アナログ戻しで乗り換え先でも電話番後を引き継げる?方法と費用を紹介!

アナログ戻しで乗り換え先でも電話番後を引き継げる?方法と費用を紹介!

今回は光回線の中でも「アナログ戻し」という「電話」についてのお話をしていきたいと思います。

電話と言えば、ケータイ電話や固定電話など様々なものがありますが今回は「固定電話」についてのお話。

固定電話は現在でも一家に一台はありますよね?

今でこそケータイ電話が一般的になりましたが、昔は友達の家に行くときに使っていたのは固定電話でしたね。

そして、この固定電話には実は「アナログ電話」と「IP電話」という二つの種類があるんです。

今回はこの二つの電話に触れながら、「アナログ戻し」とはどういうものなのか、そしてどのような方法・費用になるのかをお話していきたいと思います。

アナログ戻しってなに?

では早速ですが、アナログ戻しってどのようなものなのでしょうか?

文字だけではなかなか想像しづらいですよね。

ということでまずは、先ほども言ったように「アナログ電話」と「IP電話」の二つの違いについて説明していきたいと思います。

アナログ電話とIP電話の違い

ではアナログ電話とIP電話の違いを見ていきましょう。

アナログ電話とは、一般的な昔からの電話です。

アナログ電話の特徴はまさに「アナログ」な点。

というのも、このアナログ電話は「電話線」で自宅の「電話交換機」と電話局の「電話交換機」とを物理的につないでいるもの。

すごく極端に言ってしまうと「糸電話」のようなものでしょう。

対してIP電話は「デジタル」が特徴。

アナログ電話とは違い、電話線で物理的につなぐ、という仕組みではなく「インターネット」を通して通信を行っているんです。

なので電話線のような目に見えるものではなく、目に見えないものでつながっていると言えますね。

このことにより、「電話線が切れて繋がらなくなる」というようなこともなくなるので通信の安定性はIP電話の方が高いとも言われています。

まあ正直アナログ戻しに関してお話するのに、この仕組みはそこまで必要ないのですが豆知識程度に覚えておくといいでしょう。

では早速、アナログ戻しについて解説していきましょう。

 

アナログ戻しで電話番号を引き継ごう

まず初めに、アナログ戻しを利用する場合についてお話したいと思います。

アナログ戻しを利用する場合は、現在IP電話を利用している方で、その他の光回線に乗り換えたい場合

実は光回線を利用する際には「光電話」という通信に光回線を利用した固定電話を使うことになります。

この光電話は「IP電話」なので、光回線を利用している方は「IP電話」といってもいいでしょう。

 

アナログ戻しをする方の電話の流れを追ってみるとこのような感じになります。

現在乗り換え時
アナログ電話IP電話IP電話

このように、アナログ電話→IP電話のように昔アナログ電話を利用していたかどうか、ということがかなり重要。

一度アナログ戻しの流れを説明しましょう。

 

①アナログ電話からIP電話に乗り換える際に「アナログ電話」の電話番号を休止 

②IP電話からIP電話に乗り換え(光回線の乗り換え)の際に電話番号を引き継ぎたい

③休止していたアナログ電話の電話番号を復活させ、乗り換え先の電話で利用する

このように、以前休止していたアナログ電話の電話番号を復活させることで乗り換え先でも同じ電話番号で利用することができます。

電話番号の流れを追ってみると…

1.アナログ電話の電話番号「03(市外局番)-●●●●-▲▲▲▲」:IP電話に乗り換えの際休止

☟アナログ電話の電話を引き継ぎ

2.IP電話の電話番号「03(市外局番)-●●●●-▲▲▲▲」

☟光回線の乗り換えで電話番号が変わりそう…

3.IP電話の電話番号「03(市外局番)-●●●●-▲▲▲▲」:乗り換えの際に1を復活させる

このような流れになりますね。

少しややこしいですが、なんとなくわかっていただけましたでしょうか?

要するに、昔の電話番号をある時点で復活させるということです。

ただ、この復活させるのにも費用や方法が異なってくるのでそこを見てみましょう。

 

アナログ戻しにかかる費用と手続き

アナログ戻しにかかる費用

アナログ戻しにかかる費用は一般的に2000円~13000円。

かなり差がありますが、これは「アナログ電話」の状況によって費用が変わるためです。

そしてここで重要になってくるのが「NTT加入権」と言われるもの。

このNTT加入権がまだ残っている場合のアナログ戻しにかかる費用が「2000円」、そしてNTT加入権が残ってなく新しく加入権を購入する場合は「13000円」となっています。

このNTT加入権は休止している間も残っているのですが、利用していたアナログ電話がNTT東日本か西日本かで残せる期間が異なります。

NTT東日本NTT西日本
休止してから10年無期限

このように、西日本の場合は気を付けなくても良いのですが東日本の場合は残せる期間が10年となっているので東日本で利用していた方は10年経過しているのかどうかによりアナログ戻しにかかる費用は異なる、ということになります。

アナログ戻しの手続きは?

アナログ戻しの手続きは3ステップ。

①116(NTT)へ電話

②工事の日程を決める

③立会いの下工事を行う

NTT加入権が残っている場合は基本的にこの3ステップでアナログ戻しが完了しますが、新しく加入権を購入する場合はそのステップも踏まなければなりません。

とりあえず加入権のことも確認がてら、一度NTTに問い合わせたほうが良いでしょう。

 

おすすめの乗り換え先はソフトバンク光

さて、アナログ戻しについてお話してきましたがアナログ戻しが必要になる理由って「乗り換え」ですよね?

光回線から光回線に乗り換える際に「電話番号を変えたくない」というのが根本的な理由でした。

では乗り換える光回線はどこでもいいのでしょうか?

いや、実はそうでもないんです。

光回線には乗り換えをサポートしてくれる「乗り換えキャンペーン」を実施している事業者が存在します。

この乗り換えキャンペーンでは他社で発生した違約金を負担してくれる、ということがメインでこれはどこの光回線でもほぼ同じ

ですが、今回のテーマは「アナログ戻し」ですよね?

そしてアナログ戻しにも先ほども言ったように「費用」がかかってしまいます。

多くの光回線ではこのアナログ戻しにかかる費用は負担の対象外ですが、なんとソフトバンク光ではこのアナログ戻しの費用も負担してくれるんです。

さらにソフトバンク光ではそのほかにもお得なキャンペーンや割引があるので、乗り換えにはかなり適している光回線と言ってもいいでしょう。

ということで、ソフトバンク光のサービス内容を見ていきたいと思います。

ソフトバンク光のサービス内容

サービス名戸建て集合住宅
ソフトバンク光5200円4700円3800円

ソフトバンク光の料金は光回線の中でもかなり安いです。

さらに戸建て限定で「5年間自動更新プラン」+「ソフトバンク光テレビ」の加入により、月額料金が500円割引の4700円まで下げることができるんです。

このような基本的な料金ももちろん安いのですが、ソフトバンク光と言えばやはり「おうち割光セット」でしょう。

おうち割光セット

割引対象プラン割引額
【NEW!】ウルトラギガモンスター+(50GB+)永年1,000円割引/月
ミニモンスター
スマホ
タブレット
ウルトラギガモンスター(50GB)永年1,000円割引/月
ギガモンスター(20GB)
データ定額(5GB)
ケータイ4G・LTEデータし放題フラット
スマホ
タブレット
データ定額ミニ(2GB・1GB)永年500円割引/月
おてがるプラン

 

おうち割光セット(A)

対象プラン割引額
スマホプランS(2GB)500円/月
スマホプランM(6GB)700円/月
スマホプランL(14GB)1000円/月
データプランL/ポケットWi-Fiプラン2(7GB)500円/月

おうち割光セットは「ソフトバンクケータイ」、おうち割光セット(A)は「Y!mobileケータイ」とのセット割ですね。

このように最大1522円もケータイ料金から割引かれ、この割引は最大10台まで適用することができるんです。

適用条件も簡単なので、ソフトバンク光利用するならこの割引は絶対適用したいですね。

また、先ほども言った「乗り換えキャンペーン」を適用することで「他社で発生した違約金を最大10万円」まで負担してくれ、アナログ戻しの費用もここで負担してくれます。

さらにソフトバンクケータイに乗り換え、おうち割光セットを適用することでケータイ1台ごとに10260円の割引も行ってくれるのでケータイの乗り換えもしやすくなるでしょう。

料金やキャンペーンはかなり充実しているのでアナログ戻しをして乗り換えるならおすすめの光回線です。

 

代理店申し込みでキャッシュバックをもらおう

ソフトバンク光を申し込むなら代理店がお得です。

もちろんソフトバンク光公式HPで申し込んでもいいのですが、その場合適用できるキャンペーンは先ほどの「公式キャンペーンのみ

対して、代理店申し込みをすることで適用できるキャンペーンは「公式キャンペーン+代理店キャンペーン」の二つ

どちらがお得かは明白ですよね?

そして代理店キャンペーンの内容は主にキャッシュバックで、ソフトバンク光の場合は転用も申し込みで13,000円、新規申し込みで33,000円を受け取ることができます。(代理店NEXTの場合)

申し込みにはかなりおすすめの方法なので一度見てみるといいでしょう。

さいごに

今回はアナログ戻しについて見ていきました。

少しややこしいですが、利用できるならかなり便利なはずです。

なるべく電話番号は変えたくないものだと思いますので、乗り換えの際にはぜひ試してみて下さい。