので、使わないものは大切に保管しておきましょう。

返却先住所は「SoftBank モデム係 宛て」

※画像はソフトバンク公式サイトより引用

返却するときは郵送時の箱の再利用でOKです。ない場合は衝撃を与えないように緩衝材や新聞紙を詰めて厳重にしておきましょう。送り先は上記画像の住所になります。返送時の郵送料は自己負担となるので着払いは利きません。

ちなみに開通前レンタルでソフトバンクAirを借りた場合の返却先は住所が異なります。ソフトバンクは同じ機器でもサービスによって窓口が異なるのも手続きが複雑になっている理由なのかもしれませんね。

解約後20日以内に返送しなければ賠償金が発生!

一番気をつけなくてはいけないのが、Airターミナルには返却期限が解約から20日以内と決まっていること。この期限を過ぎるとソフトバンクから督促状が届き、それを無視し続けると賠償請求に発展します。

Airターミナル2と3の賠償金は33,000円と違約金よりずっと高額です。返却の督促には応じるのはもちろん、必ず期限通りに返却しましょう。

ソフトバンクAir解約後のAirターミナルは再利用できる?

解約後はAirターミナルの再利用は不可能です。そもそも規約以前に、解約後はソフトバンクの回線につなげられません。ソフトバンクAirは内蔵されているSIMカードの登録者情報を読み取ってネットにつなげています。解約してしまうと登録者情報が抹消されてしまうので、これまでのSIMカードは使用できなくなります。

ソフトバンクAirのSIMカードは専用の非売品

ソフトバンクAirで使用されているSIMカードは登録者一人ひとりに割り当てられるシリアルナンバーみたいなものです。格安SIMのように別売りされているものではなく、ソフトバンクAirの契約=Airターミナルの契約そのものです。再度契約した場合でも以前使用していたAirターミナルごと使用不可能になります。

ネットオークションなどで中古のAirターミナルが売りに出されているのをたまに見かけますが、あれらはネットにつなげることのできないジャンク品です。自前で修理をするときの部品やオブジェ的な用途くらいにしか使えません。

ソフトバンクAirは代理店でも申し込める

インターネットは公式窓口以外の代理店でも取り扱われており、代理店では公式にはない高額キャッシュバックが用意されています。最後にソフトバンクAirのおすすめ代理店をご紹介します。

ソフトバンクAirのおすすめ代理店はコチラの2社

今回紹介する代理店は株式会社NEXTアウンカンパニー。どちらもソフトバンク光の正規代理店でもあります。ソフトバンクAirは代理店が少なく、キャッシュバックを用意している窓口も限られています。そういう事情のなか、こちらの2社はキャッシュバックも高額公式キャンペーンも同時に受けられるおすすめの代理店です。

 新規申し込み特典
NEXT35,000円
アウンカンパニー33,000円
28,000円+クロームキャスト

2社ともキャッシュバック額に大きな違いはありませんが、アウンカンパニーのほうではキャッシュバックとキャッシュバック+特典が選べます。キャッシュバック+商品はキャッシュバック額が商品分だけ下がるので、必要かどうかを考えて選んでくださいね。

知名度と人気の高いNEXT、引けを取らないアウンカンパニー

両社ともソフトバンクから表彰を受けるほどの実績があり、信頼度の高さは群を抜いています。代理店にありがちなオプションや複雑な契約もなく、初心者でも安心して申し込めるおすすめの代理店です。ネット上ではNEXTの人気のほうが若干高い気がしますが、アウンカンパニーも引けを取らない代理店です。

ソフトバンクAirの申し込みはこちらの2社なら、どちらでも好きなほうを選んでも問題ありません。ネットを始めるならお得な代理店から申し込みましょう。

ソフトバンクAir~優良代理店ランキング~

第1位 株式会社NEXT

今年も受賞!
SoftBank光
4期連続表彰店!

★ 35,000円★
業界最速!スピードキャッシュバック

株式会社NEXTの詳細はこちら

ソフトバンクAirへの申し込みはコチラから

置くだけカンタンインターネット

第2位 株式会社アウンカンパニー

SoftBank社より表彰実績あり!

★選べるキャンペーン★
話題のアノ商品をプレゼント
超簡単手続き♪

株式会社アウンカンパニーの詳細はこちら

ソフトバンクAirへの申し込みはコチラから

工事不要!パケット制限無し!!