ソフトバンク光テレビはスカパーが?地デジもデフォルトで…

ソフトバンク光テレビはスカパーが?地デジもデフォルトで…

今回はソフトバンク光の中でも、オプションサービスである「ソフトバンク光テレビ」についてご紹介したいと思います。

ソフトバンク光テレビは通常のテレビとは違い、ソフトバンク光の光回線を利用して通信を行うテレビサービスでその内容はかなり充実しています。

先にネタバレしてしまうと、現在ケーブルテレビを利用している方ならもっと安くなるかもしれませんよ…

ということで今回はソフトバンク光のオプションサービスである「ソフトバンク光テレビ」についてお話していきたいと思います。

ソフトバンク光テレビってどんなサービス?

ソフトバンク光テレビとは、先ほども言ったように通信に光回線を利用した「光テレビ」サービスです。

この光テレビサービスは光回線のオプションとしてはわりとメジャーなサービスなのですが、その内容は光回線によっても違います。

ソフトバンクで言えば、有料放送サービスである「スカパー」とのセットがあったり、地デジがデフォルトで視聴できたり…といったことが特徴ですね。

逆に同じ光回線でもauひかりの光テレビサービスでは地デジを視聴するには「アンテナ」を立てる必要があります。

このような違いは光回線ごとにありますので、まずはソフトバンク光テレビがどのようなサービス内容なのか、ということを大まかに説明しています。

ソフトバンク光テレビにはつのメリットが!

ソフトバンク光テレビには大きく分けて5つのメリットがあります。

①アンテナ無しで地デジが視聴できる

②映像の乱れが少ない

③BS全チャンネルに対応

④スマホでも地デジを視聴できる

⑤セットにすることでソフトバンク光の料金が割引に

このようなメリットがありますので、一つづつ見ていきたいと思います。

①アンテナ無しで地デジが視聴できる

これは先ほども少し触れましたね。

auひかりなどの他社光回線では、光テレビを契約したそのままの状態では「地デジ」を視聴することができない場合があり、地デジを視聴するには「アンテナ」を立てる必要があることも多いです。

アンテナを立てること自体に対しては料金も約2万円ほどかかるという金銭的な心配もありますが、一番大事なのは「外観・安定性」でしょう。

というのも、アンテナが立っていることで景観を損なう、と考える方も割と多いですし強風が吹いたときにアンテナが折れてしまったりすると地デジの受信ができません。

この際、修理が必要となりさらに修理費用がかかってしまったりするのであまり経済的ではありませんよね。

ということも考えるとアンテナ無しで地デジを視聴することができることは大きなメリットだと思います。

②映像の乱れが少ない

こちらは光回線の特徴でもありますね。

光回線は「光ファイバー」という特殊なガラス繊維でできたケーブルを使用して通信しています。

この光ファイバーの特徴が「電波干渉を受けない・距離による影響がない」という点。

光回線を利用している光テレビも同様の特徴を持っているため、光テレビではないテレビと比較すると映像の乱れは少なく、安定性の高い通信ができると言えますね。

③BS全チャンネルに対応

ソフトバンク光テレビはBS全チャンネルに対応しています。

ただ、有料放送や一部のチャンネルは料金を支払う必要がありますのでご注意下さい。

④スマホでも地デジを視聴できる

ソフトバンク光テレビでは「地デジチューナー(月額934円)」を利用することで、パソコンやスマホでも地デジを視聴することができます。

今の時代、キャスト(投影)することができるサービスというのは多いのでテレビをもう一台購入する、ということを考える前に一度このような機器を利用してみてから考えてもいいと思います。

⑤セットにすることでソフトバンク光の料金が割引に

ソフトバンク光テレビはセットにすることができます。

これはソフトバンク光「ホーム」の場合のみ適用でき、月額料金が割引されます。

ソフトバンク光月額料金
ホーム(2年自動更新)5200円

ホームの料金はもともと「5200円」ですが、「ソフトバンク光テレビをセットにする」+「契約期間を5年自動更新」にすることで料金が500円ほど下がります。

ソフトバンク光月額料金
ホーム(5年自動更新)+ソフトバンク光テレビ4700円

このように、契約期間を延ばすことと、光テレビを契約することで月々の料金が500円も下がるので、1年間でも6000円、5年間で30000円もの料金を節約することができます。

なので、ソフトバンク光テレビの利用を考えている方はこの料金プランでの申し込みをおすすめします。

5年間という契約期間は少し長いですが、コロコロ変えるものでもないので問題ないでしょう。

ただ、途中解約の場合15000円の違約金が発生しますのでご注意ください。

ソフトバンク光テレビの料金は?

さて、おおまかなメリットが分かったところで料金を見てみましょう。

ソフトバンク光テレビの基本料金は「660円/月」。

この料金を支払うだけで地デジを視聴することができます。

そしてソフトバンク光テレビには基本料金に加えて二つのセットから選択し、利用するという流れ。

 

プランソフトバンク光ソフトバンク光テレビスカパー

合計

①テレビセット4700円660円
5360円/月
②スカパーセット4500円660円2223円(基本料390円+視聴料1883円)

7383円/月

上記二つのセットから一つを選択し、利用することとなるのでそれぞれの内容を見ていきましょう。

①テレビセット

テレビセットは、先ほどの料金が割引になる「5年自動更新プラン」に登場した内容ですね。

シンプルに「ソフトバンク光(5年自動更新)+ソフトバンク光テレビ」という契約内容。

料金は先ほど言った通り、4700円になります。

テレビセットでは地デジ・BSのみが視聴できるということになりますね。

②スカパーセット

スカパーセットは冒頭で登場した「スカパー」とのセットです。

ソフトバンク光テレビの料金は変わりますが、ソフトバンク光の料金がテレビセットよりも200円安い「4500円」で提供されます。

本来の料金よりも700円も安いのでソフトバンク光の料金だけで見ればかなり安いですね。

ただ、スカパーセットなのでスカパーの中から「チャンネルパック」を選ぶ必要があります。

スカパーで選択できるチャンネルパックは二つ。

1.セレクト5

2.新基本パック

それぞれの内容を見てみましょう。

1.セレクト5
 基本料パック料金合計
セレクト5390円1,833円2,223円

こちらは上記表に記載しているチャンネルパックですね。

このチャンネルパックはスカパーの45チャンネル(全47チャンネル、2チャンネル対象外)から「5チャンネル」を選ぶパックです。

なので有料チャンネル5チャンネルが視聴できるようになる、ということです。

料金は一番安いですが、視聴できるチャンネルは5チャンネルだけなので限られたチャンネルしか見ない方はこちらのチャンネルパックでいいかもしれないですね。

2.新基本パック
 基本料パック料金合計
新基本パック390円3,400円
初月1,833円/月
3,790円

こちらはスカパーの全チャンネル47チャンネル」を視聴することができるパックです。

セレクト5よりは料金が高いですが、セレクト5で対象外となっていた「囲碁・将棋チャンネル、釣りビジョン」も視聴することができます。

チャンネル数を多くしたい方はこちらのパックの方がおすすめですね。

初期費用や対象地域は?

対象地域

エリア都道府県
東日本エリア

東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県、新潟県、福島県、北海道の各一部地域

西日本エリア

大阪府、和歌山県、京都府、奈良県、滋賀県、兵庫県、愛知県、静岡県、岐阜県、三重県、広島県、岡山県、香川県、徳島県、愛媛県、福岡県、佐賀県の各一部地域

基本的にソフトバンク光テレビは戸建て住宅に向けたサービスで、これらの地域にお住いの方が利用できます。

マンションにお住いの方は東日本の場合で「光配線方式」の住宅なら利用できますがそれ以外は利用することができません。

 

初期費用

ソフトバンク光テレビには初期費用がもちろんかかります。

サービス名工事費
ソフトバンク光24000円/9600円
ソフトバンク光テレビ12000円/台

このような工事費はかかってしまいますので、21600円から36000円はかかってしまいますね。

ただ、ソフトバンク光の工事費は「回線工事費実質無料キャンペーン」というキャンペーンを適用することで無料にすることができます。

ソフトバンク光テレビの工事費もソフトバンク光を代理店申し込み(株式会社NEXTの場合)をすることで33,000円のキャッシュバックがもらえるのでそちらで負担できるでしょう。

そのため、初期費用は掛かってしまいますが無料に、むしろ得をするようなこともできますので覚えておいてください。

 

さいごに

今回はソフトバンク光の光テレビサービス「ソフトバンク光テレビ」についてお話していきました。

やはりデフォルトで地デジ・BSが視聴できることは嬉しいですね。

ケーブルテレビを利用している方でも十分満足できるような内容なので検討してみてはどうでしょうか?