一番おすすめ!大阪の戸建てでネットを引くならここがいい!

一番おすすめ!大阪の戸建てでネットを引くならここがいい!

 現在ではいろいろな方法でネットを引くことができるようになり、ネットを引く方法って結構迷う方も多いのではないでしょうか?

ただ、ネットを引く方法って「エリア」によっても「住宅」によっても特徴があるんです。

そしてネットの種類は様々ありますが、今回は「光回線」をネットを引く方法としてお話をしていきます。

というのも現在光回線が一番安いかつ速い方法のためですね。

では今回はエリアを「大阪」そして住宅を「戸建て」ということで、大阪の戸建てでネットを引くなら一番おすすめはどこかということを紹介していきたいと思います。

大阪の戸建てでネットを引くならおすすめはどこ?

今回は大阪の戸建てでネットを引くならおすすめはどこ?というテーマのお話です。

そして先ほども言ったように、今回は「光回線」をネットを引く方法としたいと思います。

よく光回線の対抗馬としてネットを引く方法の中で挙げられるのが「モバイル回線」ですが、モバイル回線の速度は平均的に220Mbpsほどで、光回線の速度は平均しても1Gbps(1000Mbps)と速度にまず決定的な違いがあります。

モバイル回線の中でも光回線と同等の速度を出すことができるモバイル回線もありますが、データ容量に制限があったり、データ容量に制限はないものの速度制限はあるといったことが多い

最近ではUQから提供されているWiMAXで裁判が起きたりしましたね。

ということで、速度面で考えるとまず光回線がおすすめという結論に至りました。

また料金的にもそのようなモバイル回線と変わらないことが多いので、大阪の戸建てでネットを引くならまず光回線で間違いないでしょう。

そして今回ご紹介する大阪の戸建てで利用できる有名光回線は全部で6社。

サービス名提供元
ソフトバンク光ソフトバンク
eo光ケイ・オプティコム(関西電力系列)
ドコモ光ドコモ
NURO光So-net
フレッツ光NTT
JCOMJCOM

中には光回線だけでなく、ケーブルテレビもありますね。

JCOMなどのケーブルを利用している方が多いこと、またケーブルテレビは最近「光ハイブリッド」や「光ファイバー化」を行っているところも多く光回線と同等の速度を出すことができることから今回はこのJCOMも光回線として入れています。

そして大阪で圧倒的な人気を誇るのがeo光で、この6社の中でも大阪での加入者数はかなり多い。

ただ圧倒的に人気だから、みんなが申し込んでいるからと言って本当に大阪の戸建てネットを引くうえでおすすめできるのかどうか、ということも「大阪」というテーマなので見ていきたいです。

ではこれら6社を速度と料金で比較し大阪の戸建てで「一番安いかつ速い光回線」を決めていきたいと思います。

大阪の戸建てでネットを引くなら?一番「速度」が速いのはここ!

大阪の戸建てでネットを引くなら、まず一番最初に比較するのは光回線の速度。

ネットを引く方法の中でも一番気にしたいのは速度でしょう。

というのも、最近では様々なネットサービスにおいて通信速度の速さが求められているためです。

とくにAbemaTVやNetflixなどのストリーミング映像サービスにおいては通信速度が遅いと途中で映像が止まってしまったり、快適にネットサービスを楽しむことができません。

さらにオンラインゲームをする方なら通信速度・安定性が低いとプレイ中にラグが生じたりなど、通信速度は速いなら速いだけいいということが言えますね。

では光回線7社の速度を比較してみましょう。

サービス名 速度 
上り(アップロード速度)下り(ダウンロード速度)
ソフトバンク光最大1Gbps 最大1Gbps
eo光最大1Gbps最大1Gbps
ドコモ光最大1Gbps最大1Gbps
NURO光最大1.3Gbps 最大2Gbps
フレッツ光最大1Gbps 最大1Gbps
JCOM最大1Gbps 最大1Gbps

表を見てみると分かりますが、光回線の平均的な速度は「上下最大1Gbps」という速度です。

というよりも、今回ご紹介する中では赤字にしているNURO光以外はこの「上下最大1Gbps」という速度になっていますね。

この上下最大1Gbpsという速度は光回線の中でも一般的で、現在利用できるほとんどの光回線がこの速度なのですがNURO光以外にもauひかりなどこの平均的な速度を超える光回線も出てきています。

ただauひかりは光回線は現在大阪では利用できません。

auひかりは基本的に全国的にサービスの提供を行っていますが、関西や東海地方で戸建ての提供だけは行っていません。

というのもeo光を提供するケイ・オプティコムとauひかりを提供しているKDDIは業務提携しておりその競合を避けるために戸建てのみ提供は行っていないんですね。

少し脱線しましたが、このように光回線を利用できるかできないかということはエリアによってもかなり変わることを覚えていただければと思います。

では話を戻して速度の比較をしていきましょう。

大阪の戸建てなら一番速い!NURO光の速度とは

ご紹介した6社の光回線の中でも一番速度が速いのはNURO光。

現在はauひかりに抜かれてしまいましたが、「世界最速」というCMでも話題になっていましたね。

ただauひかりの戸建てタイプは大阪では利用できないことから、大阪で利用できる世界最速の光回線はNURO光であるとも言えます。

そんなNURO光では「上り:最大1.3Gbps・下り:最大2Gbps」という速度で利用することができます。

他の光回線では上下ともに最大1Gbpsという速度なので、最大で2倍ほどの速度を出すことができるんですね。

ではNURO光の速度に関する口コミをご紹介したいと思います。

NURO光の速度を口コミでご紹介!

NURO光の口コミは上記の通り、速度に関する不満を抱いている方がかなり少ない。

さらに平均的に速度の測定結果を見てみると、戸建てタイプであればこれくらいの速度で利用できている方が多いのも驚きですね。

なんだよ、1Gbpsも出てないじゃん!」と思う方もいるかもしれませんが、光回線はベストエフォート方式

ベストエフォート方式というのは「最大でこれだけ出せるけど条件によっては下がるよ」という意味ですね。

光回線には「専有回線」と「共有回線」がありますが、今回ご紹介している光回線6社は基本的に「共有回線」。

そしてこの共有回線の特徴として、利用者のエリアで「最大32世帯」で共有されるというポイントがあります。

つまり、この32世帯で共有されたあとの速度が1世帯あたりの速度、となるんです。

そしてNURO光は他社と比較して光回線サービスが提供されたのが最近、さらに提供されている県も15県と少なく、利用者数は少なめ。

ということで、現在の状況であればNURO光を共有する世帯数は他社と比較して少なくなりやすいと言えます。

この仕組みからNURO光の速度は1Gbpsも出ていないものの、かなり速い速度で利用できる可能性が高いということができるでしょう。

上下最大1Gbpsの中なら一番速度が速いのはどこ?

ではNURO光以外の「上下最大1Gbps」という速度をもつ光回線の中ならどの光回線が一番おすすめなのでしょうか?

ソフトバンク光上下最大1Gbps
eo光上下最大1Gbps  
ドコモ光上下最大1Gbps  
フレッツ光上下最大1Gbps  
JCOM上下最大1Gbps  

上下最大1Gbpsの光回線はこの5社ですが、正直最大速度に違いはないので口コミで「実際にどれくらいの速度で利用できるか」ということから判断するしかありません。

ということでこちらも口コミを見ていきたいと思います。

ソフトバンク光

eo光

ドコモ光

フレッツ光

JCOM

さて、光回線5社の口コミは上記の通り。

正直言うとどこも口コミの評価的には似たり寄ったりで、「速い」と言う方と「遅い」と言う方がかなり分かれていました。

ただこの「遅い」と言われている理由、そして対処法が口コミの中で一番明確だったのはソフトバンク光

実はソフトバンク光の速度は「光BBユニット」を利用しているかしていないかでかなり変わってくるよう。

というのもこの光BBユニットを利用することで、「IPv6接続」というオプションが利用できるため。

このIPv6接続は最新のIP(インターネットプロトコル)であるIPv6を利用してネットに接続する方法なのですが、この接続をすることで従来のIPであるIPv4で接続をしているインターネット網を迂回してネットに接続することができるので通信速度が上がると言われています。

速い、と言っている方はこのIPv6接続をしている方が多かったのでソフトバンク光を利用するなら「光BBユニット」を利用すれば速度に不満を抱えずに快適に利用することができるかもしれません。

この光BBユニットは後ほど紹介するソフトバンク光とソフトバンクケータイのセット割「おうち割光セット」の条件である「オプションパック」に含まれているのでソフトバンクユーザ―の方はデメリットなしで利用することができます。

ということで、上下最大1Gbpsの光回線の中でも「遅い」理由が明確になっている光回線がソフトバンク光だけでしたのでこの中ではソフトバンク光をおすすめしたいですね。

大阪の戸建てでネットを引くなら?一番「料金」が安いのはここ!

光回線6社の速度を見ていきましたが、速度だけでなく料金も光回線においては大事。

というのも光回線は月額制で長期的に利用するのが一般的、そのため少しの料金の差でもちりも積もれば山となってしまうためですね。

そして光回線の料金は基本料金も大事なのですが、それ以外のオプションサービスがどれほどの料金で利用できるのかということも大事。

先ほど少しお話したおうち割光セットのようなセット割は主に「光電話」とセットであることが多く、基本料金+光電話の料金を支払わなければいけません。

さらにもうひとつ有名なオプションサービスとして光テレビがあり、利用する方も多いでしょう。

ということで今回は光電話と光テレビの料金も含めた料金をご紹介していきたいと思います。

セット割を適用するなら!「ネット+光電話」で一番安いのは?

サービス名ネット料金光電話料金合計
ソフトバンク光5200円500円5700円
eo光4953円

600円

5553円
ドコモ光5200円500円5700円
NURO光4743円500円5243円
フレッツ光5700円500円6200円
JCOM5700円495円6195円

ネット+光電話は先ほども言ったようにセット割を適用するなら一番多いパターンの条件。

平均すると月額料金は5700円ほどですね。

このパターンで見てみると一番料金が安いのはNURO光、その次にeo光という結果になりました。

この二社はネットの料金が5000円を切っているので相当安い光回線と言っていいでしょう。

そしてネット料金が5700円であるフレッツ光・JCOMの料金は結構高い。

実はフレッツ光に関しては最近個人向けのサービスにあまり力を入れておらず、個人向けのサービスは光コラボに任せているよう。

光コラボとしてはこの中ならソフトバンク光・ドコモ光ですね。

光コラボに関しては☟をご覧ください。

◆光コラボとは◆

光コラボの正式名称は「光コラボレーションモデル」。
光コラボレーション「モデル」ということで、光回線サービス自体というよりはサービスモデルのことを表しています。
光コラボの内容は「フレッツ光の光回線サービス×事業者のサービス・商品」のコラボレーション。

具体的な流れを言えば、
「フレッツ光の光回線サービス」+「事業者の商品」というセットでまとめる☞二つをまとめて割引
【ex)ソフトバンク光(フレッツ光の光回線サービス)+ソフトバンクケータイ☞おうち割光セット】

というような流れとなります。
以前のようにフレッツ光という大きな枠ではなく、さらに細分化した枠で自分の利用しているサービスに合った光回線を選ぶことができるという利用者側のメリットもここで発生します。このように今まで光回線サービスを提供できなかった事業者がフレッツ光を通じて光回線サービスを提供し、さらに自社製品・サービスとかけ合わせることで新たなサービスモデルを築いたのです。

◇光コラボの特徴

①フレッツ光よりも月額料金が安い
②通信速度・安定性はフレッツ光と同じ
③「転用申し込み」がお得

このように、光コラボはフレッツ光と同じ光回線を利用できるのに料金だけ安く利用できる、さらにセット割も適用できるのでフレッツ光よりもかなりお得に利用できるサービスとなっています。

ということでフレッツ光を利用するなら、光コラボの方がいいということが分かりましたね。

フレッツ光と同じ料金であるJCOMにも同じことが言えるでしょう。

ネット+光電話であればNURO光が一番安く、二番目はeo光。

そして光コラボであるソフトバンク光やドコモ光もおすすめできますね。

オプション全開!「ネット+光電話+光テレビ」で一番安いのは?

サービス名ネット料金光電話料金光テレビ料金合計
ソフトバンク光5200円500円660円

6360円☞5660円

eo光4953円

600円

1293円6846円
ドコモ光5200円500円660円6360円
NURO光4743円500円2500円(ひかりTV)7743円
フレッツ光5700円500円660円6860円
JCOM5700円495円2401円8596円

光テレビも入れた料金はオプションサービスを全部いれた料金になりますので、基本的に各オプションサービスのオプション(電話オプション)などを加えない限りこの料金以上はかかりません。

そして光テレビで気を付けてほしいのは2つ。

①自社で光テレビを提供しているか

②基本料金+コースかどうか

この二つについて少しご紹介したいと思います。

①自社で光テレビを提供しているか

光テレビは光電話同様光回線を利用したオプションサービスではありますが、自社で光テレビを提供しているところは光電話より多くありません。

今回の6社で言えばNURO光がそうですね。

ほとんどの場合でNURO光とまとめて支払うことができるのですが、自社で光テレビを提供している光回線の方が料金がお得になる場合が多いです。

さらにNURO光で利用できる「ひかりTV」の最低料金は2500円ですので、地デジしか見ないという方にとってはかなり高い料金になってしまいます。

ということで、光テレビを利用するならNURO光は避けたほうがいいかもしれません

②基本料金+コースかどうか

こちらも光テレビを利用する上ではかなり重要です。

というのも光テレビには☟のように、料金形態が「基本料金+コース」もしくは「コースのみ」かで視聴できるもの、そして料金が変わります。

 視聴できるもの特徴
基本料金+コース地デジ・BS・CS(任意)基本料金のみでの利用ができるので、地デジ・BSだけ見たい方はお得。CSもコースから選ぶことができるので自由度が高い。
コースのみ地デジ・BS・CS(コースによってチャンネル数は異なる)地デジ・BSだけ見たい場合でもCSも付いてきてしまうので料金はかなり高くついてしまう。自由度は低い。

今回の6社の中ではすこし線引きが難しいのですが、NURO光・JCOM・eo光はコースのみの提供となります。

このコースのみ、もしくは基本料金+コースの特徴は上記の表の通りで「地デジ・BS」だけという基本料金だけでの利用ができるかどうか

現在CSをご覧になっている方も多いと思いますが、速度の章でも触れたように現在はストリーミング映像サービスが流行っており、見たい番組は個別で見ることもできますしCS自体の利用頻度もかなり下がってきています。

またCSを利用するのだとしても、CSの契約を切りたいという場合もあると思います。

そのような場合はコースのみだと光テレビ自体の契約を終了することになってしまいますのでそこの自由度も高くありません。

そのため、おすすめなのは基本料金+コースという選択肢が選べる光回線です。

さて、光テレビに関する注意事項はこのあたりでしょうか。

ここでソフトバンク光のお得な情報についてご紹介したいと思います。

ソフトバンク光は光テレビをある条件を満たすことで料金が割引に!

上記の表を見ていただいた方はお気づきかもしれませんが、ソフトバンク光の料金が下がっていますよね?

これはソフトバンク光の戸建てタイプ限定の割引で、ネットの料金が通常より700円も割引されます。

ソフトバンク光でこの割引を適用する条件は次の二つ。

①光テレビの申し込み

②契約期間を5年自動更新にする

光テレビの申し込みはする前提なのでいいとして、契約期間も変える必要があります。

通常ソフトバンク光の契約期間は2年自動更新なのですがその期間を5年自動更新にしなくてはいけないのですが、光回線は長期的に利用する場合が多いので特に問題はないでしょう。

ソフトバンク光テレビの基本料金が無料になるレベルの割引なので、光テレビを利用するならこの割引を適用することをおすすめします。

光回線各社で適用できるセット割は?

光回線は先ほども言った「おうち割光セット」のように、セット割が適用できるかどうかも重要。

そして各光回線によって適用できるセット割、そして内容はかなり違います。

セット割サービス名割引対象

2年間

3年目以降

auスマートバリュー

eo光

JCOM

 

auケータイ

最大2000円

934円

おうち割光セット/(A)

ソフトバンク光

NURO光

ソフトバンクケータイ/ワイモバイルケータイ

(NURO光はワイモバイル不可)

永年1000円

ドコモ光セット割ドコモ光ドコモケータイ最大1600円800円
セット割なしフレッツ光 


この中でもセット割を適用することができないのは「フレッツ光のみ

この理由は先ほど光コラボのお話をしたので大丈夫ですよね。

そしてセット割には上記のように、割引対象であるケータイのキャリアも割引額も異なります。

この中で一番2年間、3年目以降も平均して割引額が高いのはauスマートバリューで、一番低いのはドコモ光セット割。

ではそれぞれのセット割の特徴を簡単に見てみましょう。

セット割特徴
auスマートバリュー

割引額は光回線のセット割の中で一番高額。適用できる回線数は最大10台。

おうち割光セット/(A)

割引額は一番低いが、永年1000円割引なので長期的に見ると一番お得かも?適用できる回線数は最大10台。

ドコモ光セット割

割引額はそこそこ高いものの、3年目以降は一番低い割引額に。適用できる回線数は最大10台。

この中で一番おすすめできるのはauスマートバリューですが、今回ご紹介する中ではeo光とJCOMしか適用することができません。

次におすすめなのはソフトバンク光のおうち割光セット/(A)ですね。

このおうち割光セットには対象ケータイが二つあることが一番の特徴。

ソフトバンクケータイはもちろんですが、格安スマホとしても有名なワイモバイルケータイも対象になっています。

さらに永年1000円の割引なので10年単位などのかなり長期的に見ると一番お得なのはおうち割光セットかもしれませんね。

そしてこの中で一番おすすめできないのはドコモ光。

ドコモ光セット割は最大割引額こそまあまあ高いものの、3年目以降の割引額は一番低い。

長期的に見てもお得感は薄いですのであまりおすすめできません。

大阪の戸建てでネットを引くなら結局どこが一番おすすめ?

大阪の戸建てでネットを引くなら、ということで速度と料金を比較していきました。

正直おすすめできる光回線は「NURO光とソフトバンク光」の二つだけです。

今回おすすめできる光回線の中には大阪で圧倒的人気を誇る光回線「eo光」は入っていません

まあ速度や料金を見てもらえれば分かりますよね。

速度は1Gbpsと平均的ですが、ソフトバンク光のように「遅い場合の対処」が明確でないこと、そして料金は光テレビを利用するとなると他社の二倍の料金がかかってしまいます。

ということでeo光が人気なのは分かりますが、特筆しておすすめできるような光回線ではないのかな…という印象ですね。

さて、NURO光とソフトバンク光ですが「ネット+光電話」を引くのか、「光テレビ」を利用するのかによってこのおすすめは変わっていきます。

ではネット+光電話部門から紹介しましょう。

ネット+光電話ならNURO光が一番おすすめ!

NURO光は速度においても料金においても一番サービス内容がよかったです。

速度は最大2Gbpsですし、料金は4743円と一番安いですしセット割もおうち割光セットが利用できます。

NURO光に関しては光テレビが利用できないことくらいしかデメリットは感じませんでした。

そのため、「ネット+光電話」であればNURO光が一番おすすめです。

☟からキャンペーンも見ることができるので興味のある方はぜひ。

NURO光への申し込みはコチラから

最大2Gbpsの超高速光インターネット

光テレビも利用するなら!ソフトバンク光が一番おすすめ

NURO光では利用できない光テレビを利用でき、料金も安い。

さらに速度面においては一番明確に対処法が分かっているのでソフトバンク光を光テレビも利用するなら一番おすすめとさせていただきました。

さらにソフトバンク光であれば、おうち割光セットとしてNURO光では適用できないワイモバイル」を対象としたおうち割光セットを適用することができます。

そのため、ワイモバイルユーザーであればNURO光を利用するよりも安く済むかもしれませんね。

さらにソフトバンク光では乗り換えキャンペーンも実施しているので、乗り換えで発生してしまう違約金も負担してくれます。

eo光から乗り換えたい!という方でもデメリットなく申し込むことができるのはいいですよね。

ソフトバンク光でもキャッシュバックキャンペーンなどを適用することができるので一度確認してみてはどうでしょうか?

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

さいごに

今回は大阪の戸建てでネットを引くなら、ということでお話をしていきました。

ネットを引く方法で一番おすすめなのは光回線、そして光回線の中ではNURO光かソフトバンク光がおすすめです。

この二つの光回線の中でもセット割が適用できる対象ケータイが違うことや光テレビの料金・仕組みは違いますのでそのあたりも実際に利用すると考えてシミュレーションしてみてくださいね。

SoftBank光への申し込みはコチラから