価格コムのauひかり「ビッグローブ」の料金が一円?秘密を暴きます!

価格コムのauひかり「ビッグローブ」の料金が一円?秘密を暴きます!

光回線を申し込む方法っていまやたくさんあり、選ぶことが結構難しくなっています。

そして、今回のテーマとするのは「価格コム」という料金比較サイトでの申し込みについてです。

価格コムは料金を比較するだけのサイト、ではありますが実はそのまま申し込みをすることもできるんですね。

そしてそんな価格コムで取り扱っている光回線は様々ですが、今回ご紹介するのは「auひかり」で、ビッグローブをプロバイダとして利用した場合。

実質料金が「1円」という驚異的な料金となっていますが、実際はどのようなことなのか価格コムの秘密を暴いていきたいと思います。

価格コムでauひかりの実質費用が1円?

まず、価格コムとはどのようなサービスなのか、そして「実質費用」とはなんなのか、ということについてお話していきたいと思います。

価格コムとは先ほども言ったように、あらゆる料金の比較をしてくれるサービスで、エアコンや時計など買い切りの商品などをどこで購入するのが一番安いのか、といったことを確認することができます。

ただ、買い切りのものだけでなく今回のテーマにもある「光回線」のような継続的なサービスの料金も比較することができ、そのまま申し込みもすることができます。

価格コム公式HPより引用

このようにランキング形式でそれぞれ光回線ごとに価格が表示され、申し込みができるようになっています。

このことから、ちょっと買い切りの商品の料金比較とは毛色が違うようにも感じますね。

さて、このランキングを見ても気になるのがやはり「実質費用」ではないでしょうか。

いまのところ、ランキングで表示されているauひかりの実質費用はすべて「1円です。

ただ、この実質費用の計算方法はやや強引。

ということで、今回はこの実質費用の計算方法について詳しく見ていきたいと思います。

価格コムの実質費用の秘密とは?月額料金を見てみよう

さて、実質費用が1円という驚異的な料金を発表している価格コムですが、実際どのように実質費用が計算されているのでしょうか?

実際に価格コムで計算されている実質費用の内訳を見てみたいと思います。

価格コム公式HPより引用

こちらは「auひかりホーム」という戸建てプランの場合の実質費用です。

やはり初年度の実質費用は「1円」となっていますね。

ただここで注目してほしいのはまず「auひかりホーム」自体の月額料金です。

毎月の支払い料金の平均は「3582円」となっていますが、auひかりホームの実際の料金は☟の通り。

標準ギガ得ずっとギガ得
6300円5200円5100円

今回実質費用が「1円」となっているauひかりホームのプランは「ずっとギガ得」プランですので、本来であれば「5100円」で計算されるのが普通です。

ということで、まず実質費用を計算する前に「月額料金」についても見ていかなければいけないということになりますね。

価格コム公式HPより引用

価格コムの毎月の支払い料金は上記のように計算されています。

見たところ、1年間利用する場合は月額料金が初月無料であることから、平均料金が大幅に下がっているようですね。

さらに2~12ヵ月までであれば「2570円」の割引が適用されると記載されています。

これはBIGLOBEの割引なのか別の事業者の割引かは定かではありませんが、1年目は「初月無料」+「毎月2570円割引」という二つの割引が適用される、ということが分かりました。

正直、私でも「安いな~」と錯覚してしまったのですが、これ実は全然お得じゃありません

たしかに初月無料と1年間限定の割引があるのはいいのですが、肝心なのは☟の回線工事費。

価格コム公式HPより引用

 

この回線工事費は「初期費用相当額割引」というauひかり公式キャンペーンで相殺され、本来であれば実質無料になるものです。

元もとのauひかりの開通工事費は「37500円」で、それを分割払いすると「625円×60ヵ月」となり、それを毎月の「-625円」の割引で相殺してくれる、というのがこの初期費用相当額割引の内容。

もしかしたら価格コムでも割引されているのかなーと思ったのですが、2年目以降の料金を見ている限りそのように相殺されている記載はありません。

これは推測ですが、おそらく初期費用相当額割引を適用しない代わりに1年目に大幅な割引をしているのでしょう。

ただ、よくよく計算してみると1年目の大幅な割引の合計金額は、

初月無料「-5508円」+1年目の割引「-28270円(-2570円×11)」 = 33778円

となります。

つまり、初期費用相当額割引の合計金額よりも割引額は少ないんですね。

そのため、トータルで見ると月額料金は「明らかに」お得とは言えません。

価格コムはこのような安く見える見せ方が非常にうまく、初期費用相当額割引を適用しないで初年度の料金を下げるなどやや強引な方法を取ることが多い。

さて、月額料金の話が長くなってしまいましたが、ここからようやく実質費用の計算方法について見ていきたいと思います。

価格コムの実質費用の計算方法とは

価格コムでのauひかりの月額料金について見ていきましたが、割と強引な算出方法でしたよね。

ということで次は本丸の実質費用の計算方法について見ていきます。

もう一度価格コムの実質費用の内訳を見てみましょう。

価格コム公式HPより引用

価格コムでのauひかりの実質費用は先ほども言ったように「1円」です。

ただ、この内訳を見てみると「月額料金 - キャッシュバック」という計算方法で「初年度」の実質費用が計算されています。

先ほど見ていった月額料金はたしかに初年度のみ平均が「3582円」なので、それを12ヵ月利用するとなると「42984円」となります。

そしてキャッシュバックでもらえる金額が42970円なので、差額は14円。

それを12ヵ月で割ると約1円となるわけですね。

ただ考えてほしいのが、実際に月額料金が1円になるわけではないということ。

もちろん毎月月額料金は平均して3582円がかかりますし、キャッシュバックは一度だけです。

毎月1円で利用できるようになる、ということではないことを覚えておきましょう。

では、このキャッシュバックについても見ていきたいと思います。

価格コムのキャッシュバックとは

実質費用の計算方法で重要な役割を担っている「キャッシュバック」ですが、キャッシュバックでもらえる金額は42970円となかなか多い。

ではこのキャッシュバックをもらうにはどのような手続きがいるのでしょうか?

価格コムのキャッシュバックは三つのステップに分かれます。

①サービス申し込み完了後、書面でサービスの概要が通知される。

②キャッシュバック対象月に指定口座の手続きをする

③指定口座に振り込まれる

この三つのステップがあるのですが、重要なのは②について。

価格コムのキャッシュバックにはキャッシュバック対象月というものがあり、この対象月はauひかり開通月から「12カ月目」と「24カ月目」となっています。

そしてこのキャッシュバック対象月の「月初二日目の午後」から指定口座の手続きができるようになり、振り込みしてほしい口座を登録することで手続きが完了し、数日後にキャッシュバックが振り込まれます。

つまり、まず最低でもキャッシュバックを受けとることができるのは「開通から1年後」ということになりますね。

さらに対象月は「12カ月目」と「24カ月目」の二回しかないので、このどちらにも手続きをしないとキャッシュバックは受け取ることができなくなってしまいます。

1年後2年後に手続き、というのもかなり不親切な話ですよね…私だったら忘れてしまいます(笑)

このように確実にキャッシュバックを受け取れる内容ではないので価格コムで申し込みをするなら、続きを忘れない」という自信がないと難しそうですね。

auひかりの正規代理店では電話一本でキャッシュバックが振り込まれる!

さて、価格コムのキャンペーン等を見ていきましたが全体的にやや強引な印象を受けました。

そして一番ネックなのはキャッシュバックについてでしょう。

まずキャッシュバックされる時期は開通から1年後ですし、受けとるためにも手続きをしなくてはなりません。

確実にキャッシュバックが受けとれる、という内容ではないので結構不安感は残りますよね…

ただ、auひかりの正規代理店で申し込みをすると最大で52,000円のキャッシュバックをもらえますし、キャッシュバックは、「電話で口座を伝えるだけ」でauひかりの開通から1カ月後に振り込まれます。

今回紹介するのは口コミでの評価も高いNEXTという代理店で、NEXTでは☟のような特典を受け取ることができます。

 キャッシュバックのみキャッシュバック+無線LAN
auひかりのみ45,000円40,000円
auひかり+ひかり電話52,000円47,000円

キャッシュバックはもちろん、+無線ルーターの特典とも選ぶことができる自由度がいいですね。

先ほども言ったように、キャッシュバックの手続きは「電話で口座番号を伝えるだけ」ですし、キャッシュバックはauひかりの開通後1カ月後に振り込まれます。

確実にキャッシュバックを受け取ることができるキャンペーンなので、価格コムよりは正規代理店での申し込みの方がおすすめですね。

auひかりへの申し込みはコチラから

さいごに

今回は価格コムの実質費用について見ていきました。

やはりやや強引な計算方法でしたし、キャッシュバックもあまりおすすめできる内容ではありませんでした。

もっと確実にキャッシュバックを受け取れる方法はありますので、申し込みをするならそちらでの申し込みの方がおすすめです。