ドコモ光のプロバイダ「ANDLINE」の評判は?遅いって本当?

ドコモ光のプロバイダ「ANDLINE」の評判は?遅いって本当?

今回はドコモ光のプロバイダ「ANDLINE」の評判を検証していきたいと思います。

プロバイダとしてそこまで知名度があるプロバイダ、というわけではありませんがプロバイダの知名度はサービス内容とあまり関係ないことが多いです。

知名度のないプロバイダでもしっかり速度が出るプロバイダも多々あります。

ドコモ光はプロバイダを多数から選ぶことができる光回線ですので、ANDLINEではどれくらいの速度がでるのか、実際の利用者の口コミからサービス内容を見ていきたいと思います。

ドコモ光のプロバイダ「ANDLINE」の速度の評判は?

ANDLINEはプロバイダの中でもあまり知名度の高いプロバイダではありません。

ただ、プロバイダのサービス内容は知名度で決まりません。

しかし、ANDLINEの調査をしてみると「速度が遅い」という評判もチラホラ見えてきました。

同じ光回線を利用しているなら速度が決まるのはプロバイダ、と言っても過言ではありません。

そしてプロバイダのサービス内容を知るのには、実際に利用している方の口コミを見てみるのが一番手っ取り早く確実。

ということで、Twitterで投稿されているANDLINEの口コミから、速度が遅いという評判は本当かどうか確かめてみましょう。

おっと、まず検索でサジェストに「遅い」と出てくるほどのよう。

ちょっと不穏な空気を感じますね…

さて、こちらの方は実際にANDLINEを利用している方で、FF14のデータをダウンロードした際の口コミです。

全データの通信量は「36014MB」なので、「36GB」と言ったところでしょうか。

そしてダウンロードに要する時間は「1485分以内」というとんでもない時間が表示されていますね(笑)

で、ダウンロード速度も表示されているのですがこれを見てみるとなんと「0.56Mbps」という速度になっています。

0.56Mbpsは560Kbpsと同じ速度です。

勘のいい方なら気づくと思いますが、スマホで通信制限がかかってる際の速度は「128kbps」。

つまり、通信速度がかかっている状態のスマホの速度×4倍程度しか速度がでていないことに…

これではデータダウンロードにこれだけの時間がかかってしまうのもうなずけますね。

光回線を利用するのであれば、通信量がかからないのはもちろん、通常よりも速い速度で通信ができなければ意味がありません。

投稿者様のように、オンラインゲームをするのであればより速度は重要になるでしょう。

ANDLINEの速度が遅い、という評判は間違いではなさそうですね。

ANDLINEの料金はドコモ光のプロバイダの中でも比較的安い

ドコモ光では、プロバイダ一体型であれば全26社から、プロバイダ選択型ならもっと多くのプロバイダからプロバイダを選ぶことができます。

プロバイダ選択型と一体型の違いとは

プロバイダ一体型

プロバイダ料金が光回線の料金に含まれているタイプ。現在の光回線ではこのタイプが主流。

プロバイダ選択型

プロバイダ料金が光回線の料金に含まれていないタイプ。

別途でプロバイダ料金が発生するので料金は割高だが、多くのプロバイダから選ぶことができる。フレッツ光は選択型しか提供していない。

プロバイダ一体型と選択型ではこのような違いがありますが、よりおすすめできるのは料金の安いプロバイダ一体型で、今回見ていくのはプロバイダ一体型の料金です。

タイプA
  • ドコモnet
  • GMO とくとくBB
  • ぷらら
  • ソネット
  • DTI
  • タイガースネット
  • BIGLOBE
  • BB excite
  • アンドライン
  • IC-net
  • スピーディア
  • @nifty
  • エディオンネット
  • SYNAPSE
  • TIKITIKI
  • 楽天ブロードバンド
  • hi-ho
  • 01光コアラ
  • @ネスク
タイプB
  • TCOM
  • OCN
  • TNC
  • AsahiNet
  • WAKWAK
  • ちゃんぷるネット

このように、プロバイダ一体型で選ぶことができるプロバイダは多数ありますが、選んだプロバイダによってタイプが「A」と「B」に分かれます。

このAとBの違いは「料金」で、それ以外のサービス内容はとくに変わりがありません。

 タイプAタイプB
戸建て5200円5400円
マンション4000円4200円

戸建て・マンションともに200円ほどタイプBの方が料金は高いです。

サービス内容は変わらないので、タイプAの方がおすすめできる、と言っていいでしょう。

そしてANDLINEはタイプAで利用できるプロバイダなので、料金的にはおすすめできるプロバイダと言えます。

ドコモ光のプロバイダは口コミで速度の出ているプロバイダにしよう!

ANDLINEの速度に関する口コミ、料金を見ていきました。

しかし、速度に関する口コミではかなり不満を持っている方がいましたし、計測されている速度もプロバイダとしておすすめできる速度かと言われたらそうではありませんでした。

やはり一番信用できる情報は公式の情報ではなく、実際に利用している当事者の情報で、より評価の高い口コミを投稿しているプロバイダの方が安心して利用することができます。

そこで、ドコモ光のプロバイダを調査していて口コミでの評価が高かったのが「GMOとくとくBB」です。

GMOとくとくBBの口コミを見てみると、多くの方が「速度が速い」という旨の口コミを投稿しており、速度に関する評判は上々。

どちらも、300Mbps以上の速度を出すことができているので先ほどのANDLINEの口コミと比較すると600倍も速い速度となっています。

これならデータダウンロードはもちろん、あらゆるインターネットサービスを利用する上で問題ない速度と言っていいでしょう。

ほかの口コミでも速度が遅い、という評判は少なく満足している方のほうが多い印象でした。

実際に利用している方々の評価が高いGMOとくとくBBはおすすめできるプロバイダと言えますね。

GMOとくとくBBは申し込むとキャッシュバックがもらえる

GMOとくとくBB公式HPより引用

GMOとくとくBBからドコモ光を申し込むことで、最大15000円のキャッシュバックをもらうことができるようです。

プロバイダキャッシュバックと言われる種類のキャッシュバックですが、もらえるプロバイダともらえないプロバイダがありますので、プロバイダキャッシュバックをもらえるプロバイダの方がおすすめです。

さらに、徹底対抗ということでほかの窓口でこれよりいい条件があればその条件以上のものを提示してくれるよう。

GMOとくとくBBを申し込むならキャッシュバックをもらうことを忘れないようにしましょう。

ドコモ光への申し込みはコチラから

ドコモを使う理由はあまりない?乗り換えるのもおすすめ!

ドコモ光のプロバイダ「ANDLINE」について見ていきましたが、ANDLINEの評判はあまりいいものではありませんでした。

しかし、そもそもドコモ光を利用しつづけるのはおすすめできるものなのでしょうか?

私は、ドコモケータイにこだわるなら利用し続けてもいいと思いますが、そうでないなら乗り換えたほうがいいと思います。

というのも、ドコモのサービスは全体的に料金が高いため。

ドコモ光も料金が他社と比較すると高いですが、ドコモケータイの料金もほかのキャリアと比較すると高額。

わりとお金がかかるキャリア、と言ってもいいほどだと思います。

ドコモケータイでセット割を組むことができるのはドコモ光だけなので、ドコモケータイにこだわるならドコモ光を利用するしかありませんが、ドコモケータイの料金が高いと感じている方であれば、ケータイを乗り換えて、セット割を組める別の光回線に乗り換えることをおすすめしたいです。

そして、今回ドコモケータイからの乗り換え先としておすすめしたいのが、格安SIM「ビッグローブモバイル」です。

プラン種別データ通信のみデータ通信SMS付き音声通話(データ+SMS+通話)
音声スタートプラン(1GB)1400円
3GB900円1020円1600円
6GB1450円1570円2150円
12GB2700円2820円3400円
20GB4500円4620円5200円
30GB6750円6870円7450円

ビッグローブモバイルでは、上記のように三つのSIMの種類を選ぶことができます。

SIMの種類によって利用できる機能は☟の通り。

データ通信のみデータ通信しかできないタイプ。電話やSMSを利用することはできない。
データ通信SMS付きSMSが利用できるデータ通信タイプ。電話番号を利用した電話は利用できないがLINEなどは利用できる。
音声通話(データ+SMS+通話)すべての機能が利用できるタイプ。一般的なケータイと同じ。

この中でもおすすめなのは、すべての機能が利用できる音声通話SIMで、このSIMであればいままでと同じようにケータイを利用することができます。

料金を見てみると、やはりドコモケータイよりも数段安いですよね。

また、ビッグローブモバイルはビッグローブ光とセット割「光SIMセット割」を組むことができ、ビッグローブ光の料金が☟の料金で利用することができるようになります。

戸建てマンション
4680円3680円

ビッグローブ光もドコモ光より安いですし、ビッグローブモバイルもドコモケータイより安い。

ドコモにこだわらないなら、どちらも乗り換えて料金を節約することをおすすめしたいですね。

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

さいごに

今回はドコモ光のプロバイダ「ANDLINE」について見ていきました。

あまり速度に関する評判はよくありませんでしたね…

ドコモ光を利用するならGMOとくとくBB、ドコモにこだわらないならビッグローブ光×ビッグローブモバイルがおすすめです。

ドコモ光への申し込みはコチラから