auひかりとソフトバンク光を比較!乗り換えの注意点も!

auひかりとソフトバンク光を比較!乗り換えの注意点も!

今回は光回線を比較していこうと思います。

比較する光回線は「auひかり」と「ソフトバンク光」の二つ。

どちらもケータイキャリアとしても、光回線としても有名な二社ですよね。

ただ、同じ光回線でももちろん違いはあるんです。

もちろんそれなりに利用できればいい、という考えも分かりますがどうせ利用するなら両社の違いを分かっておいたほうがいいでしょう。

ということで、今回はauひかりとソフトバンク光の違いを比較し、ご紹介していきます。

auひかりとソフトバンク光

さて、光回線として有名な二社ではありますが具体的にどのようなところが違うのでしょうか?

もちろんサービス内容も違うのですが、もっと根本的な部分が大きく異なります。

というのもauひかりとソフトバンク光とでは「使用している光回線」が違うんです。

auひかりはauの親会社であるKDDIが独自に作った光回線を使用していることで有名。

それに対し、ソフトバンク光はソフトバンクが作った光回線ではなくフレッツ光の光回線を使用して光回線サービスを提供しているんです。

これはソフトバンク光が「光コラボ」というフレッツ光のサービスモデルを利用したサービスであるためですね。

光コラボについての概要はこちら☟をご覧ください。

◆光コラボとは◆

光コラボの正式名称は「光コラボレーションモデル」。
光コラボレーション「モデル」ということで、光回線サービス自体というよりはサービスモデルのことを表しています。
光コラボの内容は「フレッツ光の光回線サービス×事業者のサービス・商品」のコラボレーション。

具体的な流れを言えば、
「フレッツ光の光回線サービス」+「事業者の商品」というセットでまとめる☞二つをまとめて割引
【ex)ソフトバンク光(フレッツ光の光回線サービス)+ソフトバンクケータイ☞おうち割光セット】

というような流れとなります。
以前のようにフレッツ光という大きな枠ではなく、さらに細分化した枠で自分の利用しているサービスに合った光回線を選ぶことができるという利用者側のメリットもここで発生します。このように今まで光回線サービスを提供できなかった事業者がフレッツ光を通じて光回線サービスを提供し、さらに自社製品・サービスとかけ合わせることで新たなサービスモデルを築いたのです。

◇光コラボの特徴

①フレッツ光よりも月額料金が安い
②通信速度・安定性はフレッツ光と同じ
③「転用申し込み」がお得

このように、光コラボは「事業者」と「フレッツ光」のコラボです。

光コラボを利用することで既存の光回線をすぐに利用できるため、その分コストが削減できますね。

ということで、ソフトバンク光はフレッツ光の光回線、auひかりはKDDIの光回線を利用している、ということを覚えておきましょう。

auひかりとソフトバンク光のサービス内容を比較

さて、根本的な違いが分かったところで次は両社のサービス内容を比較していきたいと思います。

今回比較する上で重要なポイントは三つ。

①料金

②速度

③提供エリア

光回線を選ぶならこの三つは最低限押さえておいてほしいポイントです。

では早速それぞれ比較していきましょう。

①auひかりとソフトバンク光の料金を比較

サービス名戸建て集合住宅
auひかり5100円3800円
ソフトバンク光5200円3800円

auひかりとソフトバンク光の料金は上記の通り。

こう見てみると、auひかりの方が戸建ては安く、集合住宅ではどちらも同じ料金となりますね。

これが基本的な料金になるわけですが、今回は比較をしていくのでもっと掘り下げてお話をしていきたいと思います。

実はauひかりとソフトバンク光には戸建て限定特別なプランがあるんです。

auひかりずっとギガ得プラン(3年自動更新プラン)
ソフトバンク光5年自動更新プラン+ソフトバンク光テレビ

このように、両者それぞれ特別なプランがありますので解説していきたいと思います。

 

auひかり:ずっとギガ得プラン

このずっとギガ得プランは3年自動更新のプランで、表の料金はこのずっとギガ得プランの料金です。

ただ、この5100円は「1年目」の料金。

ずっとギガ得プランの特徴は「3年間」、「1年ごと」に「100円」割引されていくというもの。

なので料金の流れは☟のようになります。

1年目2年目3年目以降
5100円5000円4900円

ということで、最終的には4900円での利用が可能になるわけなんですね。

しかもこの料金はずっと固定です。

ずっとギガ得プランの条件はただ「3年自動更新プラン」にするだけですし、ずっとギガ得プラン自体がキャンペーンの適用条件となっていることも多いのでauひかりの戸建てタイプを申し込むならずっとギガ得プランがおすすめです。

 

ソフトバンク光:5年自動更新プラン+ソフトバンク光テレビ

ソフトバンク光では本来2年自動更新プランであるところを「5年自動更新」にする、さらにソフトバンク光テレビというオプションサービスを付けることで月額料金が500円割引の「4700円」とすることができます。

ただ、ソフトバンク光テレビの月額料金が「660円」ですので、それと合わせて計算してみると結局月額料金は「5360円」となってしまうので、auひかりのずっとギガ得プランと比較するとそこまでお得感は感じることができないような気がしています。

 

ということで両社のプランを掘り下げてみても結局は基本料金と同じような結果になりましたね。

月額料金で見てみるとauひかりの方がお得に利用できるでしょう。

 

②auひかりとソフトバンク光の速度を比較

光回線で重要なのはやはり通信速度

以前までならauひかりとソフトバンク光の速度は同じ公表値でしたが、最近auひかりでは戸建て限定で「最大10Gbps」のプラン「auひかりホームX(テン)」が登場しています。

なので、速度表は☟のようになりますね。

サービス名戸建て集合住宅
auひかり最大10Gbps最大1Gbps
ソフトバンク光最大1Gbps  最大1Gbps  

ということで、まず戸建てタイプで利用するのであれば圧倒的にauひかりの方が速い速度での通信が可能と言えます。

では最大速度が同じ集合住宅タイプではどのような比較をすればいいのでしょうか?

公表値を比較しても仕方ありませんので、実際に利用している方々の意見を聞いてみたいと思います。

 

あくまで一意見を切り取っていますが、「ソフトバンク光 速度」また「auひかり 速度」と検索するとソフトバンク光の方が「遅い」という意見がかなり目立ったように感じます。

逆にauひかりの方はそこまでイライラしているような方は少なかったように見えましたね。

実はこの現象、冒頭で言った「使用している回線」による部分が大きいよう。

というのも、光回線の仕組みは「最大32世帯で共有」しそれを分配した速度を個々が利用できるというものなんです。

なので32世帯に1Gbpsという速度が割り当てられ、そこから分配するという形ですね。

そして先ほども言ったように、ソフトバンク光はフレッツ光の光回線を使用してサービスを提供しています。

さらに言ってしまえば、ソフトバンク光とauひかりの契約者数はソフトバンク光の方が多い

ということは?

どちらが共有人数が多くなりがちか、ということは明白ですよね?

このことから、現時点ではソフトバンク光よりもauひかりの方が速い、という流れができているのかな~と。

もちろん環境によって変わるので一概には言えませんが、auひかりの方が通信速度の低下する確率は低い、と言ってもいいかと思います。

③auひかりとソフトバンク光の提供エリア

ここまでauひかりが優勢でしたが、提供エリアばかりはソフトバンク光の方が上ですね。

というのも何度も言いますが、ソフトバンク光の光回線はフレッツ光の光回線を使用しています。

そしてフレッツ光のカバー率は光回線の中でもトップ。

全国的にカバーされていると言ってもいいでしょう。

対してauひかりはエリア拡大をしてはいるものの、フレッツ光ほどのカバー率は実現できていません。

このカバー率こそ、契約者数に関わってくるポイントかもしれませんね。

ということで、現時点ではソフトバンク光の方が提供エリアは広いです。

 

乗り換えの際に気を付けるポイント

では、現在ソフトバンク光を利用していてauひかりに乗り換えたい、という方に向けたお話をしようと思います。

乗り換えの際に気を付けるポイントとしては二つ。

①auひかりスタートサポートの利用

②代理店キャンペーンの利用

こちら二つが重要なポイントとなりますので、説明していきましょう。

①auひかりスタートサポートの利用

auひかりスタートサポートはauひかりの「乗り換えキャンペーン」です。

このauひかりスタートサポートの特典は二つ。

1.他社で発生した違約金を「最大30000円」まで負担

2.乗り換え後、auスマートバリューの新規申し込みで契約回線1台ごと10260円の還元

このキャンペーンを適用することで、ソフトバンク光解約時に発生してしまった違約金をほぼ無料にできるかと思います。

さらにauケータイとのセット割「auスマートバリュー」を申し込むことで、10260円も還元されるのでケータイの乗り換えもサポートしてくれるという内容。

乗り換えの際には必ず適用するようにしましょう。

②代理店キャンペーンの利用

auひかりを代理店で申し込むことで代理店キャンペーンを適用することができます。

この代理店キャンペーンはauひかりスタートサポートなどのauひかり公式キャンペーンとも併用できる、というのがポイントです。

そして代理店キャンペーンでもらえる特典は☟の通り。

auひかりキャッシュバックのみキャッシュバック+無線LAN
auひかりのみ45,000円40,000円
auひかり+ひかり電話52,000円47,000円

申し込むだけで、このような特典を受け取ることができるのはアツいですね。

このキャンペーンは有名代理店NEXTの内容ですが、この代理店はネットでの口コミも上々ですのでおすすめの代理店と言っていいでしょう。

申し込みの際には代理店キャンペーンでキャッシュバックをもらうとお得に乗り換えることができますのでご検討を。

 

さいごに

今回はauひかりとソフトバンク光の比較を行いました。

料金的にはほぼトントンと言ってもいいですが、通信速度を見てみるとauひかりの安定性は代えがたいですね。

どちらにしようか迷っている方は、総合的に見てauひかりのほうをおすすめします。