イオンの格安SIM「イオンモバイル」の料金・プランを見てみよう!

イオンの格安SIM「イオンモバイル」の料金・プランを見てみよう!

今回格安SIMについてお話していきたいと思います。

今回ご紹介するのはなんとあの「イオン」から提供されている「イオンモバイル」です。

イオンは知っている方も多いと思いますが、ワイン色のロゴのスーパーでおなじみのあのイオン。

スーパー事業とは別に格安SIMにも参入してきたようですね。

イオンは商品の価格が安いので、私も良く利用するのですが格安SIMではその価格の安さは引き継がれているのでしょうか?

今回はイオンモバイルの料金・プランをメインに見ていき、どのようなサービスを提供しているのか解説していきたいと思います。

イオンの格安SIM「イオンモバイル」とは

イオンの事業は「イオングループ」が管轄しており、イオングループは「流通」をメインとしている会社です。

そして新たな試みとして、イオングループから「イオンモバイル」という格安SIMサービスが登場しました。

このように、通信事業をもともと主としていない会社でも格安SIMサービスを提供する、というのは最近多いみたいです。

そしてイオンの特徴は冒頭でも言ったように、「料金の安さ」。

格安SIMサービスでもその特徴は見ることができるのか、イオンモバイルで利用できるプラン・料金をしっかり見ていきたいと思います。

イオンモバイルで利用できる端末・キャリアは?

イオンモバイルをはじめとする、格安SIMサービスは「SIM」に注目したサービスです。

以前まではSIMだけを購入する、また変える、というようなことはできなかったのですが2015年に「モバイル機器のSIMロックの解除」が義務付けられ、機器がキャリアに縛られることがなくなりました。

そしてどのような機器でもSIMロックを解除することで、新しく違うキャリアのSIMを利用できるようになり、乗り換えをする上で「機器ごと乗り換える」というような時代ではなくなりつつあります。

このような流れの中で誕生したのが「格安SIM」サービスで、格安SIMサービスは基本的に「SIMだけ」を購入するサービスとなっています。

そしてSIMごとに利用できるデータ容量やプランが変わり、これは格安SIMサービス各社によって大きく違います。

ただ、プランのお話をする前にまずイオンモバイルのSIMがどのような「キャリア・端末」に対応しているか、ということを知っておく必要があります。

基本的に格安SIMサービスが対応しているキャリアは1~2社であることが一般的なのですが、その例に漏れずイオンモバイルも「au・ドコモ」の二社に対応しています。

この「キャリア対応」というのは利用できる「キャリアの回線」を指します。

つまりイオンモバイルでは「au回線」また「ドコモ回線」のどちらかを選ぶことができるんですね。

そしてこの回線の違いは☟の通り。

 ドコモ回線au回線
通信速度下り最大788Mbps 上り最大50Mbps下り最大370Mbps 上り最大25Mbps
エリアNTTドコモのLTE/3Gエリアauの4G LTEエリア
対応プラン音声・データ・シェア音声・データ・シェア
SIMカードサイズ標準、マイクロ、ナノマルチSIM 標準、マイクロ、ナノ

それぞれの回線の違いは上記の通り(一部抜粋)で、通信速度やエリアなどが違いますね。

格安SIMサービスの中にはこの回線タイプによって料金が変わるような場合もありますが、イオンモバイルの場合は回線タイプによって料金が変わるようなことはないとのこと。

また対応しているプランも「音声・データ・シェア」とすべてのプランにどちらも対応していますので、少なくとも料金・プランの違いはないことが分かります。

では肝心の「音声・データ・シェア」プランの内容を見ていきたいと思います。

イオンモバイルで利用できるプランは「音声・データ・シェア」の三つ!

イオンモバイルで利用できるプランは三つで、「音声・データ・シェア」というプラン。

それぞれの簡単な違いは☟の通りです。

データ

データ通信+SMS機能。

電話番号を使った電話はできないがSMS認証が必要なアプリのインストールは可能。

音声

データ通信+SMS機能+音声通話機能。

データプランに加え、電話番号を使った電話が可能。一般的なケータイと考えて大丈夫。

シェアSIMカード最大5枚でデータ容量をシェアできる。

まあはじめは「データ」プランと「音声プラン」の違いを見ていったほうがよさそうですね。

一人で利用する場合にはシェアプランを利用する方は少ないと思いますので、まずはデータプランと音声プランの料金を見ていきましょう。

イオンモバイルの「データプラン」とは?

イオンモバイルのデータプランはその名の通り、データ通信をすることができるプランです。

ただ一般的なデータプランとは違うのが「SMS機能」がついているということ。

そのためLINEなどでの通話はすることができます。

では料金を見てみましょう。

データ1GBプラン480円/月
データ2GBプラン780円/月
データ4GBプラン980円/月
データ6GBプラン1480円/月
データ8GBプラン1980円/月
データ12GBプラン2680円/月
データ20GBプラン3980円/月
データ30GBプラン5380円/月
データ40GBプラン7480円/月
データ50GBプラン10300円/月

データプランの料金は最低480円とかなり安い。

このあたりでイオンの特徴「価格の安さ」が見えてきますね。

ケータイとして一般的な容量「8GB」を見ても1980円とかなり安いので、「電話番号別にいらないな」という方はこちらのプランがおすすめです。

イオンモバイルの「音声プラン」とは?

イオンモバイルの音声プランは、データプランに音声通話機能がついたプランです。

音声通話機能が使えるので、このプランでは「電話番号」を使った電話をすることができるのが特徴。

つまり一般的なケータイとなんら機能的には変わりがありません。

では料金はどのくらいなのでしょうか。

音声500MBプラン1130円/月
音声1GBプラン1280円/月
音声2GBプラン1380円/月
音声4GBプラン
1580円/月
音声6GBプラン1980円/月
音声8GBプラン2680円/月
音声12GBプラン3280円/月
音声20GBプラン4680円/月
音声30GBプラン6080円/月
音声40GBプラン7980円/月
音声50GBプラン10800円/月

この中でも一番人気なのは「4GB」プランのよう。

料金を見てみると1580円、とこれまたかなり安い。

他社の音声通話機能付きSIMは3000円近くするので、それと比較すると料金の安さはダントツと言っていいほどですね。

イオンモバイルの「シェアプラン」とは?

イオンモバイルのシェアプランは家族などとデータ容量をシェアすることができるSIMです。

最大利用枚数は5枚で、4・5枚目を追加するときはそれぞれ100円がかかるようです。

またデータ容量を共有するSIMごとにSIMの種類を分けることができるようで、一つは「音声プラン」二つは「データプラン」のようにすることができます。

では料金はどれくらいなのでしょう。

シェア音声4GBプラン1780円/月
シェア音声6GBプラン2280円/月
シェア音声8GBプラン2980円/月
シェア音声12GBプラン3580円/月
シェア音声20GBプラン4980円/月
シェア音声30GBプラン6380円/月
シェア音声40GBプラン8280円/月
シェア音声50GBプラン11100円/月

シェアプランの料金は最低1780円と、やはり音声プランの4GBより高いようです。

あくまでデータ容量をシェアしたい方に向けたプランなので、一人の方が利用することはあまりなさそう…?

イオンモバイルを使うなら「@スマート光」がおすすめ!

やはりイオンモバイルは本家スーパー事業に負けないくらい「安さ」が目立ちましたね。

ただ、イオンモバイルではケータイでは一般的である「セット割」を適用することができません。

セット割を適用できれば、その対象となる光回線がおすすめなのですがセット割がそもそもないので、どこの光回線を利用しても条件は一緒。

であれば、光回線もイオンモバイル同様に「安い」ところを選んだほうがお得ですよね。

そして今回ご紹介するのは光回線の中でも圧倒的に安い「@スマート光」。

スマート光の料金は☟の通り、他社と比較してもかなり安いです。

サービス名戸建てマンション
@スマート光4300円3300円
ソフトバンク光5200円3800円
ビッグローブ光4980円3980円
OCN光5100円3600円  
So-net光5200円4100円
@nifty光5200円3980円
楽天コミュニケーションズ光4800円3800円
ひかりJ5700円4500円

ただ安いだけではなく、通信速度も上下最大1Gbpsと光回線の中で一般的な速度と言えます。

もちろんほかの光回線では自社のケータイとのセット割がある、というメリットがありますがイオンモバイルにはそもそもそのセット割がないので料金・速度だけで単純に比較すると@スマート光が一番おすすめできるというわけですね。

絶対これから人気の出る光回線だと思うので、ぜひ一度確認してみてはどうでしょうか?

@スマート光のお申し込みはコチラ
シンプルでわかりやすい格安インターネット【@スマート光】

さいごに

今回はイオンモバイルについて見ていきました。

スーパーのイオンと同様に料金はかなり安かったですね。

ただイオンモバイルにはセット割がないので、そこだけ気を付けて光回線を選ぶようにしましょう。