auスマートバリュー適用可能!メガエッグとおすすめ光コラボを比較!

auスマートバリュー適用可能!メガエッグとおすすめ光コラボを比較!

今回はauスマートバリューを適用できる光回線「メガエッグ」と、その他の光回線を比較していきたいと思います。

メガエッグは「中国地方」のみでしか提供を行っていない光回線で、地方限定光回線または電力系光回線とも言われています。

メガエッグでは表題の通り、auスマートバリューを適用することができ、地元でも人気のサービス。

しかしauスマートバリューを適用できるのはメガエッグだけではなく、比較をしていくその他の光回線でも適用することができる光回線はあるんです。

ということで、今回は中国地方限定光回線「メガエッグ」とその他の光回線ではどちらがおすすめなのか、ということを比較してご紹介していきたいと思います。

auスマートバリュー適用可能!メガエッグと他社光回線を比較しよう!

メガエッグは先ほども言ったように、中国地方限定の光回線で現在は「鳥取・島根・岡山・広島・山口」の五県でしか利用することができません。

というのも、このメガエッグを提供しているのは「エネルギア・コミュニケーションズ」という会社でこの会社は「中国電力」の系列会社です。

元をたどれば中国電力が提供しているようなものなので、中国電力の管轄内であるエリアでしか利用することができない、と言うことなのでしょう。

しかし限定されたエリアでしか提供を行っていないので、メガエッグのサービス内容は地元に根付いたサービスを行っていますし、中国電力とも提携したサービスを提供しています。

メガエッグは電気とセットでお得に!「でんき割」とはどんなサービス?

こちらのセット割は「エネルギアポイント」というポイントがもらえるセット割となっています。

メガエッグの提供元が電力会社であるからこそできるセット割ですよね。

auスマートバリューだけでなくこのようなセット割も適用できるのはメガエッグの魅力です。

そして肝心の基本的なサービスですが、速度に関しては一般的な光回線と同じく「上下最大1Gbps」というもの。

つまり速度はほかの光回線と違いがありません。

ではほかの光回線と違いが出てくるのはどのようなところなのでしょうか?

やはり「料金」です。

とくにメガエッグの料金はかなり安いことでも有名なので、今回はおもに料金を中心にしてその他の光回線と比較をしていきたいと思います。

中国地方限定!メガエッグの料金を見てみよう

ではメガエッグの料金を見てみましょう。

メガエッグの料金は普通の光回線と同じように、戸建てタイプかマンションタイプかの二つの住宅タイプによって変わります。

サービス名戸建てマンション
メガエッグ4000円2200円

メガエッグの料金を公式HPで見てみるとこのような料金になっています。

本来光回線の平均的な料金は戸建てで「5200円」、マンションで「4000円前後」なので、それと比較するとメガエッグがどれだけ安いのかは分かりますよね。

しかしメガエッグのこの料金はずっと続くわけではありません。

どのように料金が変わっていくのかを見ていきましょう。

 メガエッグ1年目2年〜3年4年~6年7年以降
戸建て4000円5000円5000円4700円
集合住宅2200円3800円4000円3800円

メガエッグの料金は上記のように変わっていきます。

このように料金が変わっていく理由はメガエッグの「プラン」に関係しています。

このメガエッグのプランは「ギガ王」という、上下最大1Gbpsのプランを「3年自動更新」で契約するもの。

こちらのプランで契約すると上記のように割引がされ、1年目は先ほど紹介したような破格の料金で利用することができます。

もちろん料金はこれ以上高くなることがありますが、一番高くなってしまう時期(4年~6年)を見ても料金は戸建てで「5000円」、マンションで「4000円」と一般的な光回線と同じくらいの料金となっています。

7年間の平均をとっても戸建てで「4814円」、マンションで「3657円」という計算なので、トータルで見てもほかの光回線より格段に安く利用できそうですね。

そしてメガエッグでは今回のテーマでもある「auスマートバリュー」を適用することができます。

ということでauスマートバリューの内容も見てみましょう。

auケータイとのセット割「auスマートバリュー」の内容を見てみよう

auスマートバリューは対象の光回線と「auケータイ/スマホ/タブレット」のセット割です。

適用できる光回線はメガエッグのような地方限定光回線から後述する全国的に提供されている光回線まで、様々です。

auスマートバリューの概要は、「ケータイ」の料金から利用しているケータイのプランに応じた割引をしてくれる、というもの。

そして適用できる光回線は10台と非常に多く、大家族でも安心して適用することができる割引です。

ではauスマートバリューの割引額はどのくらいなのか、見ていきましょう。

各料金プラン・データ定額サービス割引額
au データMAX プランPro永年1,000円/月割引
au データMAX プラン Netflixパック永年1,000円/月割引
au フラットプラン25 NetflixパックN(シンプル)永年1,000円/月割引
au フラットプラン20N(シンプル)永年1,000円/月割引
au フラットプラン7プラスN永年1,000円/月割引
新au ピタットプランN~7GB永年500円/月割引
~4GB永年500円/月割引
~1GB※新auピタットプランNでデータ容量~1GBは対象外
新ピタットプラン
※新規受付終了
1GB~永年500円/月割引
※新auピタットプランNでデータ容量~1GBは対象外
auピタットプラン
※新規受付終了
~2GB永年500円/月割引
※新auピタットプランNでデータ容量~1GBは対象外
2GB超~永年1,000円/月割引
auピタットプラン(S)
※新規受付終了
~2GB永年500円/月割引
2GB超~永年1,000円/月割引
auフラットプラン
※新規受付終了
永年1,000円/月割引
auデータMAXプラン
※新規受付終了
永年1,000円/月割引
データ定額30
データ定額10/13
※いずれも新規受付終了
最大2年間:2,000円/月割引
3年目以降永年934/月割引
データ定額5/8/20
LTEフラット
※いずれも新規受付終了
最大2年間:1,410円/月割引
3年目以降永年934/月割引
ISフラット・プランF(IS)シンプル
LTEフラットforTab/Tab(i)/Tab(L)/DATA(m)
データ定額2/3
シニアプラン
※いずれも新規受付終了
永年934円/月割引
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
データ定額1G
※新規受付終了
最大2年間:934円/月割引
3年目以降永年500円/月割引

auスマートバリューの割引額は上記の通り。

最大割引額は現在提供されているセット割の中でも一番高いと言われている「2000円」。

三年目以降は934円と統一されてしまいますが、セット割の中には一定期間だけ割引を行ってくれるものの一定期間後には割引がなくなってしまうセット割も中にはあります。

その点ずっと割引が続き、割引額も高いのはauスマートバリューの大きなメリットと言えるでしょう。

適用条件も簡単で「対象の光回線+対象のケータイプラン+光電話」となっています。

光電話(500円/月)には加入しなくてはいけませんが、auスマートバリューを適用できれば十分に元は取れるかと思います。

なんにせよ、auケータイを持っているなら絶対に適用したい割引、と言っていいですね。

メガエッグ以外にもauスマートバリューを適用できる光回線が!メガエッグと比較しよう

サービス名戸建て集合住宅
auひかり5100円(東海・近畿地方は提供なし)3800円
ニフティ光4500円3400円
ビッグローブ光4980円3980円
So-net光プラス4380円3280円

メガエッグ以外にauスマートバリューを適用できる光回線は上記の通り。

基本的に全国的に利用できる光回線を紹介していますが、auひかりは東海・近畿地方では戸建ての提供を行っていないので真に全国的に提供をしている、とは言い難いかもしれません。

さらにauひかりは最近になって解約の際の撤去工事が義務化されたこともあり、正直以前よりも旨味が薄れてしまった印象…

料金も他の三社と比較して割高ですし、今回はauひかりを除いた三社を見ていきたいと思います。

そしてこの三社に共通しているのは「光コラボ」を利用している、という点。

この光コラボはフレッツ光の光回線を利用したサービスで、フレッツ光と同じ通信速度・提供エリアでありながらフレッツ光よりも料金が安くセット割も適用できる、というメリットがあります。

◆光コラボとは◆

光コラボの正式名称は「光コラボレーションモデル」。
光コラボレーション「モデル」ということで、光回線サービス自体というよりはサービスモデルのことを表しています。
光コラボの内容は「フレッツ光の光回線サービス×事業者のサービス・商品」のコラボレーション。

具体的な流れを言えば、
「フレッツ光の光回線サービス」+「事業者の商品」というセットでまとめる☞二つをまとめて割引
【ex)ソフトバンク光(フレッツ光の光回線サービス)+ソフトバンクケータイ☞おうち割光セット】

というような流れとなります。
以前のようにフレッツ光という大きな枠ではなく、さらに細分化した枠で自分の利用しているサービスに合った光回線を選ぶことができるという利用者側のメリットもここで発生します。このように今まで光回線サービスを提供できなかった事業者がフレッツ光を通じて光回線サービスを提供し、さらに自社製品・サービスとかけ合わせることで新たなサービスモデルを築いたのです。

◇光コラボの特徴

①フレッツ光よりも月額料金が安い
②通信速度・安定性はフレッツ光と同じ
③「転用申し込み」がお得

では、これら三社でおすすめできるランキングをご紹介したいと思います。

第一位 ビッグローブ光

戸建てマンション
4980円3980円

ビッグローブ光は料金も安いですが、その他のサービスもお得です。

その他のサービスとして挙げられるのは「セット割」と「特典」ですね。

意外としられていないのですが、ビッグローブ光ではauスマートバリュー以外にも二つのセット割が適用できます。

割引名割引に必要なモバイル機器割引対象割引額
auセット割auケータイ光回線最大1200円
光SIMセット割ビッグローブモバイル光回線300円

これらはどちらもauスマートバリューと違い、光回線から割引を行ってくれるもの。

特に光SIMセット割はビッグローブ光でしか適用できません。

さらにauセット割も適用できる光回線は貴重ですので、auスマートバリューだけでなくほかの珍しいセット割からも選ぶことができるのはメリットでしょう。

そして特典ですが、利用できる特典は二つで、「工事費無料キャンペーン」と「移転工事費が無料になる特典」。

工事費無料キャンペーン

戸建てマンション
30000円(750×40カ月)27000円(675円×40ヵ月)

ビッグローブ光では基本的に上記のような工事費がかかりますが、新規申し込みでこの開通工事費が無料になります。

それぞれ30000円近くかかってしまいますので、それが無料になると考えるとかなりお得ですよね。

移転工事費が無料になる特典

引っ越しをする際に、引っ越し先でも継続したい場合には「移転工事」というものを行う必要があり、この移転工事費は平均して「10000円」ほど

しかしビッグローブ光ではこの移転工事費が「何度でも」無料になります。

一回だけでなく何度でも、というのが嬉しいですよね。

さらにビッグローブ光を正規代理店で申し込むことで、キャッシュバックをもらうことができますのでこちらもご覧になってみてください。

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

ビッグローブ光キャンペーン

第二位 So-net光プラス

戸建てマンション
4380円(auセット割適用時)3280円(auセット割適用時)

So-net光プラスは代理店だけで申し込むことができる限定の光回線。

料金を見てみるとSo-net光よりも料金は安いようです。

しかしこれはauセット割を適用した時の料金ですので、auスマートバリューを適用するとこの料金ではなくなってしまうことに注意しましょう。

このように、So-net光プラスでもSo-net光では適用できない「auセット割」が適用できるのはメリットと言えるでしょう。

もちろんこちらも代理店からの申し込みでキャッシュバックをもらうことができるので、So-net光との違いも含めてご覧になってみてはどうでしょう?

So-net光の申し込みはこちらから!

第三位 ニフティ光

戸建てマンション
4500円3400円

ニフティ光はこの中でも料金が安くなっていますが、この料金は最大でも3年間限定。

4年目以降は本来の料金に戻ってしまうので、料金的には結局割高な印象。

適用できるセット割もauスマートバリューだけですし、代理店からのキャッシュバックも少ないので第三位です。

メガエッグとビッグローブ光はどちらがおすすめ?

さて、メガエッグとその他の光回線で第一位となったビッグローブ光はどちらがおすすめなのでしょう。

結論としては、メガエッグが利用できるならメガエッグの方がおすすめです。

しかしメガエッグを利用できない場合には、ビッグローブ光がおすすめですね。

やはり地方限定ということもありますし、料金も安くセット割が充実しているという光回線はなかなかないので、一番おすすめできるのはメガエッグですが適用できないエリアであればビッグローブ光でauスマートバリューを適用するようにしましょう!

さいごに

今回はauスマートバリューを適用できる「メガエッグ」とその他の光回線を比較していきました。

比較してみると一番おすすめできるのはメガエッグでしたね。

しかし利用できる地域は限定されているので、利用できない場合はビッグローブ光を利用するようにしましょう。