遅いのはヤダ…神奈川・横浜のマンションでネットを引くなら?

遅いのはヤダ…神奈川・横浜のマンションでネットを引くなら?

今回は神奈川の中でも横浜でネットを引くならどこがいいのか?というお話をしていきたいと思います。

横浜と言えば18区の行政区をもつ政令指定都市。神奈川県の中でも中心のエリアと言っても過言ではないでしょう。

そして横浜の中でもマンションに住んでいる方、また住もうと思っている方のためにネットを引く方法をご紹介していきたいと思います。

ただマンションに住んでいる方なら分かるかと思いますが、最初からネット環境が完備されている場合もありますよね?

ですが完備されているネット環境は「遅い」と言われることが多いのも事実。

完備されている状態でもオーナーさんの許可を取ることで自分だけネット環境を変えることもできるのでそのような方もあきらめずに今回のお話にお付き合いいただければと思います。

神奈川・横浜のマンションでネットを引くなら?

さて神奈川・横浜のマンションでネットを引くなら、ということでお話を進めていきたいと思います。

まずネットを引く方法、というのは大きく分けて二つあるかと思います。

①光回線

光ファイバーを用いたネット接続方法。

②モバイル回線

…LTEなどに代表される、ケータイなどの電波を利用したネット接続方法。

現在ポケットwifiなどのモバイル回線を利用している、という方もいると思いますが実はモバイル回線はマンションでネットを引く手段としてはあまり有効ではありません

というのもケータイを利用している時を考えると分かりますが、地下であったり高所でつながりにくくなったり遅くなったりしたことってありませんか?

これはモバイル回線の性質上仕方のないもので、多くのモバイル回線業者では地下や高所での接続に関しては保証している場合が少ないんです。

なので高所になりやすいマンションでネットを引く手段としては、通信が不安定・速度が遅くなりやすいためあまり有効ではないと言えるわけですね。

ということでマンションでネットを引くならやはり光回線

今回は光回線7社を比較していこうと思います。

サービス名提供元
ソフトバンク光ソフトバンク
auひかりKDDI(au)
ドコモ光ドコモ
NURO光So-net
フレッツ光NTT
JCOMJCOM
UCOM光アルテリアネットワークス

今回比較を行うのは上記の7社。

光回線として有名なものもあれば、そうでないものもありますね。

特にUCOM光はこの7社の中でも一番知っている方が少ない光回線かもしれません。

というのもこのUCOM光は冒頭でもお話した「完備されている光回線」だからです。

このUCOM光は全戸一括型と呼ばれるタイプでしか導入することができず、基本的に個人でUCOM光を申し込むということができない光回線。

そのため知名度は低いけど利用している方は意外と多い光回線なんですね。

このような特徴は各光回線にもありますのでそれぞれどのようなサービスを行っているのか、詳しく見ていきたいと思います。

神奈川・横浜のマンションでネットを引くなら?料金を比較!

さて、今回のメインテーマはずばり「料金」。

というのもマンションでの速度って光回線だけで決まるわけではないんです。

マンションでネットを引く場合、マンションの共有部分まで光回線が引かれ、そこから棟内の各戸に分配されるわけですがこの分配する方法がマンションの設備によって変わります。

光回線でそのまま分配できる設備もありますが、基本的には「VDSL交換方式」と呼ばれるVDSLを利用した分配方法になるかと思います。

このように光回線を引いても結局は最大速度が一定の分配方法になるため、光回線だけの速度を比較するだけではなかなか決めづらい、ということから今回は料金で比較をしてみよう!ということになりました。

では光回線7社の料金を比較してみたいと思います。

サービス名ネット料金
ソフトバンク光3800円
auひかり3800円
ドコモ光4000円
NURO光2500円
フレッツ光4350円
JCOM4248円
UCOM光3800円ほど?

光回線7社の料金は上記の通り。

見てみると分かりますが、どこの光回線も平均的には4000円前後といった料金ですね。

ただマンションタイプの光回線の料金は出せても4000円未満、という方は結構多い。

そのため3000円台の光回線がまず足切りラインといったところでしょうか。

UCOM光が「3800円ほど?」となっているのはUCOM光は最初から先ほども言ったように完備されている光回線で、全戸一括型と呼ばれる光回線のため。

全戸一括型を契約するのは基本的にそのマンションのオーナーさんで、契約するとその棟内全戸にUCOM光が完備されます。

冒頭でもお話した「遅い」と言われがちな光回線はUCOM光であることが多いです…

そしてこのUCOM光の月額料金は一般的に40万円

なので入居者の方が家賃としてUCOM光の料金込みの料金を支払い、オーナーさんがそれをまとめてUCOM光に支払うという形になりますね。

このことからUCOM光のような全戸一括型はマンション棟内の戸数によって料金が変動するんです。

口コミを見てる限り3800円くらいかな?といったところだったので今回は3800円ほど、とさせていただきました。

まあ戸数によって料金が変わってしまうので今回はUCOM光を省き、他の3000円台の光回線3つ、NURO光・auひかり・ソフトバンク光の料金を見ていきましょう。

光回線の料金をランキング形式でご紹介!

順位サービス名ネット料金
1位NURO光2500円
2位ソフトバンク光3800円
2位auひかり3800円

光回線7社を比較すると料金が一番安いのはNURO光で、驚異の2500円という値段。

光回線の中でもぶっちぎりで一番安いですね(笑)

そして第二位は同着でソフトバンク光とauひかりでした。

ではそれぞれのポイントを見ていきたいと思います。

第一位・NURO光は「Hands-up会員」だけがネック?

NURO光はダントツで料金が安い光回線です。

ただ一つだけ気を付けてほしいポイントがあります。

それが「Hands-up会員」という制度。

NURO光forマンションの場合、Hands-up会員というものに加入しなければ利用することができません。

このHands-up会員には会費があり、この「会費+基本料金」がNURO光の月額料金となります。

戸数Hands-up会費基本料金月額料金
4戸900円1600円2500円
5戸900円1600円2500円
6戸900円1600円2500円
7戸800円1600円2400円
8戸700円1600円2300円
9戸600円1600円2200円
10戸以上300円1600円1900円

契約戸数によって会費が変わり、一番安くて1900円、高くて2500円で利用することができます。

まあこの会費自体は別にネックではなく、NURO光とHands-up会員の関係がちょっと厄介

実はNURO光はこのHands-up会員が4戸以上いないとNURO光のサービスを利用できなくなってしまうんです。

つまりせっかく4戸以上Hands-up会員がいたとしても引っ越しなどのそのマンションからいなくなってしまうとNURO光がいきなり利用できなくなってしまうんですね。

なので4戸以上NURO光を契約したいと思っている方がいる場合ならいいと思いますが、それ以外の方は利用すらできないことを覚えておきましょう。

ちなみに7階までのマンションであればHands-up会員制度のない「戸建てタイプ」のNURO光も利用できますので☟から確認してみてもいいかもしれませんね。

NURO光への申し込みはコチラから

最大2Gbpsの超高速光インターネット

 第二位 ソフトバンク光・auひかりのポイントは?

では同着第二位の光回線二社を見ていきましょう。

簡単にソフトバンク光とauひかりの比較をしてみると、一番違うのは料金。

ソフトバンク光

料金はどんなことがあっても一定

auひかり契約戸数によって料金が変動する。

このように、ソフトバンク光とauひかりでは料金が一定かどうかということが一番の違い。

まあauひかりの場合、大抵3800円かそれ以下になるとは思いますが一定である場合の方が安心感はあるかもしれません。

またこの二社の光回線は先ほどのNURO光のような制度はなく、いきなりサービスが停止してしまうようなことはないのでそこは安心ですね。

そしてこの二社でもう一つ違いがあるとしたら「速度」でしょうか。

先ほど速度は一概には言えない、ということを言いましたがやはり光回線そのものの速度というのも無関係とは言えません。

実際に利用者の方の口コミを見てみると速度に不満を抱えている方が少ないのはauひかりの方で、ソフトバンク光の方が口コミでは厳しい意見が多かったような印象でした。

ただソフトバンク光が悪いというわけではなく、ソフトバンク光は「光BBユニット」というものを利用するかどうかで速度に大きな違いがあるのではないか?と言われています。

この光BBユニットはソフトバンクケータイとのセット割「おうち割光セット」を適用すればついてくるものなのですが、おうち割光セットを適用していない場合だと別途料金を支払わないといけません。

まあ基本的にソフトバンク光を利用するならおうち割光セットは適用するものなので問題ないと思いますが、ソフトバンクケータイじゃない方は乗り換えるか、光BBユニットを申しこむのがおすすめです。

ということで、デフォルトの料金で言えばソフトバンク光の方が安定していて速度で言えばauひかりの方が安定しているということですね。

どちらもおすすめの光回線ではあるので一度見てみることをおすすめします。

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

auひかりへの申し込みはコチラから

必ずもらえるキャッシュバック

さいごに

今回は神奈川・横浜のマンションでネットを引くならということでお話をしていきました。

やはり光回線によって特徴は様々ですよね。

マンションの光回線なら料金でしか比較することが難しいですが、今回ご紹介した三社ならどこを選んでも問題ないかと思いますのでぜひ一度ご覧になってみてください。