OCN光は転用がお得!フレッツ光と比較してみると・・・!

OCN光は転用がお得!フレッツ光と比較してみると・・・!

OCN光は人気プロバイダ「OCN」が提供している光回線サービスです。

OCN光のようにプロフィールが光回線サービスを提供しているパターンは最近多く、ビッグローブ光やニフティ光、そしてSo-net光なども光回線サービスの提供を行っています。

ということで、今回はこれらプロバイダが提供する光回線サービスの中でもOCN光を紹介していくのですがどうやらOCN光はフレッツ光と関係があるよう…

OCN光の概要や料金・速度などのサービス内容も説明していこうと思いますので検討している方は最後までお付き合いください。

OCN光はフレッツ光と関係が?

冒頭でも言ったように、OCN光はOCNというプロバイダが提供している光回線サービスです。

ただ、ネタバレをしてしまうとOCN光で利用している光回線はOCNが独自に開発したものではありません。

というのも、OCN光は「光コラボ」というサービスモデルを利用した光回線サービスのため。

◆光コラボとは◆

光コラボの正式名称は「光コラボレーションモデル」。
光コラボレーション「モデル」ということで、光回線サービス自体というよりはサービスモデルのことを表しています。
光コラボの内容は「フレッツ光の光回線サービス×事業者のサービス・商品」のコラボレーション。

具体的な流れを言えば、
「フレッツ光の光回線サービス」+「事業者の商品」というセットでまとめる☞二つをまとめて割引
【ex)ソフトバンク光(フレッツ光の光回線サービス)+ソフトバンクケータイ☞おうち割光セット】

というような流れとなります。
以前のようにフレッツ光という大きな枠ではなく、さらに細分化した枠で自分の利用しているサービスに合った光回線を選ぶことができるという利用者側のメリットもここで発生します。このように今まで光回線サービスを提供できなかった事業者がフレッツ光を通じて光回線サービスを提供し、さらに自社製品・サービスとかけ合わせることで新たなサービスモデルを築いたのです。

◇光コラボの特徴

①フレッツ光よりも月額料金が安い
②通信速度・安定性はフレッツ光と同じ
③「転用申し込み」がお得

ということで、この光コラボはフレッツ光が提供しているサービスモデルなんです。

なのでOCN光を始めとした光コラボは軒並みフレッツ光の光回線を利用して光回線サービスを提供している、ということが分かりましたね。

また、あとで詳しくご紹介しますが光コラボならではの特徴である「セット割」ももちろんOCN光でも行っています。

OCNモバイル割」という名称の割引で、OCNから提供されている「OCNモバイルONE」という格安SIM(MVNO)とセットになっています。

では、OCN光の概要が分かったところでこの「OCNモバイル割」を含め、月額料金などを見ていきたいと思います。

 

OCN光とフレッツ光の料金を比較

サービス名 戸建て 集合住宅
プランミニ
フレッツ光(東日本)5700円4350円
フレッツ光(西日本)5400円3950円
OCN光5100円3600円

まず、OCN光の料金を見てわかるように月額料金は他社光コラボと比較してもかなり安いですね。

特に集合住宅タイプの料金は他社よりも200円~500円ほど安い料金で利用することができます。

光回線は長期的に利用するものですし、月ごとに料金が発生するものなので少しでも安い料金で利用できる光回線サービスの方がお得です。

では、それを踏まえて改めてフレッツ光の料金を見てみると戸建タイプでは300円~600円、集合住宅タイプでは350円~750円も月額料金に差が出てきます。

ただ、光コラボのすごいところはここから。

フレッツ光の料金の横には「」という文字が付いていますよね?

これはプロバイダ料金を表しています。

光回線を利用したことのある方なら分かると思いますが、光回線の利用には「光回線事業者との契約」+「プロバイダ事業者との契約」というように二つの契約を結ばなくてはなりません

これが今までの光回線サービスの仕組みで、光コラボでもプロバイダは選択する必要があります。

ただ、今までは先ほどのように光回線事業者とプロバイダ事業者の「二つ」と契約しなくてはなりませんでしたが、光コラボでは「光回線事業者」との契約のみ、つまり契約する相手は一人でよくなったのです。

これが光コラボは基本的に「プロバイダ一体型」と言われる所以ですね。

なので、光コラボでは光回線の料金にプロバイダ料金は含まれておりプロバイダ料金を支払う必要がないんです。

対してフレッツ光はプロバイダ料金は光回線の料金とは別に発生するので、その分月額料金は高くついてしまいます。

では、フレッツ光のプロバイダ料金を含めた金額で比較するとどのくらい月額料金が変化するのでしょう?

OCN光で利用できるプロバイダは自社プロバイダの「OCN」のみですので、フレッツ光のプロバイダを「OCN」を選択して利用した場合、つまり同条件で比較した場合どうなるのか、見ていきます。

OCNのプロバイダ料金

OCNのプロバイダ料金NTT東日本エリアNTT西日本エリア
戸建て1100円1100円
集合住宅900円900円

これを反映させると…

サービス名 戸建て 集合住宅
プランミニ
フレッツ光(東日本)5700円+1100円=6800円4350円+900円=5250円
フレッツ光(西日本)5400円+1100円=6500円3950円+900円=4850円
OCN光5100円3600円

いかがでしょうか?

こうなると月額料金の差は歴然ですね。

フレッツ光との料金の差は月々戸建てで1700円、集合住宅タイプで1650円ですので年単位で考えると、戸建てで20400円、集合住宅タイプで19800円も差が出てきます。

20000円近くあれば大きな買い物を一つくらいはできますし、逆に考えるとフレッツ光を利用したままだとその金額を損していることになります。

そして、先ほども触れましたがフレッツ光を利用している方には転用申し込みという方法でお得に申し込みをすることができます。

フレッツ光ユーザーなら新規申し込みより転用申し込みがお得

では転用申し込みとはどのような申し込み方法なのでしょう?

転用についての概要はこちら☟

◆転用とは◆

転用申し込みとは「現在フレッツ光を利用している方」で「光コラボに乗り換える方」が適用できる申し込み方法のこと。
フレッツ光と光コラボで光回線の「設備」が同じ、また光コラボはフレッツ光が提供しているサービスということで、「乗り換え先光コラボの開通工事費が無料」、「フレッツ光の違約金が無料」になるんです。

また転用には「自社転用」と「他社転用」の二つの種類があります。

自社転用他社転用
現在フレッツ光で利用しているプロバイダが
提供している光コラボへ乗り換え
現在フレッツ光で利用しているプロバイダ以外の
提供している光コラボへ乗り換え
ex.)ビッグローブをプロバイダとしてフレッツ光を利用
☞ビッグローブ光に乗り換え
ex.)ビッグローブをプロバイダとしてフレッツ光を利用
☞ソフトバンク光に乗り換え

つまり、新規申し込みでかかってしまう初期費用や手続きを減らすことのできる申し込み方法が転用申し込みということですね。

👉もっと詳しく知りたい方はこちらの記事へ

このように、新規申し込みでは必須である「開通工事」がないのと「フレッツ光の違約金」がかからないので最初の段階で35000円~60000円ほど新規申し込みよりもお得に利用を開始することができます。

また、他社転用と自社転用の二つの違いは意外と大きく、代理店申し込みをする際には「他社転用」の時のみキャンペーンが適用される場合が多いです。

豆知識ですが、一応覚えておくといいかもしれません。

 

OCN光のセット割「OCN光モバイル割」

さて、先ほどお話したOCN光モバイル割についてご紹介していきましょう。

1契約毎月200円引き
2契約毎月400円引き
5契約毎月1000円引き

このように、契約している世帯で何台「OCNモバイルONE」を契約しているかで割引額は変動します。

OCNモバイルONEはただでさえ、低料金で利用することのできる格安SIMです。

OCN光とセットにすることで、その低料金をさらに抑えることができますのでケータイ料金も節約したい方はこの際にOCNモバイルONEに乗り換えてみてもいいかもしれませんね。

 

OCN光の速度は速い?

OCN光の速度はフレッツ光と同じ「上下最大1Gbps」という速度です。

この速度はNURO光以外の光回線とも同じですね。

ただ、光回線に限らずインターネットサービスは基本的に「ベストエフォート」で、いつでもこの速度で利用できるわけではありません。

ということで、実際に利用している方の意見を聞いてみましょう。

このように、どちらの方もOCN光の通信速度には満足しているようですね。

さらに「IPv6オプション」という高速接続オプションサービスも開始し始めたようなので、今申し込もうとしている方は最初からこのオプションを付けておくことをおすすめします。

①対象プランに新規でお申し込みいただいたお客さまを対象に、2017年7月25日以降、OCN IPv6インターネット接続機能(IPoE)を標準機能として提供いたします。

②従来よりOCNをご利用のお客さまにつきましても、今後、順次対象エリアを拡大してまいります。

(OCN公式HPより引用)

このように適用条件も特にありません。

対象プランは「OCN 光」「OCN for ドコモ光」となっているので、OCN光では特に手続きもなく利用することができるようですね。

ということで「OCN光の速度は速い」ということが言えるでしょう。

 

OCN光の申し込みは新規でも転用でも「代理店申し込み」が吉

OCN光を申し込むなら新規でも転用でも「代理店申し込み」がお得です。

というのも、OCN光公式で申し込んだとしても「OCNの公式キャンペーン」のみしか適用できないのに対し、代理店で申し込みをすると「OCNの公式キャンペーン」と「代理店キャンペーン」の二つが適用できるため。

どうせ同じ申し込みならキャンペーンが多いほうがお得ですよね?

そして、OCN光の代理店の中でもお得なキャンペーンを行っている代理店が「NEXT」です。

この代理店はキャッシュバックキャンペーンを行っており、適用条件もかなり軽い。

口座番号を伝えるだけでキャッシュバックを受け取れますし、受け取りまでの期間も短いのでおすすめの代理店です。

 

さいごに

今回はOCN光の概要からサービス内容までお話していきました。

フレッツ光との比較ではやはり料金が一番の違いでしたね。

月額でも大きく変わりますし、年単位だともっと差は開きます。

光コラボの中でも特に安い料金なので、迷っている方はOCN光はおすすめの光回線サービスと言えるでしょう。