プロバイダ「スピーディア」のインターネットが遅いと評判?解約方法まで!

プロバイダ「スピーディア」のインターネットが遅いと評判?解約方法まで!

今回はプロバイダ「スピーディア」のインターネットが遅い、という評判を受け、どのようなサービス内容なのかということを紹介していきたいと思います。

実は光回線の速度面で重要になってくるのは、どのようなプロバイダを利用しているかどうか、なんですね。

今回はスピーディアが提供する「スピーディア光」という光回線の基本料金・解約方法のご紹介ですが、スピーディア光ではもちろんプロバイダとして「スピーディア」を利用しています。

つまり、スピーディア光のサービス内容を見ていけばおのずとスピーディア自体の品質も分かってくるわけですね。

では、どのようなサービス内容となっているのか基本料金から解約方法までを見ていきましょう。

プロバイダ「スピーディア」が提供するインターネット「スピーディア光」とは

スピーディア公式HPより引用

スピーディアは冒頭でも言ったように、プロバイダです。

光回線を利用する際には必ずどこからのプロバイダと契約しなければならず、プロバイダと契約していない場合は光回線をインターネットとして利用することはできません。

そして、最近は光コラボの影響もあり、プロバイダが光回線と一体になって提供されていることも多い。

◆光コラボとは◆

光コラボの正式名称は「光コラボレーションモデル」。
光コラボレーション「モデル」ということで、光回線サービス自体というよりはサービスモデルのことを表しています。
光コラボの内容は「フレッツ光の光回線サービス×事業者のサービス・商品」のコラボレーション。

具体的な流れを言えば、
「フレッツ光の光回線サービス」+「事業者の商品」というセットでまとめる☞二つをまとめて割引
【ex)ソフトバンク光(フレッツ光の光回線サービス)+ソフトバンクケータイ☞おうち割光セット】

というような流れとなります。
以前のようにフレッツ光という大きな枠ではなく、さらに細分化した枠で自分の利用しているサービスに合った光回線を選ぶことができるという利用者側のメリットもここで発生します。このように今まで光回線サービスを提供できなかった事業者がフレッツ光を通じて光回線サービスを提供し、さらに自社製品・サービスとかけ合わせることで新たなサービスモデルを築いたのです。

◇光コラボの特徴

①フレッツ光よりも月額料金が安い
②通信速度・安定性はフレッツ光と同じ
③「転用申し込み」がお得

スピーディア光もこの光コラボを利用しており、光回線は「フレッツ光」、プロバイダは自社の「スピーディア」という形で光回線を提供しています。

もちろん光コラボなので、フレッツ光より料金は安いですしお得なのですがスピーディア光の評判はいいものではありません

特に速度の評判はイマイチで、満足している方はあまりいないよう。

フレッツ光と同じ光回線を利用しているのに、なぜそんなに評判が違うのか?

それはプロバイダが違うためですね。

プロバイダによっては利用できるサービスと利用できないサービスがあり、それによって速度が違うこともままあります。

プロバイダのせいなので、この時点でスピーディア光はイマイチおすすめできないのですが一応基本料金などを見ていきたいと思います。

スピーディア光の料金を見てみよう

スピーディア光の料金は一般的な光回線と同じように、戸建てタイプとマンションタイプで分かれています。

戸建てマンション
5200円4100円

スピーディア光の料金は上記の通り。

上記は自社プロバイダ「スピーディア」をプロバイダとして利用するプランですが、プロバイダを選ぶことができるプランもあるようで、その際は光回線の基本料金は☟の通りになります。

戸建てマンション
4300円3300円

ただ、これにプロバイダ料金が加算されるので大体の場合で当初の戸建てで5200円、マンションで4100円くらいになるでしょう。

この料金は相対的に見ると、普通より少し高いくらいの料金ですね。

戸建てで5100円はわりと普通ですが、マンションで4000円を超えるのはちょっと痛い。

戸建てタイプの方は選択肢に入れてもいいですが、マンションタイプの方はあまりおすすめできませんね。

そして光回線の料金には直接かかわりがないことの方が多いですが、光回線を選ぶならどのような「セット割」を適用できるかが重要です。

スピーディア光ではどのようなセット割が適用できるのか見ていきましょう。

スピーディア光で適用できるセット割は?

セット割とは、光回線とその他のサービスをセットで利用することで適用することができる割引です。

一番セット割の中でも多いのは「光回線」と「ケータイ」をセットで利用することが条件のものですかね。

では、スピーディア光ではどのようなセット割が適用できるのでしょうか?

HPを一通り見てみましたが、どうやらスピーディア光ではセット割を適用することができないよう。

いまやほとんどの光回線でなんらかのセット割を適用できるので、セット割が適用できないのは結構珍しいですね。

またセット割が適用できない光回線は基本的に、月額料金が安いことが多いですがスピーディア光の料金は一般的な料金。

料金が普通なのに、セット割が適用できないので料金的にはお得ではありませんね。

セット割が適用できれば、ケータイの料金から平均して1000円ほど1台ごとに割引してくれるので、スピーディア光と比較して1000円のアドバンテージがある、と言うことができます。

速度も遅いようですし、やはりおすすめすることはできなさそうな光回線ですね…

スピーディア光の解約方法を見てみよう

さて、スピーディア光の基本料金などを見ていきましたがあまりおすすめできる内容ではありませんでした。

ということで、スピーディア光を現在利用している方のために解約方法を見ていきたいと思います。

解約するにはまず「解約手続き」をしよう

光回線を解約する際には、まず解約手続きをしなくてはなりません。

つまり解約の申し込みですね。

光回線によってこの解約手続きの方法はさまざまですが、スピーディア光の場合はサポートセンターに電話をすることで解約手続きをすることができるようです。

問い合わせ先:スピーディア光サポートセンター

電話番号:0120-55-7343

受付時間:10時~18時(年末年始を除く)

スピーディア光のサポートセンターは年末年始以外、上記の時間で営業しているようです。

ただ時間は10時~18時とサポートセンターとしては受付時間が限られているほうなので、できるだけ平日の混雑しにくい時間に電話をしたほうがよさそう。

そして、こちらの解約手続きは「毎月1日から15日」までに行えば当月付けの解約になりますが、この期間を過ぎてしまうと翌月付けの解約となってしまいます。

そうなってしまった場合は、解約月の月額料金が日割りではなく丸々請求されてしまいますので、解約するなら15日までに申請ということを覚えておきましょう。

解約手続きが済んだら撤去工事

解約手続きが済んだら、撤去工事をする必要があるのですが撤去工事が必要な方と必要でない方の二パターンがあります。

これは開通工事の際に「光コンセント」があらかじめ配備されていたか、また新規に配備したかで分かれ、あらかじめ配備されたいた方は撤去工事の必要がなく、NTTから返却キットが届くのでそれにレンタル品などを入れて返却することで解約が完了します。

新規に配備した、という方はスピーディア光から連絡があり、撤去工事の日程を決めることとなり、撤去工事が済んだら解約完了となります。

まあ解約手続きの時点で撤去工事費があるかないかは分かると思うので、一応確認しておきましょう。

スピーディア光の解約違約金は?

スピーディア光の違約金は、最低利用期間内の解約のみに発生し、更新月外で解約した際の違約金はありません。

スピーディア光の最低利用期間は「2年間」で、この期間以内に解約した場合は「9975円」の違約金がかかります。

また、工事費の分割金が残っている場合はそちらも一括で請求されてしまいます。

工事費は18000円で、「600円×30カ月」の分割になっているので、最低利用期間内の解約でかかる違約金は「9975円 + 600円×(30カ月利用した期間)」となりますね。

なので、15000円くらいはかかってしまうものと思ったほうが良さそうです。

ソフトバンク光に乗り換えて、違約金を0円に!

スピーディア光の解約手続きを見ていきましたが、最低利用期間内の解約では違約金がかかってしまいます。

ただ、利用してすぐに解約したい!という場合は違約金のかからない2年後を待つのは結構しんどいですよね…

しかし、ソフトバンク光に乗り換えることで、違約金を0円にできる乗り換えキャンペーンを適用することができるんです。

そのキャンペーンこそ「あんしん乗り換えキャンペーン」。

このあんしん乗り換えキャンペーンは他社で発生した違約金を最大10万円まで負担してくれる、というものです。

さらにソフトバンク光なら乗り換え限定で、開通工事費を0円にすることができます。

つまり、ソフトバンク光に乗り換えることでスピーディア光の違約金、またソフトバンク光の初期費用をほぼ0円にすることができるんですね。

また、ソフトバンク光は月額料金もスピーディア光より安いです。

戸建てマンション
5200円3800円

さらにソフトバンクケータイとのセット割、おうち割光セットも適用できるのでスピーディア光よりは料金的にもお得。

そして速度も「IPv6接続」を利用することで、かなり速い速度で利用することができます。

スピーディア光よりサービス内容が断然いいですね。

また、ソフトバンク光の正規代理店から乗り換えることで上記の公式キャンペーンはもちろん、代理店限定のキャンペーンも適用できるのでよりお得。

乗り換えの際には利用してみることをおすすめします。

SoftBank光への申し込みはコチラから

さいごに

今回はスピーディア光について、基本料金から解約までをご紹介していきました。

営業や勧誘でスピーディア光に加入してしまう方も多いと思いますが、やはりサービス内容的にはあまりおすすめできるものではありませんでしたね。

加入していない方は、ほかの光回線に申し込み、利用中の方はソフトバンク光に乗り換えるのがおすすめです。