インターネット契約で陥りやすい注意点!【注意喚起!】

インターネット契約で陥りやすい注意点!【注意喚起!】

かつての日本ではテレビ・冷蔵庫・洗濯機が”三種の神器”なんて呼ばれていた時代があるように、現代ではデジタル三種の神器なんて言葉があります。

人によって分類は異なりますが、ネットとスマホは確実に入ってくることが予想されます。特にネットは光回線が主流となった今では、家電同様に一般家庭ではないほうが珍しいとすら言われています。

インターネットをこれから始める人はまずなにから始めるべきか。そもそもネットの契約はどうすればいいの?と、お悩みの状況かもしれませんね。

そこで今回はインターネット契約の注意点について解説します。初心者のみならず、中級者ほど油断に油断を重ねてあり得ないことをしでかしてしまうのもネット契約の怖いところですよ?

目次

インターネットはどこから契約する?

ネットを使う理由は人それぞれです。趣味、仕事、スマホの節約…etc。目的は置いておくとして、まずどこから申し込むのかがはじめの一歩です。

ネットの申し込み窓口は大きく分けて公式と代理店の2種類。ネットは家電製品や消耗品のようにお店で買うということができません。言わば設備を自宅に置くことになるのですから、業者選びから始めます。

公式と代理店の特徴

ネットの申し込み窓口である公式と代理店。どちらがおすすめかは個人的に意見になるので、まずは2つの窓口の特徴を見比べてみましょう。

公式の特徴

  • 運営(直営)からの申し込みなので確実
  • 申し込むネットの情報が仕入れやすい
  • サポート体制が万全

公式はネットを提供している運営元なので、申し込みから契約までは確実に手続きが完了します。ブランドとしての光回線を運営しているプロバイダの場合だと、会社の看板を掲げているわけですから大きな間違いはよほどのことがない限りありません。

みなさんがネットを申し込むときはどこでそのネットを知ったのか?大手の場合はテレビCMや広告などでも目にする機会が多いですよね。ネットは会社の商品ですから、それだけ世間に認知してもらうための営業を行っています。

※ソフトバンク公式サイトから引用

特にテレビCMに力を入れているプロバイダは、情報が入ってきやすいのでネット選びの目安になります。ソフトバンクやauのCMでも人気キャラクターで有名ですよね。

会社によって差はありますが、自社のネットに関するサポートは委託している会社に比べて段違いなのも当然です。

代理店の特徴

  • 公式よりも特典が豪華
  • 申し込み窓口が多い
  • 申し込みから開通手続きまでが速い

代理店の最大の特徴は、なんといっても公式では手に入らない豪華な特典が目白押し。やはりこの一言に尽きます。代理店はオンライン店舗から家電量販店、販促ブースなどさまざまな場所で展開しており、割とよく目にする機会も多いでしょう。

さらに代理店は申し込みから開通までの手続きがスピーディーです。代理店は本社から仲介委託されている会社であるため、顧客を増やすことに関しては本社以上と言えます。

ただし、代理店のメリットは裏を返せばデメリットにもなりやすく、ここが公式との最大の違いでもあります。

申し込み窓口はメリットとデメリットで考えるべし!

ここまで軽く公式と代理店を好意的な特徴で比較しましたが、本当の意味での両社の違いはデメリットの大きさにあると判断します。何がどうデメリットが大きいのか、それを今から解説します。このデメリットを対処できるかどうかで、みなさんの最適な窓口がわかるはずです。

堅実な公式、ハイリスクハイリターンな代理店

冒頭で比較した公式と代理店の特徴。それはそのままメリットとデメリットの比較でもあります。今度はデメリットのみで比較してみましょう。

公式のデメリット
  • 特典が少ない
代理店のデメリット
  • 特典が必ず受け取れるとは限らない
  • 会社がすべて優良とは限らない

「あれ?少ないよ?」と思った人も多いと思われますが、公式と代理店のデメリットは数ではなく、影響の大きさが最大のデメリットなのです。

例えば公式では一切キャッシュバックや特典のないネットでも、代理店では破格の現金や豪華特典が手に入れられる可能性があります

ただし、代理店の特典にはいくつもの条件があり、場合によっては有料オプションが複数必要になることもあります。そこまでしたにもかかわらず、適用対象外となった場合は特典がもらえずに費用だけが後に残ります。

一方の特典がない公式ではすべてが任意契約。余計な契約をする必要もなく、得るものが公式で用意しているものだけの代わりに危ない橋を渡る恐れがありません。

しかも豪華特典を宣伝する代理店ではそれをエサに、特典が手に入にくい条件をいくつも用意しているような悪質な代理店も少なからず存在します。

それでもおすすめは代理店

このようにメリットは少なくとも安全性の高い公式ハイリスクハイリターンな代理店。このようにネットの申し込み窓口は双方真逆な方向性で構えています。

それでもあえて、申し込み窓口は代理店をおすすめしたいと思います。

代理店からのメリットは計り知れない

代理店で用意されているキャッシュバックは高額で工事費用を上回っていることも少なくありません。さらに窓口によっては公式特典も受けられる会社があり、公式から申し込むメリットがほとんどなくなっていることも理由にあります。

公式が安全とは言ってもすべての会社に当てはまるわけではなく、それこそ申し込み窓口すべてにリスクはつきものだからです。逆もまたしかりで、代理店のなかには公式と同じくらい安全性が高く初心者にも安心して申し込める窓口も存在します。

申し込み窓口選びの注意点をチェック!

リスクを避けて確実に申し込むのであれば公式窓口リスクを承知でメリットを受けるなら代理店窓口

窓口選びは極端な考えで言えばこの結論にたどり着きます。

とは言え、リスクはどんな窓口にもつきもの。逆に言えばそのリスクを理解し、危ない内容を避けていけばメリットだけを手に入れることが可能です。そうなるとメリットが少ない公式窓口はもっとも旨味のない申し込み窓口と言えるでしょう。

しかし、それでもなおリスクを避けて公式を選ぶ人が多いのは「リスクの内容が高い」ことが挙げられます。

そのリスクの内容を知ることこそが優良代理店を選ぶヒントとなります。

こんな代理店には気をつけよう!代理店申し込みの注意点

代理店で一番大きいリスクは「高額費用請求」。豪華特典の条件だからと説明し、費用が雪玉式に増えていく契約を結ばせる。簡単に言えば詐欺とも言える営業ですね。さらにたちが悪いのが、どこからどう見てもキャッシュバックが得られないような条件です。

代理店にありがちな条件
  1. 有料オプションの複数契約(抱き合わせ販売)
  2. 手続き期間が別々で間が空く(申し込みと手続きの期間)
  3. 曖昧で内容をぼかした条件(どちらとも受け取れる内容)
  4. 最低利用期間がやたら長い(オプションをつけた状態での年単位契約)

簡単にキャッシュバックを取らせないように、複雑で曖昧な条件を用意してくるのも代理店の悪い特徴ですが、すべてが曖昧という代理店というわけではありません。なかにはハッキリと明示はしているけれど、明らかにキャッシュバック以上に費用が掛かるケースも少なくありません。

そんな無茶な条件なら誰も申し込まないのでは?と思ってしまいますよね?それは代理店HPを見た場合です。

代理店の一番厄介な点が向こうから営業を掛けに近寄ってくることです。

強引な勧誘!なかには本社を名乗る場合も・・・

みなさんのなかには電話で勧誘を受けたことがあるかもしれません。例えばNTTを名乗る会社からの契約変更の電話や訪問。NTTではなくても、現在契約しているインフラの関係者を名乗るものが近づいてきた経験はないでしょうか?

昨今、「NTT」、「NTT東日本」を会社名、または会社名の一部に使用する、弊社ロゴを封書・文書・名刺に使用する等、あたかも弊社、または弊社グループ会社であるかのようによそおい、固定電話料金を引き下げると案内した上で債券の購入を勧誘する不審な文書の送付が確認されております。

これらの勧誘については、弊社グループと一切関係がございません。また、弊社グループは、債券を一切扱っておらず、このような債券の購入を勧誘することもありませんので、ご注意ください。

万一被害にあわれた場合は、最寄りの警察へご相談いただくようお願いいたします。

※引用:NTT東日本|「NTT」、「NTT東日本」を会社名、または会社名の一部に使用した悪質な騙り商法(債券購入の勧誘等)にご注意ください

昨今、社会問題になっている業者による本社を装った詐欺被害。「そんな詐欺には遭わないだろう(笑)」と思っている人でも、背広や制服で突然押しかけられたり、顔の見えない電話口から名乗られた場合は意外と引っかかってしまうものです。

これは初心者以外にもネット知識にある程度覚えがある中級者に多い傾向でもあるのです。

先程説明した代理店HPで説明されている特典の適用条件。もしも営業による代理店との契約を結んでしまい、聞いている内容と違っていた場合。それを指摘しても「HPにしっかりと明記されている」と言い逃れの手段として使うこともできてしまうのです。

また、代理店を名乗るケースでも「HPを見てください」と言われていた場合、”先に説明をした”という口上が成立してしまいます。大抵この場合は物凄く小さい字で説明書きがあったり、いくつものリンクを飛んでやっと見つかるレベルだったりします。これは公式でも同じことが言えます。

これだけは覚えておこう!契約してはいけない代理店の特徴!

これだけ悪質な代理店の特徴を挙げたからには、それでもなお代理店をおすすめする責任がこちら側にあります。みなさんが悪質代理店に引っかからず、メリットだけを得るための最低限守るべきポイントをピックアップします。

  1. 営業を掛けてくる(訪問、電話etc…)
  2. NTTやプロバイダを名乗ってくる
  3. オプションの同時契約数が多い
  4. 最低利用期間が長い
  5. 加入申し込みとキャッシュバック申請手続きの期間が離れている
  6. 口コミの評判が悪すぎる

まず、第一前提として営業をしてくる代理店からは決して申し込まないこと!これが前提です。文章を見て頭のなかで理解するより、面と向かう、または電話口でまくしたてられると正常な判断ができない恐れがあります。予防をしていても。人の性格によっては緊張や相手の言い回しなどで警戒心のゆるみや失念ということもあり得ます。

本社を名乗る訪問や電話はほとんどあり得ない!

被害の多い電話や訪問勧誘で本社・NTTを名乗るケース。これはもう絶対に相手にしないことが一番の防止策です。

フレッツ光利用者のなかでは「~に乗り換えたら安くなる」と本社を名乗ってすすめてくる業者は本当に多いです。しかし冷静に考えてください。本社からそんな勧誘が来ることはほぼあり得ません。

本社から連絡が来るケース
  • 基本的にはメール(悪質代理店は都合の悪い証拠は残さない)
  • 連絡が来るのは重大な契約違反や深刻な問題が発生した場合(滞納、反社会行為など)

本当にNTT、または契約先から連絡が来るケースはこれ以外ありえません。一部例外もありますが、本社なら必ず電話とメール、郵送物で相手が確認できる方法で伝えてきます。

それでも本社から連絡が来ることはほぼ非常事態です。利用料金の滞納利用しているサービスを使った悪用重大な欠陥が見つかった場合の注意喚起。ほとんどのケースがこのいずれかです。

本社を名乗る電話や訪問が来た場合、その場は理由をつけて切り上げましょう。もし本当に本社であれば、再度メールや郵送物で連絡が来ます。もちろん確実とは言えないので、こちらからメール連絡を指定しましょう。そこで急かす場合ならほぼ100%黒です。

建物全体の変更を伝えてくることは絶対にない!

訪問営業で一番多いのが、「建物内の設備変更」と言って各世帯を回っているかのように営業してくるパターン。これは断言しますが、確実に騙っている代理店の所業です。

まず、集合住宅は管理会社や所有者による通達が必ずあります。なので、本社からわざわざ各世帯を回ってくるようなことは決してないと言い切れます。万が一あるなら、ポストにその旨を説明した書類が届きます。

これは建物のオーナーと管理会社、建物内の世帯との契約に基づく説明義務の観点からです。

ここで説明義務と出てきますが、これが重要です。もし本社を名乗った訪問があった場合、相手から渡された名刺、契約書類を確認してください。

契約書類で絶対に確認しておくべきポイント
  1. (甲)乙の項に「代理店」と記名がないか
  2. 署名欄にチェックシートがあり「初期契約解除制度」の説明に触れていないか

渡された契約書の上記に必ず目を通してください。「代理店」の文字があればこの時点で追い返せます。ない場合はサインが必要な個所、チェックシートをよく読みましょう。必ず初期契約解除制度についての説明があります。大抵の場合はこの説明を端折って契約を急いでくるはずです。

訪問営業相手にはこの2点を指摘しましょう。一度でも言い訳をされたら法的に追い返すことができます。もっとわかりやすく言うと有無を言わさず110通報をしても咎められません。その際の理由は身の危険と退去勧告で十分です。

本当に本社であればこんなリスクを冒そうとせず、メールや書類で伝えれば済む話です。

オプション契約・最低利用期間・手続き内容には目を通そう

代理店で一番の難敵は営業です。これらは理論武装すれば法的に簡単に追い返せます。では、自分から申し込んだ場合。これは自己責任の要因が強くなりますが、説明がややこしいのも代理店の特徴でもあります。代理店に限ったわけではありませんが、基本的には相手は説明が下手と思っておいたほうが良いでしょう。

  • 申し込み時の窓口確認(適用される窓口かどうか)
  • 必要なオプションは満たしているか?(掛かる費用もチェック!
  • 申し込み後に必要な手続きはあるか?(キャッシュバック申請、提出書類など)
  • どれくらいの利用期間か?振り込みはいつになるのか?(それだけ費用負担が増える)

代理店申し込みで意外と見落としやすいのが申し込み窓口を間違えてしまうこと。あり得ないと思うかもしれませんが、結構見つかるケースです。代理店にはオンラインと家電量販店、ショップ窓口の店頭スペースのの2種類があります。いわゆるWEB限定や店頭限定というキャンペーンも少なくありません。

まず最初に本当に申し込み窓口はここで良いのかの確認です。これが最初の一歩となります。

次に特典の適用条件。必要なオプションに加入していくわけですが、セット契約の場合は似たような名前のプランと間違えて契約するイージーミスもないとは言い切れません。確実にチェックしましょう。

申し込み手続きが終わり、あとはネットの開通を待つのみ。ここで気をゆるんでしまうとせっかく条件をのんで契約したのに、特典がすべて水の泡になってしまいます。申し込み後に代理店側に提出する書類、登録する情報がないかを改めてチェックしましょう。

場合によってはキャッシュバック申請に必要なアンケート回答に答えるケースがあります。メールチェックは欠かさず行っておきましょう。また、これらの手続きは申し込み直後は受付けてもらえない場合があります。手続きの受付期間や期限がいつになるのかのチェックも忘れずに行っておきましょう。

最後に特典適用日となる契約したネットの最低利用期間。長いものになると12ヶ月以上になることもあり得ます。ネットの契約期間は大抵の場合が2年~3年なのでこの最低利用期間自体は特に問題ではないかもしれません(契約期間中の解約は違約金が発生する)。

しかし、キャッシュバックの振り込み時期=最低利用期間というケースも少なくなく、振込されるまでの費用は自己負担のままとなります。しかもオプション契約も最低利用期間内は解除不可という酷い条件もあります。

ネットの口コミは侮れない!ユーザーの体験談を参考にしよう!

ネットユーザーの声というのは実体験や率直な意見を見ることができる貴重な口コミです。特にインターネットは安い買物ではなく、何度も乗り換えるようなサービスではありません。リピーターが付きにくく、口コミが入りにくいサービスだからこそ悪評が目立ちやすいのです。

avatar

Aさん

光回線の飛び込み営業の若い女性が弊事務所に来て、テンプレ通り秒で断ったら「NTTの正規代理店でモデムだけでも確認させて頂ければ…」的な感じで食い下がって来て、そこいらのゴリラより根性ありそうで「その若さと能力、もっと活かせる職場あるから…」と言いかけたけど、やめといた。

avatar

Bさん

光回線代理店の営業、ほんと嫌だ。代理店の営業というだけで内容を聞かず全て断る。

avatar

Cさん

また光回線代理店に騙される所だった…

このように代理店と言うだけでもネットユーザーの心証は悪く、特定の会社名を入れるとフィルターを掛けない罵詈雑言が飛び込んでくることも珍しくありません。

これほどまでにヘイトを高めている理由は、悪質な代理店の強引かつ詐欺まがいの営業による風評被害です。

口コミで評判の良い代理店を探そう(ただし難易度高し!)

逆に言えば評判の良い代理店を探せばこれらの危険性を回避できることにつながります。ただし、優良代理店を探すことは思いのほか難しく、そもそも悪名高い営業活動を行っていないインバウンド(営業なし)の会社が多いので、探す手がかりが限られているのも問題です。

そんなときこそ前述の口コミを活用しましょう。

avatar

Dさん

一見おそうに見えるキャッシュバックでも、条件をよく読まずに申し込むと大損になることがあります。 光回線の申し込み窓口選びは慎重に!

avatar

Eさん

光回線とセットで申し込むWiMAX契約の金額を色々見てるけど、現状との差額は微々たるもの…。 これなら初回キャッシュバックが大きい代理店で光単体の契約した方がやなー。

avatar

Eさん

光回線の会社から営業電話が来て、よく話を聞いていたら代理店では外せないオプションを外せるという話になって、月3000円得になって年間4万円近く得することになったので、みなさま営業電話も注意深く聞くことをお勧めしますw

実際に自分が得をした、良い代理店に当たった!という情報は口コミからも確認できます。また、代理店情報だけでなく、「こういう得できる方法があるよ!」といったお得な情報も入手できます。

なかには”営業電話の情報から得した!”という話も聞かれます。営業のすべてが悪いとは断言しませんが、ほとんどの場合は悪と思っておいたほうがリスクを抑え込めます。

一見良心的な電話営業でも代理店名を伏せていることが多いため、本社営業と見せかけて特典は公式のみしか用意していない無価値な代理店も多いのです。

詐欺に遭わなかっただけでも得と受け取るか。せっかくの新規の立場なら豪華特典が手に入る権利を手に入れましょう!

ただし、情報探しは一から自分の手で吟味していかないといけません。根気と調査能力がモノを言います。

優良代理店のポイントを抑えよう!

  • 口コミの評判がいい
  • 営業がない
  • 条件が軽い
  • 特典が豪華

優良代理店の条件を軽くまとめるとこのような形になります。これほどまでに都合の良い代理店があるのかどうか、はなはだ疑問にも思われますが、少なからず好条件の代理店は存在します。全部を満たすのは難しいことですが、少なくとも3つ以上の条件を満たしている代理店を探すことが優良代理店と出会うコツです。

まずは口コミ探しから始めてください。いわゆるステルスマーケティングもないとは言えませんが、そういったなかにも正しい情報が潜んでいます。どれも切り捨てることなく、内容を総括したうえで吟味してください。情報をまとめることも契約に騙されない訓練になります。

優良代理店情報をこっそり公開

優良代理店を探せと言われてもSNSなどを一から洗っていくのは手間のかかる作業です。「光回線 優良 代理店」で検索を掛けても山ほどあるなかから一つを選ぶのは結構な作業です。

そこで今回、特に評判の良い代理店をこちら側でピックアップしました。これからネットを始めるみなさんはぜひ参考にしてください。

光回線取次ぎ代理店「株式会社NEXT」

株式会社NEXT※株式会社NEXTホームページより引用

光回線の代理店として数多くの光コラボ、独自回線を取り扱う株式会社NEXTです。ネット上でも優良代理店の話題になれば必ずと言っていいほど名前が登場し、悪評をまったく聞かないという別の意味で不安になる会社です。

株式会社NEXTの特徴
  • 口コミ良好
  • オプション不要
  • キャッシュバック手続き不要
  • 営業なし
  • 受け答え良好
  • キャッシュバック振り込み最短2ヶ月
  • 公式特典併用可能

NEXTでは一切の営業を行っておらず、そのすべてが申し込み者にからのオンラインや電話による手続きが主体となります。代理店ではおなじみのオプション加入やキャッシュバック申請手続きが一切ないのも魅力です。電話対応も懇切丁寧に案内をしてくれるため、初心者が安心して申し込めるのが嬉しいポイントです。

特典はキャッシュバックとキャッシュバック+商品の2パターン選べるのもNEXTの特徴です。

同名会社に要注意!

申し込み者が不利となる条件が入っておらず、初心者から上級者まで万人におすすめできる代理店ですが、唯一の難点は他社と名前を間違えやすいこと!NEXTという名前の会社がやたら多く、なかには評判の悪い代理店と混同してしまうユーザーも多いほど。

こちらのNEXTは東京都新宿区北新宿にある株式会社NEXTでしっかり覚えておきましょう。うっかり同名の他社から申し込んでしまうと目も当てられません。

代理店NEXT取り扱い回線
ソフトバンク光OCN光ビッグローブ光@nifty光auひかり
コミュファ光メガエッグピカラ光BBIQ楽天光

自社回線も提供開始のNEXT

※スマート光公式より

業界最安クラスを誇る値段設定で、工事費無料で始めやすいインターネット「@スマート光」の事業譲受し、インターネット回線の代理店だった株式会社NEXTは、自社でもネット回線の提供を開始しました。

【戸建タイプ:月額4,300円/マンションタイプ:月額3,300円】

@スマート光では工事費無料以外に大きな特典こそないものの、シンプルに安さを求める方には最適なプランなのではないでしょうか。

興味がある方は公式サイトを覗いてみてくださいね。

@スマート光
公式サイト