遅いネットにさようなら!東京のマンションでネットを引くならどこがいい?

遅いネットにさようなら!東京のマンションでネットを引くならどこがいい?

今回は東京のマンションに住んでいる方がネットを引くならどこがいいのか?ということを紹介していきたいと思います。

マンションのネットと言えば最初からネット環境が完備されていることも多く、最初の設備から特に変えず利用し続けているという方も少なくはないのではないでしょうか?

ただそのような場合よく聞くのが「完備されている光回線が遅い」という意見です。

もちろん中には完備されていた光回線の速度に満足している方もいますが、マンションに住んでいる方の意見を聞いてみるとそのようなことをおっしゃる方は多いです。

ということで今回は速度が速いのはもちろんとして、東京でネットを引くならどの光回線が安いのかということを中心にお話していきたいと思います。

東京のマンションでネットを引くならどこがいい?

まず前提として今回比較するのは「光回線」です。

もちろんネット環境を利用できるインターネットサービスでは光回線より安価なものはありますが、速度面でみるとやはり不安が残ります。

モバイルルーターと比較すると5倍ほどの速度の違いがありますからね。

ということで現在ネットを利用するなら「料金・速度」の両方で見れば光回線が一番おすすめです。

ということで今回は東京のマンションで光回線を引くならどこがいい?というテーマとなりますね。

今回はこのテーマで7社の光回線を比較していこうと思います。

サービス名提供元
ソフトバンク光ソフトバンク
auひかりKDDI(au)
ドコモ光ドコモ
NURO光So-net
フレッツ光NTT
JCOMJCOM
UCOM光アルテリアネットワークス

今回比較する光回線は上記の7社。

聞いたことのある光回線もあればそうでもない光回線、そして光回線だっけ?という会社もあるかと思います。

このなかでも特にUCOM光は聞いたことのある方も少ないのではないでしょうか?

ただUCOM光は知名度のわりに利用者数は光回線業界の中でもことマンションにおいてはかなり多い。

というのもこのUCOM光は冒頭でもお話したようなマンションにはじめから完備されていることが多い光回線のため。

だから名前は知らないけど気づいていないだけ、という場合が多いのでしょうね。

このようにマンションにはじめから完備されている光回線は「全戸一括型」と呼ばれ、主にオーナーさんなどのマンションを管理する方が一括で全部屋に備え付けるもの。

ただUCOM光のようなはじめから完備されている光回線の評判はわりと手厳しいものがあります…

ということで個人でも申し込むことのできる光回線を早速見ていきたいと思います。

東京のマンションでネットを引くなら?光回線7社を料金で比較してみよう!

では本題に早速入っていきましょう。

と、その前に戸建てでネットを引くならそのエリアが提供エリア内かどうかだけ確認すればいいのですがマンションでネットを引くなら提供エリアはもちろんもう一つ事前に知っておくべきことがあります。

それが、マンションに利用したい光回線の設備が入っているかどうか

せっかく申し込みたい光回線を見つけてもそもそも利用できなかったら意味がありませんよね…

まあ利用したい光回線のHPを見てみればエリア確認を細かくすることができますので利用したい光回線が見つかったら確認するようにしましょう。

では東京のマンションでネットを引くならどの光回線がお得に利用することができるのか、料金で比較してみましょう。

サービス名ネット料金
ソフトバンク光3800円
auひかり3800円
ドコモ光4000円
NURO光2500円
フレッツ光4350円
JCOM4248円
UCOM光3800円ほど?

さて各光回線7社の料金が出そろいましたね。

平均的な料金は3800円ほどで、それ以上かかってしまう光回線は一般的に「高い」と言われてしまいます。

まあ4000円と3800円ならそこまで変わらないじゃん…という方もいると思いますが、光回線は月額で料金がかかってしまうサービスですので少しでも料金が安いほうがお得。

なのでこの中で言えばJCOM・フレッツ光・ドコモ光はまず高い光回線と言うことができます。

さてその中でも料金を見てみると、一番料金が安いのはNURO光ですね。

他社光回線と比較してもその差は歴然で、最大で1300円ほど料金が安くなります。

ただNURO光にも気を付けなくてはならないポイントがあるのも事実。

ということで各光回線、今回は4000円未満の光回線のポイントを見ていこうと思います。

一番安い!NURO光のポイントとは?

NURO光は見ての通りこの7社の中でも一番安い光回線です。

ただNURO光のマンションにおいては気を付けなければならないポイントが。

それが「Hands-up会員」という制度です。

なんじゃそりゃ?と思いますよね(笑)

実はNURO光forマンションという階数が8階以上あるアパート・マンションで利用するにはHands-up会員というものに加入する必要があります。

このHands-up会員には会費があり、この会費と月額料金を合わせた金額が月額料金となります。

戸数Hands-up会費基本料金月額料金
4戸900円1600円2500円
5戸900円1600円2500円
6戸900円1600円2500円
7戸800円1600円2400円
8戸700円1600円2300円
9戸600円1600円2200円
10戸以上300円1600円1900円

このように、マンション棟内で契約している人数によって月額料金が変わり、一番安くて1900円で利用することができます。

ただ最大でも2500円とは言え、10戸以上の契約があったときの月額料金と4戸での月額料金ではその差は600円。

安定して月額料金を支払えるとはなかなか言い難いですね…

そして表を見ても分かるように、NURO光forマンションを利用するにはそのマンション棟内で4戸以上の契約が取れなけばならずその戸数未満の契約しかない場合はそもそも利用することができません。

ここが一番重要なのですが、つまりせっかくNURO光を利用できるように4戸の契約を取ったとしてもそのうちの一戸が引っ越しなどによって契約解除してしまった際にはマンション棟内の戸数が3戸になってしまいますのでNURO光自体が利用できなくなってしまいます。

引っ越しや契約解除は自分ではどうにもできないものなので、先月までは利用できていたのにいきなりNURO光が利用できなくなってしまうようなこともありえます。

ただそのようなことを気にすることのないような仕組みができていたり、「安いならまあいっか」という方にはおすすめの光回線ですね。

NURO光への申し込みはコチラから

最大2Gbpsの超高速光インターネット

NUROの次に安い!auひかりのポイントは?

auひかりはNURO光の次に安い光回線で月額料金は3800円です。

ただauひかりでもそのマンション棟内の契約戸数によって料金が変わってしまいます。

提供タイプ 月額料金
タイプV 16契約以上3800円
8契約以上4100円
都市機構デラックス東日本/西日本3800円  
タイプE 16契約以上3400円
8契約以上3700円
マンションギガ 4050円
マンションミニギガ 5000円
タイプF 3900円

このように各タイプによって料金は変わります。

auひかりの場合は料金が4000円を超えてしまうこともありますが、大抵は3800円かそれ以下の料金で利用できる場合が多いのかな?と思います。

また速度面でもNetflixの実測速度調査で1位を取るなど、安定性に関しては随一の光回線

そしてNURO光のように契約戸数が4戸以上ないとサービスが停止することもないので速度の安定性・料金の安定性を考えるならauひかりはおすすめの光回線です。

auひかりへの申し込みはコチラから

必ずもらえるキャッシュバック

auひかりと同料金!ソフトバンク光のポイントは?

ソフトバンク光はauひかりと同じ料金ではありますが、auひかりと異なり月額料金が固定なのがauひかりやNURO光との差。

つまり契約戸数が変わっても料金は一定で何があっても3800円を支払うことで光回線サービスはずっと利用することができます。

結構マンションタイプではauひかりやNURO光のように契約戸数によって料金が変わってしまう光回線が多いのでそのような影響を受けないのはかなりおすすめできるポイントかな、と思いますね。

またソフトバンク光では開通工事費が無料になるキャンペーンや乗り換えキャンペーンなどソフトバンク公式からのキャンペーンがお得ということも特徴。

さらに代理店からの申し込みをすることでキャッシュバックももらうことができます。

もちろんこの二つのキャンペーンは併用することができますので一度内容を確認してみてもいいかもしれませんね。

ソフトバンク光への申し込みはコチラから

ソフトバンク光スマホならセットでおトク!

さいごに

今回は東京のマンションでネットを引くならどこがいい?というお話をしていきました。

マンションといっても料金はかなり変わりましたよね。

中には契約戸数によってサービスが停止してしまうような光回線もありました。

このような条件は見落としがちなところでもありますのでマンションでネットを選ぶ際には料金だけでなくこのような条件面も見てみるとより安心して申し込むことができると思います。