ニフティ光でも対応!「IPv6」オプションで速度はが上がる

ニフティ光でも対応!「IPv6」オプションで速度はが上がる

ニフティ光といえば、プロバイダ事業で有名なニフティから提供されている光回線です。

ニフティ光は料金も安く、通信速度の評判も上々ですがさらに速度を上げられる可能性のあるオプションがあることをご存知でしょうか?

そのオプションこそ「IPv6オプション」です。

ただ、この「IPv6」って日常生活ではあまり聞きなじみのない言葉ですよね?

ということで今回はこの「IPv6」がそもそもなんなのか、そしてどのようなメリットがあるのか、ニフティ光で利用する際の方法をご紹介していきたいと思います!

IPv6って何?

IPv6とはそもそも何なのでしょう?

この「IPv6」という言葉を二つに分けるとするなら「IP」と「v6」のように分けられますね。

それぞれ「インターネットプロトコル」と「バージョン6」ということで、どうやら意味的にはインターネットプロトコルの第四弾という事らしい。

ではインターネットプロトコルとは何なのか?ということになりますよね?

実はインターネットには「プロトコル」という「約束事」が多く存在しています。

プロトコル名内容
HTTPHP閲覧、パソコンとWebサーバーのデータやり取り
SSL暗号化通信するためのプロトコル
POP3メールソフトで受信するためのもの
SMTPメールソフトで送信するためのもの
FTPパソコンからサーバーへファイルを転送
TCP信頼性を重視したデータの送受信をするためのもの。POP3などと組み合わせで使用。
IPデータなどを指定されたところまで届けるためのもの

このように、それぞれのプロトコルには役割が割り当てられています。

その中でもIPは「データを届けるためのもの」というどの動作にも必要な役割を担っています。

つまり、「データを届けるためのプロトコルの第六弾」がIPv6と言えますね。

そしてIPといえば、おそらく「IPアドレス」という名前を聞いたことがあるのではないでしょうか?

IPアドレスにはある問題が…?

実は現在主流の「IP」は実は「IPv6」ではなく一つ前のバージョンである「IPv4」です。

ただ、この「IPv4」はある問題に直面していました。

その問題こそ「IPアドレス枯渇問題」。

IPアドレスというのはインターネット上の住所のようなもので、インターネットに接続する機器にはすべて割り当てられているものです。

ただ、IPv4で利用できるIPアドレスの量は全部で「43億個」。

数的には大きい数ですが、いまや世界の人口は70億を突破しましたしスマホは一人一台が持つ時代です。

将来的には家電もインターネットに接続する時代が来る、と言われているくらいですので43億個では到底足りないことは簡単に想像できるのではないでしょうか?

このような状況を受けて開発されたのが「IPv6」で、IPv6ではなんと340潤ものIPアドレスを利用できます。

この単位は10の36乗という単位で、340潤は世界中の人々が一人づつスマホを10台持っても余裕でカバーできるという数です。

このように、まずIPv6は将来的に足りなくなってしまうIPアドレスをカバーするために生まれた技術、ということは覚えておくといいでしょう。

IPアドレスだけじゃない!IPv6のメリットは?

さて、IPv6のメリットはIPアドレスの数だけではないんです。

ここではIPv6にすると何がいいのか、ということを見ていきたいと思います。

セキュリティ通信がデフォルトに!

まず第一にIPv6のメリットとして挙げられるのがこの「セキュリティ通信」です。

従来のIPv4ではこのセキュリティ通信を行うために、「IPsec」というセキュリティ機能が用意されていましたがこれはオプション機能だったのです。

ただ、IPv6にすることでこのオプション機能が標準装備となりセキュリティ通信が以前よりも簡単にできるようになりました。

近年ではAmazonや楽天などのECサイトの利用機会も増え、パスワードを利用したサービスを使うことも多いでしょう。

セキュリティ通信をしておくことでパスワードの漏洩を対策できるので単純に嬉しい機能ですよね。

新しい接続方式「IPoE」

現在利用できる接続方式は☟の通り。

  • IPv4 PPPoE
  • IPv6    PPPoE
  • IPv6 IPoE

そしてこの中でもIPoEとPPPoEでもその仕組みが全く違うんです。

左が「IPoE」で、右が「PPPoE」です。

見てもわかるようにIPoEの方が構造がシンプルですよね?

そして一番の違いは「仮想トンネル」があるかないか。

PPPoEでは灰色筒状のトンネルがあることが分かりますよね?

実はこのトンネルの中では「通信速度」が制限されてしまいます。

なのでいくら最大速度が速くてもこの接続方式のままだとそのインターネットサービスを最大限引き出せない、ということになります。

それに対し、「IPoE」ではこのトンネルがなく、インターネットサービスの最大速度まで制限なく利用することができるんです。

なので「IPv6で通信速度が速くなる!」ということはあながち間違いではないのですが、厳密に言えば「IPv6のIPoEという接続方式で通信速度が速くなる!」という方が正しいかもしれませんね。

IPoEにすることで、利用しているインターネットサービスが最大限の力を発揮できるので利用する際は「IPoE」で利用しましょう!

IPv6でどれだけ変わった?口コミを見てみよう

さて、口コミを見てみると皆さん口をそろえて「速くなった!」というような意見を出していますね。

どうやら、IPv6にする前と比較している方もいるようです。

この比較を見てみると分かるように、ダウンロード速度はおよそ6倍ほど上がっています。

理論的だけでなく、実際に利用していても速度の向上が見れたのは安心できますね。

 

ニフティ光でIPv6を利用するにはどうすれば?

さて、ニフティ光でこのIPv6オプションを利用するにはどうすればいいのでしょうか。

実は利用方法はすごく簡単なんです。

手順としては以下の通り。


①IPv6接続オプションの申し込み

…ニフティ光マイページまた電話から「IPv6接続オプション」を申し込む必要があります。

このマイページのログインには「ニフティID、パスワード、お客様ID」が必要となるので準備しておくとスムーズでしょう。

電話:0120-32-221

②IPv6接続オプション利用開始メール

…①で申し込みが完了したのち、ニフティから登録しているメールアドレス宛に利用開始連絡メールが届きます。

③利用開始


かなり簡単ですよね?

まあ流れとか関係なく、とりあえず①の申し込みだけすれば利用できるようになるということですね。

では費用などは別にかかってしまうのでしょうか?

初期費用0円
月額費用0円

もちろん、かかりません。

というのもIPv6にすることはインターネットサービスを提供している事業者にとっても自然な流れだからですね。

中には機器をレンタルしないと利用できないような事業者もありますが、ニフティ光では「無料・申し込みだけ」でIPv6を利用できます。

ニフティ光の申し込みは代理店で!

さて、今まではニフティ光を申し込んでからのお話でしたがここでは申し込む際のお話をしたいと思います。

結論としてはまず「代理店申し込み」がおすすめなんです。

というのも、通常の申し込み(公式HPから)ではニフティ公式キャンペーン一つしか適用することができません。

それに対し、代理店申し込みをすることで「公式キャンペーン」はもちろんのこと「代理店キャンペーン」も適用することができ、計二つのキャンペーンを適用することができるんです!

そして代理店キャンペーンの主な内容は「キャッシュバック」。

有名代理店NEXTでは新規申し込みで20,000円、転用申し込みで5,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

この代理店はキャッシュバック金額だけでなく、適用条件の軽さやキャッシュバックスピードも速いのでおすすめですよ!

 

さいごに

今回はIPv6について、そしてIPv6をニフティ光で利用するにはどうすればいいのか、ということを見ていきました。

やはりIPv6にしない理由はありませんよね。

もちろん費用がなにかかかるなら考えるところはあると思いますが、ニフティ光なら申し込みをするだけで無料で利用することができます。

かなり簡単に利用できますのでニフティ光を利用する際には必ず利用してください。

そしてニフティ光を申し込む際には代理店申し込みがお得ですので、そちらも利用してみてくださいね。