【auスマートバリュー適用可能】@nifty光(ニフティ光)とは?

【auスマートバリュー適用可能】@nifty光(ニフティ光)とは?

セット割の中でも「お得」と評判なのが、auスマートバリュー。

今回から連弾でauスマートバリューを適用できる光回線をご紹介していきたいと思います。

今回ご紹介する光回線は@nifty光(ニフティ光)。

@nifty光(ニフティ光)と言えば、プロバイダである「@nifty(ニフティ)」が提供している光回線で最初の契約更新まで月額料金がかなり安くなることでも人気です。

今回はそんなauスマートバリューを適用できる光回線「@nifty光(ニフティ光)」について、様々な側面から調査していきたいと思います。

auスマートバリューを適用できる「@nifty光(ニフティ光)」とは

今回はauスマートバリューを適用できる光回線として@nifty光(ニフティ光)をご紹介したいと思います。

まずは@nifty光(ニフティ光)がどのような光回線なのか、ということを見ていきましょう。

@nifty光(ニフティ光)は先ほども言ったように、プロバイダである@nifty(ニフティ)が提供している光回線ですが、使用している光回線は@niftyが開発したものではなく、フレッツ光から借りている光回線を使用しています。

このような形式でサービスを提供している光回線は多く、このようなサービスモデルのことを「光コラボ」と言います。

光コラボに関しては☟をご覧ください。

◆光コラボとは◆

光コラボの正式名称は「光コラボレーションモデル」。
光コラボレーション「モデル」ということで、光回線サービス自体というよりはサービスモデルのことを表しています。
光コラボの内容は「フレッツ光の光回線サービス×事業者のサービス・商品」のコラボレーション。

具体的な流れを言えば、
「フレッツ光の光回線サービス」+「事業者の商品」というセットでまとめる☞二つをまとめて割引
【ex)ソフトバンク光(フレッツ光の光回線サービス)+ソフトバンクケータイ☞おうち割光セット】

というような流れとなります。
以前のようにフレッツ光という大きな枠ではなく、さらに細分化した枠で自分の利用しているサービスに合った光回線を選ぶことができるという利用者側のメリットもここで発生します。このように今まで光回線サービスを提供できなかった事業者がフレッツ光を通じて光回線サービスを提供し、さらに自社製品・サービスとかけ合わせることで新たなサービスモデルを築いたのです。

◇光コラボの特徴

①フレッツ光よりも月額料金が安い
②通信速度・安定性はフレッツ光と同じ
③「転用申し込み」がお得

このように、光コラボとはフレッツ光の光回線を借りてプロバイダやケータイキャリアなどの事業者が光回線サービスを提供するサービスモデルのことを指し、事業者は自社商品やサービスと組み合わせてフレッツ光の光回線を活用しています。

@nifty光(ニフティ光)で言えば、@niftyプロバイダなので@nifty光(ニフティ光)で利用できるプロバイダは@nifty、というのが活用している例ですね。

このように、光コラボによって以前までプロバイダとしてしかサービスを提供できなかった事業者が独自に光回線サービスを提供できるようになったことで、独自の割引などを適用できフレッツ光よりも安価に利用できるようになりました。

そしてこの独自の割引、というのが今回のテーマであるauスマートバリュー、というわけですね。

ではauスマートバリューについてもご紹介していきましょう。

お得なセット割「auスマートバリュー」の内容とは

画像引用元:@nifty光公式サイトより

auスマートバリューは冒頭でも言ったように、現在適用できるセット割の中でも一番割引額が高くお得なセット割としても有名。

auスマートバリューはその名の通り、auケータイと対象の光回線をセットで利用することで適用できる割引のことで、契約回線1台ごとに最大10台まで☟の割引額で割引を行ってくれます。

各料金プラン・データ定額サービス割引額
au データMAX プランPro永年1,000円/月割引
au データMAX プラン Netflixパック永年1,000円/月割引
au フラットプラン25 NetflixパックN(シンプル)永年1,000円/月割引
au フラットプラン20N(シンプル)永年1,000円/月割引
au フラットプラン7プラスN永年1,000円/月割引
新au ピタットプランN~7GB永年500円/月割引
~4GB永年500円/月割引
~1GB※新auピタットプランNでデータ容量~1GBは対象外
新ピタットプラン
※新規受付終了
1GB~永年500円/月割引
※新auピタットプランNでデータ容量~1GBは対象外
auピタットプラン
※新規受付終了
~2GB永年500円/月割引
※新auピタットプランNでデータ容量~1GBは対象外
2GB超~永年1,000円/月割引
auピタットプラン(S)
※新規受付終了
~2GB永年500円/月割引
2GB超~永年1,000円/月割引
auフラットプラン
※新規受付終了
永年1,000円/月割引
auデータMAXプラン
※新規受付終了
永年1,000円/月割引
データ定額30
データ定額10/13
※いずれも新規受付終了
最大2年間:2,000円/月割引
3年目以降永年934/月割引
データ定額5/8/20
LTEフラット
※いずれも新規受付終了
最大2年間:1,410円/月割引
3年目以降永年934/月割引
ISフラット・プランF(IS)シンプル
LTEフラットforTab/Tab(i)/Tab(L)/DATA(m)
データ定額2/3
シニアプラン
※いずれも新規受付終了
永年934円/月割引
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
データ定額1G
※新規受付終了
最大2年間:934円/月割引
3年目以降永年500円/月割引

auスマートバリューは上記のように、ケータイのプランが「データ定額」か「auピタットプラン」かで最大割引額が変動します。

データ定額は基本的なプランで、決まったデータ量(8GB/月など)に応じて月額料金を支払うプランで最大割引額は2000円

対してauピタットプランでは月々に使用したデータ量に応じて月額料金が変わるプランで最大割引額は1000円です。

この二つのプランでは現在auピタットプランへの注目が高いです。

今までデータ定額プランだった方で毎月データ量を全部使いきれていない、そしてその際に余ったデータ量の繰り越しができない場合「料金は使った分だけ」なので損をしないんですね。

永年1000円か500円という割引額はデータ定額の最大2000円割引と比較すると2倍ほど割引額は異なりますが、データ定額の方も3年目以降は934円/月の割引に変わるので長期的に見ればどちらもお得さは変わらないでしょう。

さて、auスマートバリューの概要が分かったところで、早速@nifty光(ニフティ光)のサービス内容を見ていきたいと思います。

@nifty光(ニフティ光)の料金は

@nifty光(ニフティ光)は冒頭でも言ったように、月額料金がお得になるプランが有名な光回線です。

ということで今回は@nifty光(ニフティ光)の料金からご紹介していきたいと思います。

@nifty光(ニフティ光)の料金はプランによって変わるのですが、そのプランが変わるきっかけは「年数」です。

光回線の契約年数は基本的に「2年」という年数が一般的ですが、@nifty光(ニフティ光)の場合、年数は「2年」または「3年」のどちらかを選ぶことができ、それによって月額料金が最初の契約更新まで次のように変動します。

@nifty光(ニフティ光)の2年プラン

戸建て

契約期間

2年(24ヵ月)

料金4500円

マンション

契約期間

2年(24ヵ月)

料金3400円

 

@nifty光(ニフティ光)の3年プラン

戸建て

契約期間

3年(36ヵ月)

料金4510円

マンション

契約期間

3年(36ヵ月)

料金3490円

このように、元々の月額料金は戸建てで5200円、マンションで3980円ですが最初の契約更新まで戸建てなら700円ほど、マンションなら500円ほど安くすることができます。

2年プランと3年プランでは2年プランの方が料金が10円または90円ほど安いのですが、重要なのはこの割引が「最初の契約更新まで」続くということ。

つまり、2年プランでも3年プランでも最初の契約更新をしたあとは割引前の料金である戸建てで5200円、マンションで3980円に戻ってしまうんです。

なので3年プランの方が料金の割引期間が1年長いので、その分2年プランよりお得になりますしこの差額は一生埋まることがありません。

契約更新月以外の解約でかかってしまう解除料、もとい違約金は3年プランのほうが20000円と高くついてしまいますが、契約更新月に解約をすればいいですし、なんなら乗り換えの際に解約金を負担してくれる光回線に乗り換えをすればいいだけなので、個人的には3年プランの方をおすすめします。

@nifty光(ニフティ光)でauスマートバリューを適用するには?

@nifty光(ニフティ光)でauスマートバリューを適用するにはもちろん条件があります。

ただ条件と言ってもそこまで難しくない条件なので、どのような条件を満たせばauスマートバリューを適用できるのか確認していきましょう。

@nifty光(ニフティ光)を適用するのに必要な条件は全部で三つ。

①@nifty光(ニフティ光)を利用していること

②@nifty光電話(ニフティ光電話)を利用していること

③auケータイ/スマホ/タブレットを対象のプランで利用していること

①はまあ当然だとして、③も先ほどauスマートバリューの表を見ていただいたので問題ないでしょう。

一番ここで肝心なのは②の「@nifty光電話(ニフティ光電話)」です。

@nifty光電話(ニフティ光電話)とは、@nifty光(ニフティ光)のオプションで、光回線を利用した光電話サービスのこと。

このオプションサービスは月額料金にプラス500円することで利用することができます。

「固定電話は使わないんだけど」という方もいるとは思いますが、auスマートバリューを適用する上で必須の条件なので固定電話を利用しなくてもauスマートバリューを適用するために申し込むようにしましょう。

そして@nifty光(ニフティ光)でauスマートバリューを適用させるには他社とは違う手続きが必要となります。

それが以下の二点。

①auスマートバリュー申し込み前の事前手続き

@niftyのHP、または@niftyカスタマーサービスデスクで、auスマートバリューの「お申し込み前の事前お手続き」というものを行う。

-@niftyカスタマーサービスデスク「0120-32-2210」

②auスマートバリューの申し込み

「お申し込み前の事前お手続き」を行ってから約1週間後に、auショップまたはauお客様センターに電話をし、auスマートバリューを申し込む。

以上二点が必要となりますので、申し込みの際には気を付けてくださいね。

【お得情報】
@nifty光(ニフティ光)は代理店キャンペーンでお得に申し込める!

@nifty光(ニフティ光)を申し込む方法として一番メジャーなのは、@niftyのHPから申し込む方法だと思います。

ただこの申し込み方法では@niftyの公式キャンペーンしか適用することができません。

そこでご紹介したいのが「代理店申し込み」。

この代理店申し込みをすることによって、代理店キャンペーンを適用でき、このキャンペーンは@niftyの公式キャンペーンとも併用することができます。

そして数ある代理店の中でもおすすめの代理店こそ「NEXT」という有名代理店です。

新規20,000円キャッシュバック
転用5,000円キャッシュバック

①キャンペーン特典が豪華!
②キャッシュバックが最短開通から2か月後
③適用条件は@nifty光(ニフティ光)を申し込むだけ

このように、NEXTではほかの代理店と比較してキャンペーン特典が選べることやキャッシュバックまでの期間が短いこと、そして適用条件の軽さから口コミの評判もかなり高いです。

@nifty光(ニフティ光)を申し込むなら確実におすすめできる方法ですので、一度確認してみてもいいかもしれません。

ニフティ光への申し込みはコチラから

auスマホとセットでお得!

さいごに

今回はauスマートバリューを適用できる光回線として@nifty光(ニフティ光)をご紹介しました。

やはりauスマートバリューはかなりお得な割引ですよね。

さらに@nifty光(ニフティ光)のプランによる割引も合わせると最初の2年または3年はかなり月額料金を抑えることができるでしょう。

キャンペーンも利用することでさらにお得に申し込むことができるので、申し込みの際には一度見てみて下さいね。

ニフティ光でも対応!「IPv6」オプションで速度はが上がる