【戸建てで引くなら!】広島でおすすめの安いインターネット比較

【戸建てで引くなら!】広島でおすすめの安いインターネット比較

今回は広島でインターネットを引くならどの事業者が一番おすすめなのか、ということをご紹介していきたいと思います。

広島と言えば市民球団である「広島カープ」が最近優勝したこともあり、町全体が盛り上がっているようですね。

今回はそんな広島で、そして「戸建て」でインターネットを引くならどこが一番おすすめなのかを見ていきます。

インターネットを引く方法は現在数おおくあり、いざ引こうとなるとかなり迷ってしまう方も多いよう。

ただインターネットを引きたい、というだけならどこでもいいと思いますがどうせなら現在広島で引くことができるインターネットの中で一番サービス内容のいいものを利用したいですよね。

今回は広島でインターネットを引く方法を紹介しつつ、どこが一番おすすめなのかをご紹介します。

広島の戸建てでインターネットを引くならどこが一番おすすめ?

広島の戸建てでインターネットを引くことができる方法はかなり多いです。

最近一番主流なのは「光回線」ですが、昔からケーブルテレビを利用している方はケーブルテレビを利用しつつケーブルテレビのインターネットを引いているいう方も多いでしょう。

広島で言えば「ちゅぴCOM」が有名ですね。

今回は光回線とケーブルテレビを中心に、料金や速度の比較をしていきたいと思います。

では比較していく事業者をご紹介しましょう。

サービス名提供元
ソフトバンク光ソフトバンク
ドコモ光ドコモ
ビッグローブ光ビッグローブ
メガエッグエネルギア・コミュニケーションズ
ちゅぴCOMちゅぴCOM

今回比較する事業者は全部で5社。

ちゅぴCOM以外はケーブルテレビで、ちゅぴCOM以外は光回線となっています。

ただ、これらの光回線の中でも実は種類が違うんです。

そして違いがあるのは「メガエッグ」とそれ以外

ではどのような違いがあるのでしょうか?

それはメガエッグ以外の「ソフトバンク光・ビッグローブ光・ドコモ光」は「光コラボ」というフレッツ光の「サービスモデル」を利用して提供している光回線なんです。

◆光コラボとは◆

光コラボの正式名称は「光コラボレーションモデル」。
光コラボレーション「モデル」ということで、光回線サービス自体というよりはサービスモデルのことを表しています。
光コラボの内容は「フレッツ光の光回線サービス×事業者のサービス・商品」のコラボレーション。

具体的な流れを言えば、
「フレッツ光の光回線サービス」+「事業者の商品」というセットでまとめる☞二つをまとめて割引
【ex)ソフトバンク光(フレッツ光の光回線サービス)+ソフトバンクケータイ☞おうち割光セット】

というような流れとなります。
以前のようにフレッツ光という大きな枠ではなく、さらに細分化した枠で自分の利用しているサービスに合った光回線を選ぶことができるという利用者側のメリットもここで発生します。このように今まで光回線サービスを提供できなかった事業者がフレッツ光を通じて光回線サービスを提供し、さらに自社製品・サービスとかけ合わせることで新たなサービスモデルを築いたのです。

◇光コラボの特徴

①フレッツ光よりも月額料金が安い
②通信速度・安定性はフレッツ光と同じ
③「転用申し込み」がお得

このように、フレッツ光の光回線を使用しているので通信速度はフレッツ光と同じですし、提供エリアもフレッツ光と同じ「全国」です。

それであるのにフレッツ光よりも料金が安く、セット割も適用できるのが特徴ですね。

対して、メガエッグは中国電力系列の「エネルギア・コミュニケーションズ」が提供する「中国地方限定」の光回線です。

このページをご覧になっている方のほとんどはよくご存知かと思います。

それほどメガエッグは中国地方で人気の光回線で、最近料金プランがリニューアルされたこともあり、より加入者は増えていきそうです。

このように光回線同士でもそもそもどのように提供されているのか、ということの違いやエリアの違いがあるのは知っておくといいですね。

さて、比較する事業者を紹介し終えたところでまずは「料金」を比較していきたいと思います。

広島の光回線・ケーブルテレビの料金を比較しよう!

サービス名ネット料金
ソフトバンク光5200円
ドコモ光5200円
ビッグローブ光4980円
メガエッグ4200円
ちゅぴCOM

ちゅぴCOMふれあい☞4500円

ちゅぴCOMひろしま☞4900円

さて、上記が広島の光回線・ケーブルテレビの料金です。

それぞれの料金を見ていく前に、ちゅぴCOMの料金が二つに分かれていることに関してお話しようと思います。

実はちゅぴCOMは住んでいる地域によって利用できるプランが「ふれあい」か「ひろしま」に分かれるんです。

そして、それぞれの対応地域は☟の通り。

ちゅぴCOMふれあい広島市中区・西区・佐伯区・安佐北区・安芸区・安芸郡海田町・廿日市市・大竹市
ちゅぴCOMひろしま広島市南区・東区・安佐南区・安芸郡府中町

それぞれ対応している地域は上記の通りなので、押さえておきましょう。

さて、ちゅぴCOMのプランが分かったところでそれぞれの料金を見ていきたいと思います。

表を見てみると、一番安いのはメガエッグの4200円ですね。

これは全国の光回線の戸建てタイプの中でもトップクラスに安い料金です。

「でもメガエッグって一年だけ安いんでしょ?」と思ったあなた、たしかに以前までのメガエッグは最初の一年だけ安く、☟のような料金推移でした。

 メガエッグ1年目2年〜3年4年~6年7年以降
戸建て4000円5000円5000円4700円

しかし、冒頭でも言ったようにメガエッグの料金プランはリニューアルされたんです。

そしてリニューアル後は以前までのように、利用年数ごとに料金が変わることがなくなりました!

つまり、どれだけ使ってもずっと「4200円」で利用することができるんですね。

何かを犠牲にして料金を安くしているわけでもないようなので、メガエッグの本気度がうかがえますね…

さて、ほかの光回線ですが軒並み5000円前後という印象で、一般的な光回線の料金と同じくらいであったり安かったりという感じです。

ちゅぴCOMは「ふれあい」の場合4500円なので安いですが、「ひろしま」の場合は一般的な料金なのでやはりどちらのプランになるかの確認は必要でしょう。

ということで、料金で選ぶなら「メガエッグ」がいまのところ最有力候補です。

広島の光回線・ケーブルテレビで適用できるセット割を比較しよう!

ただ料金だけで選ぶのは昔のおはなしです。

現在は料金だけでなく、セット割を組むことができるかどうか、ということもかなり重要。

光回線の料金に直接かかわるセット割は多くはないですが、生活全体にかかわるものでもありますからね。

ということで各事業者でどのようなセット割を適用できるのか見ていきましょう。

サービス名対象セット割最大割引額
ソフトバンク光ソフトバンクケータイ/ワイモバイルケータイおうち割光セット/おうち割光セット(A)1000円/台
ドコモ光ドコモケータイ光セット割1600円/台
ビッグローブ光auケータイ/ビッグローブSIMauスマートバリュー/auセット割/光SIMセット割2000円/台・1200円・300円
メガエッグauケータイauスマートバリュー2000円/台
ちゅぴCOM

auケータイ/ソフトバンクケータイ

auスマートバリュー/おうち割光セット

2000円/台・1000円/台

それぞれ適用できるセット割は上記の通り。

見てみると、一番セット割を選ぶことができるのは「ビッグローブ光」ですね。

そして一番割引額が高いセット割は「auスマートバリュー」です。

もちろん自分が利用しているキャリアで選ぶのがいいですが、現在ソフトバンク光などでは、光回線の乗り換えと同時にケータイの乗り換えキャンペーンも適用することができます。

乗り換えキャンペーンを使ってこの際新しいキャリアを利用してみるのも一つの手でしょう。

どの事業者でもセット割が適用できるので、セット割で比較するのは少し難しそうです。

どれもセット割で見ればおすすめできますね。

広島の光回線・ケーブルテレビの速度を比較しよう!

サービス名最大速度
ソフトバンク光上下最大1Gbps
ドコモ光上下最大1Gbps
ビッグローブ光上下最大1Gbps
メガエッグ上下最大1Gbps
ちゅぴCOM上下最大300Mbps

次に比較するのは速度です。

ただ、光回線の速度は全部同じで「上下最大1Gbps」というのが最大速度となっています。

そしてケーブルテレビであるちゅぴCOMは「上下最大300Mbps」。

これはかなり遅いです、安いわけはこの速度にあるのかもしれませんね。

というのも光回線やケーブルテレビなど、インターネットを利用する際には各々の帯域(光回線なら1Gbps)を共有して、その共有された結果の帯域が一人頭の利用できる速度となります。

これを実効速度と言います。

つまり最大速度は速いに越したことがないんです。

速度で見ると光回線は横並びですが、ちゅぴCOMはおすすめできませんね。

広島の光回線・ケーブルテレビのおすすめランキング!

第一位メガエッグ
第二位光コラボ各社
第三位ちゅぴCOM

最後に、いままで比較してきた結果をランキングにしてみようと思います。

ランキング結果は上記の通りで、自分でも「まあ妥当な順位付けかな?」というような気がしています。

では順位の理由を解説していきます。

第一位 メガエッグ

メガエッグの一番のおすすめポイントはやはり「料金」です。

リニューアル後の料金プランは何かを犠牲にしてこの料金なんだろうな、と高を括っていましたがよく確認しても何かを犠牲にしている様子はない…

そして速度の評判は前から良かったので、ちゅぴCOMのように速度が遅いということもありません。

セット割も適用できますし、なんら非のうちどころがない光回線と言っていいでしょう。

中国地方限定なのが恨めしいほどです…(筆者は東京在住)

広島なら利用できる光回線ですので、一度は使ってみてほしい光回線と言えますね。

また、キャッシュバックキャンペーンも適用できるようなので申し込みの際には利用してみるといいかもしれません。

第二位 光コラボ各社

光コラボよりもちゅぴCOMの方が料金は安いのに!」と思った方もいるでしょう。

ただ、ちゅぴCOMはやはり速度が遅いというのがネックです。

そしてもう一つ料金において重要な問題が。

それが「ケーブルテレビ」を利用していないとインターネットが利用できない、ということ。

ケーブルテレビを利用しないプランでもインターネットを利用することはできますが、その際のインターネットの最大速度は「10Mbps」。

まあ使い物になりませんよね(笑)

ということで、300Mbpsのインターネットを使うのであればケーブルテレビを利用しないといけないわけなのですが、「ケーブルテレビは別に見ない」という方も最近は多いです。

つまり、その方にとってはケーブルテレビ分不要な料金を支払うことになってしまいます

対して光コラボでは、オプションとして「光テレビ」というテレビサービスが提供されています。

この光テレビの申し込みは自由ですし、別途料金を支払うことでケーブルテレビのようなサービスも利用できます。

つまりケーブルテレビのように、選ぶことができない状況というのがないんですね。

このような理由から第二位は光コラボ各社とさせたいただきました。

また光コラボの申し込みでもキャッシュバックキャンペーンを適用できるところは多いです。

光コラボの申し込みの際は利用してみるといいでしょう。

ソフトバンク光
SoftBank光への申し込みはコチラから

ドコモ光ドコモユーザーにおすすめ!お得なインターネット比較
ビッグローブ光
ビッグローブ光への申し込みはコチラから

第三位 ちゅぴCOM

ちゅぴCOMの三位の理由は先ほどお話した通りです。

ケーブルテレビを利用している方は多いですが、やはりサービスの自由度が低いのがネック。

それよりは自由度の高い光コラボのほうがおすすめできます。

さいごに

今回は広島の戸建てでインターネットを引くなら、ということで光回線・ケーブルテレビを比較していきました。

やはり中国地方限定のメガエッグは強いですね…

正直どこも勝てないと思います(笑)

それくらいリニューアル後の料金プランはすさまじい破壊力を持っていますので、一度体験してみてはどうでしょうか?