【戸建てタイプ】岡山でおすすめ&安いインターネットは?

【戸建てタイプ】岡山でおすすめ&安いインターネットは?

今回は岡山でインターネットを引くならおすすめはどこなのか、ということをご紹介したいと思います。

インターネットを引く方法は現在数多くあり、光回線やモバイル回線、ケーブルテレビなどが主な方法です。

しかし、これらの方法にはそれぞれ特徴があり自分に適した方法を選ばないと後々損をしてしまうことも…

そして今回ご紹介していくのは「戸建てタイプ」にスポットを当てたインターネットを引く方法。

岡山が属する中国地方でしか利用できない方法もご紹介していきますので、現在インターネットを利用できている方でも現在の方法と比較しながらどのような方法があるのかを確認してみてくださいね。

岡山の戸建てでインターネットを引くならどこがおすすめ?

現在インターネットを引くうえで、主要な方法は大きく分けて三つ。

光回線

通信に光ファイバーを使用したインターネットサービス。

三つの方法の中では最も速度が速く、料金もお手頃。

モバイル回線

「4G/LTE」などに代表される、ケータイの電波を使用したインターネットサービス。

料金はお手頃だが、通信制限のあるサービスも多い。

ケーブルテレビ

ケーブルテレビ回線を使用したインターネットサービス。

ケーブルテレビを利用しないといけないので、料金は割高になりやすい。

私の家もそうでしたが、ケーブルテレビを利用したことがある方はそのままケーブルテレビのインターネットを自宅で利用している、という方も多いでしょう。

岡山のケーブルテレビなら「oniNet」や「倉敷ケーブテレビ」が有名ですね。

そしてモバイル回線は自宅でモバイルルーターを使っている方もいれば、自宅用のモバイル回線(ソフトバンクAirなど)を使っている方もいるでしょう。

ただ、一番現在インターネットを引く方法で主流なのは「光回線」です。

というのも、ケーブルテレビはもともとケーブルテレビサービスがメインでおまけとしてインターネットを提供していますし、モバイル回線は元もと外出用だからです。

今回は「戸建て」とあるように、自宅で利用する想定ですし、光回線はインターネットを引くことを第一に考えているサービスです。

そのため、光回線は一番主流な方法と言えるわけですね。

ということで、今回はいろいろな方法を比較していきますが光回線を多めにご紹介したいと思います。

では比較する方法を見てみましょう。

サービス名提供元
ソフトバンク光ソフトバンク
ドコモ光ドコモ
ビッグローブ光ビッグローブ
メガエッグエネルギア・コミュニケーションズ
oniNet岡山ネットワーク
倉敷ケーブルテレビ倉敷ケーブルテレビ

今回比較していくのは全部で6社。

宣言した通り、oniNetと倉敷ケーブルテレビ以外は光回線です。

モバイル回線を紹介してもいいのですが、速度制限があったり速度が遅かったりとやはり自宅向きではない感じは否めないので今回は割愛させていただきます。

そしてこの中でも冒頭で言った「中国地方でしか利用できない方法」というのが「メガエッグ」です。

このメガエッグは「中国地方限定」の光回線で、エネルギア・コミュニケーションズという中国電力系列の会社が提供しているもの。

中国地方にお住いの方はほとんど知っていると思いますが、中国地方で利用できる光回線の中でもこのメガエッグはかなり人気のよう。

その人気の理由も確認していきたいですね。

そして、岡山ではまだまだ利用者の多いケーブルテレビは本当にお得なのか、ということも確認しながらそれぞれの方法を比較していきたいと思います。

岡山の光回線・ケーブルテレビの「料金」を比較!

インターネットサービスを利用するなら、重要なのは「料金」でしょう。

まあなんのサービスにおいても料金は大事ですが、インターネットサービスの料金は結構まちまちですし、利用できるサービスによって料金が違ってくることが多いためです。

さらにインターネットサービスは「速度」が大体似通っている、という点もありますね。

なので一番比較しやすいのが「料金」といわけです。

もちろんあとで「速度」に関しても比較をしますが、とりあえず「料金」を重点的に比較していこうと思います。

サービス名ネット料金
ソフトバンク光5200円
ドコモ光5200円
ビッグローブ光4980円
メガエッグ4200円
oniNet

5700円

倉敷ケーブルテレビ5300円

それぞれのインターネットサービスの料金は上記の通り。

光回線の平均的な料金は「5100円」くらい、ケーブルテレビは「5500円」ほどでしょうか。

そしてこの中でも一番料金が安いのは先ほどお話した「メガエッグ」です。

戸建てタイプで「4200円」という料金は、全国的に見てもかなり安い料金。

ただ、ここでメガエッグを知っている方は「安いのは1年だけじゃないの?」と思うかもしれません。

たしかに「以前」のメガエッグの料金は利用した年数ごとに料金が増えていき、最終的には一般的な光回線と変わらない料金になっていました。

 メガエッグ1年目2年〜3年4年~6年7年以降
戸建て4000円5000円5000円4700円

しかし、最近メガエッグは料金プランがリニューアルされたんです。

リニューアル後の料金プランは☟の通りです。

 メガエッグ1年目2年〜3年4年~6年7年以降
戸建て4200円

そう、見ての通り利用した年数ごとに料金が変わることがなくなったんです!

つまりフラットなプランになったんですね。

以前のように料金が高くなる、ということはないですしさらにずっとこの料金で利用できる、というのは全国的に見てもなかなかありません。

少しメガエッグの話をしすぎてしまいましたが、最近感動した出来事だったので熱くなりました(笑)

さて、ほかのインターネットサービスの料金を見てみると次に安いのはビッグローブ光の4980円、それにソフトバンク光とドコモ光が続き、ケーブルテレビという順番になっています。

メガエッグ以外の光回線は横並、という印象ですがこれが一般的な光回線の料金メガエッグが特別なんです。

光回線の料金はいいとして、問題はケーブルテレビの料金でしょう。

ケーブルテレビの料金で一番安いのは「倉敷ケーブルテレビ」の「5300円」ですが、まずインターネットサービスだけで見てもほかのインターネットサービスより料金が高い。

oniNetなんかは「5700円」もしてしまうのでなおさらですね。

ビッグローブ光と比較しても最小で320円の差があるので、年間で考えるとかなり大きな差に…

そのような点から見るとやはりケーブルテレビは割高な印象が強いですよね。

そしてもう一つケーブルテレビで注意しなければならないのが、「ケーブルテレビサービス」を利用しないとインターネットサービスは利用できない、という点。

冒頭でも言いましたが、ケーブルテレビのインターネットサービスはあくまでケーブルテレビサービスの「オプション」です。

まあ通信にケーブルテレビサービスを利用するためのケーブルテレビ回線を利用しているので当然ですよね。

そしてoniNetと倉敷ケーブルテレビのケーブルテレビサービスの最低料金がこちら。

oniNet

1500円

倉敷ケーブルテレビ1900円

こちらはあくまで最低料金で、プランごとにもっと料金の高いものもあります。

つまり、先ほどのインターネットサービスに加えてこの料金が加算されるということ。

そのためそれぞれの料金は☟のようになります。

oniNet

5700円+1500円=7200円

倉敷ケーブルテレビ5300円+1900円=7200円

奇しくも同じ料金となりました、まあこういう料金の違いでつり合いを取っているのはよくあることでもあります。

もちろん「ケーブルテレビサービスを利用したい!」という方であれば、問題はないと思いますが注意しなければならないのは「ケーブルテレビなんて見ない!」という方。

つまり普通の地デジやBSを見れればテレビは問題ないという方ですね。

どちらのケーブルテレビにも地デジ・BSだけを見ることができる低価格の料金プランは存在せず、最低でも何chかのチャンネルパックを利用しなくてはいけません。

ということは、CSを見ない方にとってはこの料金分損することになります。

では光回線ではどうでしょうか?

光回線でも、実は「光テレビ」という光回線を通信に使ったテレビサービスを利用することができます。

そしてケーブルテレビと違うのは、光テレビの利用は必須ではない、ということ。

これは双方のメインのサービスがどこにあるか、という違いから来ていますね。

光回線

インターネットサービスがメイン

ケーブルテレビケーブルテレビサービスがメイン

つまり、どのような回線を使用してサービスを提供するかの違いです。

そして光テレビとケーブルテレビの違いは下記の通りです。

光テレビ

地デジ・BSだけ見ることができる基本料金プランがあり、別途料金を支払えばCSを見ることもできる。

ケーブルテレビ基本料金プランは存在せず、最低でも何chかのCSプランを選択する必要がある。

光テレビとケーブルテレビの違いはまさにここですね。

光テレビは地デジ・BSだけの基本料金プラン(平均500円)がありますが、ケーブルテレビにそのようなプランはありません。

つまり、光テレビの方が自由度が高いということ。

先ほども言ったように、ケーブルテレビを利用していてCSを見ない方はその分損していますが、インターネットを使うにはケーブルテレビの利用が必須なので料金を下げることはできません。

しかし、光回線であれば自分に合ったプランを選ぶことができます

ケーブルテレビだけにとらわれていた方は、この機会に光回線にも目を向けてみるといいかもしれませんね。

少々長くなってしまいましたが、この章をまとめてみようと思います。

①中国地方で一番安いのは料金プランがリニューアルした「メガエッグ」

②光回線とケーブルテレビでは選択できるサービスの自由度が違う

一番基本料金が安いインターネットサービスは中国地方限定の光回線「メガエッグ」でしたね。

ただ、基本料金だけでインターネットサービスを決めてしまうのはちょっと早いかもしれません。

というのも、最近のインターネットサービスは何らかの「セット割」が適用できるためです。

各インターネットサービスでセット割は適用できる?

セット割、というのは各インターネットサービスと何かしらのサービスをセットで利用することで適用できる割引のこと。

有名なところで言えばケータイとのセット割ですかね。

ではそれぞれのインターネットサービスでどのようなセット割が適用できるのか見ていきましょう。

サービス名対象セット割最大割引額
ソフトバンク光ソフトバンクケータイ/ワイモバイルケータイおうち割光セット/おうち割光セット(A)1000円/台
ドコモ光ドコモケータイ光セット割1600円/台
ビッグローブ光auケータイ/ビッグローブSIMauスマートバリュー/auセット割/光SIMセット割2000円/台・1200円・300円
メガエッグauケータイauスマートバリュー2000円/台
oniNet

auケータイ

auスマートバリュー

2000円/台

倉敷ケーブルテレビ

auケータイ

auスマートバリュー

2000円/台

さて、見てみるとどのインターネットサービスでもなんらかのセット割を適用できるよう。

そしてすべてセットの対象となっているのは「ケータイ」となっていますね。

そのため、自分がどのキャリアのケータイを利用しているかでインターネットサービスを選んでもいいということ。

ちなみに、ドコモとのセット割はドコモ光だけ、ソフトバンクとのセット割はソフトバンク光とNURO光だけが適用できます。

ビッグローブ光の光SIMセット割、というのはビッグローブの格安SIM「ビッグローブモバイル」とのセット割で、こちらもビッグローブ光しか適用することができないもの。

セット割を適用することで、ケータイの料金または光回線の料金はかなりお得になるのでインターネットサービスを利用するならセット割で選ぶことも重要です。

これらのセット割の中で一番割引額が高額なのは「auスマートバリュー」で、割引額は最大2000円

ケータイを乗り換えるのはおっくうかもしれませんが、最終的に見ると割の割引額が高額な方を選んだほうがお得になるので、個人的にはauスマートバリューがおすすめできますね。

岡山の光回線・ケーブルテレビの「速度」を比較!

長くにわたって、インターネットサービスの「料金」を比較していきましたが次に比較するのは「速度」です。

一番重要なのは料金、と言いましたがやはりインターネットサービスなので「速度」も重要。

いくら料金が安くても「速度が遅すぎて何もできない…」というレベルであれば本末転倒です。

ということで、各インターネットサービスの速度を比較していきましょう。

サービス名最大速度
ソフトバンク光上下最大1Gbps
ドコモ光上下最大1Gbps
ビッグローブ光上下最大1Gbps
メガエッグ上下最大1Gbps
oniNet下り最大160Mbps
倉敷ケーブルテレビ下り最大100Mbps

それぞれのインターネットサービスの最大速度は上記の通り。

見てみると、光回線の速度は横並びで「上下最大1Gbps」というもの。

しかし、ケーブルテレビの速度はおよそ10分の1の「100~160Mbps」となっています。

ちなみに「上り」はアップロード速度、「下り」はダウンロード速度ですので覚えておきましょう。

インターネットサービスにおいて「最大速度」というのはあくまで理論値で、最大でこれだけの通信速度で利用することができるけど、いつもこの速度では利用することはできないよ、ということ。

これがベストエフォート方式、というものですね。

しかし、実際に利用できる速度である「実効速度」が最大速度と関係があるのも事実

というのもインターネットサービスには「共有される」という特徴があるため。

インターネットサービスにはプランによって「帯域」があります。

上記の例で言えば、光回線なら「1Gbps」、ケーブルテレビなら「100~160Mbps」ですね。

この帯域はインターネットサービスによって異なりますが決まった人数で共有され、共有された結果の一人頭の帯域が自分が利用できる「実効速度」となるわけです。

では、最大速度が速いインターネットサービスと遅いインターネットサービスではどちらの方が一人頭の「実効速度」が速くなりやすいでしょうか?

そう、前者ですよね。

このことから、最大速度はあくまで理論値であるけれども重要な数値ということができます。

その観点から見てみると、光回線とケーブルテレビがどちらが速くなりやすいかと言うと光回線のほうですよね。

そのため、光回線かケーブルテレビかを「速度」で選ぶなら、光回線の方がおすすめです。

岡山で利用できる光回線・ケーブルテレビをランキングで見てみよう!

さて、岡山で利用できるインターネットサービスの比較を「料金」と「速度」で行ってきました。

わりとランキング結果は見えていると思いますが、詳しい情報を改めて伝えるためにもランキングごとにおすすめのインターネットサービスを紹介していきたいと思います。

第一位 メガエッグ

サービス名料金速度
メガエッグ4200円上下最大1Gbps

岡山で一番おすすめできるインターネットサービスは「メガエッグ」です。

メガエッグの一番のおすすめポイントはやはりリニューアルされた「料金プラン」でしょう。

以前までは、利用した年数ごとに料金が増えてしまうものでしたがリニューアル後はずっとこの「4200円」という全国的に見ても安い料金で利用できるようになりました。

さらに、料金が安いからと言って速度が遅いわけではなく、ほかの光回線と同じように「上下最大1Gbps」で利用することができます。

また、料金が安い光回線は「セット割」が適用できない、ということもよくあるのですがメガエッグでは一番割引額の高額な「auスマートバリュー」を適用することができます。

何も犠牲にせずにこれだけの低料金を実現している光回線はかなり珍しいと言っていいでしょう。

中国地方に住んでいる方なら確実に利用してみてほしい光回線です。

また、メガエッグの公式HPで申し込むのではなくメガエッグの正規代理店で申しこむことで20,000円のキャッシュバックがもらえるようです。

メガエッグ公式キャンペーンは同じく適用できるので、正規代理店で申し込んだほうがよりお得。

☟から詳細な情報を確認できるので、気になった方はご覧になってみてください。

第二位 光コラボ

サービス名料金速度
ソフトバンク光5200円上下最大1Gbps
ドコモ光5200円上下最大1Gbps
ビッグローブ光4980円上下最大1Gbps

「光コラボ?そんなのあったっけ?」と疑問に思った方もいるでしょう。

そう、上記のソフトバンク光・ドコモ光・ビッグローブ光は「光コラボ」というフレッツ光のサービスモデルを利用して光回線を提供しています。

◆光コラボとは◆

光コラボの正式名称は「光コラボレーションモデル」。
光コラボレーション「モデル」ということで、光回線サービス自体というよりはサービスモデルのことを表しています。
光コラボの内容は「フレッツ光の光回線サービス×事業者のサービス・商品」のコラボレーション。

具体的な流れを言えば、
「フレッツ光の光回線サービス」+「事業者の商品」というセットでまとめる☞二つをまとめて割引
【ex)ソフトバンク光(フレッツ光の光回線サービス)+ソフトバンクケータイ☞おうち割光セット】

というような流れとなります。
以前のようにフレッツ光という大きな枠ではなく、さらに細分化した枠で自分の利用しているサービスに合った光回線を選ぶことができるという利用者側のメリットもここで発生します。このように今まで光回線サービスを提供できなかった事業者がフレッツ光を通じて光回線サービスを提供し、さらに自社製品・サービスとかけ合わせることで新たなサービスモデルを築いたのです。

◇光コラボの特徴

①フレッツ光よりも月額料金が安い
②通信速度・安定性はフレッツ光と同じ
③「転用申し込み」がお得

このように、光コラボはフレッツ光と同じ光回線を利用しているので通信速度や品質、安定性がフレッツ光と同じであるほか、利用できるエリアもフレッツ光と同じ。

それなのにフレッツ光よりも料金が安い、またセット割が適用できるのが特徴ですね。

そしてフレッツ光を利用している方が、光コラボに乗り換える際には「転用申し込み」という申し込み方法を利用することができます。

◆転用とは◆

転用申し込みとは「現在フレッツ光を利用している方」で「光コラボに乗り換える方」が適用できる申し込み方法のこと。
フレッツ光と光コラボで光回線の「設備」が同じ、また光コラボはフレッツ光が提供しているサービスということで、「乗り換え先光コラボの開通工事費が無料」、「フレッツ光の違約金が無料」になるんです。

また転用には「自社転用」と「他社転用」の二つの種類があります。

自社転用他社転用
現在フレッツ光で利用しているプロバイダが
提供している光コラボへ乗り換え
現在フレッツ光で利用しているプロバイダ以外の
提供している光コラボへ乗り換え
ex.)ビッグローブをプロバイダとしてフレッツ光を利用
☞ビッグローブ光に乗り換え
ex.)ビッグローブをプロバイダとしてフレッツ光を利用
☞ソフトバンク光に乗り換え

つまり、新規申し込みでかかってしまう初期費用や手続きを減らすことのできる申し込み方法が転用申し込みということですね。

👉もっと詳しく知りたい方はこちらの記事へ

転用申し込みを利用することで、開通工事がそもそもなくなりますので工事費が0円です。

さらにフレッツ光の違約金が発生する場合でも違約金が0円になるので、フレッツ光を利用している場合は光コラボに乗り換えるのがおすすめ。

またおのおの先ほど言ったように、キャリアによってセット割を適用することができるので光コラボを選ぶ際にはセット割で選ぶのもいいでしょう。

光コラボでも、正規代理店で申し込むことでキャッシュバックやプレゼントをもらうことができるキャンペーンを実施しているようなので、申し込みの際には確認してみるといいかもしれません。

ソフトバンク光
SoftBank光への申し込みはコチラから

ドコモ光ドコモユーザーにおすすめ!お得なインターネット比較
ビッグローブ光
ビッグローブ光への申し込みはコチラから

第三位 oniNet・倉敷ケーブルテレビ

第三位はoniNetと倉敷ケーブルテレビです。

まあ三位というか最下位というか…

ケーブルテレビの利用者はたしかに多いのですが、昔からインターネットサービスを変えていないという方が利用を続けている場合がほとんど。

つまり今までほかのインターネットサービスに目を向けていなかった方々だと思います。

本文中でも言ったように、ケーブルテレビはインターネットサービスを利用するのにケーブルテレビ分の料金がかかってしまうので、その分料金がかさみます。

見直してみると、「こんなに料金が削減できるのか!」を驚く方も多い。

インターネットサービスだけを利用するにしても、CSも見たいにしても光回線にしたほうがサービスの自由度が高くなりますので乗り換えることをおすすめしたいですね。

さいごに

今回は岡山で利用できるインターネットサービスで一番おすすめの方法をご紹介していきました。

一番おすすめできるインターネットサービスは中国地方限定の「メガエッグ」でしたね。

料金プランがリニューアルされてからというもの以前よりも確実にメガエッグの評判は急上昇しています。

またほかの光コラボもメガエッグより料金は高いものの、ケーブルテレビよりはサービスの自由度が高いです。

最近優勝したカープのスポンサーをしていることもあり、メガエッグもノリに乗っている光回線ですので岡山でインターネットサービスを選ぶならメガエッグを利用してみてはどうでしょうか?