インターネット契約は代理店からがお得!窓口選びのポイントを徹底解説

インターネット契約は代理店からがお得!窓口選びのポイントを徹底解説

インターネット契約は窓口選びが重要です。まず最初に自分の利用したいネットを選び、そこから開通までの手続きを行います。

申し込みから開通まではさほど大きな違いはありませんが、窓口によっては受け取れる特典の価値が大きく変わってきます。そして高額キャッシュバックや人気商品を取り扱っているのが代理店です。公式と代理店、どちらの窓口がお得かと言えばズバリ代理店!

今回は代理店から申し込むときの注意点と窓口選びのポイントについてチェックしていきましょう。

公式にはないメリットが盛りだくさんの代理店!

まず、代理店と公式の違いは特典の中身です。昨今の光回線は一時期のような過熱ぶりが収まり、特典が控えめとなっている会社も少なくありません。特にキャッシュバックに至っては金額も少額で、高額でも条件付きというなかなか厳しい状況です。

もう以前のように新規申し込みだけで高額現金ゲット!なんていうのも現実的ではなくなりました。

しかし、代理店ではいまだに高額キャッシュバックを実施しており、しかも窓口によっては新規申し込みとちょっとの条件で済むところもあるのです!

代理店と公式の違い

代理店と公式の根本的な違いは運営の母体です。基本的に代理店は公式(本社)からの委託なので、公式の名を掲げていても運営・営業自体が代理店主体となっています(代理店運営の光回線という一部例外あり)。

そのために代理店では、特典が公式とは別に独立した代理店側で用意されているものなのです。さらにほとんどの代理店では公式特典も併用可能であるため、公式から申し込むよりけた違いにお得度が高いのです。

代理店はメリットも大きいがリスクも高い

「代理店がお得なら公式から申し込むメリットがない」とは一概には言えません。旨い話には裏がある」というように、代理店側だって一筋縄ではいかないケースもあるのです。

例えば「今申し込めば100万円が漏れなくもらえます」と言われて真に受けますか?本当の善意かも知れない。では、なぜ疑う人が多いのでしょうか?

それはみなさんが「世の中そんなに甘くはない」ということをよく知っているからでしょう。

代理店のリスクはメリットよりも大きい場合がある

率直に言うと「メリットよりもはるかにリスクの大きい代理店が多い」。これをわかっていないと思惑違いどころか、とんでもない出費となって跳ね返ってくる恐れがあります。

代理店は公式ではない

繰り返しになりますが、代理店は公式ではありません。本社の商材販売の仲介取次ぎ・代理をする店(会社)だから”代理店”なのです。つまり、代理店業者がすべて良心的という保証はどこにもないのです。

本社から委託された代理店は、仲介手数料としてお金が渡されます。そのお金を新規顧客獲得資金として運用します。代理店側が設定した特典はそのお金から出されているものとなります。そして申し込み者がいて、適用条件を満たした瞬間に特典を獲得する権利が生まれます。このとき手元に残ったお金が代理店側のそのまま報酬になります。

察しの良い人はもう想像がつきましたね?

つまり、特典獲得者が少なければ少ないほど代理店側の取り分が増えるわけです。代理店側には新規獲得数に応じたインセンティブもあり、申し込み者を増やせば増やすほど利益が潤うことにもつながります。

もしも本社が委託した代理店が欲をかいてしまった場合。どのようなケースが起こるでしょうか?

高額キャッシュバックには要注意!

報酬を増やすだけなら特典を減らせばいいだけというのは少々短絡的です。代理店の数はひとつではないのですから、メリットが無ければほかの窓口を探すだけです。つまり、代理店側は顧客を獲得しなければなりません。

では、どうやって顧客を増やすか・・・。

  • 豪華特典で興味を引く
  • 支払う特典以上の利益を得る方法をとる
  • 騙す

単純に考えてこの3つが当てはまります。

人を引き付けるには何らかの魅力が必要です。人が代理店を選ぶ理由。それは特典以外にほかなりません。

では、支払う特典以上の利益を得る方法。それはより多くの顧客を獲得してマイナスを上回ればよいだけの話です。企業側が宣伝費を出しているのも、この新規顧客獲得効果が高いという理由が挙げられます。代理店の場合ですと、多少代理店側の報酬は減っても評判を上げて口コミを増やすことがそのまま宣伝につながります。

ネットの時代の口コミの力は侮れないものがあります。

そして一番最悪な方法が騙すこと。もう誠意もへったくれもないなりふり構わない悪手です。しかし、代理店の悪いイメージのほとんどがこの悪手を使う業者が多いことが原因にもなっているのです。

条件が厳しいことや手続きが複雑な代理店が多いのは、それだけの難易度に相応しい特典を設定しているからでもあります。ただ、これらはちゃんと前もって説明している代理店も多いことから、決して騙すわけではないのです。代理店側も自分たちの収入を減らすリスクを背負っています。「ついて来れる人だけついて来い」のストロングスタイルとでも申しましょうか。

しかし、悪質な代理店は終始一貫して騙すことも辞さないスタンスです。

代理店の電話・訪問勧誘には耳を傾けないこと!

もうひとつ代理店の悪名を決定づけているもの。それは営業です。

みなさんも経験があるかと思いますが、電話からの「光回線(会社名)に乗り換えませんか?」の営業。特にフレッツ光利用者には転用の誘いがほぼ確実にやってきます。

鬱陶しい電話はすぐに切ってしまえばいいだけですが、もしも本社を騙る会社からの電話だった場合はどうでしょうか?制服を着て名刺をもってきた業者だった場合は?

本社からの電話・訪問はまずありえない

ニュースで社会問題として取り上げられている光回線の強引な勧誘。これって代理店の所業なんですよね。詳しくは割愛しますが、NTTを騙る業者の実に多いこと。旨い話どころか本社を騙られては、いかに警戒していても引っかかってしまうのもおかしくはありません。

本社の名前を出されて思わず気が緩んでしまいますが、実際には本社から勧誘が来ることはほぼありません。あったとしても料金滞納などの重大な契約違反に関する問い合わせのみです。電話に出なくとも必ずそのあとにメールや郵送で契約者に届きます。

もしもネットに関する電話や訪問が来た場合、その場は一旦切り上げてしまいましょう。そしてメールか文書での連絡を希望してください。ここで引き下がらない場合は電話を切るか通報しても問題ありません。

適用条件は熟読!契約に記載されている内容は自己責任!

ここまでは代理店の悪の側面を紹介してきましたが、リスクは代理店側だけの責任というわけではありません。当然、申し込む契約者側に落ち度がある場合も考えられます。

契約時の要注意事項
  1. 申し込み窓口の確認
  2. キャンペーン期間
  3. 特典適用の加入契約条件
  4. 申し込みから開通までの期間
  5. 登録情報・申請手続きの漏れ
  6. 最低利用期間

SNSやウェブサイト、CMでもキャンペーンの告知を見たことがある人も多いと思います。例えば「〇〇限定」。最近ではWEB限定やSNS限定といった広告をよく見かけます。代理店はSNSでも活発に活動しているため、豪華特典のキャンペーンがどこで行なわれているかのチェックを忘れずに!申し込み前にはキャンペーンが現在行われているものかもチェックしておきましょう。

次に申し込み時の加入契約条件ここでチャンスを逃す人が本当に多いのでよく注意してください。一番多いのがオプションなどのセット契約ですが、ひとつでも加入漏れがあると減額、または適用対象外となってしまうので必ずチェックしましょう。

ちなみに代理店によっては善意で指摘、もしくは便宜を図ってくれるところもあります。そういう代理店は高確率で優良代理店です。

最低利用期間がやたら長い代理店に注意

キャンペーン期間、申し込みから開通まで。ネット契約には多くの期間・期限が設けられています。そのなかには申し込んだネットの最低利用期間があり、大抵の場合は12~24ヶ月と初回契約期間以下で済むケースが多いです。

しかし、この最低利用期間がネットだけならまだしも、加入したオプションなどの契約も含む場合は危険度が増します。もしもオプションを含んでいる場合、オプション解除=適用対象外になるので解除した時点で特典はもらえません。利用期間が過ぎるまでの間、ネットとオプションの料金は課金されていきます。

ここで一旦計算しましょう。月額料金+オプション料金の総額は特典の総額以上でしょうか?マイナスになっていませんか?プラスになるとしてもどの程度ですか?この利用期間が長いほどメリットが減っていくことを忘れずに覚えておいてください。

ネットの申し込みと手続き申請の期間は大丈夫か?

最後のチェックポイント。契約者の登録情報の漏れについて。ネット回線は申し込んだ時点で特典が適用されるわけではないことを長々と説明しました。開通手続きも終わり、最低利用期間も過ぎました。キャッシュバックはちゃんと振り込まれましたか?

条件をすべて満たしているのに振り込まれなかった!」という人はもう一度契約内容に目を通してみてください。もしかして「キャッシュバック申請手続き」の必要がなかったでしょうか?最後の最後で落とし穴に引っかかるとしたらまさにこれ!

キャッシュバック申請手続きがネット申し込み直後では受付けていない代理店が多いので本当にご注意ください。
例:「申し込みから8~12ヶ月後にキャッシュバック申請を行うこと」など

条件満たして後は振り込まれるだけ~と油断してしまい、申請期限をとっくに過ぎていたなんてことになったらシャレになりません。せっかく条件を次々クリアしていったのに最後にどんでん返しがあったなんて笑い話では済みません。特に申し込みからキャッシュバック申請手続きまで期間が大きく空いている条件には気をつけましょう!

代理店からのネット申し込み時の注意点まとめ

  • 申し込み窓口は正しいか(WEB?店頭?)
  • キャンペーン期間内での申し込みになっているか
  • 適用条件の契約は漏れていないか
  • 登録・申請手続きは済ませているか、期間を忘れていないか
  • 最低利用期間は満たしているか
  • 特典適用までの費用と特典の総額が割に合っているか

ここまでお付き合いしていただいたみなさんに最後の確認です。申し込み時の窓口が決まったなら、「本当にそれで良いのか」をチェックしていきましょう。

なにひとつ漏れがなく、特典適用条件を満たした場合に自分にメリットがあったかどうかを最終確認です。事前にこれだけの確認が取れれば、代理店申し込みのリスクはほとんど避けられます。

  • 営業の話には耳を傾けない
  • 話を聞くなら嘘と見抜くだけの知識と自己責任を!

また、問題の多い電話や訪問による営業は基本的にスルーで構いません。なかには有益情報もありますが、確率的にまれなケースとなります。電話なら即時切ってしまい、訪問で対応してしまった場合は相手の名前と名刺、契約書の欄に「代理店」や「初期契約解除制度」の文字がないかを絶対に確認しておきましょう。

「代理店ならいいです」でドアを閉めましょう。集合住宅住まいで本社を名乗ったのであれば、「今から管理会社と大家さんに確認取ります」で事足ります。口ごもるようなら真っ黒ですので通報して差し上げてください。

優良代理店情報は口コミをチェック!

ここまでネガティブな話題に終始しておきながら代理店をすすめてしまうのも矛盾してますよね?ここまでは悪いケースに限った話。メリットがある優良代理店があるから代理店を活用している人が多いのです。

冒頭でも少し触れましたが、今はSNSで情報が広がりやすいネット時代です。悪い口コミは広がりやすい一方で良い口コミは少ないものです。だからこそ、良い口コミを見つけたらそこが狙いどころです。

このように探せばいくらでも代理店情報は出てきます。残念ながら悪い情報のほうが多いのですが、なかには得したという体験談や、代理店申し込み時のアドバイスと言ったありがたい情報も見つかります。

スパムによるステルスマーケティングの類は見ていけばすぐにわかるので、むしろそのスパムと本当の口コミを照らし合わせて信ぴょう性を高めていきましょう!

 

最後に優良代理店情報を紹介!

代理店探しは熱意と根気が必要な骨の折れる作業です。できれば手短に済ませたいと思う人も多いようですので、最後にみなさんにおすすめの代理店情報をお伝えします。

詐欺は騙されるほうも悪いとは言われていますが、騙すほうが悪いのです。代理店に泣かされた人もトラブルを避けたい人も、ここでしっかりとメリットのあるネット契約を結んでいきましょう。

オプション不要の高額キャッシュバック「株式会社NEXT」

光コラボなどの多くの光回線の正規代理店「株式会社NEXT」です。東京都新宿区北新宿に本社を構え、本社からも多数の表彰を受けている優良代理店のひとつ。ネットのお得な代理店を探すとほぼ確実に登場する会社です。

新規申し込み時のオプション・キャッシュバック手続き不要転用にもキャッシュバックあり振込も最短2ヶ月と即時特典支払いが魅力です。特典が現金と現金+商品の2パターン選べるのも特徴で、申し込み時には細かな契約手続きの案内や説明も行ってくれるので初心者にも安心です。

同名の代理店が多数存在するので、申し込みの際は下記のリンクから進むことをおすすめします。

また、業界最安値の@スマート光の運営も行なっています。こちらは工事費無料ですぐにネットを始めたい人におすすめです。

代理店NEXT取り扱い回線
ソフトバンク光OCN光ビッグローブ光@nifty光
@スマート光auひかりピカラ光コミュファ光
メガエッグソフトバンクAir 

「株式会社アウンカンパニー」

こちらも株式会社NEXTと並んで評判の高い代理店「株式会社アウンカンパニー」。条件面でもNEXTとほとんど同じです。

NEXTとの違いはNURO光の取り扱いがあること。そして選べるキャンペーンの商品が多彩!

代理店選びはこの2社から選んでおけば、大きな間違いはありません。

代理店アウンカンパニー取り扱い回線
ソフトバンク光ビッグローブ光@nifty光
NURO光ソフトバンクAir