auセット割が適用できる光コラボを比較!おすすめはどこ?

auセット割が適用できる光コラボを比較!おすすめはどこ?

さて、今回はauケータイと光回線をセットで利用することで適用できる割引「auセット割」を適用できる光コラボを比較しつつ、紹介していきたいと思います。

auセット割といえば、auの光回線であるauひかりでは適用できなかったり、auの中でも有名なセット割である「auスマートバリュー」とは違うある特徴を持っていたりと、なにかと面白いセット割で詳しくは後述しますが、家族で利用する方よりは一人暮らしの方の方がお得に利用できることがポイント。

そして光コラボとはフレッツ光の光回線を利用した光回線サービスです。

ということで、auセット割・光コラボの内容も踏まえつつauセット割が適用できる光コラボを比較していきましょう。

auセット割と光コラボの概要

ではまず、auセット割と光コラボの概要についてお話して概要をつかんでいきましょう。

まずは光コラボ

光コラボは前述のように、フレッツ光の光回線を利用した光回線サービスです。

現在提供されている光回線サービスの多くはこの光コラボを利用していると言っても過言ではないくらい利用している事業者は多く、カバー率もフレッツ光と同等なので利用者にも人気のサービスとなっています。

そんな光コラボの概要はこちら☟

◆光コラボとは◆

光コラボの正式名称は「光コラボレーションモデル」。
光コラボレーション「モデル」ということで、光回線サービス自体というよりはサービスモデルのことを表しています。
光コラボの内容は「フレッツ光の光回線サービス×事業者のサービス・商品」のコラボレーション。

具体的な流れを言えば、
「フレッツ光の光回線サービス」+「事業者の商品」というセットでまとめる☞二つをまとめて割引
【ex)ソフトバンク光(フレッツ光の光回線サービス)+ソフトバンクケータイ☞おうち割光セット】

というような流れとなります。
以前のようにフレッツ光という大きな枠ではなく、さらに細分化した枠で自分の利用しているサービスに合った光回線を選ぶことができるという利用者側のメリットもここで発生します。このように今まで光回線サービスを提供できなかった事業者がフレッツ光を通じて光回線サービスを提供し、さらに自社製品・サービスとかけ合わせることで新たなサービスモデルを築いたのです。

◇光コラボの特徴

①フレッツ光よりも月額料金が安い
②通信速度・安定性はフレッツ光と同じ
③「転用申し込み」がお得

フレッツ光と事業者とのコラボレーションなので「光コラボ」と呼ばれるわけですね。

光コラボの特徴は料金の安さ、通信速度、カバー率など多くが挙げることができますが、その中でも特にフレッツ光と一線を画すポイントこそ、事業者独自の割引である「セット割」なんです。

実はフレッツ光では光回線となにかをセットにするというようなセット割は行っていません。

同じフレッツ光の利用者でも人によって利用するケータイ等は違いますよね?

その点を考えると光コラボはフレッツ光よりも1世帯、個人に目を向けたサービスと言えるかもしれませんね。

では光コラボならではの割引「セット割」の中でもauケータイとのセット割である「auセット割」の概要を見ていきましょう。

auセット割の概要

auセット割はauケータイと光回線をセットにした割引です。

同じauケータイのセット割として「auスマートバリュー」がありますが、前述のようにauひかりではauセット割を適用することができないのもポイント。

なのでauセット割は「光コラボ限定のセット割」ということができるでしょう。

では早速、auセット割の割引内容を見ていきます。

auセット割の割引内容

大容量プラン
(1200円引)
  • カケホ(電話カケ放題プラン)+データ定額 5G/8G/10G/13G/20G/30G
  • カケホ(電話カケ放題プラン/V)+データ定額 5G(V)/8G(V)/10G(V)/13G(V)/20G(V)/30G(V)
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)+データ定額 5G/8G/10G/13G/20G/30G/U18データ定額20G/データ定額5cp
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V)+データ定額 5G(V)/8G(V)/10G(V)/13G(V)/20G(V)/30G(V)/U18データ定額20G(V)/データ定額5cp(V)
  • LTEフラット/LTEフラット(V)
  • LTEフラット(キャンペーン)
  • ISフラット/ISフラット(キャンペーン)
  • プランF(IS)、プランF(IS)シンプル
低容量プラン
(500円引)
  • カケホ(電話カケ放題プラン)+データ定額 2G/3G、auピタットプラン、auフラットプラン20/30
  • カケホ(電話カケ放題プラン/V)+データ定額 2G(V)/3G(V)、auピタットプラン(V)、auフラットプラン20/30(V)
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS)+データ定額1G/3G/データ定額3cp、auピタットプラン、auフラットプラン20/30
  • スーパーカケホ(電話カケ放題プランS/V)+データ定額1G(V)/3G(V)/データ定額3cp(V)、auピタットプラン(V)、auフラットプラン20/30(V)
  • シンプル+auフラットプラン20/30
  • シンプル(V)+auフラットプラン20/30(V)
  • ジュニアスマートフォンプラン/ジュニアスマートフォンプラン(V)
  • シニアプラン/シニアプラン(V)
  • LTEフラットcp(1GB)

auセット割の割引額は最大1200円

この割引額は「大容量プラン」か「低用量プラン」かによって変動します。

まあざっくり言うと5GB以上が大容量プラン、それ以下が低用量プランと考えてもらっていいかと思います。

そして上記の割引額は永年変わることがなく、ずっと同じ割引額で割引を行ってくれます。

auスマートバリューでは3年目から毎月最大934円引きに減額してしまうのでその点は安心ですね。

さて、この割引はどこからされるのでしょうか?

実は、この割引額は「光回線の料金」から引かれます。

「auスマートバリュー」をはじめ、ソフトバンクの「おうち割光セット」などケータイとのセット割の多くは光回線ではなくケータイの料金から割引がされるのが特徴なのに対し、光回線の月額料金から割引がされることは大きな違いですね。

そしてこの点が家族で利用するより一人暮らしの方がお得になるポイントの一つです。

さらにもう一つのポイントは適用条件にありますので、auセット割を適用するための条件を確認しましょう。

 

auセット割の適用条件

auセット割の適用条件は「auケータイの対象プラン」+「光回線」を利用すること、のみです。

対象プランは上で紹介している通りですし、光回線に関してはセット割が適用できる光回線であれば利用するだけでいいので条件的には問題ないでしょう。

そして先ほど言ったもう一つのポイントがここです。

実はauスマートバリューの条件には「光電話への加入」が必須条件となっています。

この光電話は月額500円なので、auスマートバリューで割引される合計の割引額から-500円した金額がauスマートバリューの割引額と考えていいでしょう。

ここで例を出して考えてみます。

auスマートバリュー:一人暮らし LTEフラットプラン

1年目2年目3年目4年目
1410円-500円=910円引き1410円-500円=910円引き934円-500円=434円引き934円-500円=434円引き

auセット割:一人暮らし LTEフラットプラン

1年目2年目3年目4年目
1200円引き1200円引き1200円引き1200円引き

ご覧のように、auスマートバリューとauセット割を同プランで一人暮らしの場合を比較した場合は圧倒的にauセット割の方がお得です。

割引額が高い2年目までさえ300円ほどauセット割の方が安く利用できるのが分かりますね。

そして極めつけがauセット割を適用できるケータイは一回線まで、ということ。

auスマートバリューでは最大10回線まで適用することができるのでその差は歴然ですね。

なのでもちろん家族で利用する場合にはauスマートバリューの方がもちろんお得ですし、一人暮らしの場合はauセット割の方がお得です。

以上がauスマートバリューとの違い、ならびauセット割の概要ですね。

 

auセット割を適用できる光回線をランキング形式で紹介!

auセット割を適用できる光回線は意外と多いです。

ただ、その中でも光回線の料金や速度、サービス内容は大きく違ってくることをご存知でしょうか?

ということで、今回はauセット割を適用することのできる光コラボをランキング形式で1位と2位をご紹介したいと思います。

1位 ビッグローブ光

サービス名戸建て集合住宅
ビッグローブ光4980円3980円

ビッグローブ光は人気プロバイダビッグローブから提供されている光回線サービスです。

ビッグローブ光の料金は光コラボの中でもかなり安く、特に戸建てで5000円を切るというのはなかなかありません

集合住宅では特に安いとは言えませんが、一般的な料金かと思います。

さて、ビッグローブ光が1位の理由とはなんなのでしょう?

もちろん料金的なこともあるのですが、個人的に一番おすすめのポイントは「auスマートバリューも適用することができる」ということ。

さらにビッグローブモバイルという格安SIMとのセット割も行っているのでセット割が豊富で、迷っている方はとりあえずビッグローブ光、とおすすめすることができるんですね。

このようなセット割の自由度、料金だけではなくビッグローブ光は通信速度の評判も上々。

ビッグローブ光の速度は以前不満を抱える方が多かったこともありました。

ただ、最近登場した「IPv6オプション」という高速接続オプションによってこのような速度で実際に利用できるようになり、不満を抱える方も少なくなってきました。

このオプションには「IPv6対応ルーター」が必要です。手っ取り早い方法としては、ビッグローブ光電話への加入が必要となってしまいますので、一度利用してみて満足いかない速度であればオプションを利用してみる、というのもいいかもしれませんね。

👉ビッグローブ光の詳細はこちら

2位 ニフティ光

サービス名戸建て集合住宅
ニフティ光4500円3400円

ニフティ光はビッグローブと同じプロバイダであるニフティから提供されている光回線サービスです。

ニフティ光の特筆すべき点はやはり料金でしょう。

この月額料金は二年間限定ではあるものの、光コラボの中で最も安い料金なのではないでしょうか?

ニフティ光ではauスマートバリューを適用することはできませんが、ビッグローブと同じくニフティの格安SIM「NifMo」とのセット割を行っているのでどちらかを選ぶことができます。

通信速度に関してもそれほど悪い口コミは見当たらないことから、満足して利用している方が多いのではないでしょうか?

料金、速度ともにおすすめの光回線ですね。

👉ニフティ光の詳細はこちら

光コラボを申し込むなら代理店で!

さて、以上の光コラボを申し込むにはどのような方法がいいのでしょうか?

実は申し込むだけでキャッシュバックをもらえる方法があるんです!

その方法が「代理店申し込み」。

普通の申し込み方法では公式のキャンペーンしか適用することができませんが、代理店申し込みだと公式キャンペーンはもちろんのこと代理店独自の代理店キャンペーンも利用することができるんです。

どうせ同じ申し込みなら多くのキャンペーンを適用できるほうがいいですよね?

代理店キャンペーンの多くはキャッシュバックキャンペーンなので、申し込みの際にはぜひとも利用することをおすすめします。

ビッグローブ光のおすすめ窓口ニフティ光のおすすめ窓口

さいごに

今回はauセット割を適用することのできる光コラボを紹介しました。

一番のおすすめはやはりビッグローブ光ですね。

料金、速度、セット割、そして紹介していませんがキャッシュバック金額も高額です。

おすすめできるポイントが多いので悩んでいる方はビッグローブ光を一度検討してみてはいかがでしょうか?