ドコモ光プロバイダ「スピーディア」の速度が遅い?評判を調査

ドコモ光プロバイダ「スピーディア」の速度が遅い?評判を調査

今回ご紹介するのはドコモ光のプロバイダ「スピーディア」について。

スピーディアはドコモ光のプロバイダの中でもあまり知名度の高いプロバイダではないかもしれません。

しかし、ドコモ光では数多くのプロバイダからプロバイダを選ぶことができるので、知名度の高い低いは関係なくサービス内容の比較をしたほうが望ましいです。

意外と知名度の低いプロバイダでも満足に利用できる、ということは多々ありますので、今回はドコモ光のプロバイダ「スピーディア」はどれくらいの速度を出すことができるのか、またどのようなサービス内容なのかを口コミとともに調査してみたいと思います。

ドコモ光のプロバイダ「スピーディア」の速度は遅い?

ドコモ光をはじめ、光回線の多くはプロバイダを選ぶ際に二つのタイプからプロバイダを選ぶことができます。

プロバイダ選択型と一体型の違いとは

プロバイダ一体型

プロバイダ料金が光回線の料金に含まれているタイプ。現在の光回線ではこのタイプが主流。

プロバイダ選択型

プロバイダ料金が光回線の料金に含まれていないタイプ。

別途でプロバイダ料金が発生するので料金は割高だが、多くのプロバイダから選ぶことができる。フレッツ光は選択型しか提供していない。

プロバイダ一体型と選択型で違うのは「料金」です。

プロバイダ一体型のほうがプロバイダ料金が光回線と一体になっていて、別途で料金が発生しないのでお得ですね。

そして、今回お話するのはこの「プロバイダ一体型」で選ぶことができるプロバイダである「スピーディア」。

ドコモ光のプロバイダ一体型では全26社からプロバイダを選ぶことができますが、その中でもスピーディアはどのようなサービス内容なのか、評判を見ていきましょう。

スピーディアの速度を口コミで調査してみよう

同じ光回線であれば、速度に差が出るのは「プロバイダ」となることが多いです。

そして、プロバイダの速度を調査するには実際に利用している方の声を聞くのが一番手っ取り早く、信頼できます。

公式HPで情報を見ても、書いていることはどこも同じですからね…

ということで、Twitter上でスピーディアの速度に関する口コミを調べてみました。

さて、Twitter上でスピーディアの口コミを調査したところ、ヒットした検索結果は上記のみ

こちらの方はブログを更新しているようですがリンクには飛べませんでした…残念。

そのほかの口コミもないか調べてみましたが、やはり速度の計測結果どころか評判すら確認することができませんでした。

他社プロバイダでは最低限口コミの確認くらいはすることができるので、それを考えるとスピーディアはあまり人気のないプロバイダと言ってもいいかもしれません。

実際に利用している方の口コミを確認することができなかったので、おすすめすることもできませんし、おすすめしないこともできないといった感じですかね。

スピーディアのタイプは「タイプA」なので比較的安い

ドコモ光はプロバイダ一体型の中でもタイプが分かれており、選んでプロバイダによってタイプAかBに分かれます。

タイプA
  • ドコモnet
  • GMO とくとくBB
  • ぷらら
  • ソネット
  • DTI
  • タイガースネット
  • BIGLOBE
  • BB excite
  • アンドライン
  • シナプス
  • スピーディア
  • @nifty
  • エディオンネット
  • SYNAPSE
  • TIKITIKI
  • 楽天ブロードバンド
  • hi-ho
  • 01光コアラ
  • @ネスク
タイプB
  • TCOM
  • OCN
  • TNC
  • AsahiNet
  • WAKWAK
  • ちゃんぷるネット

スピーディアはタイプAとなるようですね。

では、タイプAとBでは何が違うのでしょうか?

 タイプAタイプB
戸建て5200円5400円
マンション4000円

4200円

タイプAとBで違うのは「料金」で、戸建て・マンションともにタイプBのほうがタイプAよりも200円ほど料金が高いです。

利用できるサービス内容に違いはないので、タイプAの方が料金的にはおすすめできます。

そのため、スピーディアは料金的にはおすすめできるプロバイダと言えますね。

スピーディアのオプションサービスを見てみよう!

スピーディア公式HPより引用

スピーディアをはじめ、プロバイダではオプションサービスを利用できることが多いです。

基本的なものはプロバイダメールやメールボックス、HPサービスなどですがスピーディアでは四つのオプションサービスを利用することができます。

スピーディア安心パック980円/月インターネットのフィルタリングや機器の故障時のサポート。
スピーディア遠隔サポート

500円/月

パソコンやインターネットのトラブルに電話で対応してくれるサポート。

スピーディアプレミアムセキュリティ500円/月セキュリティサービス「WEBROOT」を利用したセキュリティサービス。
メールパック300円/月保存容量3GBのメールアドレスが三つもらえる。

スピーディアのオプションサービスは上記の通り。

月額料金はどれもかかってしまいますが、中には入っておいてもよさそうなサポートサービスがあります。

セキュリティサービスはアメリカでも売り上げが一位のWEBROOTなので、安心してよさそうです。

プロバイダオプションとしてはなかなかいい質のものが多い印象ですね。

ドコモ光のプロバイダは口コミが確認できるプロバイダを選ぼう

ドコモ光のプロバイダに限らず、プロバイダを選ぶ際には実際に利用している方の口コミを確認できるプロバイダを選んだほうがいいです。

やはりそのほうが信頼性はありますからね。

ということで、実際にドコモ光のプロバイダの口コミを全体的に調査してみたところおすすめできそうなのが「GMOとくとくBB」というプロバイダ。

こちらの方の口コミでは実際に速度を測定したものを載せてくれています。

ダウンロード速度とアップロード速度でどちらも400Mbpsを超えているので、この速度であれば何をするにも困ることはありません。

中には1Mbps以下しか出すことができない、という口コミのあるプロバイダもありますので実際にこれだけの速度で利用できている人がいる、ということは多少なりとも安心感を感じるところではないでしょうか。

さらに、GMOとくとくBBは申し込むことで、キャッシュバックキャンペーンを適用することもできます。

GMOとくとくBB公式HPより引用

GMOとくとくBBの申し込みで適用することができるのは「最大15000円キャッシュバック」というキャンペーンです。

ただGMOとくとくBBの公式HPからドコモ光を申し込むことで15000円のキャッシュバックをもらうことができるので、適用条件はかなり簡単そうです。

ほかの窓口に徹底対抗、というのも本気度を感じられていいですね(笑)

口コミも確認でき、キャッシュバックももらうことができるので、口コミを確認できないスピーディアよりはGMOとくとくBBのほうがおすすめできそうです。

ドコモ光への申し込みはコチラから

ドコモから格安SIMに乗り換えたほうがお得かも…?

さて、ドコモ光のプロバイダ「スピーディア」についてお話していきました。

しかし、そもそもドコモ光はおすすめできる光回線なのでしょうか?

正直に言ってしまえば、手放しでおすすめできる光回線、とは言うことができません。

というのも、一番ネックなのは「料金の高さ」。

これはドコモのサービス全体に言えることですが、とにかく月額料金が高いんですね…

またドコモ光ではドコモケータイとのセット割を適用することができ、ドコモケータイを最大1600円割引することができますが、ドコモケータイの料金自体が高いのでこのセット割を適用しても他社光回線のセット割の方がお得、という結果になることが多いです。

つまり、料金で考えれば根本的にドコモのサービスから他社のサービスに乗り換えたほうがおすすめなんですね。

ドコモ光を利用している方は、ドコモケータイを利用している方がほとんどなので、まずはおすすめのケータイの乗り換え先から。

ドコモケータイからの乗り換えでおすすめしたい乗り換え先は「NifMo」です。

NifMoはニフティから提供されている「格安SIM」で、ドコモケータイと比較すると料金はかなり安いです。

3GB1600円
7GB2300円
13GB3500円

こちらは、音声通話SIMと言って、一般的なケータイの機能が全部利用できるSIMです。

一般的なドコモケータイと機能が変わらないのにNifMoにするだけで、ここまで料金を安くすることができるのは大きなメリットでしょう。

そして、NifMoではニフティ光とのセット割を組むことができ、ニフティ光の料金もドコモ光より安い。

2年プラン

住宅タイプ

戸建て

マンション
契約期間

2年(24ヵ月)

2年(24ヵ月)

料金4500円3400円

3年プラン

住宅タイプ

戸建て

マンション
契約期間

3年(36ヵ月)

3年(36ヵ月)

料金4510円3490円

まず、この時点でケータイと光回線の合計料金はドコモ光×ドコモケータイの合計料金より安いですが、セット割「まるっと割」を適用することで、NifMoの料金が200円割引されます。

サービス対象割引名割引額
NifMo×ニフティ光まるっと割(ネット+スマホ)200円/月
NifMo×ニフティでんきまるっと割(でんき+スマホ)250円/月
NifMo×ニフティ光×ニフティでんきまるっと割(ネット+でんき+スマホ)450円/月
NifMo×ニフティ光×ニフティでんき✕ニフティガスまるっと割(ネット+でんき+スマホ+ガス)550円/月

ニフティ光だけでなく、電力サービスやガスサービスなどともまとめてセット割を適用できるので、NifMoにするなら光回線だけでなくほかのサービスもニフティにしたほうがお得になりますね。

つまり、NifMoを使うならニフティ光がおすすめの光回線、またニフティのサービスでまとめるとより料金はお得になるでしょう。

ドコモケータイからNifMoに乗り換えて、NifMo×ニフティ光を利用してみてはどうでしょうか?

ニフティ光への申し込みはコチラから

さいごに

今回はドコモ光のプロバイダ「スピーディア」についてご紹介していきました。

口コミを確認することができないのはプロバイダ選びに際してかなりネックなポイントです。

そのため、ドコモ光のプロバイダを選ぶなら口コミの確認できる「GMOとくとくBB」がおすすめです。

また、ドコモケータイにこだわらないのであればNifMo×ニフティ光に乗り換えることをおすすめします。

ドコモ光への申し込みはコチラから