auセット割とは?ビッグローブ光・ニフティ光で適用可能!

auセット割とは?ビッグローブ光・ニフティ光で適用可能!

auセット割とはどのような割引なのか?

今回はauセット割について詳しくご紹介していきます!

先に言っておくと、auケータイと光回線をセットにすることで適用できる割引なんです。

あれ?auにはもう一つ有名な割引がありますよね?

そう「auスマートバリュー」です。

このauスマートバリューとauセット割では何が違うのか、ということもお話していきたいと思いますので、auユーザーの方は知っておいて損はないと思いますよ^^

auセット割ってどんな割引?

auセット割とは、先ほどもお話したように「auケータイ」と「光回線」をセットにした割引のこと。

そしてauセット割ってauひかりでは適用できないんです!

ではauセット割の内容はどのようなものなのでしょうか?

まずは割引額を見ていきたいと思います!

 

auセット割の割引額は最大1200円/月!

auセット割の割引額は500円/月か1200円/月。

それぞれauケータイで利用しているプランによって割引額が変わります。

事業者ごとに割引されるプランは異なりますが、一例としてビッグローブ光での割引額を見ていきましょう。

 auスマートフォン
大容量プラン
  • カケホ(電話カケ放題プラン)+データ定額 5G/8G/10G/13G/20G/30G
  • カケホ(電話カケ放題プラン/V)+データ定額 5G(V)/8G(V)/10G(V)/13G(V)/20G(V)/30G(V)
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)+データ定額 5G/8G/10G/13G/20G/30G/U18データ定額20G/データ定額5cp
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V)+データ定額 5G(V)/8G(V)/10G(V)/13G(V)/20G(V)/30G(V)/U18データ定額20G(V)/データ定額5cp(V)
  • LTEフラット/LTEフラット(V)
  • LTEフラット(キャンペーン)
  • ISフラット/ISフラット(キャンペーン)
  • プランF(IS)、プランF(IS)シンプル
低容量プラン
  • カケホ(電話カケ放題プラン)+データ定額 2G/3G、auピタットプラン、auフラットプラン20/30
  • カケホ(電話カケ放題プラン/V)+データ定額 2G(V)/3G(V)、auピタットプラン(V)、auフラットプラン20/30(V)
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)+データ定額1G/3G/データ定額3cp、auピタットプラン、auフラットプラン20/30
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V)+データ定額1G(V)/3G(V)/データ定額3cp(V)、auピタットプラン(V)、auフラットプラン20/30(V)
  • シンプル+auフラットプラン20/30
  • シンプル(V)+auフラットプラン20/30(V)
  • ジュニアスマートフォンプラン/ジュニアスマートフォンプラン(V)
  • シニアプラン/シニアプラン(V)
  • LTEフラットcp(1GB)

(ビッグローブ光公式HPより引用)

これはauスマートフォンでの割引額ですが、他にもauタブレットやauケータイでも割引を適用することができます。

そして大容量プランと低用量プランの2つに分けられており、このプランによって割引額が変わっていきます。

分かると思いますが、大容量プランを利用している方は1200円/月の割引低用量プランを利用している方は500円/月の割引となります。

それぞれのプランの内容はざっくり言うと、

低用量プラン…3GB以下のデータ利用量のプラン、もしくはカケホがついていないプラン

大容量プラン…5GB以上のプラン

のような感じですかね?

本当にざっくりなので、auケータイを利用している方はご自分の契約プランと照らし合わせてみてください!

 

auスマートバリューとの一番の違いはどこから割引されるか!

では冒頭でもお話ししたauスマートバリューとの違いを解説していきます。

まず第一に違うところはauスマートバリューはauひかりで適用できる割引であるのに対し、auセット割はauひかりでは適用することができない割引、ということ。

auひかりではauスマートバリューが推奨、ということですね!

そして一番の違いは先ほどの割引額がどこから割引されるのか

auスマートバリューでは契約回線1台ごとにケータイ料金から割引されます。

対して、auセット割では光回線の料金から上記の割引額が割引されます。

なのでケータイ料金から割引されるのがauスマートバリュー、光回線の料金から割引されるのがauセット割、と覚えておきましょう!

そしてここで押さえていただきたいのが、どちらがお得か?ということです。

実はお得なポイントは契約者の世帯がどのような構成になっているかで変わってきます。

というのも、もし契約者の世帯が2人以上ならauスマートバリューの割引額は最低でも934円/月(最初の2年間は最大2000円/月、3年目から1GB以外は934円/月に統一)なので、月に1868円の割引額となります。

ただ、1人以下の場合だと最低で934円/月になりますので、最大1200円/月の割引が永年変わることのないauセット割の方がお得でしょう。

なのでより一人暮らしの方に向けた割引がauセット割と言えますね!

 

auセット割はオプション加入が不要!

auスマートバリューでは光回線に加え「光電話」の申し込みが必須になりますが、auセット割ではその必要がなくただ光回線を申し込むだけで割引を行ってくれるんです!

固定電話を引きたくない一人暮らしの方にはやはり嬉しい割引ですよね。

 

auセット割の適用条件は?

auセット割の適用条件は「auケータイ(スマホやタブレットも含む)」+「光回線」です。

auスマートバリューでは光回線とセットにする際には電話サービスにも加入する必要がありますので、適用条件を見ても一人暮らしの方に向けたセット割といった印象を受けますね。

 

①BIGLOBE会員(個人会員)の方(法人会員の方はご利用いただけません)

②「ビッグローブ光」をご利用中で、同時にauスマートフォン/au LTEタブレット/auケータイのいずれかを(ご家族でも)ご利用中の方

③auのご契約住所と「ビッグローブ光」の設置先住所が同一の方

④auのご契約プランが「ビッグローブ光×au セット割」の割引対象プランに該当する方

⑤auスマートバリュー/auスマートバリュー mineの適用がない方

(ビッグローブ光公式HPより引用)

こちらはビッグローブ光の適用条件ではありますが、他の光回線でauセット割を適用する際の条件とそんなに変わりません。

気を付けてほしいところは⑤ですかね。

もちろんauスマートバリュー/mineとは併用することができません。

また、auスマートバリューを前月まで適用していた場合はauセット割を適用することができない場合があるので注意が必要です。

その他の条件はご覧になっていただければわかると思いますので、割愛させていただきます。

 

auセット割を適用できる光回線は?

ではauセット割を適用することのできる光回線はどこなのでしょうか?

タイトルにもある通り、有名な2回線をご紹介していきたいと思います!

ビッグローブ光

サービス名戸建てマンション
ビッグローブ光4980円3980円

ビッグローブ光は例でもさんざん登場してきましたね(笑)

ビッグローブ光の料金は戸建てで4980円、マンションで3980円と光回線の中でも比較的お得!

そして3年間自動更新プラン(上記の料金)にすることで、引っ越しの際に本来かかってしまう移転工事費(約10000円)が何度でも無料になります。

さらに「IPv6オプション」という新しい接続方式を利用したオプションサービスに加入することで、通信速度が向上すると大変評判が高い様子。

このオプションも無料なのがいいですね。

そしてビッグローブ光ではauセット割はもちろんのこと、auスマートバリューの適用もすることができるのでどちらの割引にしようか悩んでいる方はおすすめですよ^^

ビッグローブ光の申込はこちら

 

ニフティ光

サービス名戸建てマンション
ニフティ光4500円3400円

ニフティ光は大手プロバイダニフティが提供している光回線サービスです。

戸建てで4500円、マンションで3400円と2年間限定ではありますが、光回線の中でも1,2を争うほど月額料金が安い!

ニフティ光ではauスマートバリューを適用することはできませんが、「auセット割に決めた!」という方は月額料金自体はビッグローブ光よりお得になるのでおすすめですね^^

ニフティ光の申込はこちら

 

さいごに

今回はauセット割についてご紹介しました。

auセット割の内容だけでなく、auスマートバリューとの違いも分かっていただけたでしょうか?

どちらの割引もお得ですが、どの料金を下げたいのかで適用する割引は選んだほうがいいでしょう。

auユーザーでない方も、auケータイに乗り換えるとケータイの月額料金を割引してくれるキャンペーンも行っているので、この際に乗り換えてみてもいいかもしれませんね。