大阪のアパートで一番安い!おすすめのネットをご紹介します

大阪のアパートで一番安い!おすすめのネットをご紹介します

大阪のアパートでネットを引くならどこが一番おすすめなのか。

今回は「どこが一番安いのか?」ということを一番に考えてお話をしたいと思います。

というのも、ネットを引くうえで速度はもちろん大事ですが、光回線ではアパートにおいて「マンションタイプ」を利用できる場合もしくは「戸建てタイプ」を利用できる場合の二つに分かれるので速度での判断がしにくいんです。

なのでどれだけ安いのか、ということをテーマに「大阪のアパートでネットを引くならどこが一番安いのか?」おすすめのネットを引く方法をご紹介したいと思います。

一番安い!大阪のアパートでネットを引くならおすすめはどこ?

現在ネットに接続する方法って一つではないですよね。

皆さんお持ちのケータイ・スマホからでもネットに接続することはできますし、もちろんパソコンからだってネットに接続することもできます。

そしてアパートでネットに接続する方法は現在大きく分けて2種類

種類

特徴

①光回線

光ファイバーを用いた通信方法。現在利用できる通信方法で一番速度が速い。

②モバイル回線ケータイの電波を利用した通信方法。基本的には持ち運んで利用するのが目的。

光回線、モバイル回線の2種類の方法があります。

この中でも自宅全体にネットを引く方法として一番利用者が多いのは光回線。

光回線はこの三種類の中でも一番速度が速く、平均的に上下最大1Gbpsの速度を出すことができます。

ただモバイルルーターなどが代表的な「モバイル回線」でも速度が光回線と同じくらい上がったり、容量に制限のないプランが登場したことから徐々にモバイル回線を自宅のネット環境として利用するようになった方も多いよう。

ということで、今回はこの2種類のネットを引く方法から7社ご紹介したいと思います。

サービス名提供元
ソフトバンク光ソフトバンク
eo光ケイ・オプティコム
ドコモ光ドコモ
NURO光So-net
フレッツ光NTT
ソフトバンクAirソフトバンク
WiMAXUQ

ということで、光回線の中から5社・モバイル回線の中から2社をご紹介しています。

モバイル回線としては「ソフトバンクAir」、「WiMAX」が挙げられますね。

これらのモバイル回線はモバイル回線の中でも少し変わっていて、特にソフトバンクAirなんかはモバイル回線であるのに持ち運びができないモバイル回線で「自宅用モバイル回線」として提供されています。

そしてこれら二つのモバイル回線は基本的に「データ容量に制限がない」というのもほかのモバイル回線と比較して特筆すべき点でしょう。(WiMAXには制限ありのプランもあります)

自宅のネット環境としてはいまのところ悪くはなさそうですよね。

では早速これら7社を料金で比較し、大阪のアパートでネットを引くならどこが一番安いのか比較していきたいと思います。

料金で比較!大阪のアパートで一番安いのはどこ?

まず、今回テーマとしている「アパート」の定義について軽くお話しておきましょう。

実はマンションとアパートの違いってかなり曖昧で、何で建物がつくられているのかということや建物の階数によって区別はあるようですが明確な違いってないんです。

ただお話する上では決めておかないと最終的によろしくないので、今回は分かりやすいように「3階建て未満」の集合住宅をアパートとしたいと思います。

まあ光回線の住宅タイプの線引きがこのラインということもあるのですが…

では大阪のアパート(3階建て未満)でネットを引くならどこが一番安いのか、比較していこうと思います。

サービス名ネット料金
サービス名マンション戸建て
ソフトバンク光

3800円

5200円

eo光3524円4953円
ドコモ光4000円5200円
NURO光(マンションタイプは3階以上の建物から)4743円
フレッツ光4200円5700円
ソフトバンクAir4880円
WiMAX4380円

アパートなのに戸建てとマンションタイプがある…」と混乱してしまいそうですが、これがアパートの特徴と言ってもいいでしょう。

光回線を引く場合には戸建てタイプとマンションタイプの二つがありますが、アパートの場合マンションタイプの設備が導入されているかどうかによってマンションタイプが利用できるかどうかが違います。

ということで、マンションタイプが利用できるなら一番安いのはeo光の「3524円」、そして戸建てタイプしか利用できない場合はモバイル回線である「WiMAX」が一番安いと言えますね。

ただ戸建てタイプの料金はマンションタイプより高いものの、通信速度は戸建てタイプの方が速くなりやすい

というのもマンションタイプにおいてはそのアパートがどのような方法で光回線を分配しているかによって速度が変わってしまうため。

光回線で分配している建物もありますが、多くの場合「VDSL交換方式」と呼ばれる電話線を利用した分配方法を利用しているので速度は最大でも100Mbpsほどに落ちてしまうんです。

そう考えると戸建てタイプでも悪くはありませんよね。

ただマンションタイプの設備が導入されていることは多いですし、一番安いのはマンションタイプの場合ですのでマンションタイプのネットサービスをご紹介したいと思います。

一番安い!eo光の料金とは

eo光は関西電力系列のケイ・オプティコムという会社が提供している光回線サービスです。

eo光は大阪でもかなり人気のようで、大阪において一番利用者が多い光回線と言ってもいいほど。

ただ、eo光にはある噂が…

それが「通信障害」です。

eo光では通信障害がかなりの頻度で起こる、ということを利用者の方からよく耳にします。

ルーターとの組み合わせ次第で改善することもあるようですが、「明確にこれ」といった回答はないよう。

そしてeo光自体のの通信の安定性もそこまで高くありません。

パソコンをよく利用する方なら分かると思いますが、ネットを利用していてWifiが切れるとすべてのブラウザが開けなくなりもう一度ルーターを再起動したりWifiのオン/オフを切り替えたりしなくてはいけませんよね。

せっかく料金が一番安いですし、人気のある光回線なのでおすすめしたいのですがネットを引くなら安定してネットを利用できるかどうかということが一番のポイント

ということでeo光はあまりおすすめできないかも…?

二番目に安いソフトバンク光の料金は?

ソフトバンク光はソフトバンクから提供されている光回線サービス。

ソフトバンク光はマンションタイプで3800円とeo光についで料金が安い。

そしてソフトバンク光ではeo光のような通信障害が頻発するようなことはあまり耳にしません。

というのもソフトバンク光は「光コラボ」というサービスモデルを利用しており、光回線はフレッツ光の光回線を利用しているため。

つまりフレッツ光の通信速度・安定性を保ちつつ料金だけ安くなった、と思っていただければいいです。

ただ速度に関しては「遅い」と言う方もいれば「速い」という方もいて、いまいちつかみづらい…

ただこの速度に関してある情報が。

それが「光BBユニット」を利用しているかどうか。

この光BBユニットを利用することで「IPv6接続」というオプションが利用でき、従来のインターネット網を迂回してネット接続することができるようになるので通信速度が速くなるようなんです。

光BBユニットはソフトバンクケータイとのセット割「おうち割光セット」を適用する際についてくるものなので、デメリットは特にありません。

出たので言いますが、おうち割光セットは最大1000円の割引をケータイ1台ごとに最大10台まで永年行ってくれます。

対象ケータイもソフトバンクケータイだけでなく、格安スマホとして有名なワイモバイルも対象ですのでケータイと光回線の合計料金で見るならソフトバンク光は料金的にも速度的にもかなりおすすめできる光回線かと思います。

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

モバイル回線はどう?

ご紹介したモバイル回線二つですが、正直あまりおすすめできません。

というのもこれらのモバイル回線にはデータ容量に制限はたしかにない、ものの「速度制限」はあるため。

ソフトバンクAir

1.夜間などの時間帯

2.通信量を使いすぎていると判断された場合(個人でもエリアでも)

WiMAX利用した通信量が3日間で10GBを超えた場合

WiMAXにもソフトバンクAirにもそれぞれ速度制限にこのような条件があり、これを満たしてしまうと速度制限がかかってしまうんです。

WiMAXなんかは1Mbpsしか出せなくなってしまうので、恐ろしく遅くなってしまいます。

そして料金的には他社と比較するとちょっと安いかもしれませんが、極端に安いというわけでもありません

ネットは満足に快適に利用したいと思いますので、そのような点から考えるとあまりモバイル回線を自宅のネット環境として利用するのはおすすめできませんね。

さいごに

今回は大阪のアパートでネットを引くならどこが一番安いのかということを比較していきました。

一番おすすめの方法はやはり光回線です。

そして光回線の中でも速度的なことも踏まえると一番おすすめできるのはソフトバンク光。

セット割もお得ですし、キャンペーンも豊富な光回線ですので一度ご覧になってみてはどうでしょうか?

SoftBank光への申し込みはコチラから