ドコモ光でIPv6接続!ドコモルーター01とはどんなルーター?

ドコモ光でIPv6接続!ドコモルーター01とはどんなルーター?

今回はドコモ光についてお話していきたいと思います。

そして今回のテーマは巷でよく聞く「IPv6接続」について。

光回線でなにかと聞く「IPv6接続」ですが、現代のネット環境においてはもはや必須レベルで必要な接続方式と言っていいでしょう。

今回はこのIPv6接続をドコモ光で利用することができるのか、またドコモ光のルーター「ドコモルーター01」についても詳しくお話していきたいと思います。

IPv6接続とはそもそもなんなのか、ということに関してもお話していこうと思うので「IPv6接続ってなに?」と疑問を抱いている方も最後までお付き合いいただきたいです。

ドコモ光でIPv6接続は可能!そもそもIPv6接続ってなに?

巷でよく聞く「IPv6接続」ですが、その内容を知っている方は意外と少ないです。

それもそのはずで、パッと見て分かるような簡単なものではないためですね。

光回線のHPでもIPv6接続について詳しく紹介しているようなところは少なく「IPv6接続できます!」や「IPv6接続で快適に!」という程度にしか紹介はされていません。

おそらく詳しく紹介することもできるのですが、それをHPでやってしまうと専用ページを作らなければいけないほどのコンテンツ量になってしまいますし、予備知識がないと理解することが難しいレベルのものなので詳しい説明などはいれてないのだと思いますね。

ということでは、まずはIPv6接続とはどのようなことなのか簡単にご紹介したいと思います。

そもそもIPv6接続とは、「IPv6」でインターネットに接続をする、という意味です。

これだけではまだなんのことやら…という感じですよね(笑)

IPv6とは、インターネット通信で利用されるインターネットプロトコル「IP」の「v6(version6)」というのが本来の意味です。

つまりIPの第6弾ということですね。

ではこのIPv6より前のIPはなんなのか、それが「IPv4」です。

このIPv6にバージョンアップした理由はIPv4のままだとIPアドレスが枯渇してしまうため、という問題があったからなのですがこれは長くなってしまうので割愛します…

さて、それぞれIPのバージョンが違うIPv6とIPv4では名前以外に何が違うのでしょうか?

通信にかかわることで違いが出てくるのは「通信規格」です。

IPv4

PPPoE

IPv6

PPPoE

IPoE

それぞれIPv4とIPv6では利用できる通信規格に違いがあり、IPv6では二つの通信規格を利用することができます。

この通信規格の違いは「仮想トンネル」を通るかどうか。

この仮想トンネルは実は「速度制限」があり、仮想トンネルを通る通信規格ではそのインターネットサービスの最大のパフォーマンスを発揮できません。

例えるとするなら、300㎞/hの速度をもつスポーツカーでも一般道では60㎞/hしか出せないようなものですね。

そしてこの仮想トンネルを通らなければ通信できない通信規格が「PPPoE」です。

つまり前バージョンの「IPv4」ではある程度速度が制限されて通信をしていたんですね。

しかし、IPv6で新しく登場した「IPoE」ではこの仮想トンネルを通ることなく通信ができるのでインターネットサービスの最大のパフォーマンスを発揮できるようになりました。

このことから、「IPv6は速い!」というように言われるようになったんですね。

IPv6でもPPPoEでは速度が制限されてしまいますので、IPv6のIPoEを使うようにしましょう。

さて、IPv6について理解が進んだところで次はドコモ光でIPv6接続を利用するならどうすればいいのか見ていきたいと思います。

ドコモ光でIPv6接続を利用するにはどうすれば?

ドコモ光でIPv6接続を利用するにはまず「プロバイダ」がIPv6接続に対応しているかを確認しなければいけません。

これはどこの光回線でも同じで、利用している光回線で「IPv6接続」ができるかどうかはプロバイダによります。

そしてドコモ光でIPv6接続に対応しているかどうかは☟の通り。

ドコモnetIPv4 over IPv6機能
plalaIPv4 over IPv6機能
GMOとくとくBBv6プラス
@niftyv6プラス
IC-NETv6プラス
Tigers-net.comv6プラス
BIGLOBEv6プラス・IPv6オプション
ANDLINEv6プラス
スピーディアIPv6オプション
PCNOCN v6アルファ

こちらがドコモ光で利用できるプロバイダで、IPv6接続に対応しているかどうかの表になります。

それぞれ対応しているようですが、2018年8/18時点では赤字の「v6プラス」の新規受付を停止しているようなので、その他のところを利用するしかありませんね。

そして、これらのプロバイダと契約したあとにもう一つ必要なのが「IPv6接続」に対応した「ルーター」です。

現在ドコモ光で推奨されているのは自社ルーターである「ドコモ光ルーター01」というもの。

次はこのドコモルーター01について見ていきたいと思います。

ドコモの自社ルーター「ドコモ光ルーター01」とは

現在ドコモ光でIPv6接続を利用する際に推奨されているルーターは「ドコモ光ルーター01」という自社ルーターです。

ドコモ光オンラインショップより引用

こちらがドコモ光ルーター01の写真です。

わりとコンパクトなルーターのようですね。

コチラの料金は9590円で、ドコモユーザーには割引があるのかな~とかも思いましたが、見たところ割引はないよう。

一般的なルーターの料金はおよそ5000円ほどなので二倍ほど高いドコモ光ルーター01はなかなかいい値段と言えるでしょう。

しかし、市販のルーターよりも機能が豊富であることが強みで、別途料金を支払うことで遠隔で設定してくれるサポートサービスやセキュリティサービスなども利用できるようです。

まあ別途料金がかかってしまうのは痛いですが…

それ以外の機能やサービスはほかのルーターと同じようなので、推奨されているものを使いたければこのドコモ光ルーター01を利用してみるといいかと思います。

IPv6接続を利用できるのはドコモ光だけじゃない!

さて、ドコモ光のIPv6接続についてお話していきましたがIPv6接続できる光回線はドコモ光だけではありません。

有名光回線では続々とIPv6接続に対応してきているので、ドコモ光がIPv6接続に対応しているから、と言ってドコモ光にしてしまうのは時期尚早です。

というのも、ドコモ光は根本的に光回線として優れている光回線ではないからですね。

一番ドコモ光でネックとなるのはやはり料金

ドコモ光の料金は☟の通りです。

戸建てマンション
5200円4000円

今回はせっかくなので、同じケータイキャリアであるソフトバンク光とauひかりで比較してみたいと思います。

 戸建てマンション
ドコモ光5200円4000円
auひかり5100円☞4900円3800円
ソフトバンク光5200円3800円

それぞれの料金は上記の通り。

見てみると、100円~200円ほどドコモ光よりも料金が安いですよね。

「微々たる差…」と思う方もいると思いますが、光回線は月額料金制なので少しの差も積もれば結構な額に。

特にauひかりとドコモ光では戸建てで300円、マンションで200円の差がありますので年間で4000円近く差が出てしまいますね。

さらにauひかりで適用できるセット割「auスマートバリュー」とドコモ光のセット割とでは割引額にかなりの差が。

☟がauスマートバリューの割引額ですが、最大の割引額は2000円

各料金プラン・データ定額サービス割引額
au データMAX プランPro永年1,000円/月割引
au データMAX プラン Netflixパック永年1,000円/月割引
au フラットプラン25 NetflixパックN(シンプル)永年1,000円/月割引
au フラットプラン20N(シンプル)永年1,000円/月割引
au フラットプラン7プラスN永年1,000円/月割引
新au ピタットプランN~7GB永年500円/月割引
~4GB永年500円/月割引
~1GB※新auピタットプランNでデータ容量~1GBは対象外
新ピタットプラン
※新規受付終了
1GB~永年500円/月割引
※新auピタットプランNでデータ容量~1GBは対象外
auピタットプラン
※新規受付終了
~2GB永年500円/月割引
※新auピタットプランNでデータ容量~1GBは対象外
2GB超~永年1,000円/月割引
auピタットプラン(S)
※新規受付終了
~2GB永年500円/月割引
2GB超~永年1,000円/月割引
auフラットプラン
※新規受付終了
永年1,000円/月割引
auデータMAXプラン
※新規受付終了
永年1,000円/月割引
データ定額30
データ定額10/13
※いずれも新規受付終了
最大2年間:2,000円/月割引
3年目以降永年934/月割引
データ定額5/8/20
LTEフラット
※いずれも新規受付終了
最大2年間:1,410円/月割引
3年目以降永年934/月割引
ISフラット・プランF(IS)シンプル
LTEフラットforTab/Tab(i)/Tab(L)/DATA(m)
データ定額2/3
シニアプラン
※いずれも新規受付終了
永年934円/月割引
ジュニアスマートフォンプラン
カケホ(3Gケータイ・データ付)
データ定額1G
※新規受付終了
最大2年間:934円/月割引
3年目以降永年500円/月割引

対してドコモ光の最大割引額は最大1100円

ご利用のパケットパックドコモ光パック(セット割金額)
ウルトラデータLLパック毎月1100円の割引
ウルトラデータLパック毎月900円の割引
データMパック(標準)毎月800円の割引
データSパック(小容量)毎月500円の割引
ケータイパック毎月500円の割引

割引額にかなりの差があることが分かりますね。

例え、現在ドコモユーザーであったとしても乗り換えてauスマートバリューを適用したほうがトータルでお得になりますし、auひかりでは乗り換えサポートキャンペーンである「auひかりスタートサポート」を適用することができます。

光回線の乗り換えはもちろん、ケータイの乗り換えも金銭的にサポートしてくれる内容となっているので、現在ドコモユーザーである方はこちらを利用して乗り換えをするとお得に乗り換えできます。

その他のおすすめ回線

そしてauひかりだけでなく、その他の光回線にも☟のようなメリットがあります。

ソフトバンク光

IPv6接続無料!

Wifiスポット数は日本一

auひかり同様乗換えキャンペーンを適用できる

ソフトバンクケータイ・ワイモバイルケータイとのセット割「おうち割光セット」が適用できる

ビッグローブ光

IPv6接続無料!

引っ越し費用(移転手続き費用)が何度でも無料

格安SIM「ビッグローブモバイル」とのセット割「光SIMセット割」が適用できる

auひかりだけでなく、他の光回線もセット割を適用することができたり、キャンペーンを適用できたりします。

たとえドコモケータイからの乗換えを考えていない方でも、ドコモ光にはないメリットがたくさんあるのがいいですね。

そしてこれらの申込の際におすすめなのが「代理店申し込み」。

今回はauひかりの代理店キャンペーンを例にご紹介したいと思います。

auひかりを代理店NEXTで申し込むことで☟のような特典が。

auひかりへの申し込みはコチラから

auひかりキャッシュバックのみキャッシュバック+無線LAN
auひかりのみ45,000円40,000円
auひかり+ひかり電話52,000円47,000円

代理店キャンペーンを適用することで初期費用が抑えられますし、なんならお小遣いにもなります。

もちろん光回線の公式キャンペーンとも併用することができるので申し込みの際には活用してみてはどうでしょうか。

さいごに

今回はドコモ光でIPv6接続が利用できるかどうか、また利用方法をご紹介しました。

利用することはできますが、やはり料金的にそこまでお得ではないですね。

auひかりやソフトバンク光でもIPv6接続が利用できるのでそちらも検討してみてはどうでしょうか。