WiMAXの速度制限とは?制限速度と条件を見てみよう

WiMAXの速度制限とは?制限速度と条件を見てみよう

今回ご紹介するのはWiMAX。

WiMAXと言えば、モバイルルーターの中でもかなり有名なサービスです。

モバイルルーターを利用したことのある方なら一度は調べたことがあるのではないでしょうか?

ただ今回はWiMAXのサービス内容の中でも「速度制限」について詳しく見ていきたいと思います。

WiMAXの料金・速度も見ていきますのでモバイルルーターを考えている方は最後までお付き合いください。

WiMAXの速度制限とはどのようなもの?

まずWiMAXの速度制限の話をする前に、WiMAXの基本的なサービス内容を見ていきましょう。

WiMAXとはモバイルルーターのサービスで、大きなくくりでは「モバイル回線」です。

このモバイル回線は簡単に言うと「ケータイ」で使用されている回線を利用したもの。

モバイル回線の特徴しては「広いエリア」で「そこそこの通信速度」が利用できるという点です。

つまり広い範囲で利用できることを目的としているんですね。

そしてこのモバイル回線の「電波」は国で「公共物」と定められており、事業者に一定の電波を供給しています。

さて、WiMAXがモバイル回線であること、そしてモバイル回線が分かったところでさっそくWiMAXのサービス内容を見てみましょう。

WiMAXの料金は?

インターネットサービスでまず初めに重要なのは料金ですよね。

買い切りのものではなく、月額で料金が発生してしまうので月額料金は安ければ安いほどお得。

ではWiMAXの料金はどのようなものか見てみましょう。

WiMAXの料金は二つのパターンが

UQ Flat ツープラス ギガ放題項目UQ Flat ツープラス

UQ Flat ツープラス ギガ放題(2年)

UQ Flat ツープラスギガ放題(3年)

料金プラン

UQ Flat ツープラス(2年)

UQ Flat ツープラス(2年)UQ Flat ツープラス(2年)
4380円月額料金3696円
上限なし通信量7GB/月
1005円/月無料LTEオプション料1005円/月無料
2年3年契約年数2年3年4年

WiMAXの料金はご覧のように二つのパターンがあります。

この二つの違いは通信量に上限があるかどうか。

名称的には「ギガ放題」という文言がついているかどうか、ということですね。

モバイルルーター、もといモバイル回線はケータイが代表的なように一般的に「通信量の制限」が設定されているもの。

上の例で言えば「UQ Flat ツープラス」が基本的なモバイルルーターの内容と言えるでしょう。

ただ、このギガ放題の料金は4380円とモバイルルーターの中では割高ですが、この通信量の制限がないので通信量を気にせずに利用することができます。

そして今回のテーマとなるのがこの「ギガ放題」。

では肝心の速度について見ていきましょう。

WiMAXの速度はどれくらい?

WiMAXの速度はモバイル回線の中でもかなり速く、上りで30Mbps、下りで708Mbpsの速度を出すことができます。

上りはアップロード速度、下りはダウンロード速度なので一般的に見られるのは「下り」ですね。

光回線は上下最大1Gbpsですので、WiMAXは光回線にも匹敵するほどの速度を出すことができるといってもいいでしょう。

ただ今回肝心なのはこの最大速度ではなく、WiMAXを利用している際にかかってしまう「速度制限」について。

では速度制限の内容と条件を早速見ていきましょう。

WiMAXの速度制限の内容と条件は?

WiMAXの速度制限は一般的に「3日間10GB」という条件の速度制限です。

ではこの速度制限はどのような内容なのでしょうか?

速度制限がかかる通信量直近3日間で10GB以上
制限時間3日間で10GBを超えた日の翌日のネットワーク混雑時間帯
制限後の最大通信速度1Mbps

まず速度制限がかかるのは、10GB以上を利用した場合です。

そしてこの10GBを三日間のうちに利用してしまうとこの速度制限が発動していまいます。

そして制限されるのは10GBを超えた日の翌日で、ネットワークが混雑する時間帯。

このネットワークが混雑する時間帯は一概には言えませんが、WiMAXのHPによると「18時~翌2時ごろ」とのこと。

これは「コアタイム」と呼ばれ、仕事や学校から帰宅する人が多くネットを利用する方が増える時間帯です。

裏を返せば一番利用したい時間でもあるので、制限がかかってしまうのはきついですね。

そして制限後の最大速度は「1Mbps」。

1Mbpsという速度はケータイの通信速度よりは速いですが、この速度はギリギリYoutubeの標準画質が見れるか見れないかくらいの速度ですので結構キツイです。

さて、このような通信制限がかかってしまうのですがまず通信量が10GBに達するまでにはどれくらいのデータをダウンロードすることになるのでしょう?

WiMAXで提示されているのはYoutubeで5分間の動画を見た場合。

このように、データ量は画質によって異なりますが標準画質なら47時間見ることで10GB、そして超高画質なら7時間見るだけで10GBに達してしまいます。

ただこのような動画視聴だけでなく、もちろんアプリのダウンロードをする際にもそのアプリの容量分のデータ量がかかります。

重いことで有名な「ハースストーン」や「シャドウバース」などのアプリでは1ダウンロードに「2GB」ほどかかってしまいますのでこれだけでもかなり10GBに近づいてしまいますね。

現在自宅ではデータ量を気にせず利用できる環境の方は多いと思いますが、自身の生活を振り返ってみると意外にもデータ量は結構消費されています。

WiMAXにはデータ上限による速度制限はないものの、一定の条件を満たすことで速度制限がかかってしまうことを覚えておきましょう。

速度制限がない光回線の方がおすすめ?

さて、WiMAXについて見ていきましたがやはりネックなのは「速度制限」です。

このようなインターネットサービスを利用する上で重要なのは、快適にネットを利用できるかです。

快適に、というのはデータ量の上限などを気にせず一定の速度で利用できる、ということですね。

ということを考えると、おすすめしたいのが「光回線」。

光回線は先ほども言ったように、平均的な最大速度は「上下最大1Gbps」です。

WiMAXの速度は下りはいいですが、上りの速度は30Mbpsほど。

上下どちらもの速度を見ると光回線の方がまず安定感がありますね。

そしてなんといっても光回線にはデータ量の上限もなく、一定の条件を満たすことで発生する制限もありません。

なのでデータ量を気にすることが全くなく、快適に利用することができるでしょう。

では光回線の中でもどの光回線がおすすめなのでしょうか?

光回線はケータイキャリアで選ぶ?

光回線を選ぶなら、セット割が適用できるキャリアごとに選んだほうがお得に利用できます。

それぞれ有名光回線の料金は以下の通り。

サービス名戸建てマンション
auひかり5100円☞4900円(ずっとギガ得プラン)3800円
ソフトバンク光5200円☞4500円(ソフトバンク光テレビ+5年契約)3800円  
ビッグローブ光4980円(3年契約)3980円  
ドコモ光5200円4000円

この中で一番安いのはソフトバンク光の料金ですね。

戸建てマンション
5200円☞4500円3800円

このように、戸建てのみ「ソフトバンク光テレビへの加入」+「契約期間を5年」にすることで月額料金が700円も下げることができます。

ソフトバンク光テレビは月額660円ですが、CS放送も視聴できるプランもあり、現在CSなどを契約している方なら現在よりも安くCS放送を利用できる可能性がありますね。

そしてソフトバンク光ではソフトバンクユーザーの方なら「おうち割光セット」というセット割を適用することができ、ケータイの月額料金を最大1000円割引いてくれます。

このようにケータイのキャリアによってお得な光回線は変わると言っていいかもしれません。

もちろんauひかりの場合はauユーザーなら「auスマートバリュー」というセット割の中でも一番お得な最大2000円という割引を適用することができます。

ただドコモ光の場合はセット割があまりお得ではないので、その他のキャリアに乗り換えてauひかりやソフトバンク光にしたほうがいいかもしれませんね…

そして光回線を申し込むなら、「代理店」での申し込みでお得に申し込むことができるんです。

代理店申し込みでキャッシュバックをもらおう

公式HPなどで申し込むよりも、代理店申し込みの方がお得に申し込むことができます。

というのも公式キャンペーンと代理店キャンペーンの二つのキャンペーンが適用できるため。

そして今回ご紹介するのはNEXTという代理店。

今回はソフトバンク光とauひかりについて見てみましょう。

 キャッシュバックのみキャッシュバック+無線ルーター  
ソフトバンク光の新規申し込み33,000円28,000円
ソフトバンク光の転用申し込み13,000円 
auひかりのみの申し込み45,000円
auひかり+ひかり電話の申し込み52,000円

このNEXTでは不要なオプションが必要なく、ただ光回線を申し込むだけでこのような特典をもらうことができるのがポイント。

かなりお得な申し込み方法なので一度見てみてはどうでしょうか?

SoftBank光への申し込みはコチラから

さいごに

今回はWiMAXの速度制限について見ていきました。

料金や速度は問題なさそうでしたが、やはり速度制限を気にしなくてはならないというのがストレスです。

それならいっそ速度制限がない光回線の方が快適に利用できると思うので、インターネットサービスなら光回線の方がおすすめです。