関東でインターネットを使うには?速度で比較してみよう!

関東でインターネットを使うには?速度で比較してみよう!

今回はインターネットの比較をしていこうと思います。

インターネットと言うとかなり広い意味になってしまいますが、今回お話するのは「光回線」について。

インターネットを利用する方法は数あれど、その中でも一番一般的かつサービス的にも優秀なのが光回線です。

ただ光回線の数もかなり多く、一つ一つを比較していくのはかなり大変…

そして光回線には利用できるエリアとそうでないエリアが存在します。

今回はこのエリアに重点をおき、利用できるエリアを「関東」として関東で利用できる光回線を比較していきたいと思います。

 

関東で利用できるインターネットはどこがある?

さて、まずはインターネットのお話をしていきましょう。

先ほども言ったようにインターネットというくくりはかなり広いもの。

スマホでもブラウザを利用しインターネットに接続することはできますからね。

そして今回はこれらの接続方法の中でも「光回線」を用いてインターネットに接続する方法をお話していきます。

では光回線にはどのような種類があるのでしょうか?

①光コラボ(フレッツ光系光回線)

②auひかり

③NURO光

④地方電力系光回線

現在の光回線は大きく分けてこの四種類に分けることができ、これらのそれぞれの違いは「使用している光回線」にあります。

ではそれぞれの使用している光回線の違いを見てみましょう。

光コラボフレッツ光の光回線
auひかりKDDI独自の光回線
NURO光NTTの光回線
地方電力系光回線地方ケーブルテレビ回線やKDDIの光回線

このように、それぞれ使用している光回線には大きな違いがあることが分かりますね。

もちろんこの使用している光回線によってもサービス内容は異なり、今回のメインテーマである「速度」に関してもこの影響をかなり受けるといってもいいでしょう。

では早速、光回線の速度別にランキング形式で比較を行っていきたいと思います。

 

関東で利用できる光回線の速度を比較!

順位サービス名上り(アップロード)下り(ダウンロード)
1位auひかり最大10Gbps最大10Gbps
2位NURO光最大1.3Gbps最大2Gbps  
3位ソフトバンク光最大1Gbps最大1Gbps
4位ビッグローブ光最大1Gbps最大1Gbps
5位ニフティ光最大1Gbps

最大1Gbps

それぞれの最大速度はご覧の通り。

表を見てみると分かるように、1位と2位のauひかりとNURO光はほかの光回線と速度がかなり違いますよね?

これが先ほど説明した「使用している光回線の違いなんです。

3~5位の光回線は「光コラボ」に分類され、全てフレッツ光の光回線を借りてサービスを提供している光回線。

独自の光回線を使用して提供しているauひかりとNURO光の差がまず「速度」で表れましたね。

ではこのランキング順に、光回線の特徴をご紹介していきたいと思います。

 

第1位 auひかり

auひかりはダントツの速度で利用できる光回線です。

実は最近までauひかりも光コラボと一緒で「上下最大1Gbps」という最大速度でしか提供されていなかったのですが、今年の3月から「auひかり ホームX(テン)」の提供が開始され、最大速度ではトップになりました。

見ても分かるように、このプランは現在「ホームタイプ」のみでの提供となっており、マンションタイプでの提供は行っていません。

ただ、マンションタイプはNURO光を除いて上下最大1Gbpsという速度が一般的。

さらにauひかりの口コミを見ていてもホーム・マンションタイプ両方の悪い口コミはあまり見かけません。

そう言えばNetflixの実質速度調査でも国内光回線の中で第一位を取っていたような…

ではauひかりはどのような料金で利用できるのか見てみましょう。

auひかりの料金・セット割

auひかりの料金

サービス名ホームマンション
auひかり5100円☞4900円3800円

auひかりの料金は5100円・3800円が基本ですがあるプランに加入することによってホームタイプ限定で料金が割引されます。

そのプランこそ「ずっとギガ得プラン」。

このずっとギガ得プランは3年自動更新契約のプランで、3年間1年ごとに100円の割引を行ってくれます。

そのため、最大で4900円まで割引され、この割引された料金はずっと固定。

auひかりを利用するならこのプランで利用する方は非常に多いので、ホームタイプの方はこちらのプランで申し込むことをおすすめします。

高速サービス利用料X(10ギガ)1280円
V(5ギガ)500円

また、10ギガプラン・5ギガプランを利用するには上記のような高速サービス利用料というものがかかってしまいます。

「超高速スタートプログラム」という割引で3年間500円の割引を行ってくれるものの、10ギガプランでは月に780円プラスでかかってしまうので覚えておきましょう。

 

auひかりのセット割

auひかりのセット割と言えば「auスマートバリュー」が有名でしょう。

このauスマートバリューではなんと最大2000円の割引を契約回線1台ごとに最大10台まで適用することができるんです。

auスマートバリューは割引額もほかの光回線で実施されているセット割の中で一番高額ですし、適用条件もオプションとして「光電話」を申し込むだけ、とかなり優秀なセット割。

auケータイをお持ちの方は必ず適用するようにしましょう。

 

第二位 NURO光

NURO光は「下り最大2Gbps」という速度での提供を行っており、「世界最速」というCMでも知られていますね。

現在は最大速度でauひかりに抜かされてしまいましたが、その速さは健在。

さらに利用できるエリアも関東限定から東海地方、関西地方と広がっています。

ではNURO光の料金を見てみましょう。

NURO光の料金・セット割

NURO光の料金

サービス名ホームマンション
NURO光4743円2500円

NURO光の料金は見ての通りかなり安い。

なぜここまで安いのかは正直分かりません(笑)

マンションタイプで3000円を切るのはこの中でもNURO光だけですし、最大速度も一番速いのでマンションタイプでの利用を考えている方ならNURO光の方がおすすめかもしれません。

NURO光のセット割

NURO光のセット割は「おうち割光セット」です。

これはソフトバンクケータイとのセット割で、そもそもはソフトバンク光で適用できたセット割ですね。

NURO光でもこのセット割を適用することができ、最大1000円の割引を契約回線1台ごと、最大10台まで適用することができます。

適用できる台数はauスマートバリューと同じですが、割引額でかなり差がついてしまいますね。

ただ、この割引額は永年変わりませんし、auスマートバリューと同じく適用するのに必要なのは「光電話」だけですのでNURO光を利用するなら申し込みたいセット割でしょう。

 

第三位~五位 ソフトバンク光・ビッグローブ光・ニフティ光

これら三つは先ほども言ったようにすべて同じ「光コラボ」です。

ここで光コラボについて軽く概要を見てみましょう。

◆光コラボとは◆

光コラボの正式名称は「光コラボレーションモデル」。
光コラボレーション「モデル」ということで、光回線サービス自体というよりはサービスモデルのことを表しています。
光コラボの内容は「フレッツ光の光回線サービス×事業者のサービス・商品」のコラボレーション。

具体的な流れを言えば、
「フレッツ光の光回線サービス」+「事業者の商品」というセットでまとめる☞二つをまとめて割引
【ex)ソフトバンク光(フレッツ光の光回線サービス)+ソフトバンクケータイ☞おうち割光セット】

というような流れとなります。
以前のようにフレッツ光という大きな枠ではなく、さらに細分化した枠で自分の利用しているサービスに合った光回線を選ぶことができるという利用者側のメリットもここで発生します。このように今まで光回線サービスを提供できなかった事業者がフレッツ光を通じて光回線サービスを提供し、さらに自社製品・サービスとかけ合わせることで新たなサービスモデルを築いたのです。

◇光コラボの特徴

①フレッツ光よりも月額料金が安い
②通信速度・安定性はフレッツ光と同じ
③「転用申し込み」がお得

このように、光コラボはフレッツ光と事業者のコラボレーションで事業者・利用者ともにお得なサービスモデルと言うことが言えるでしょう。

そして光コラボの特徴としては「速度」が同じ、ということ。

まあ同じ光回線を使用しているので当たり前ですね。

ではこれら光コラボの料金を見ていきます。

光コラボの料金・セット割

光コラボの料金

サービス名戸建てマンション
ソフトバンク光5200円3800円
ビッグローブ光4980円3980円
ニフティ光5200円3980円

それぞれの光コラボの料金は上記の通り。

料金もそこまで変わりませんが、ビッグローブ光の料金はかなり安いですね。

ただソフトバンク光にもauひかりと同じように、あるプランを満たすことで料金が割引されます。

その条件とは「5年自動更新+ソフトバンク光テレビ」に加入すること。

この条件を満たすことでソフトバンク光の戸建ての料金が4700円になります。

なので料金的に見ると光コラボの中で一番料金が安いのはソフトバンク光です。

光コラボのセット割

サービス名セット割
ソフトバンク光おうち割光セット・おうち割光セット(A)
ビッグローブ光auスマートバリュー・auセット割・光SIMセット割
ニフティ光auセット割

それぞれ適用できる割引はご覧の通り。

ここまでで出てきていない割引はauセット割と光SIMセット割ですね。

光SIMセット割はビッグローブの格安SIMである「ビッグローブモバイル」とのセット割、auセット割はauケータイとのセット割ですが割引額がauスマートバリューとは違います。

auセット割は光回線から割引され、その割引額は最大1200円

もちろん利用している光回線一つからしか割引されないため、一人暮らしの方ならこちらのauセット割を適用したほうがいいパターンもあるでしょう。

なのでセット割で選ぶなら、光コラボを選んでもいいかもしれませんね。

 

さいごに

今回は関東で利用できる光回線の速度をもとに比較を行ってきました。

やはり速度面で見るとauひかり・NURO光がダントツですね。

サービス内容も充実している二社ですので、速度で選ぶならこの二社がおすすめです。