フレッツ光からメガエッグへ乗り換えよう!料金・サービス比較!

フレッツ光からメガエッグへ乗り換えよう!料金・サービス比較!

今回は光回線の比較をしていきたいと思います。

そして今回ご紹介するのは超大手光回線「フレッツ光」と地方限定光回線「メガエッグ」です。

フレッツ光は全国的に提供されている光回線ですので、知っている方も多いと思いますがメガエッグは中国地方限定で提供されている光回線なので、全国的には知名度が低いかもしれませんが中国地方ではかなり人気の光回線。

同じ光回線ではありますが、詳しく見ていくと利用できるサービス内容はまるで違います。

今回はフレッツ光とメガエッグはどちらがお得なのか、ということをサービス内容で比較していきたいと思います。

フレッツ光とメガエッグを比較!どっちの光回線がお得?

では、フレッツ光とメガエッグを比較してきたいと思います。

まずフレッツ光とメガエッグで一番違うのは提供エリアでしょう。

先ほども言ったように、フレッツ光の提供エリアは「全国」ですがメガエッグは中国地方限定です。

フレッツ光全国
メガエッグ鳥取・島根・岡山・広島・山口

これは、メガエッグが中国電力系列の「エネルギア・コミュニケーションズ」が提供しているためですね。

つまり大元をたどれば中国電力が提供している光回線と言ってもいいでしょう。

このように、メガエッグなどの地方限定の光回線は地方電力が提供していることが多いので「電力系光回線」と言われたりもしますね。

またメガエッグは最近料金プランがリニューアルされたこともあり、今大注目の光回線です。

フレッツ光は超大手と言えど最近個人向けのシェアは伸び悩んでいる模様。

ということで、それぞれどのような違いがあるのかサービス内容をしっかり比較していきたいと思います。

フレッツ光とメガエッグの料金を比較!安いのはどっち?

光回線と言えば重要なのは「料金」と「速度」ですが、今回ばかりは「料金」の方が重要かもしれません。

というのもどちらの最大速度も「上下最大1Gbps」であるためですね。

最大値が変わらないので、もちろん環境による差はあると思いますが速度のサービス的にはあまり変わりがありません。(どちらが速くなりやすいか、ということはありますが…)

とにかく、一番比較をしていって違いが出るのは「料金」です。

ではそれぞれの料金を比較していこうと思います。

サービス名戸建て集合住宅
プランミニ
フレッツ光(東日本)5700円4350円
フレッツ光(西日本)5400円3950円
メガエッグ4200円3200円

料金を見てみると、戸建て・マンションともに料金はメガエッグの方がかなり安い。

戸建てで1200円、マンションで750円ほどメガエッグの方が料金が安いです。

「え、冗談でしょ?」と思う方もいるくらいにメガエッグのリニューアル後の料金プランは安くなりました。

以前は☟のような感じでしたからね。

 メガエッグ1年目2年〜3年4年~6年7年以降
戸建て4000円5000円5000円4700円
マンション2200円3800円4000円3800円

このように、1年目だけ料金が安くそれ以降は料金が高くなるという料金プランだったのですがリニューアル後は利用年数ごとに料金が変わるということがなくなり、「フラット」な料金プランになりました。

まさに改良ですね…!

話を戻しますが、ただでさえ料金に差のある両社ですがフレッツ光には一つある問題があります。

それが「」の部分です。

この「+α」は「プロバイダ料金を表しています。

そう、フレッツ光はフレッツ光という「光回線サービス」と別途で「プロバイダ」に料金を支払う必要があります。

このプロバイダ料金は平均的に戸建てで「1200円」、マンションで「900円」ほどですので、先ほどの差にこの金額が加算されると考えていいです。

そしてメガエッグは「プロバイダ一体型」の光回線ですので、別途でプロバイダに発生する料金はありません

つまりフレッツ光とメガエッグの料金の差は☟のようになります。

戸建て元々の差額:1200円 + プロバイダ料金:1200円 = 2400円の差額/月
マンション元々の差額:750円 + プロバイダ料金:900円 = 1650円の差額/月

この差額は年単位ではありません、月単位です。

月でこれくらい変わってしまうので、年間で考えれば☟の差額がでることになります。

戸建て2400円 × 12ヵ月 = 28800円
マンション1650円 × 12ヵ月 = 19800円

年間で30000円近く料金が変わるので、これを見て今からメガエッグじゃなくてフレッツ光を申し込もうと言う方はよほどお金が余っている方でしょう…

さて、光回線の料金には直接関係しませんが適用できるかどうかでお得さが変わるものがもう一つ。

それがセット割です。

フレッツ光とメガエッグで適用できるセット割は?

光回線によって適用できるかどうか、また内容が違うものこそこの「セット割」です。

セット割はその名の通り、光回線と「何か」をセットで利用することで適用できるもので、主にその事業者がほかに提供しているサービスとセット割を組むことができる場合が多いです。

ではそれぞれどのようなセット割を組むことができるのでしょうか?

フレッツ光なし
メガエッグauスマートバリュー

実は、フレッツ光ではセット割を適用することができません

対してメガエッグで適用できるのは現在提供されているセット割の中でもっとも割引額が高額な「auスマートバリュー」です。

auスマートバリューはauのモバイル機器(auスマホ/タブレット/ケータイ)とセットで利用することで適用できる割引。

そしてモバイル機器の月額料金から☟の金額が割引されます。

各料金プラン・データ定額サービス割引額
au データMAX プランPro永年1,000円/月割引
au データMAX プラン Netflixパック永年1,000円/月割引
au フラットプラン25 NetflixパックN(シンプル)永年1,000円/月割引
au フラットプラン20N(シンプル)永年1,000円/月割引
au フラットプラン7プラスN永年1,000円/月割引
新au ピタットプランN~7GB永年500円/月割引
~4GB永年500円/月割引
~1GB※新auピタットプランNでデータ容量~1GBは対象外
新ピタットプラン
※新規受付終了
1GB~永年500円/月割引
※新auピタットプランNでデータ容量~1GBは対象外
auピタットプラン
※新規受付終了
~2GB永年500円/月割引
※新auピタットプランNでデータ容量~1GBは対象外
2GB超~永年1,000円/月割引
auピタットプラン(S)
※新規受付終了
~2GB永年500円/月割引
2GB超~永年1,000円/月割引
auフラットプラン
※新規受付終了
永年1,000円/月割引
auデータMAXプラン
※新規受付終了
永年1,000円/月割引
データ定額30
データ定額10/13
※いずれも新規受付終了
最大2年間:2,000円/月割引
3年目以降永年934/月割引
データ定額5/8/20
LTEフラット
※いずれも新規受付終了
最大2年間:1,410円/月割引
3年目以降永年934/月割引
ISフラット・プランF(IS)シンプル
LTEフラットforTab/Tab(i)/Tab(L)/DATA(m)
データ定額2/3
シニアプラン
※いずれも新規受付終了
永年934円/月割引
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
データ定額1G
※新規受付終了
最大2年間:934円/月割引
3年目以降永年500円/月割引

ご覧のように、最大2000円の割引が適用できるんですね。

適用できるモバイル機器は最大10台なので、よほどの大家族でない限り全員もれなく適用することができます。

適用条件も簡単で、次の三つ。

①対象光回線(メガエッグ)の利用

②auスマホ/タブレット/ケータイを対象プランで利用

③光電話(月額500円)の利用

かなり簡単に適用できますよね。

光電話はいらない、という方もいると思いますがこれはauスマートバリューを適用するのに必須の条件なので使わなくても申し込むようにしましょう。

このようにセット割を適用できるかどうか、というのは光回線の料金には関係ありませんが生活全体の料金にはかなり関係してきます。

いまや「光回線を利用するならセット割を適用しないと損!」となるほど、セット割を適用できる光回線は多いのでそのような点から見てもフレッツ光よりはメガエッグの方がおすすめできますね。

フレッツ光とメガエッグの速度はどちらが速くなりやすい?

さて、料金の比較をしていったので今度は速度の比較です。

ただ、先ほども言ったようにフレッツ光とメガエッグの速度はどちらも同じ「上下最大1Gbps」。

つまり数値上は変わりがありません。

しかし、どちらが速くなりやすいかということは光回線の仕組みから推測することができます

その仕組みとは「光回線は共有されるもの」である、という点。

光回線はエリアごとに最大32人で共有されるもので、これはほとんどの光回線で同じ仕組みです。

そしてフレッツ光の提供エリアは全国なのに対して、メガエッグの提供エリアは中国地方のみ。

どちらの方が共有人数が32人に近くなるのかは想像に難くないでしょう。

このことから、地方限定光回線などのエリアが限定されている光回線のほうが全国提供されている光回線よりも速度が速くなりやすいと言われています。

つまり速くなりやすいのはメガエッグの方、と言えますね。

フレッツ光からメガエッグに乗り換えよう!

フレッツ光とメガエッグの比較をしていきましたが、ここまでの話を聞いてメガエッグではなくフレッツ光に申し込もうという中国地方の方はいないのではないでしょうか。

ただ、現在フレッツ光を利用している方はメガエッグに乗り換えようとしても解約の際の違約金が気になってなかなか乗り換えに踏み出せない、という方も多いかと思います。

そのような方におすすめしたいのが、乗り換えを申し込む窓口にメガエッグの正規代理店を利用すること

メガエッグでは乗り換えキャンペーンを実施していないのですが、正規代理店から申し込むことで申し込みキャンペーンを適用することができ、フレッツ光の違約金程度であれば無料にすることができるほか、もしかすると得をするかもしれません。

では、正規代理店ではどのようなキャンペーンを実施しているのか見てみましょう。

今回ご紹介するのは、光回線の代理店として有名な「NEXT」という代理店です。

こちらでメガエッグを申し込むと20,000円のキャッシュバックをもらうことができます。

もちろんメガエッグを申し込むだけでキャンペーンを適用することができるので、不要なオプションを付けられる心配もありません

さらにキャッシュバックの受け取りに必要なのは「口座番号を申し込み時に伝えるだけ」ですし、キャッシュバックは開通月の三カ月後とかなり早い。

フレッツ光からメガエッグに乗り換えたい方は正規代理店を利用してお得に乗り換えてみてはどうでしょうか?

 

メガエッグに申し込む!

さいごに

今回はフレッツ光とメガエッグを比較していきました。

料金的にも速度的にもメガエッグの方が優秀さが光りましたね。

メガエッグが中国地方の方になぜ人気なのかが分かったような気がします。

また、乗り換えには代理店キャンペーンを利用することでお得に乗り換えをすることができるので試してみてください。