愛知県・名古屋の戸建てでネットは引くならどこがおすすめ?

愛知県・名古屋の戸建てでネットは引くならどこがおすすめ?

ネットを引く手段はいまやたくさんありますが、ネットを引くにはそのネットを引く方法が住んでいるエリアで利用できるかどうか、ということも重要です。

今回ご紹介していくのは愛知県の中でも「名古屋」、そして「戸建て」に住んでいる方の中でネットを引くならどのような方法がおすすめなのか、ということ。

そして、ネットを引くうえで重要なのは「料金」と「速度」。

ということで愛知県・名古屋の戸建てでネットを引くなら料金が安く、速度も速いネットはどこなのか、ということを紹介していきたいと思います。

愛知県・名古屋の戸建てでネットを引くならどこがおすすめ?

まず最初に、今回ご紹介するのは「光回線」です。

ネットを引く方法と言うのは冒頭でも言ったように数多くありますが、「自宅で利用する」という点から見ると一番利用者数が多くおすすめできる方法は光回線。

光回線のメリットとしては他のインターネットサービスと比較して速度が速く、料金も比較的安いということ。

光回線の対抗馬として挙げられるインターネットサービスとしてモバイルルーターなどの「モバイル回線」がありますが、モバイル回線の速度は平均して上下最大220Mbpsほど。

それに対し、光回線の速度は平均的に上下最大1Gbpsほどです。

1Gbps=1000Mbpsなので平均的な速度を見てもどれだけ差があるか、と言うことは分かりますね。

そして今回比較していく光回線は全部で5社。

サービス名提供元
ソフトバンク光ソフトバンク
コミュファ光中部テレコミュニケーション
ドコモ光ドコモ
NURO光So-net
フレッツ光NTT

どれも一度は聞いたことのある光回線なのではないでしょうか?

特にコミュファ光なんかは中部テレコミュニケーションが提供していることもあり、中部地方の「愛知・静岡・三重・岐阜」の四県でしか利用することができない地域限定の光回線としても知られており加入者数も多いです。

またNURO光も以前は関東地方でしか利用することができませんでしたが、最近エリアを拡大し愛知県でも利用できるようになりました。

このように全国的に提供されている光回線とそうでない光回線もありますので、それぞれどのような違いがあるのかということもお話していきたいと思います。

 

愛知・名古屋の戸建ての光回線で一番速度が速いのは?

 

まず光回線を比較する上で一番気にしておきたいのは速度でしょう。

というのも年々ネットを利用するのに求められる速度は上がっており、速度が出ていないと満足にネットサービスを利用できないような時代になってきているため。

YouTubeやNetflix、Abema TVなどのストリーミング映像サービスはもちろん、いまやアプリですらネットを使い通信を行う技術を導入していますよね。

さらにストリーミング映像サービスでは以前よりも通信速度を消費してしまう「4K映像」などの新しい技術が導入予定のところも多く、今までよりも大幅に求められる通信速度は上がってくるでしょう。

ということで、愛知県・名古屋の戸建てでネットを引くなら、どの光回線が一番速いのかということを比較していきましょう。

サービス名 速度 
上り(アップロード速度)下り(ダウンロード速度)
ソフトバンク光最大1Gbps 最大1Gbps
コミュファ光最大1Gbps最大1Gbps
ドコモ光最大1Gbps最大1Gbps
NURO光最大1.3Gbps 最大2Gbps
フレッツ光最大1Gbps 最大1Gbps

 

光回線5社の速度は上記の通り。

見ても分かるように平均的な速度は「上下最大1Gbps」という速度です。

ただNURO光だけは最大で下り2Gbpsという速度で利用できるよう。

現在光回線全体で見ると一番速度が速い光回線は最大10Gbpsの速度を持つauひかりですが、auひかりのこの10Gbpsのプランは現在関東地方でしか利用することができないんです。

なので愛知県で見ると一番速度が速いのはNURO光、と言ってもよさそう。

ただ光回線は基本的にベストエフォート方式、というものを採用しています。

このベストエフォート方式というのは「最大でこれだけの速度は出せるけど、保証はしないよ」という意味のもの。

つまり最大1Gbpsは出せる光回線だけど、利用するときには毎回その速度で利用できるわけではないということです。

ということで各光回線の口コミを見ていき、どのような速度で利用できているのかをご紹介していきたいと思います。

愛知・名古屋で一番!NURO光の速度とは

 

NURO光は表を見ても分かるように、上り最大1.3Gbps、下り最大2Gbpsという速度は「愛知・名古屋」で利用できる光回線の中で一番速いです。

ただ最大速度が速い、といっても先ほども言ったように光回線はベストエフォート方式なので実際にこれだけの速度が出せるとは限りませんよね?

ということで早速、NURO光の口コミについて簡単にご紹介してみましょう。

NURO光の口コミは?

見ての通り、NURO光は最大速度だけでなく利用者の口コミも高評価なのがポイントで、速度に不満を抱えている方をほとんど見たことがありません。

光回線の速度の目安としては、最大速度の「2割~3割」が出ていれば速い光回線として認められるのが一般的

それを考えるとちょうどそれくらいの速度を観測できているNURO光は十分に速い光回線と言っていいでしょう。

なぜこんなにNURO光が速いの、と疑問に思う方もいるかと思いますがNURO光がその他の光回線と比較して比較的新しい光回線であるということが一つのポイントでもあります。

光回線には「専有回線」として利用する場合と「共有回線」として利用する場合の二つの方法がありますが、今回ご紹介する光回線は「共有回線」です。

共有回線と専有回線の特徴は☟の通りで、それぞれ共有されるエリアが違います。

共有回線利用されている地域の最大32世帯の間
専有回線導入されている物件内

専有回線はマンションやアパートで一括導入されているような場合が多く、今回ご紹介するのは「戸建て」の場合ですので、共有回線となるわけです。

そして共有回線の特徴は上記の通り最大32世帯で共有されるということ。

つまり全体的に利用者が少なければ少ないほど速度が速くなりやすいと思いませんか?

そしてNURO光はサービスの提供が開始されて間もない、かつ利用できる地域も限定されています。

そのため利用者数はほかの全国的に利用できる光回線と比較しても少ない。

ということでNURO光の速度の秘密は全体的な契約者数にも関係している可能性が高いので、利用者数が少ない今でこそNURO光を利用することで速い速度での利用が可能になるかもしれません。

NURO光以外の光回線で一番速いのは?

ソフトバンク光上下最大1Gbps
コミュファ光上下最大1Gbps  
ドコモ光上下最大1Gbps  
フレッツ光上下最大1Gbps  

NURO光以外の光回線の速度は「上下最大1Gbps」という速度。

上下最大1Gbpsの光回線はこの4社、正直最大速度では判別できないのでこの4社の比較こそ口コミから判断したほうが良さそうです。

ではそれぞれの口コミを見てみましょう。

ソフトバンク光

コミュファ光

ドコモ光

フレッツ光

 

上下最大1Gbpsの光回線4社の口コミは上記の通り。

この口コミを見る限り、おすすめできそうなのはソフトバンク光とコミュファ光でしょう。

ソフトバンク光は速度の測定結果を見てみてもかなり速い速度ではありますが、「速度が遅い」との意見を言っている方も多く見かけます。

ただソフトバンク光の場合、速度が遅い場合の解決策を講じることができるのがポイントです。

それの解決策というのが「光BBユニット」を使用する、ということ。

この光BBユニットはソフトバンクから借りることのできるルーターなのですが、この光BBユニットを使用することで「IPv6接続」という高速接続オプションを利用することができるんです。

そして口コミを見ていても光BBユニットを利用している方は「速度が速い」と感じ、使用していない方は「速度が遅い」と感じるよう。

光BBユニットはソフトバンク光のセット割である「おうち割光セット」を申し込む際に必要な条件なので多くの場合でデメリットにはなりません。

速度が遅い理由も判明しているのが分かっているのでおすすめできそうです。

そしてコミュファ光ですが、こちらは現在世界最速の「auひかり」の光回線を使用してサービスを提供しています。

10Gbpsの速度では利用できないものの、auひかりの光回線自体Netflixの実測速度調査において国内1位を獲得するなど、速度の評判はかなり高い光回線です。

さらに速度だけでなく安定性も高いようなので、こちらもソフトバンク光と同様におすすめできる光回線と言えるでしょう。

愛知・名古屋の戸建てで一番料金が安いのは?

 

さて、今までは光回線の速度を中心に比較していきましたが次は「料金」について。

もちろん光回線において速度は重要なのですが、いくら速い速度で利用できたとしても月額料金が高すぎるとなかなか利用することは難しいですよね。

そして光回線の料金形態には大きく分けて二つのパターンがあります。

それが「ネット+光電話」もしくは「ネット+光電話+光テレビ」の2パターン。

光回線には先ほども言ったようにセット割が利用できるところが多く、このセット割を適用するのに一番多いパターンが前者の「ネット+光電話」というパターンで、一番利用者が多いのもこのパターンでしょう。

ということでセット割の定番パターンである「ネット+光電話」と「光テレビ」がついたパターンの二つのパターンで料金を比較してみたいと思います。

定番パターン!「ネット+光電話」で一番安いのは?

サービス名ネット料金光電話料金合計
ソフトバンク光5200円500円5700円
コミュファ光5072円

300円

3930円
ドコモ光5200円500円5700円
NURO光4743円500円5243円
フレッツ光5700円500円6200円

 

一番利用者の多い定番パターン「ネット+光電話」の料金は平均的に6000円に届かないくらいですね。

ただコミュファ光の料金だけは以上に安い。

ネットの料金は5072円、電話の料金は300円なので計算すると5372円のはずですが合計は3930円になっています。

これは計算間違いではなく、コミュファ光のある割引が影響しているんです。

その割引こそ「ギガデビュー割」。

ギガデビュー割とはコミュファ光に新規申し込み、そして戸建てでの利用者を対象にした割引で次のように割引を受けることができるもの。

ギガデビュー割 割引額~12カ月目~24カ月目~60カ月目~96カ月目97カ月目~
対象メニュー     
1ギガホーム1610円610円330円163円50円
1ギガホーム・セレクト890円418円209円85円
300メガホーム1060円505円253円101円

このように利用年数によって割引額は変わるものの、最初の1年間は1610円もの割引を受けることができます。

これほどの割引を受けられる光回線はほかの光回線ではないのでこの定番パターンで一番おすすめできる光回線はコミュファ光と言っていいかと思います。

全部のせ!「ネット+光電話+光テレビ」で一番安いのは?

サービス名ネット料金光電話料金光テレビ料金合計
ソフトバンク光5200円500円660円

6360円☞5660円

コミュファ光5072円

300円

460円3980円
ドコモ光5200円500円660円6360円
NURO光4743円500円2500円(ひかりTV)7743円
フレッツ光5700円500円660円6860円

 

光テレビも含めるとなると合計料金はかなり上がりますね。

そして光テレビにおいて気を付けてほしいの次の二つのポイントです。

①自社で光テレビを提供しているか

②基本料金+コースかどうか

この二つについて少しご紹介したいと思います。

①自社で光テレビを提供しているか

 

今回ご紹介する5社の中では自社で提供していない光回線はNURO光のみ。

NURO光では光テレビサービスを提供しておらず、ひかりTVという光テレビサービスと提携して光テレビを利用できるようになっています。

光テレビを自社で提供していない場合は料金が割高になってしまうことも多いので、注意が必要でしょう。

②基本料金+コースかどうか

 

 視聴できるもの特徴
基本料金+コース地デジ・BS・CS(任意)基本料金のみでの利用ができるので、地デジ・BSだけ見たい方はお得。CSもコースから選ぶことができるので自由度が高い。
コースのみ地デジ・BS・CS(コースによってチャンネル数は異なる)地デジ・BSだけ見たい場合でもCSも付いてきてしまうので料金はかなり高くついてしまう。自由度は低い。

 

光回線が提供する光テレビは基本的に「基本料金+コース」という料金形態が一般的です。

そのため基本料金だけを支払い、地デジ・BSだけを見ることもできますし追加料金を支払いコースに加入し、CSを見ることもできるんです。

ただコースのみしか入れない場合、NURO光で利用できるひかりTVなどでははじめからCS付きのコースしか利用できないので地デジ・BSだけ見れればいいという方であればCSの料金分損をしてしまうことになります。

なのでCSを見たい方であればそこまでおすすめできないこともないですが、どうせならカスタマイズ性の高い「基本料金+コース」を提供している光回線の方をおすすめしたいです。

ソフトバンク光は光テレビ+5年自動更新にすることで料金が割引に!

ソフトバンク光には戸建てタイプ限定で、ソフトバンク光テレビを申し込むことで料金が700円も割引されるんです。

その条件がつぎの二つ。

①光テレビの申し込み

②契約期間を5年自動更新にする

この二つの条件を満たすことでソフトバンク光の料金を700円割引できるので実質光テレビの料金が無料になります。

光テレビを利用する際にはこのプランでの申し込みがお得ですね。

コミュファ光はギガデビュー割でお得に!

先ほど紹介したギガデビュー割ですが、光テレビを利用した場合でも適用されます。

その結果コミュファ光の料金はどちらのパターンでも一番安い料金となっていますね。

月額料金が1年間4000円を切る金額で利用できる光回線はほかにはありませんので、とにかく最初の費用を抑えたい!という方にはやはりコミュファ光はおすすめできるでしょう。

 

光回線各社で適用できるセット割は?

光回線ではセット割がかなり重要です。

もちろん光回線ごとに適用できるセット割は違いますし、割引額も異なります。

 

セット割サービス名割引対象

2年間

3年目以降

auスマートバリューコミュファ光

auケータイ

最大2000円

934円

おうち割光セット/(A)

ソフトバンク光

NURO光

ソフトバンクケータイ/ワイモバイルケータイ

(NURO光はワイモバイル不可)

永年1000円

ドコモ光セット割ドコモ光ドコモケータイ最大1600円800円
セット割なしフレッツ光 


 

 

このように適用できるセット割の種類は3つ。

この中でセット割を適用できないのフレッツ光だけ

その他の光回線はau・ソフトバンク・ドコモ・Y!mobileといったケータイのどれかとセット割を組むことができます。

一番割引額が高いのはauスマートバリューで、低いのはおうち割光セット。

ただ、それぞれ特徴はあるので簡単にセット割の特徴を見てみましょう。

セット割特徴
auスマートバリュー

割引額は光回線のセット割の中で一番高額。適用できる回線数は最大10台。

おうち割光セット/(A)

割引額は一番低いが、永年1000円割引なので長期的に見ると一番お得かも?

適用できる回線数は最大10台。

ドコモ光セット割

割引額はそこそこ高いものの、3年目以降は一番低い割引額に。適用できる回線数は最大10台。

この中でおすすめできるセット割はauスマートバリューとおうち割光セットです。

auスマートバリューの割引額は先ほども言ったように、セット割の中で一番高額で「最大2000円」。

そして3年目以降も割引額こそ変わりますが934円/月を割引してくれます。

そしておうち割光セットは割引額が最大1000円と少し低いものの、この割引額は変わることがなく、永年最大1000円の割引を行ってくれるのがポイントですね。

ドコモのセット割は割引額はそこそこですが、3年目以降の割引額が低いのでちょっとおすすめはしづらいかもしれません。

 

愛知・名古屋の戸建てでネットを引くならどこがおすすめ?

さて、速度と料金で比較を行っていきましたがおすすめできる光回線は結局どこなのでしょう?

今回はランキング形式で第三位まで発表してみたいと思います。

第一位 コミュファ光

一番おすすめできるのは中部地方限定の光回線・コミュファ光です。

コミュファ光は東海地方での顧客満足度がナンバーワンです。

そのほかにも「J.D. パワー2017-2018年日本固定ブロードバンド回線サービス顧客満足度調査、2017年オリコン日本顧客満足度調査、RBB TODAYブロードバンドアワード2017 、RBB SPEED AWARD 2017 固定回線の部」など様々な賞で1位や2位を取るほど評価が高いよう。

実際に利用している方の意見で満足度が高いというのは利用する上でも安心できそうですね。

 

そして先ほども言ったようにコミュファ光の速度は上下最大1Gbpsと他社光回線と変わりませんが、一番のポイントはauひかりの光回線を利用しているということ。

auひかりの光回線は速度だけでなく、安定性も高水準。

さらにauひかりの光回線なので今後10Gbpsにも対応するのではないかな、という期待も込めています。

そして料金は言うまでもないですね。

ネット+光電話、そしてネット+光電話+光テレビのどちらの料金パターンでもギガデビュー割を適用することで料金がかなり下がります。

ちなみに本来はauスマートバリューと併用できないのですが、代理店からの申し込みでギガデビュー割と同等の割引とauスマートバリューを併用できるようなので一度確認してみることをおすすめします。

第二位 NURO光

NURO光は上りが最大1.3Gbps、下りが最大2Gbpsですので今回ご紹介した光回線の中でダントツに速度が速い光回線です。

さらに料金も4743円と他社光回線と比較してかなり安く、一番均整がとれている光回線といった印象ですね。

ただ光テレビを利用したい方はひかりTVを利用するほかなく、地デジ・BSだけを視聴するという方式が取れないのが唯一のデメリットと言えるでしょう。

そのほかにもNURO光では開通工事がやや面倒だったりもします。

NURO光の戸建てタイプの場合、開通工事は「屋外」と「屋内」で二回必要となり、さらに開通工事をするまでにかかる期間はNURO光を申し込んでから1~2カ月と公式で発表されています。

すぐに利用したい、という方も多いと思いますのでそのような方には向いていないかな…という印象ですね。

ただ、光テレビを利用しないパターン「ネット+光電話」であればサービス的にはおすすめできる光回線ではあるのでそこは考えどころでしょう。

NURO光ではキャッシュバックキャンペーンも行っているようなので申し込みの際はこちらも利用してみることをおすすめします。

NURO光への申し込みはコチラから

最大2Gbpsの超高速光インターネット

第三位 ソフトバンク光

ソフトバンク光は速度も料金も平均より上、といった印象でしょうか。

速度は上下最大1Gbpsですが、遅い場合の解決策があるというのはポイントが高いです。

そして料金的にはソフトバンク光テレビを利用した場合に月額料金が700円下がるので、実質無料でソフトバンク光テレビを利用することができるようになります。

さらにソフトバンク光は公式キャンペーンがかなり充実している光回線としても知られています。

NURO光では申し込みから開通までの1~2カ月の間、ネットを利用することはできないですがソフトバンク光では開通するまでの間Wifi機器を貸し出ししてくれる開通前Wifi機器無料レンタルキャンペーン」も実施しているので開通までネットが利用できない、ということを避けることができます。

さらに開通工事費が無料になるキャンペーン、乗り換えで違約金が無料になるキャンペーンなどもありますのでこちらも合わせて確認してみるといいでしょう。

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

さいごに

今回は愛知県・名古屋の戸建てでネットを引くならどこが一番おすすめなのか、ということをお話していきました。

一番おすすめできるのは地域限定の光回線であるコミュファ光です。

コミュファ光もNURO光と同様、限定された地域でしか提供されていないので速度が高くなる可能性はほかの光回線と比較してもかなり高いはず。

さらに料金もギガデビュー割でお得になりますので、愛知県に住んでいるなら一度は利用してみたい光回線と言っていいでしょう。

本来auスマートバリューと併用できないギガデビュー割ですが、先ほども言ったように申し込み方によって適用できるのでそちらも利用してみてはいかがでしょうか?