【auセット割適用可能】AsahiNet(朝日ネット)光とは?

【auセット割適用可能】AsahiNet(朝日ネット)光とは?

今回はauセット割が適用できる光回線を紹介するシリーズの第三弾!

ご紹介する光回線はAsahiNet(朝日ネット)光です。

AsahiNet(朝日ネット)光はAsahiNetというプロバイダが提供している光回線で、AsahiNetはプロバイダとしてフレッツ光やauひかりなどの光回線で利用されていたりします。

ただ今回はこのプロバイダ業としてのAsahiNetではなく、光回線としてのAsahiNetのご紹介。

プロバイダとしての知名度はそこそこ高いですが、光回線としてはどのようなサービスを提供しているのか、またauセット割はどのような方法で適用できるのかなどをご紹介していきたいと思います。

auセット割適用可能!AsahiNet(朝日ネット)光とは

ではまず、AsahiNet(朝日ネット)光とはどのような光回線なのか見ていきましょう。

AsahiNet(朝日ネット)光は先ほども言ったようにAsahiNetというプロバイダが提供している光回線ですが、本来プロバイダというのは光回線を提供するような業務ではなく光回線をネットとして利用するためにIPアドレスを付与するなどの光回線の窓口的な業務をするのが一般的なはず。

ではなぜプロバイダであるAsahiNetが光回線を提供しているのでしょうか?

その秘密は「光コラボ」にあります。

この光コラボはフレッツ光が提供している事業者向けのサービスモデルで、フレッツ光の光回線と自社のサービスを組み合わせることができるサービスです。

簡単に言ってしまえばフレッツ光の光回線を借りて、事業者が光回線を提供することができるんですね。

光コラボの概要に関しては☟をご覧ください。

◆光コラボとは◆

光コラボの正式名称は「光コラボレーションモデル」。
光コラボレーション「モデル」ということで、光回線サービス自体というよりはサービスモデルのことを表しています。
光コラボの内容は「フレッツ光の光回線サービス×事業者のサービス・商品」のコラボレーション。

具体的な流れを言えば、
「フレッツ光の光回線サービス」+「事業者の商品」というセットでまとめる☞二つをまとめて割引
【ex)ソフトバンク光(フレッツ光の光回線サービス)+ソフトバンクケータイ☞おうち割光セット】

というような流れとなります。
以前のようにフレッツ光という大きな枠ではなく、さらに細分化した枠で自分の利用しているサービスに合った光回線を選ぶことができるという利用者側のメリットもここで発生します。このように今まで光回線サービスを提供できなかった事業者がフレッツ光を通じて光回線サービスを提供し、さらに自社製品・サービスとかけ合わせることで新たなサービスモデルを築いたのです。

◇光コラボの特徴

①フレッツ光よりも月額料金が安い
②通信速度・安定性はフレッツ光と同じ
③「転用申し込み」がお得

このように、光コラボは事業者とフレッツ光のコラボレーションなので光コラボと呼ばれています。

また光コラボはフレッツ光と同じ速度・安定性なのにもかかわらずフレッツ光より安価な料金で利用することができることも特徴です。

さらにAsahiNet(朝日ネット)光で言えば、あくまで事業者とのコラボなので、光回線はフレッツ光でプロバイダはAsahiNetn限定されるのも特徴でしょう。

ただ光コラボの一番の特徴はやはり「セット割」。

今回で言えばauセット割がそれですね。

ではまず今回のテーマである「auセット割」とはどのような割引なのか見ていきたいと思います。

auセット割とはどんな割引?

ではまずauセット割とはどのような割引なのか見ていきましょう。

auセット割とは知っている方も多いと思いますがauユーザーを対象とした割引のこと。

最低条件はauのモバイル端末「ケータイ/スマホ/タブレット」を利用していて、さらに対象の光回線を利用していること。

つまり二つが最低条件ということですね。

これはauユーザーを対象としたもう一つの割引「auスマートバリュー」と同じです。

ただauセット割にもauスマートバリューと違うところがあり、一番違うのは割引の対象でしょう。

auスマートバリューモバイル機器の月額料金
auセット割光回線の月額料金

このように、auスマートバリューではモバイル機器、auセット割では光回線の月額料金から割引を行ってくれます。

さらに対象が違うのもそうですが、auスマートバリューでは最大10台まで割引が適用できるのに対しauセット割では光回線一つしか適用できないのも違いですね。

ということで、割引額によっては一人暮らしの方の方がお得な場合になるのがauセット割、世帯に二人以上いる場合にお得なのはauスマートバリューと覚えておきましょう。

では割引額はどれくらいなのでしょうか?

auセット割の割引額はどれくらい?

大容量プラン
(1200円引)
  • カケホ(電話カケ放題プラン)+データ定額 5G/8G/10G/13G/20G/30G
  • カケホ(電話カケ放題プラン/V)+データ定額 5G(V)/8G(V)/10G(V)/13G(V)/20G(V)/30G(V)
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)+データ定額 5G/8G/10G/13G/20G/30G/U18データ定額20G/データ定額5cp
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V)+データ定額 5G(V)/8G(V)/10G(V)/13G(V)/20G(V)/30G(V)/U18データ定額20G(V)/データ定額5cp(V)
  • LTEフラット/LTEフラット(V)
  • LTEフラット(キャンペーン)
  • ISフラット/ISフラット(キャンペーン)
  • プランF(IS)、プランF(IS)シンプル
低容量プラン
(500円引)
  • カケホ(電話カケ放題プラン)+データ定額 2G/3G、auピタットプラン、auフラットプラン20/30
  • カケホ(電話カケ放題プラン/V)+データ定額 2G(V)/3G(V)、auピタットプラン(V)、auフラットプラン20/30(V)
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)+データ定額1G/3G/データ定額3cp、auピタットプラン、auフラットプラン20/30
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V)+データ定額1G(V)/3G(V)/データ定額3cp(V)、auピタットプラン(V)、auフラットプラン20/30(V)
  • シンプル+auフラットプラン20/30
  • シンプル(V)+auフラットプラン20/30(V)
  • ジュニアスマートフォンプラン/ジュニアスマートフォンプラン(V)
  • シニアプラン/シニアプラン(V)
  • LTEフラットcp(1GB)

auセット割の割引額は最大1200円です。

そして割引額は2パターンあり、それぞれプランによって異なります。

このプランの違いはちょっとややこしそうですが、言葉にするなら「5GB以上」のデータ定額プランであれば大容量プラン、それ以下またはauピタットプランであれば低容量プランと見てもらって大丈夫でしょう。

またデータ定額プランとauピタットプランの違いは☟の通り。

データ定額/LTEフラットプラン

月々に使用するデータ量をあらかじめ決めておき、そのデータ量分の金額を毎月定額で支払う。

auピタットプラン月々に使用するデータ量は決めず、毎月使用したデータ量に応じて毎月支払う料金が変わる

このように、毎月支払う料金が変わるかどうかがプランの違いです。

auピタットプランはデータ量を使いきれないのにデータ繰り越しができないプランの方がお得になるプランで最近登場したプラン。

こちらのプランは低容量プランとなってしまうので気を付けましょう。

さて大容量プランと低容量プランの割引額ですが、それぞれの割引額は1200円500円

実に700円の差が出てきますね。

ただ大容量プランの対象となるのは5GB以上のデータ定額プランですのでこちらの対象となる方の方が多いような気はします。

さらにauスマートバリューと違って3年目以降でも割引額が変わらないのがauセット割の特徴。

auスマートバリューでは3年目以降の料金が934円になってしまうので、長期的に見ればauセット割の方が永年1200円なのでお得になる可能性は高いですね。

ではAsahiNet(朝日ネット)光のサービス内容について見ていきましょう。

AsahiNet(朝日ネット)光のサービス内容とは

ではauセット割を適用できるAsahiNet(朝日ネット)光のサービス内容を見ていきましょう。

ただ今回メインで見ていくのは「料金」です。

というのも光コラボを利用している光回線は全部フレッツ光の光回線を利用しているので、通信速度にはそこまで違いがないため。

一番変わるのは料金なので、料金を中心に見ていきたいと思います。

AsahiNet(朝日ネット)光の料金は安い?高い?

戸建て5180円
マンション4080円

AsahiNet(朝日ネット)光の料金は上記の通り。

戸建てタイプで5180円、マンションタイプで4080円となんとも言えない料金です。

戸建てタイプの料金の平均は大体5200円くらいなのでいいですが、マンションタイプは一般的に4000円を超えると高い光回線と言われてしまう時代ですのでマンションタイプに関してはうーん…

auセット割を適用することでそれぞれの料金は☟のように。

戸建て5180円-1200円
マンション4080円-1200円

最大1200円も安くなるのはかなりでかいですよね。

では工事費はどの程度かかるのでしょうか?

戸建て18000円
マンション15000円

AsahiNet(朝日ネット)光の工事費は上記の通り。

工事費はそこまで高くないようですね。

分割もできるようなので特に問題はないでしょう。

ではauセット割を適用するにはどのようにすればいいのか見てみたいと思います。

AsahiNet(朝日ネット)光でauセット割を適用するには?

auセット割を適用するには条件を満たさなくてはなりません。

AsahiNet(朝日ネット)光でauセット割を適用するのに必要な条件は二つ。

①AsahiNet(朝日ネット)光の利用

②auケータイ/スマホ/タブレットを対象プランで利用

このように、いままでご紹介してきたサービスのみで適用できる手軽さもauセット割が人気の要因の一つでしょう。

auスマートバリューでは一人暮らしの方の利用機会が少ない光電話も対象だったので、その点も考えるとより一人暮らしの方に向けたセット割と言えるかもしれませんね。

AsahiNet(朝日ネット)光はおすすめ?

さて、AsahiNet(朝日ネット)光をご紹介してきましたがおすすめなのでしょうか?

正直、基本料金を見る限りキャンペーンなどがないと魅力は感じませんね…

ということでAsahiNet(朝日ネット)光のキャンペーンを見てみたのですがいまのところ申し込みをすることで適用できるキャンペーンはないよう。

これでは申し込みを勧めることはしづらいですね。

そこで、auセット割ができてなおかつキャンペーンも適用できる光回線をご紹介したいと思います。

その光回線とは「ビッグローブ光」。

ビッグローブ光はプロバイダ「ビッグローブ」が提供している光回線で、料金も戸建てで4980円・マンションで3980円とAsahiNet(朝日ネット)光よりも安い。

そして適用できるキャンペーンは☟の通りです。

 キャッシュバックのみキャッシュバック+工事費無料
ビッグローブ光の新規申し込み35,000円25,000円
ビッグローブ光の転用申し込み10,000円 

キャッシュバックだけでもいいですし、工事費が無料の特典もあるので個人的には工事費が無料になる特典のほうをおすすめしたいですね。

キャッシュバックの振り込みも開通から二か月後なのでかなり早い。

申し込むのであればぜひとも☟を利用してみてくださいね。

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

ビッグローブ光キャンペーン

さいごに

今回はAsahiNet(朝日ネット)光のサービス内容を見ていきました。

基本料金は少し高く、キャンペーンがないのはちょっと厳しいですね…

それなら同じ光コラボでauセット割が適用できる光回線もあるのでそちらをおすすめしたいです。