BBIQとソフトバンク光を比較!二社の違いと乗り換えポイント

BBIQとソフトバンク光を比較!二社の違いと乗り換えポイント

今回は光回線の比較を行っていきたいと思います。

光回線というくくりでは今回比較する「BBIQ(ビビック)」と「ソフトバンク光」はどちらも同じです。

ただ、一口に光回線と言っても速度や料金などの、細かいサービス内容は事業者によってさまざまです。

さらにソフトバンク光はご存知の方も多いかと思いますが、BBIQについてはあまりご存知ないかたも多いのではないでしょうか?

今回はBBIQについても知る機会になればと思っています。

ということでBBIQとソフトバンク光の比較を行っていきましょう。

 

BBIQとソフトバンク光

さて、先ほども言ったようにBBIQとソフトバンク光はどちらも同じ光回線です。

細かいサービス内容はもちろん違いますが、もっと根本的に異なるポイントもあるんです。

それが使用されている光回線の種類

ソフトバンク光は知っての通り、全国的に提供されている光回線です。

ただ、ソフトバンク光は自社で光回線を持っているわけではなく、「フレッツ光」の光回線を借りてソフトバンク光というサービスを提供しているんです。

これはソフトバンク光がフレッツ光の「光コラボ」というサービスモデルを利用しているためです。

光コラボについてはこちら☟をご覧下さい。

◆光コラボとは◆

光コラボの正式名称は「光コラボレーションモデル」。
光コラボレーション「モデル」ということで、光回線サービス自体というよりはサービスモデルのことを表しています。
光コラボの内容は「フレッツ光の光回線サービス×事業者のサービス・商品」のコラボレーション。

具体的な流れを言えば、
「フレッツ光の光回線サービス」+「事業者の商品」というセットでまとめる☞二つをまとめて割引
【ex)ソフトバンク光(フレッツ光の光回線サービス)+ソフトバンクケータイ☞おうち割光セット】

というような流れとなります。
以前のようにフレッツ光という大きな枠ではなく、さらに細分化した枠で自分の利用しているサービスに合った光回線を選ぶことができるという利用者側のメリットもここで発生します。このように今まで光回線サービスを提供できなかった事業者がフレッツ光を通じて光回線サービスを提供し、さらに自社製品・サービスとかけ合わせることで新たなサービスモデルを築いたのです。

◇光コラボの特徴

①フレッツ光よりも月額料金が安い
②通信速度・安定性はフレッツ光と同じ
③「転用申し込み」がお得

このように、光回線を作らずに借りることでコストを削減できますよね。

さらにフレッツ光の提供エリアは全光回線の中でもトップクラス。

この光回線を借りているからこそ、ソフトバンク光では全国的にを提供を行うことができるんです。

ではBBIQはどうなのでしょうか?

BBIQは九州地方限定で提供される地方限定の光回線です。

そしてBBIQではBBIQ独自の光回線を持っています。

一般的に光回線を独自で持っている事業者(auひかりなど)は最初のうち、コストがかかるので全国的に提供することがなかなか難しい。

そして、BBIQの親会社は「九州電力」です。

そのため、あえて九州に絞ってサービスを提供しているともとることができますね。

ということで、BBIQとソフトバンク光の根本的な違いは「使用している光回線」ということでした。

光回線を選ぶうえでは知っておいたほうがいいので、覚えておきましょう。

 

BBIQとソフトバンク光のサービス内容を比較

根本的な内容がわかったところで、BBIQとソフトバンク光のサービス内容を細かく見ていきたいと思います。

今回比較するポイントは三つ。

①料金

②速度

③提供エリア

それぞれ光回線を比較する上では重要なポイントですので、他の光回線を比較する際にも見てみてくださいね。

では①料金の比較から行っていきましょう。

①BBIQとソフトバンク光の料金を比較

サービス名戸建てマンション
BBIQ5800円5500円
ソフトバンク光5200円3800円

BBIQとソフトバンク光の料金は上記の通り。

こう見てみると圧倒的にソフトバンク光の方がお得ですね。

ただ、これはどちらも同じ条件での比較です。

実はこの二社、契約期間や条件によって月額料金は結構変わっていくんです。

ではどのように変化していくのか見てみましょう。

BBIQ

戸建て2年3年5年
BBIQ5800円5000円4700円
マンション1世帯2-7世帯8-15世帯16世帯以上
BBIQ5500円4800円4300円3800円

まず、BBIQの料金は戸建ての場合「契約期間」、マンションの場合は「世帯数」によって変化します。

契約期間を3年にすることで5000円、5年にすることで4700円になりますので最初の料金よりはかなりお得に利用することができます。

そしてマンションの場合は加入を見込める世帯数によって変わり、一番安く利用できるのは「16世帯以上」の加入を見込める場合で「3800円」、これはソフトバンク光と同じ料金ですね。

 

ソフトバンク光

ソフトバンク光では、戸建てのみ料金が変化します。

料金が変化する条件は契約期間」と「オプション

まず2年自動更新プランから「5年自動更新プラン」にし、ソフトバンク光のオプションである「ソフトバンク光テレビ」に加入することで、料金を「4700円」まで下げることができます。

マンションの料金は変わらないので、最大で戸建て・マンションともにBBIQと変わらない料金での利用ができると言っていいでしょう。

 

さて、二社の料金の変化を見ていきました。

BBIQはかなり料金が下がりましたね。

ただ、戸建ての場合は契約期間を延ばせば確定で割引されるのでいいですが、マンションの場合はあくまで「見込み」になってしまうので確定ではありませんよね。

そのようなことを考えると、料金の変化がないソフトバンク光の方がマンションで見るとおすすめかもしれません。

 

②BBIQとソフトバンク光の速度

さて、料金の次に重要なのはそれぞれの「速度」です。

ただBBIQとソフトバンク光で公表されている速度はどちらも同じ「上下最大1Gbps」です。

ではどのように違いが出てくるのでしょう?

実は光回線には実際に利用することで計測することができる「実効速度」というものがあります。

公表されている速度が同じ場合は、この実効速度で比較を行っていくしかないので実際に利用している方の意見をもとに比較をしていきましょう。

 

それぞれ利用している方々の意見はこのようになっています。

もちろん一部の意見ではありますが、実際に利用する際にはこのような速度が出ることもあるということが言えますね。

今回で言えばソフトバンク光の方が速度は速いですね。

ではこの速度の違いとはなんなのでしょうか?

ソフトバンク光の場合、「光BBユニット」というものを使うことで新しいインターネット接続方式である「IPv6接続」を行うことができます。

このIPv6接続をしている方であれば、多くの場合実効速度で不満を抱くことはないでしょう。

この光BBユニットはおうち割光セットという、ソフトバンクケータイとのセット割を適用する際の日必須条件である「オプションパック(月額500円)」に含まれていますので、特に損をするような話ではありません。

ということで、ソフトバンク光の方が速度は速く、光BBユニットを利用することでさらに安定・速い速度での利用が可能、と言うことが分かりますね。

③BBIQとソフトバンク光の提供エリアを比較

BBIQとソフトバンク光の提供エリアは先ほども言ったようにかなり異なります。

BBIQは「九州限定」、ソフトバンク光は「全国」で提供されています。

ここでポイントとなってくるのが、九州以外に引っ越すことになった場合。

この場合は、BBIQの解約をしなければならずいままで適用していた割引(auスマートバリューなど)は解除されるということになってしまいます。

さらに解約金なども発生してしまいますし、また新たに光回線を探す手間も増えてしまいますね。

その点、ソフトバンク光では全国的に提供をしていますし、引っ越し手続きをすることで移転費用を押さえつつ継続して利用することができます。

このようなポイントも光回線を選ぶうえでは重要ですので覚えておきましょう。

 

BBIQからソフトバンク光に乗り換えるポイント

もし、現在BBIQからソフトバンクへ乗り換えたい方がいるとしたら、以下二つのポイントをお伝えしたいです。

①あんしん乗り換えキャンペーンの利用

②代理店キャンペーンの利用

では二つのキャンペーンを確認してみましょう。

①あんしん乗り換えキャンペーンの利用

あんしん乗り換えキャンペーンはソフトバンク光の乗り換えキャンペーンです。

このあんしん乗り換えキャンペーンでは二つの特典を受けることができます。

1.他社で発生した違約金を最大10万円まで負担

2.乗り換え後、おうち割光セットへの申し込みで10260円を契約回線ごとに還元

ソフトバンク以外に乗り換えるとなると、BBIQの違約金がすべてかかってしまうことも多いです。

ただソフトバンク光の場合は10万円も負担してくれるので、乗り換えの一番の肝である違約金の心配は少なくて済みそうです。

さらに光回線だけでなく、ケータイの乗り換えもサポートしてくれるのでそのあたりの負担も少なくすることができますね。

開通前wifi機器無料レンタルキャンペーンも!

ソフトバンク光では「開通前wifi機器無料レンタルキャンペーン」というものを実施しています。

基本的に光回線は開通工事が終わるまでインターネット環境を利用することができません

ただ、このキャンペーンを利用することでソフトバンクからwifi機器を無料で借りることができ、開通前でもインターネット環境を利用することができるんです。

このwifi機器は基本的にソフトバンクAir、対応していない方はポケットwifiとなりますがどちらも普段使いで人気のあるサービス。

キャンペーンの適用に際して必要となる条件は「ソフトバンク光の申し込みだけですので、適用するようにしましょう。

 

②代理店キャンペーンの利用

代理店キャンペーンはソフトバンク光を代理店申し込みで適用できるキャンペーンです。

この代理店キャンペーンは代理店によって異なりますが、代理店NEXTの場合は☟のような特典をもらうことができます。

キャッシュバックのみキャッシュバック+無線ルーター
ソフトバンク光の新規申し込み33,000円28,000円
ソフトバンク光の転用申し込み13,000円 

申し込むだけでこのような特典をもらうことができるのは、このNEXTくらいでしょうか。

口コミも上々なので、申し込みの際には利用してみると面白いかもしれません。

 

さいごに

今回はBBIQとソフトバンク光の比較を行いました。

やはり提供エリアというのはかなり大事なポイントですね。

乗り換えの際の二つのポイントも忘れずに覚えておきましょう。