コミュファ光の解約方法とは?おすすめの乗り換え先もご紹介!

コミュファ光の解約方法とは?おすすめの乗り換え先もご紹介!

今回はコミュファ光についてのお話です。

コミュファ光と言えば、「愛知県・三重県・静岡県・岐阜県」の四県で提供されている中部地方限定の光回線。

中部地方の方限定ということもあって地元の方からはかなり人気のある光回線なのですが、逆に地方限定ということが仇となって引っ越しの際などには引き続き継続することがなかなか難しいのがネック…

ということで今回は、やむなくコミュファ光を解約しなければならない時にはどのような手続きで解約することができるのか「方法と費用」を中心に、乗り換えるならどのような「光回線」がおすすめなのか、ということをお話していきたいと思います。

コミュファ光の解約方法とは?

では、コミュファ光を解約するにはどのような手順を踏めばいいのか、ということを見ていきたいと思います。

解約するにはまず「解約手続き」を始めなければいけません。

そして、コミュファ光を解約手続きを始めるにあたって必要なステップは全部で四つ。

①コミュファコンタクトセンター(0120-218-919)へ電話

②音声案内に従って「1」を押す

③そのまま「2」を押す

④オペレーターにつながるので解約する旨を伝える

以上の手続きを踏めば、解約手続きが開始されます。

大体の光回線事業者では電話の対応は「19時まで」ですが、このコミュファコンタクトセンターでは「20時まで」対応してくれますのでギリギリ仕事が終わってからでも解約手続きをすることができますね。

ではコミュファ光の解約手続きが終わったら、次に何をしなければならないのでしょう?

解約手続きが終わったら?

解約手続きが終わった後にするべきことは基本的にレンタル機器の返却や撤去工事です。

コミュファ光の場合、レンタル機器があった場合は「コミュファから連絡」が来るとされていますので、おそらくですが撤去工事の際に業者さんに引き取ってもらうパターンかと思います。

コミュファ光では「ネット・テレビ」のサービスを行っていますのでそれぞれ利用していたサービスに応じて撤去費用がかかってしまいます。

この撤去工事は多くの場合で解約手続きをした際に工事の日程を決めることが多いので、解約手続きをする際には工事の日程の目途を立ててから連絡を取ったほうがスムーズに解約を進めることができるかと思います。

解約に際して費用はどれくらい?

では解約をするとなったらどのような費用がかかってしまうのか見ていきたいと思います。

コミュファ光で解約するとなると、基本的にかかってしまう費用の種類としては主に二つ。

①撤去工事費用

②契約解除料などの違約金

これらはかかる場合とかからない場合がありますが、それぞれどれくらいの費用がかかってしまうのでしょうか?

①撤去工事費用

光ネット撤去工事費

12,000円(2016年8月1日以降に申し込んだ場合)

光ネット撤去工事費

10,000円(2012年6月1日以降に申し込んだ場合)

光テレビ撤去工事費

17,000円

撤去工事費用は、解約後の撤去工事でかかってしまう費用のこと。

それぞれ「ネット・テレビ」で工事費はかかってしまいますが、もちろんどちらかしか利用していない場合はその利用しているサービス分の工事費がかかってしまいます。

ここで注意してほしいのが「申し込み時期」によって工事費用が2000円ほど変わるということ。

ご覧のようにネットを2012年以降に申し込んだ方と2016年以降に申し込んだ方とでは金額が変わっていますよね?

多くの場合で申し込みと開通で時期が変わることはありませんが、改めて「申し込みの時期」を確認しておくとしっかりとした概算が出せるかと思います。

②契約解除料などの違約金

基本契約期間内の解約による契約解除料

27,000円

長トク割契約解除料

5,000円

ステップ割契約解除料

5,000円

約束割引「得得だがね」契約解除料

5,000円

つづけ得契約解除料

24,000円

光テレビ工事費割引契約解除料

15,700円

軒並みわりと高額な違約金が並んでいますが、これはすべて途中解約した場合です。

一つづつ説明していると長くなってしまいますが、基本的にこのような違約金が公式HPで公開されている場合違約金の中でも高額になるような条件を示してなんとか解約をとどまらせようとするパターンが多いんですね。

なのでこの表の違約金も割と高額なパターンのものが多くなってしまっています。

例えば、光テレビ工事費割引額などは「15700円」となっていますがこれは「契約期間を5年」とした場合で、「3年以内」に解約した場合の料金です。

3年目以降の解約なら「8000円」の違約金になりますので、やはり契約条件は一度確認してしっかりと照らし合わせたほうがいいでしょう。

本当はもっとこの違約金を詳細に説明してもいいのですが、今回はそこには触れません。

というか説明してもあまり意味がないかもしれないからですね(笑)

ということでこの違約金などの諸費用を減額、また無料にする方法をお話していきたいと思います。

解約にかかる費用を無料にする方法とは?

さて、先ほど紹介した諸費用を無料にする方法をお教えしていきたいと思います。

無料にする方法は全部で二つ。

①契約更新月での解約

②乗り換えキャンペーンの利用

それぞれ無料にするのは知っておいたほうがいいと思う方法です。

では①から紹介していきましょう。

①契約更新月での解約

コミュファ光の場合3年(長トク割など)を利用期間とした場合「利用開始した日」から「1095日目の日を含む月」が契約更新月となります。

なので1/1に利用開始したとなるとうるう年などもありますが、ほとんどの場合で3年後の1/1となるかその前後になります。

この日にちが含まれる月となりますので基本的には利用開始日の月と同じ月が契約更新月となり、この契約更新月の翌月1日からまた契約が更新されてしまいます。

そしてこの契約更新月に解約をすれば、基本的に上記の違約金がかかることなく無料で解約することができます。

ただ、このように契約更新月で解約できるような場合は割と少ないです。

というのも解約したいと思った時と契約更新月がたまたま合うことの方が少ないからですね。

なので多くの方は次の「乗り換えキャンペーン」で乗り換え費用を無料にしています。

②乗り換えキャンペーンの利用

さて、一番現実的でお得な方法としてはやはり「乗り換えキャンペーン」の利用だと思います。

実は光回線では「乗り換えキャンペーン」を実施しているところは多く、ほとんどのキャンペーンで他社で発生した違約金を負担してくれます。

ただ、これらの乗り換えキャンペーンを実施している光回線の中で負担額はわりと違います。

中には一部しか負担してくれないところもありますからね。

ただ、今回ご紹介する「ソフトバンク光」の「あんしん乗り換えキャンペーン」では他社で発生した違約金を「最大10万円まで」負担してくれます。

なので先ほど紹介した違約金・撤去工事費をすべて合わせても(実際そんな合計になることはないですが)87000円ほどなので、このキャンペーンですべてまかなえてしまうわけなんですね。

もちろんこの乗り換えキャンペーンだけでなく、ケータイもソフトバンクに乗り換え「おうち割光セット」に加入することで10260円の割引が受けられる「おうち割光セットスタートキャンペーン」や、「回線工事費無料キャンペーン」というソフトバンク光の開通工事費が無料になるキャンペーンなど、実に多くのキャンペーンを実施しています。

なので①の方法が利用できない方は光回線の中でも特にソフトバンク光をおすすめしますね。

auユーザーの方は「auひかり」か「ビッグローブ光」がおすすめ

コミュファ光を利用している方なら、auスマートバリュ―を利用できるのでauユーザーの方が多いでしょう。

提供エリア外のため、auひかりを当時申し込めなかった方もいると思いますが最近auひかりのエリアは徐々に拡大しています。

さらにソフトバンク光と同じ光コラボである「ビッグローブ光」でもauスマートバリュ―を適用できるようになったのでauユーザーの方はこれら二回線もおすすめですね。

ソフトバンク光なら代理店で申し込もう!

さて、ソフトバンク光がおすすめという話をしましたがソフトバンク光を申し込むのにもおすすめの方法があります。

その方法こそ「代理店申し込み」で、この申し込み方法を利用することで多くの場合「キャッシュバック」を受け取ることができます。

特に有名代理店NEXTでは☟のような豪華な特典を受け取ることができます。

 キャッシュバックのみキャッシュバック+無線ルーター  
ソフトバンク光の新規申し込み33,000円28,000円
ソフトバンク光の転用申し込み13,000円 

このように、キャッシュバックだけでなくさらに無線ルーターがついた特典とも選ぶことができます。

キャッシュバックも早く、適用条件も軽いのでかなりおすすめの代理店と言えるでしょう。

さいごに

今回はコミュファ光の解約方法とおすすめの乗り換え先を紹介しました。

一番ネックなのはやはり違約金などの費用ですよね。

ただ、ソフトバンク光などの乗り換えキャンペーンを利用することでこれらの費用は無料、もしくは減額することができますので乗り換えの際にはこのポイントを考えて選ぶといいでしょう。

SoftBank光への申し込みはコチラから