ビッグローブ光でも使える?「IPv6」オプションの内容とは!

ビッグローブ光でも使える?「IPv6」オプションの内容とは!

ビッグローブ光といえば、大手プロバイダビッグローブから提供されている光回線です。

月額料金も安く、ビッグローブの格安SIM「ビッグローブモバイル」とのセット割などでも人気を集めていますね。

さて、そんなビッグローブ光の中で「通信速度の向上」が見込めるオプションがあります。

そのオプションこそ「IPv6オプション」。

後述しますが、このオプションを利用してから通信速度が上がった!という方はかなり多い。

ただこの「IPv6」自体がどのようなものなのか、ということはあまり認知されていません…

ということで今回はこの「IPv6」がどのようなものなのか、そして利用するにはどのようにすればいいのかということをお話していきたいと思います。

IPv6ってそもそも何?

※ビッグローブ公式HPより引用

さて、まず「IPv6オプション」の話をする前にしなくてはならないのが「IPv6とはなんなのか?」ということについて。

おそらく多くの方はこの「IPv6」という言葉を耳にしたことはないのではないでしょうか?

かく言う私も最近調べてわかったくらいです(笑)

このオプションを利用するにあたってはそこまで詳しく知らなくてもいいのですが、これからの時代知っておいて損はないと思いますので覚えておきましょう!

まず、IPv6とは「Interenet Protocol version6」というのが正式名称で「IP」というインターネットプロトコルの六番目のバージョンのこと。

これだけだとよくわかりませんよね。

ただ、とりあえず「IP」というもののことを指す、ということはわかっていただけたと思います。

ではこのIPってなんでしょう?

IPってなに?

さて、IPについてお話をしていきましょう。

IPとは「インターネットプロトコル」というもので、インターネットでの約束事のようなもの。

プロトコルを直訳すると「約束事」という意味らしいです。

ただ、約束事と言われてもピンと来ませんよね(笑)

ではプロトコルにはどのような種類があるのか、少し見ていきましょう。

プロトコル名内容
HTTPHP閲覧、パソコンとWebサーバーのデータやり取り
SSL暗号化通信するためのプロトコル
POP3メールソフトで受信するためのもの
SMTPメールソフトで送信するためのもの
FTPパソコンからサーバーへファイルを転送
TCP信頼性を重視したデータの送受信をするためのもの。POP3などと組み合わせで使用。
IPデータなどを指定されたところまで届けるためのもの

プロトコルで代表的なものを抜粋してみました。

このように、プロトコルには様々なものがありそれぞれ役割が与えられています。

ではそもそもこのプロトコルはなぜ必要なのでしょうか?

インターネットに接続するには、インターネットを利用できる機器を使用する必要がありますがその種類は様々です。

昔はパソコンくらいしかインターネットを利用できる機器はありませんでしたが、ケータイやスマホなど時代を追うごとにインターネットというのもはかなり身近、手軽に利用できるものになっていきましたよね。

まず、パソコン一つとってもパソコンの種類は様々なものがありますしOSというパソコンの基幹を成すシステムも様々です。

そして、そのような機器同士の違いを超えて同じコンテンツを享受するために生まれたのが「プロトコル」です。

例えば「HTTP」なんかは特徴的ですよね。

HPを見るためにいちいち機器ごとに対処をしなくてはいけない、となったらHPを制作する側はとても大変です…

ただ、「http://」のようにプロトコルを用意することでそれぞれの機器でも同じようにHPを閲覧することができますし、制作側も一つのHPを制作するだけでもよくなるということですね。

さて、プロトコルに関しては分かっていただけましたでしょうか?

まとめると、インターネットを利用する機器の垣根を超えるためのパスポートのようなものです。

そしてIPはこのプロトコルの中でも「データを届ける」というかなり重要な役割を担っています。

IPv6はIPの問題を解決するために開発されたもの!

さて、「データを届ける」という重要な役割を担っているIPですが実は近年ある問題を抱えていました。

その問題というのが「IPアドレスの枯渇問題」。

IPアドレスという言葉は聞いたことのある方も多いのではないでしょうか?

IPアドレスというのは「インターネット上の住所」のようなもので、IPアドレスをたどることでどの場所からインターネットに接続しているかということが分かります。

そしてこのIPアドレスはインターネットに接続する機器すべてに割り当てられるもの。

先ほども言ったように今やインターネットに接続する機器はパソコンだけでなく様々なものがありますし、スマホに至っては一人一台が持つ時代です。

そして現在のIPのバージョンは四番目で、「IPv4」というもの。

このIPv4では「43億」しかアドレスを利用する事しかできません。

世界の人口が70億人のいま、到底この数じゃ足りませんよね?

そこで登場するのが「IPv6」です。

このIPv6では「340潤」ものアドレスを利用することができ、これは世界中の人々すべてがスマホ10台ずつもっても余裕でカバーできる数。

このようにIPv6は現状のIPでは不足してしまうIPアドレスを補うために生まれた、ということですね。

IPv6のメリットはIPアドレスだけではない!

さて、IPアドレスを補うために生まれた「IPv6」ですがメリットはそれだけではありません。

ということでIPv6にすることで生まれるメリットを見ていきましょう。

SSLで「保護された通信」に!

SSLというのは先ほど紹介したプロトコル群にもありましたが「セキュリティ通信」のためのプロトコルです。

以前このSSLはオプションサービスでしたが、IPv6にすることでこのSSLがデフォルトで使えるようになるんです。

このSSLを使えるようになると通信が保護されるのでセキュリティ面での向上が見込めるでしょう。

通信速度はIPoEで速くなる!

インターネットの接続方式には現在☟の種類があります。

  • IPv4 PPPoE
  • IPv6    PPPoE
  • IPv6 IPoE

この中でも新しい接続方式こそ「IPoE」でこの「IPoE」は制限がない接続方式なんです。

というのも従来の「PPPoE」では簡単に言うと「制限速度のあるトンネル」を利用しないとインターネットに接続できませんでした。

なのでいくら通信速度が速くてもガクッと速度が落ちてしまうんですね。

ただ、IPoEではこのトンネルに入る必要がなくなります!

なので契約しているインターネットサービスのポテンシャルが最大限に生かされ、最大速度の上限まで通信速度を挙げることができるんです。

このようにIPv6にすることで通信速度が上がった、という方はかなり多いです。

そしてIPv6の中でも「IPoE」の利用をする、ということを覚えておきましょう。

ビッグローブ光でIPv6を利用するには?

ではこのIPv6をビッグローブ光で利用するにはどうすればいいのでしょう?

ビッグローブ光でIPv6を利用するには、以前までは「IPv6オプション」への申込が必要でしたが、現在はデフォルトで適用されることになっています。

ただし、接続機器がIPv6に対応していなければ、IPv6接続の真の力を発揮することができません。

利用するためには、手っ取り早くビッグローブ光からIPv6接続に対応しているルーターをレンタルするか、自分で量販店で準備するか。ということになります。

光IP電話対応機器とは光電話を申し込むことでレンタルすることができ、光電話を利用しない方は接続機器を月額500円でレンタルすることができます。

auスマートバリューでは光電話が必須

意外に思われる方も多いかもしれませんが、ビッグローブ光ではauユーザーがとってもお得になる、auスマートバリューが適用可能なのです。

その割引を適用するためには、光電話が必要になります。ビッグローブ光電話を利用するための機器はIPv6接続に対応している機器になるので、一石二鳥になりますね。

まあ光電話も月額500円ですし、auスマートバリューを適用するなら光電話は必須なのでどちらかというと光電話を申し込んだ方がお得でしょう。

ということで、光電話の申し込みまたは接続機器のレンタルが必要となるのでおぼえておきましょう。

ビッグローブ光は代理店で申し込もう!

さて、ビッグローブ光を申し込むなら代理店申し込みがおすすめです。

この代理店申し込みでは、通常の申し込みでは適用できない代理店キャンペーンを適用することができるんです。

通常の申し込みでは公式キャンペーンしか適用できないので、代理店申し込みで代理店と公式の二つのキャンペーンを適用することができる、というわけですね。

そしてこの代理店キャンペーンの内容はキャッシュバック!

有名代理店NEXTでは35,000円のキャッシュバックか、25,000円+工事費無料のどちらかを選ぶことができます。

普通に申し込むよりは必ずお得なのでぜひとも利用してみてください。

ビッグローブ光への申し込みはコチラから

ビッグローブ光キャンペーン

ビッグローブ光のキャンペーンはどこがお得?代理店4社を徹底比較!

さいごに

今回はビッグローブ光でIPv6を利用するにはどうすればいいか、IPv6とは何かということをご紹介していきました。

IPv6を利用することでデメリットは正直なにもありませんね。

メリットしかないので利用していない方は早めに利用できるよう申し込んでみてください!