ドコモ光のプロバイダ「シナプス」の速度が遅い?評判を調査!

ドコモ光のプロバイダ「シナプス」の速度が遅い?評判を調査!

今回ご紹介するのはドコモ光のプロバイダ「シナプス」の評判について。

シナプスは鹿児島発のプロバイダなので、そこまで知名度は高くないプロバイダではあります。

ただ、ドコモ光はかなり多くのプロバイダからプロバイダを選ぶことができる光回線なので、すべてのプロバイダをチェックしたほうがプロバイダを選ぶ際には最適。

速度が遅い、という評判も聞きますが実際にシナプスの速度は遅いのか、口コミを調査しつつシナプスがどのようなプロバイダなのか見ていきたいと思います。

 

ドコモ光のプロバイダ「シナプス」の速度と料金を調査してみた!

今回ご紹介するのはドコモ光のプロバイダ「シナプス」について。

ドコモ光だけでなく、光回線の多くはプロバイダを選ぶ際に二つのタイプからプロバイダを選ぶことができます。

プロバイダ選択型と一体型の違いとは

プロバイダ一体型

プロバイダ料金が光回線の料金に含まれているタイプ。現在の光回線ではこのタイプが主流。

プロバイダ選択型

プロバイダ料金が光回線の料金に含まれていないタイプ。

別途でプロバイダ料金が発生するので料金は割高だが、多くのプロバイダから選ぶことができる。フレッツ光は選択型しか提供していない。

プロバイダ一体型と選択型で違うのはずばり「料金」で、プロバイダ一体型のほうがプロバイダ料金が別途でかからないので月額料金は安くすることができます。

そして、今回お話するのはこの「プロバイダ一体型」で選ぶことができるプロバイダの評判。

といってもドコモ光はプロバイダ一体型でも「26社」から選ぶことができるほど、プロバイダの数は多い光回線です。

では早速、ドコモ光のプロバイダ「シナプス」がどれくらいの速度で利用することができるのか、調査してみたいと思います。

シナプスの速度が遅いのは本当?評判を口コミで検証しよう

さて、シナプスの速度が遅い、という評判をTwitter上で投稿されている口コミで調査したいと思います。

と、言いたいところだったのですが、Twitterで口コミを検索してみたところ、速度に関する口コミを投稿している方がいませんでした…

なんでこんなに少ないんだろう…と調査してみたところ、一つの結果にたどり着きました。

それがシナプスは「鹿児島」でしか利用することができないプロバイダ、であるということ。

自ら「地域密着型」と名乗っているほど、シナプスは鹿児島に密着したプロバイダであり、その提供エリアは鹿児島県内のみです。

そのため、そもそもの利用者数がかなり少ないことが口コミの少ない原因でした。

ただ、利用している方の評判で悪いものはなかったので、比較的プロバイダの中でも安定して利用できる?印象です。

しかし、鹿児島県内でしか利用することができないので引っ越しに弱い点と、実際に利用している方の口コミが見えず、実際にどのようなサービス内容なのかが見えてこない点から、おすすめできるプロバイダ、とはなかなか言うことは難しそうです。

シナプスはタイプAなので比較的安い料金で利用できる

ドコモ光にはプロバイダ一体型の中でも、選んだプロバイダによってタイプが「A」か「B」に変わります。

タイプA
  • ドコモnet
  • GMO とくとくBB
  • ぷらら
  • ソネット
  • DTI
  • タイガースネット
  • BIGLOBE
  • BB excite
  • アンドライン
  • シナプス
  • スピーディア
  • @nifty
  • エディオンネット
  • SYNAPSE
  • TIKITIKI
  • 楽天ブロードバンド
  • hi-ho
  • 01光コアラ
  • @ネスク
タイプB
  • TCOM
  • OCN
  • TNC
  • AsahiNet
  • WAKWAK
  • ちゃんぷるネット

こちらがドコモ光の「プロバイダ一体型」で選択できるプロバイダ一覧でとなっています。

全部で26社からプロバイダを選択することができますね。

そしてこの「タイプ」で違うのは「料金」。

 タイプAタイプB
戸建て5200円5400円
マンション4000円

4200円

このように、戸建て・マンションともに200円ほどタイプBの方が月額料金が高くなるんですね。

もちろん、タイプAとBであれば安い方のタイプAの方がおすすめです。

シナプスはタイプAで利用できるプロバイダなので、料金的にはおすすめできるプロバイダと言っていいかもしれません。

ドコモ光のプロバイダはおすすめできる理由のあるプロバイダを選ぼう

さて、シナプスの速度の評判と料金を見ていきました。

料金はたしかにタイプBより安いですが、それは他のタイプAで利用できるプロバイダでも同様のことが言えます。

そして一番気になっているのは利用者が少ないので、口コミを確認することができないという点。

やはりプロバイダを選ぶなら、利用者の口コミが多く、実際に利用した際の速度などのサービス内容を確認できた方がいいです。

その口コミでも評判のいいプロバイダを選ぶことがドコモ光のように多くのプロバイダからプロバイダを選ぶことができる光回線では重要なポイントです。

そして、それらの口コミを調査した結果おすすめできそうなのが「GMOとくとくBB」です。

では、まずGMOとくとくBBの速度に関する口コミを見てみましょう。

こちらの方はなんと下りで417Mbps、上りで482Mbpsという速度を出すことができています。

ドコモ光は上下最大1Gbpsの光回線なので、約半分の速度を出すことができている、と言えます。

大抵のプロバイダでは光回線の最大速度の約3割が出ればいいというのが目安ですので、十分にドコモ光のパフォーマンスを引き出している、と言っていいでしょう。

そして、GMOとくとくBBではキャッシュバックキャンペーンを適用できるというのもポイントです。

GMOとくとくBB公式HPより引用

最大15000円のキャッシュバックをもらうことができるのはドコモ光のプロバイダの中でも珍しい。

GMOとくとくBBからドコモ光を申し込むだけでいいのでかなり適用条件は簡単そうです。

また、他社窓口に「徹底対抗」とのことで、より良い条件があればその条件以上のキャンペーンにしてくれる可能性も…

速度も速いですし、キャッシュバックももらうことができるのでドコモ光のプロバイダの中では一番おすすめできるプロバイダです。

ドコモ光への申し込みはコチラから

ドコモは「金持ちのケータイ」?格安SIMに乗り換えると節約できそう

ドコモ光のプロバイダのお話をしてきましたが、ここではドコモケータイのお話からしようと思います。

というのも、ドコモケータイの料金は他社キャリアと比較しても高額で、「金持ちのケータイ」とも言われており、もしかしたら損をしている方も多いかもしれないため。

そしてドコモケータイとセット割を組むことができるのは現在「ドコモ光」のみ

そのため、高いドコモケータイを安くしようと仕方なくドコモ光を利用している、という方は一定数以上いると思います。

では、いっそのことドコモケータイから乗り換えてみてはどうでしょうか?

今流行りの格安SIMならドコモケータイより数段料金を安くすることができますし、SIMの種類も選ぶことができます。

データ通信のみデータ通信しかできないタイプ。電話やSMSを利用することはできない。
データ通信SMS付きSMSが利用できるデータ通信タイプ。電話番号を利用した電話は利用できないがLINEなどは利用できる。
音声通話(データ+SMS+通話)すべての機能が利用できるタイプ。一般的なケータイと同じ。

このように、データ通信のみしかできないSIMから一般的なケータイと同じ機能を利用できるSIMまで選ぶことのできるSIMは様々。

ただ、初めて格安SIMを利用する場合は一般的なケータイと同じ機能を利用できる「音声通話SIM」が一番おすすめですね。

しかし、格安SIMの中でも種類はたくさんあり、選ぶのも一苦労。

ということで、今回は格安SIMの中でも人気の「ビッグローブモバイル」についてご紹介したいと思います。

ビッグローブモバイルがおすすめの理由としては次の通りです。

①料金が格安SIMの中でも安い

②三つのSIMタイプから選ぶことができる

③ビッグローブ光とセット割を組むことができる

プラン種別データ通信のみデータ通信SMS付き音声通話(データ+SMS+通話)
音声スタートプラン(1GB)1400円
3GB900円1020円1600円
6GB1450円1570円2150円
12GB2700円2820円3400円
20GB4500円4620円5200円
30GB6750円6870円7450円

ビッグローブモバイルの料金はご覧の通り、ドコモケータイと比較すると料金はかなり安い。

900円から利用できるほどですからね。

そして、同じビッグローブから提供されているビッグローブ光とセット割「光SIMセット割」を組むことができます。

セット割名割引対象割引額
光SIMセット割ビッグローブ光300円/月

ビッグローブ光の料金はただでさえドコモ光より安いですが、さらに割引されるのでその差はより大きなものに。

ケータイ・光回線どちらをとっても安くなるので、ドコモケータイを利用し続けるのもいいですが、いっそビッグローブモバイルに乗り換えてみるのもおすすめです。

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

さいごに

今回はドコモ光のプロバイダ「シナプス」についてご紹介していきました。

鹿児島限定とはいえ、口コミの少なさがやはり気になりますね…

それよりは口コミの数も多く、評価の高いGMOとくとくBBがおすすめできそうです。

ドコモ光への申し込みはコチラから