ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」が遅いと評判?

ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」が遅いと評判?

今回はドコモ光のプロバイダについてご紹介していきたいと思います。

実はドコモ光は、多くのプロバイダからプロバイダを選ぶことができる光回線で、その数は載せきれないほど。

多くのプロバイダから選ぶことができるのはメリットでもありますが、多すぎると選ぶのに迷ってしまいますよね…

そして、今回はその中でも比較的有名な「GMOとくとくBB」についてご紹介していくのですが、検索してみると「遅い」との評判が。

今回は、GMOとくとくBBのサービス内容をご紹介していくとともに、ドコモ光はそもそもおすすめの光回線なのか、ということもお話していきたいと思います。

ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」は遅い?

ドコモ光はドコモから提供されている光回線ではありますが、「光コラボ」というフレッツ光のサービスモデルを利用した光回線です。

光コラボとは、フレッツ光の光回線を利用して光回線を提供できるサービスモデルで、☟のような特徴が。

◆光コラボとは◆

光コラボの正式名称は「光コラボレーションモデル」。
光コラボレーション「モデル」ということで、光回線サービス自体というよりはサービスモデルのことを表しています。
光コラボの内容は「フレッツ光の光回線サービス×事業者のサービス・商品」のコラボレーション。

具体的な流れを言えば、
「フレッツ光の光回線サービス」+「事業者の商品」というセットでまとめる☞二つをまとめて割引
【ex)ソフトバンク光(フレッツ光の光回線サービス)+ソフトバンクケータイ☞おうち割光セット】

というような流れとなります。
以前のようにフレッツ光という大きな枠ではなく、さらに細分化した枠で自分の利用しているサービスに合った光回線を選ぶことができるという利用者側のメリットもここで発生します。このように今まで光回線サービスを提供できなかった事業者がフレッツ光を通じて光回線サービスを提供し、さらに自社製品・サービスとかけ合わせることで新たなサービスモデルを築いたのです。

◇光コラボの特徴

①フレッツ光よりも月額料金が安い
②通信速度・安定性はフレッツ光と同じ
③「転用申し込み」がお得

このように、フレッツ光の光回線を利用してサービスを提供できるので、ドコモ光の通信速度や品質はフレッツ光と同じです。

それなのに、フレッツ光よりも料金が安くセット割も適用できるのが特徴でしょう。

ただ、同じ通信速度や品質で利用できるのにフレッツ光とドコモ光の利用者では「速度が違う」こともままあります。

その原因が「プロバイダ」なんですね。

プロバイダ一体型が多い今、なかなかプロバイダに目を向けることはなかなか多くありませんが、光回線を利用できるようにするためには「プロバイダ」と契約することが必須。

これはプロバイダと契約して初めて、IPアドレスが付与されるためです。

そして、このプロバイダによっても利用できるサービス等の違いから速度の違いが出ることも

ドコモ光とフレッツ光は光回線が同じなので、やはりプロバイダに原因がありそうな感じはしますよね。

ということで、今回はドコモ光で比較的有名な「GMOとくとくBB」を紹介していきたいと思います。

ドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」とは

ドコモ光の料金の仕組みは他社光回線と比較してもちょっと複雑で、住宅タイプとは別にもうひとつタイプで分かれています。

 タイプAタイプB
戸建て5200円5400円
マンション4000円4200円

このように、戸建てタイプとマンションタイプとは別に、タイプごとに料金が「200円」違います。

ではこの違いはなんなのか?

それが、利用できるプロバイダです。

タイプA
  • ドコモnet
  • GMO とくとくBB
  • ぷらら
  • ソネット
  • DTI
  • タイガースネット
  • BIGLOBE
  • BB excite
  • アンドライン
  • IC-net
  • スピーディア
  • nifty
  • エディオンネット
  • SYNAPSE
  • TIKITIKI
  • 楽天ブロードバンド
  • hi-ho
  • 01光コアラ
  • @ネスク
タイプB
  • TCOM
  • OCN
  • TNC
  • AsahiNet
  • WAKWAK
  • ちゃんぷるネット

このように、それぞれタイプAかBによって利用できるプロバイダが異なり、それによって料金が変わります。

ただ、ドコモ光自体の品質が変わるわけではないのでほとんどの方はタイプAで申し込むことが多いですね。

総勢26社のプロバイダを選ぶことができますが、これらはプロバイダ一体型のタイプなので別途でプロバイダを申し込むとここに載せきれないほどのプロバイダから選ぶこともできます。

今回ご紹介する「GMOとくとくBB」はタイプAなので、料金はタイプBよりも200円安く利用できそうです。

では、肝心の速度はどのくらいのものなのか、実際に利用している利用者の口コミを見ていきたいと思います。

GMOとくとくBBの口コミを見てみよう

GMOとくとくBBの速度に関しては賛否が分かれていますが、印象としては「速度が遅い」と感じている方のほうが多い印象です。

まあ速いと感じていたらそもそも書き込みませんからね(笑)

また、ネットの評判を見てみてもGMOとくとくBBは「安かろう悪かろう」のプロバイダ、との評判があったので、やはり速度面に関してはあまり期待ができないプロバイダとも取れそうです。

たしかに料金はタイプAで利用できるので安いとは思いますが、速度が遅ければあまり意味はありません。

口コミから察するに、速度を重視して利用したい方にとってはあまりおすすめできるプロバイダではないようですね。

ドコモ光はそもそもおすすめの光回線?

さて、GMOとくとくBBについて少しご紹介していきましたが、そもそもドコモ光はおすすめできる光回線なのでしょうか?

おすすめできない光回線だとしたら、プロバイダの紹介をしてもあまり意味がありませんからね。

ということで、まずドコモ光がおすすめの光回線であるかどうかを見ていきたいと思います。

 タイプA
戸建て5200円
マンション4000円

ドコモ光の料金は先ほども言ったように、タイプAなら戸建てで5200円・マンションで4000円という料金です。

これは光回線の中ではわりと一般的な料金に入りますが、マンションタイプの料金は平均と比較すると200円ほど高いと言っていいでしょう。

では他社の光回線と比較するとどれくらいの位置づけになるのでしょうか?

サービス名戸建てマンション
ソフトバンク光5200円3800円
auひかり5100円☞4900円3800円
ドコモ光5200円4000円
NURO光4743円2500円
フレッツ光5700円4350円
JCOM5700円4248円

見てみると、フレッツ光やケーブルテレビと比較すると料金は安いですがほかの光回線と比較すると料金は割高です。

光回線は月額料金制なので、200円の差だとしても年間で2400円、10年では24000円の差が生まれてしまいます。

やはりできるだけ安い光回線の方を使いたいですよね。

ただ、ドコモ光ではドコモとのセット割「ドコモ光パック」を適用することができます。

このドコモ光パックの割引は☟の通りで、割引額はそこそこ高額です。

ご利用のパケットパックドコモ光パック(セット割金額)
ウルトラデータLLパック毎月1600円の割引
ウルトラデータLパック毎月1400円の割引
ケータイパック毎月500円の割引(1年のみ)

ただ、忘れてはいけないのがドコモ携帯自体の料金がそもそも他社携帯と比較して高額だということです。

ドコモ携帯は機器の割賦金が料金に上乗せされていたり、あまり料金の値下げをしないことから月額料金は他社と比較すると結構割高。

つまり、セット割が高額でもトータルで見るとあまりお得ではないんですね。

光回線も携帯も割高なので、やはりドコモ光とドコモ携帯という組み合わせで利用するのはあまり得策ではない気がしますね。

思い切って格安SIMに乗り換えてみては?

まず、ドコモ光を利用している方は圧倒的にドコモユーザーの方が多いと思います。

ドコモ光しかドコモ携帯とのセット割を適用できませんからね。

ただ、先ほども言ったようにドコモ光・ドコモ携帯はともに他社と比較すると割高なサービスです。

ということで、まずは携帯料金を安くするために思い切って格安SIMに乗り換えてみてはどうでしょう?

今回おすすめするのはビッグローブから提供されている「ビッグローブモバイル」ですが、☟のようにドコモ携帯と比較すると料金はかなり安くなります。

プラン種別データ通信のみデータ通信SMS付き音声通話(データ+SMS+通話)
音声スタートプラン(1GB)1400円
3ギガプラン900円1020円1600円
6ギガプラン1450円1570円2150円
12ギガプラン2700円2820円3400円
20ギガプラン4500円4620円5200円
30ギガプラン6750円6870円7450円

ビッグローブモバイルはドコモにも対応しているので、現在利用しているドコモ携帯からそのままビッグローブモバイルのSIMを入れて簡単に乗り換えることができるのもおすすめポイントですね。

また、このビッグローブモバイルとセット割を適用できるのが同じビッグローブから提供されているビッグローブ光。

ビッグローブ光の料金もドコモ光より安いです。

戸建てマンション
4980円3980円

戸建ては220円、マンションは20円ほど安くなっていますね。

そしてこのビッグローブ光とビッグローブモバイルをセットで利用することで「光SIMセット割」という割引を適用できます。

対象割引額
ビッグローブ光

ビッグローブ光「ひかり」コース(3年プラン)

ビッグローブ光「ひかり」コース(2年プラン)

300円

ビッグローブモバイル

「BIGLOBEモバイル」 6ギガプラン

「BIGLOBEモバイル」 12ギガプラン

「BIGLOBEモバイル」 20ギガプラン

「BIGLOBEモバイル」 30ギガプラン

この割引はビッグローブ光から割引されますが、利用している人数に依存しないので一人だけでもこの料金が割引されます。

割引額自体は安いですが、光回線・携帯ともに安いのでトータルで見るとこちらの方がお得でしょう。

ということで、現状のドコモの料金に満足していない方は、一度乗り換えてみることをおすすめします。

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

さいごに

今回はドコモ光のプロバイダ「GMOとくとくBB」についてご紹介していきました。

やはり速度に関する評判はあまりいいものではありませんでしたね…

また、ドコモ光自体もあまりおすすめできる光回線ではないので、思い切って格安SIMに乗り換えてみてはどうでしょうか?