ビッグローブ光は引っ越しで乗り換え?それとも継続すべき?

ビッグローブ光は引っ越しで乗り換え?それとも継続すべき?

ビッグローブ光は大手プロバイダビッグローブから提供されている光回線で、最近では格安SIMであるビッグローブモバイルとのセット割の影響もあり、人気沸騰中の光回線です。

ただ、今回のお話のテーマはこのビッグローブ光を利用していない方に向けた記事ではなく現在ビッグローブ光を利用している方に向けた記事となっています。

というのも、今回のテーマは「引っ越し」。

年度が変わるにつれて新しい生活が始まる方も多いでしょう。

そんな引っ越しをする中で住宅はもちろん、ビッグローブ光つまり「光回線」も引っ越しをすることができるんです。

ただ、引っ越しをできるといっても本当にそのまま引っ越し手続きをして継続利用するべきなのかどうか、ということが今回のミソ。

いざとなったときには遅いかもしれないので、ビッグローブ光を利用している方は目を通してみてくださいね。

 

ビッグローブ光は引っ越しで継続?乗り換え?

さて、ビッグローブ光は引っ越しで継続すべきなのかそれとも乗り換えるべきなのか。

この結論を出す前にまずは継続利用するための「引っ越し手続き」について知っておく必要があるでしょう。

どのような手続きが必要となるのか、どれくらいの費用がかかるのかということを詳しくご紹介していきます。

継続するための引っ越し手続きとは?

では引っ越し手続きとはどのようなものなのか見ていきましょう。

まずは引っ越し手続きを申し込むにあたって必要となる情報がこちら☟

  • BIGLOBE ID
  • 移転元の回線設置場所
  • 契約者氏名(本人の場合)
  • 移転先の回線住所/建物種別
  • 連絡先電話番号

重要なのは引っ越し先の情報でしょうか。

またBIGLOBE IDを忘れてしまっている方は入会時に送付された「BIGLOBE会員証」に記載されているのでそちらを確認してみてください。

では事前準備が整ったところでどのような手続きが必要なのでしょうか?

①引っ越し手続きを申し込む

②引っ越し元での回線撤去工事

③引っ越し先での開通工事

④パソコン、モデムの設定

利用開始までに必要な手続きは上記4ステップです。

一般的な引っ越し手続きとそこまで変わりはなく、そこまで注意すべき点はありませんね。

ただ開通工事、撤去工事は立ち合いも必要となる可能性がありますので一日家にいる日を挙げておくと何かと困ることはないかと思います。

さて引っ越し手続きで必要となるもので重要なのはあと一つ。

引っ越し手続きにかかる費用をご紹介しましょう。

引っ越し手続きでかかる費用はいくら?

こちらは引っ越し手続き、というよりは開通工事でかかる費用です。

ビッグローブ光を初めて利用したときにも光回線の設備を引くために工事を行ったことは覚えてますよね?

もちろん引っ越し先でもこの開通工事はしなくてはならず、☟のような費用がかかります。

工事名称一括払いの場合分割払いの場合
一戸建て(ファミリータイプ)屋内配線を新設する場合30,000円750円 × 40回
集合住宅(マンションタイプ)VDSL方式の場合光配線方式をご利用で


屋内配線を新設する場合
27,000円675円 × 40回
一戸建て(ファミリータイプ)屋内配線を新設しない場合集合住宅(マンションタイプ)LAN方式の場合光配線方式をご利用で


屋内配線を新設しない場合
19,600円490円 × 40回

(ビッグローブ光公式HPより引用)

開通工事でかかってしまう金額は一番大きい金額で「30000円」、一番低くとも「19600円」がかかってしまいますので決して低い金額ではありませんよね。

引っ越し手続きといえどもこれくらいの金額がかかってしまうのは覚悟しておく必要があります。

ただ、ビッグローブ光ではあるプランに加入している方はこの工事費がかからないんです。

そのプランとは「3年間自動更新プラン」。

通常ビッグローブ光のプランは「2年間自動更新」が基本ですが、「3年間自動更新」と1年間契約期間の長いプランに加入している方は上記の工事費が無料です。

しかも一度だけでなく、何度でも無料になるのがすごいところですよね。

ということで、「3年間自動更新プラン」の方は引っ越し手続きでかかる費用は無料なので、そのまま継続利用するのもおすすめできますが「2年間自動更新プラン」の方は上記の開通工事費がかかってしまうので継続利用はあまりおすすめできないかも…?

 

ビッグローブ光から別の光回線に乗り換える?

さて、いままではビッグローブ光を継続するための「引っ越し手続き」について見ていきました。

「3年間自動更新プラン」の方は引っ越し手続きで費用がかかりませんが、それ以外の方は開通工事費がかかってしまいます。

では、いっそのこと乗り換えてみてはどうでしょうか?

というのも乗り換えることで引っ越し手続きでかかってしまう「開通工事費」を無料にでき、なおかつビッグローブ光の違約金も無料にすることができるかもしれないため。

ということで、今回は乗り換えをおすすめできる二つの光回線をご紹介していきたいと思います。

違約金負担はないけど工事費は無料のauひかり!

さて、まず一つ目におすすめしたいのはauから提供されているauひかりです。

このauひかりでは本来違約金負担のある「auひかりスタートサポート」というキャンペーンが適用できるのですが、残念ながらビッグローブ光から乗り換えの方は適用外となっています…。

ただ、新規申し込みキャンペーンである「初期費用相当額割引」という工事費無料キャンペーンは適用することができ、☟の金額を割引してくれます。

工事費【ホーム】37500円【マンション】30000円
割引-1250円×30カ月-1250円×24カ月

さらに、公式キャンペーンではこれだけですが代理店申し込みをすることで、45,000円のキャッシュバックを受け取ることができ、この金額は光回線のキャッシュバックの中でもかなり高額。

引っ越し費用の足しにもなるかと思いますので、興味のある方はこちらをご覧ください。

違約金も工事費も無料のソフトバンク光!

もう一つのおすすめはソフトバンク光です。

こちらはauひかりとは違い、乗り換えキャンペーンである「あんしん乗り換えキャンペーン」を適用することができるんです。

こちらのキャンペーンでは最大10万円まで違約金を負担してくれるんです。

なのでビッグローブ光を解約したとしてもほとんどの場合で無料にすることができるでしょう。

さらにソフトバンク光では工事費も無料で、☟の金額を割引、またキャッシュバックしてくれます。

工事費24000円9600円
キャッシュバック金額

24000円キャッシュバック

or

月額利用料1000円×24か月割引

10000円キャッシュバック

or

月額利用料1000円×10か月割引

このキャッシュバックは「普通為替」でのキャッシュバックとなり、郵便局で換金することによって現金として受け取ることができるようになります。

ただ配達時に受け取れず不在票を投函されてから1カ月以内に連絡を取らないと普通為替自体が無効になってしまう危険性もありますので不安な方は割引を選んだほうがいいかもしれませんね。

そしてソフトバンク光では開通前に「ソフトバンクAirかポケットWiFi」を無料でレンタルできるキャンペーンも行っているので開通前にインターネットが利用できなくなる心配もありません!

さて、三つのキャンペーンでお得なソフトバンク光ですがもちろん代理店申し込みによるキャッシュバックも行っています。

代理店キャンペーンを適用することで得ることのできるキャッシュバックは33,000円。

auひかりよりキャッシュバック金額は低いですが、申し込むだけで3万円近くもらえるので申し込まないと損ですよね。

詳しいことはこちらに記載していますのでご覧になってみてください。

 

代理店「NEXT」とは?

さて、先ほど代理店キャンペーンのご紹介をしましたが、ご紹介していた代理店は有名代理店「NEXT」です。

こちらの代理店はキャッシュバック金額はもちろんのこと、適用条件の軽さやキャッシュバックまでのスピードなどどれをとってもおすすめできる代理店。

KDDI・ソフトバンクからの表彰や、楽天リサーチで「auひかり申し込みサイト顧客満足度No.1」を獲得するなど実績も申し分ない代理店ですのでぜひとも利用してみてください。

auひかりの申し込みはこちら

ソフトバンク光の申し込みはこちら

さいごに

今回はビッグローブ光は引っ越しの際にどうするべきか、ということについてお話していきました。

やはりネックになるのは「開通工事費」ですね。

もちろん「3年間自動更新」プランの方は無料なのでそのまま継続してもいいと思いますが、「2年間自動更新プラン」の方、もしくはキャッシュバックを受け取りたい方は乗り換えたほうがお得になることは間違いないでしょう。

引っ越しはただでさえ費用がかさんでしまうので、少しでも費用を抑えられる選択が重要です。