【電力自由化】大阪ガス・eo電気・おうちでんきでお得なのは?

【電力自由化】大阪ガス・eo電気・おうちでんきでお得なのは?

今回は電気サービスの比較をしていきたいと思います。

いままでは電力自由化以前の電気サービスと電力自由化以降の電気サービスを比較していましたが、今回は電力自由化以降の電気サービスの比較をしていきます。

比較する電気サービスは大阪ガス、eo電気、そしておうちでんきというように基本的に利用するエリアは「関西」に限定しています。

従来の電力サービスよりも比較的料金が安く、それぞれに特徴のある新電力ですが意外と電力自由化になっても依然として旧電力のまま、という方は多い…

今回は利用するエリアを関西、とした場合新電力である「大阪ガス、eoでんき、おうちでんき」の中でどれがお得なのかということを比較していきたいと思います。

「大阪ガス・eo電気・おうちでんき」は電力自由化によって生まれたサービス

大阪ガス・eoでんき・おうちでんきは元々、電気サービスをメインで提供している事業者ではありません。

大阪ガスは見ての通り、ガス会社ですしeo(ケイ・オプティコム)やソフトバンクは通信事業者です。

ではなぜ電気サービスを提供できるようになったのでしょうか?

それは「電力自由化」によって電気の供給が自由になったため

電力自由化以前は、住んでいる地域の電力会社、つまり関西に住んでいれば関西電力のように、決められた事業者としか電気サービスを契約することができなかったんです。

しかし、電力自由化以降は住んでいる地域と関係なく電気サービスを契約できるようになり、地域ごとの独占状態から抜け出したんですね。

それをきっかけとして、各事業者で電気サービスの提供を開始しました。

そして電力自由化以降に提供された電気サービスのことを「新電力」と言います。

逆に関西電力などは「旧電力」に分類されますね。

では「大阪ガス・eoでんき・おうちでんき」などの新電力と旧電力とでは何が違うのでしょうか?

大きく分けると違うポイントは二つでしょう。

①月額料金

②セット割

月額料金は基本料金と従量料金で構成される料金のことですが、特に従量料金が旧電力と違い「安いと一般的に言われています。

しかし、一番違うポイントは②セット割です。

旧電力では基本的にセット割などの、ほかのサービスと組み合わせた割引などを適用できることがあまり多くありませんでした。

ただ新電力はメインで提供しているサービスとが電気サービスではないので、メインで提供しているサービスとセットで組み合わせることができるんですね。

もちろん各電気サービスによって適用できるセット割の名称や内容は全く違います。

そのため、一番の違いは「セット割」と言っていいでしょう。

料金の比較も行っていきますが、一番注目してほしいのはやはり「セット割」。

ということで、各新電力を「料金」と「セット割」の二つの観点から比較したいと思います。

大阪ガス・eo電気・おうちでんきの料金を比較してみよう!

では、大阪ガス・eo電気・おうちでんきの料金から見ていきたいと思います。

まず電気料金とは先ほども言ったように☟のように二つの料金から構成されます。

①基本料金

何A(アンペア)で契約するかによって変わる料金。A数は一度にどれくらいの電気を利用できるか、という「容量」のようなもの。一般的には30A以上で契約することが多い。ブレーカーが落ちるのはこの契約したA以上の電気を一度に使ってしまった際に起こる。

②従量料金

使った分だけ支払う料金で、「使用した電気量×電気の単価」によって計算できる。電気の量の単位は一般的に「w(ワット)/kw(キロワット)/Wh(ワットアワー)」。

ただ、関西系の電気サービスは基本料金があるところもありますが「最低料金」となっているところも多いよう。

基本料金はA数で契約するもので、極端に言ってしまえば従量料金が発生しなくても支払うべきものですが、最低料金は基本料金とは違い、電気を使用しなければ支払う必要がないものとなっています。

詳しくは次でお話しますが、基本料金と最低料金には違いがあることを押さえておきましょう。

大阪ガス・eo電気・おうちでんきの基本料金・最低料金は?

おうちでんき(基本料金)

A数料金
10A280円
15A421円
20A561円
30A842円
40A1123円
50A1404円
60A1684円

eoでんき(基本料金)

1契約1144円

大阪ガス

1契約(最初の15kWhまで)279円

それぞれの基本料金・最低料金は上記の通り。

A数をあらかじめ決めておかなければならないのはおうちでんきだけ、のようですね。

eoでんきはA数を決めずに一律で1144円がかかってしまうので、そこまでA数を必要としない一人暮らしの方からすれば基本料金は割高、逆におうちでんきと比較するなら50A以上を契約したい方にとってはeoでんきの方が基本料金が割安、と言えます。

そして問題なのは大阪ガス。

こちらは上記二社とはちがい「最低料金」が設定されています。

これは()にも書いてあるように、最初の15kWhまでの料金がこの料金ということになります。

つまり使用した電気量が0kWhであれば月額料金がかからない、と言えます。

例えるとするならタクシーの初乗り運賃のようなものですね。

新電力同士で基本料金に差が出るのは珍しいですが、関西圏の新電力では基本料金に結構差が出てくるようです。

では次に従量料金を比較してみましょう。

大阪ガス・eo電気・おうちでんきの従量料金は?

おうちでんき

0~120kWh19.33円
121~280kWh25.74円
281kWh~29.72円

eoでんき

0~120kWh18.29円
121~250kWh18.33円
250~300kWh22.52円
301kWh~28.18円

大阪ガス

15~120kWh19.95円
121~350kWh24.84円
351kWh~27.61円

従量料金を比較してみると、一番安いのはおそらくeoでんきでしょう。

300Kwh以上利用する場合は大阪ガスが最安値ですが、それ以外ではeoでんきの料金が一番安いです。

平均的にほかの電力会社と比較しても1円~3円ほど差がありますので、月額にするとおよそ300円ほどの差が出てくると思われます。

いや~これはかなり安いですね…

ということで、一番電気料金自体が安いのはeo電気と言っていいでしょう。

大阪ガス・eo電気・おうちでんきのセット割を比較してみよう!

さて、電気料金を見ていきましたが電気料金だけで利用する電気サービスを決めてはいけません。

というのも、新電力の一番のメインは「セット割」だからですね。

どの事業者も電気サービスをメインで提供している事業者ではないので、メインで提供しているサービスとのセット割があるかどうか、またその内容をチェックしなくてはいけません。

ということで、各電気サービスでどのようなセット割が適用できるのか見てみましょう。

電気サービス割引名内容条件
大阪ガスガスと電気まとめ割(正式名称なし)電気料金が5%割引大阪ガスの利用
eoでんきeo電気キャンペーン12カ月間eo光の料金が500円割引eo光の利用
おうちでんき

おうち割でんきセット

ソフトバンクケータイの料金が1台ごとに100円割引おうち割光セットの適用

それぞれのセット割の内容は上記の通り。

見事にそれぞれのセット割で割引される対象と金額が異なりますね。

大阪ガスでは電気料金の5%が電気料金から割引され、eoでんきでは光回線「eo光」の料金が12カ月間500円割引、そしておうちでんきではソフトバンクケータイの料金からケータイ1台ごとに100円割引されます。

ここでまず判断したいのは継続的に割引があるかどうか、でしょう。

この三社の中で継続的に割引があるのは、eoでんき以外の二つの会社のみ

eoでんきは割引という形ではなく、キャンペーンですし最初の1年間しかこの割引が適用されません

つまり、二年目からeoでんきはほかの電気サービスとかなり差がついてしまうと言えるでしょう。

大阪ガスの割引は電気料金の5%なので、電気料金が6000円くらいだとしたらおよそ300円ほどが割引される計算に。

電気料金が毎月高い方にとってはこのような可変性のある割引は有効ですが、電気料金はみなさん抑えたいと思うのが普通

その観点からすると、あまりお得な割引ではないのかな?という印象ですね。

そしておうちでんきの割引ですが、これは持っているソフトバンクケータイの数によって割引額が変わります。

おうちでんきの「おうち割でんきセット」は「おうち割光セット」を利用していることが条件ですので、どちらにしろソフトバンクケータイとソフトバンク光を利用していないと適用することができません。

そのため、結局家族は全員ソフトバンクケータイにしたほうがお得。

つまり、おうちでんきのセット割は相乗的にどんどんお得になっていく仕組みなんですね。

月に利用した電気料金によって割引額は変わらないので、電気料金がいくら安くても固定で割引されるのが魅力ですね。

一番おすすめはソフトバンクのおうちでんき!

さて、新電力三社を比較していきましたが一番おすすめできるのは「おうちでんき」です。

たしかに電気料金はほかよりも割高ではありましたが、その差額を差っ引いてもおうち割でんきセットでお得になる割引額が高額です。

継続的にずっと割引される点、そして電気料金に割引額が左右されない点がいいですよね。

そしておうちでんきのセット割「おうち割でんきセット」を適用するには、ソフトバンクケータイとソフトバンク光に加入する必要がありますが、現在ほかのキャリアを利用している方でも☟のソフトバンク公式キャンペーンを利用することでお得に乗り換えることができます。

回線工事費実質無料キャンペーンソフトバンク光の開通工事費最大24000円が実質無料になる。
あんしん乗り換えキャンペーン

乗り換えでかかってしまう他社違約金を最大10万円まで負担。

おうち割光セットキャンペーン新規におうち割光セットを適用するとケータイ1台ごとに10260円を還元。
開通前接続機器無料レンタルキャンペーンソフトバンク光が開通するまでWifi機器を無料でレンタルできる。

また、この公式キャンペーンと併用した☟の代理店キャンペーンも適用できるので、かなりお得です。

パターンA:33,000円キャッシュバック

新規お申込み
(現在フレッツ光に加入していない方)
33,000円
現金キャッシュバック
他社転用
(すでにフレッツ光をご利用中の方)
13,000円
現金キャッシュバック

パターンB:28,000円キャッシュバック+高速無線ルーター

新規お申込み
(現在フレッツ光に加入していない方)
28,000円
現金キャッシュバック

ソフトバンク光への乗り換え、新規申し込みは公式キャンペーンを利用しつつ代理店キャンペーンも利用するとさらにお得に申し込むことができるでしょう。

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

さいごに

今回は新電力三社の比較をしていきました。

一番お得なのはおうちでんき、という結果になりましたね。

やはり魅力的なのはセット割です。

いくら電気料金が安くても微々たる差ではあるので、セット割などほかの料金にかかわる部分に目を向けてみるとより比較しやすくなると思います。

ソフトバンクの電力サービス「おうちでんき」はおうち割で更にお得!