auひかりはキャンペーンが豊富!キャンペーンにはどんなものが…?

auひかりはキャンペーンが豊富!キャンペーンにはどんなものが…?

今回はauひかりについてのお話なのですが、その中でもauひかりの「公式キャンペーン」について詳しく説明していきたいと思います。

公式キャンペーンとはauひかりが独自に行っているキャンペーンのことで、ほとんどの申し込み方法で適用することのできるキャンペーン。(家電量販店だと一部適用できない場合がありますが…)

そしてauひかりではこの公式キャンペーンを数多く実施しています。

なかなかすべてのキャンペーンを見る機会はないと思いますので、この機会にどれだけお得なキャンペーンを行っているのか見てみましょう。

 

auひかりのキャンペーンは数が豊富!

では早速、auひかりのキャンペーンを見ていきましょう。

今回ご紹介するキャンペーンは全部で三つ。

①グッドスタートキャンペーン

②初期費用相当額割引

③auひかりスタートサポート/プラス

この中でも有名なのは「開通工事費」が無料になる「初期費用相当額割引」でしょうか?

なにはともあれ、それぞれかなりお得なキャンペーンとなっているので早速①から見ていきましょう!

①グッドスタートキャンペーン

グッドスタートキャンペーンは期間限定のキャンペーンです。

このキャンペーンはauひかりの月額料金を「1200円×12ヵ月」割引してくれるもので、新規申し込みすることで適用できます。

では詳しい内容と条件を見ていきましょう。

内容

対象期間:2017年12月15日(金)~2018年4月1日(日)

内容:auひかり「ホーム」に新規加入でauひかりの月額料金を「1200円×12ヵ月」割引

1200円×12ヵ月なので14400円の割引を受けることができ、月額3900円で1年間利用できるとも言えますね。

条件

①利用する地域が対象地域であること

…対象地域は「茨城県・栃木県・群馬県・埼玉県・千葉県・東京都・神奈川県・新潟県・山梨県」です。

②auひかり「ホーム」で、「ずっとギガ得プラン」であること

…auひかりにはホームタイプとマンションタイプがありますが、その中でも「ホーム」限定。

そしてホームの中の三つのプラン「標準・ギガ得・ずっとギガ得」の中でも「ずっとギガ得」限定です。

③プロバイダが対象プロバイダであること

…auひかりで申し込みできるプロバイダは全部で7つ。

利用できるプロバイダBIGLOBE・So-net・@nifty・Asahi Net・au one net・DTI・@TCOM
対象プロバイダBIGLOBE・So-net・@nifty・au one net・@TCOM

この中でも「Asahi Net」と「DTI」た対象外となっているので注意してください。

注意点

注意点は特にありません。

対象地域であることと、ホームタイプでの利用という条件さえ満たせばほぼほぼ適用できる内容となっているので対象地域にお住いの方で、ホームタイプの方は適用しましょう!

auひかりの「グッドスタートキャンペーン」でお得に申し込み!

②初期費用相当額割引

初期費用相当額割引は光回線の工事でほぼほぼ必要となる「開通工事」の費用を実質無料にしてくれるキャンペーンとなっています。

内容

対象期間:なし

内容:開通工事費の割引

このように、auひかりの開通工事費は住宅タイプによって変動します。

auひかり「ホーム」37500円(1250円×30カ月)
auひかり「マンション」30000円(1250円×24か月)

そしてこの開通工事費は月額料金と一緒に支払うよう「分割」することが多いです。

そこで、この分割金を分割金と同額で割引してしまおうというのがこの「初期費用相当額割引」の内容。

そのため、割引の流れは☟のようになります。

 開通工事費割引

合計

auひかり「ホーム」37500円(1250円×30カ月)37500円(-1250円×30カ月)0円
auひかり「マンション」30000円(1250円×24か月)30000円(-1250円×24か月)0円

わざわざ記載するほどでもなかったですが、このように利用している期間分の割引がされていくということを覚えておいてください。

条件

 

auひかり「ホーム」auひかり「ホーム」+ひかり電話の申し込み
auひかり「マンション」auひかり「マンション」の申し込み

初期費用相当額割引の条件は以上の通り。

auひかり「ホーム」だけ「ひかり電話」の申し込みが必須となります。

ただ、ひかり電話は「auスマートバリュ―」の適用条件でもありますのでマンションタイプの方でも結局申し込むことになるのでそこまでデメリットではありませんね。

注意点

注意点というほどでもないですが、先ほど言ったようにこの割引は「利用している期間だけ」の割引です。

そのため途中で解約してしまった場合はその分の割引がされず残っている開通工事費の分割金は支払わなくてはなりません。

キャンペーン適用時にすべての工事費が無料になるわけではなく、1月ごとに割引されていくということを覚えておきましょう。

auひかりは「初期費用相当額割引」で工事費実質無料!キャッシュバックも!

③1.auひかりスタートサポート

auひかりスタートサポートは他社からauひかりに乗り換えることで適用できるキャンペーン。

他社を解約時に発生してしまった違約金を負担してくれるのは嬉しいですよね。

内容

対象期間:なし

内容:

1.他社解約時に発生した違約金を最大30000円まで負担

2.乗り換え後、auスマートバリュ―に新規申し込みで契約回線ごとに10260円還元

auひかりスタートサポートには二つの特典があります。

二つ適用できると、違約金負担とキャッシュバックがもらえるのでかなりお得ですね。

条件

1.他社解約時に発生した違約金を最大30000円まで負担

auひかり「ホーム」

・auひかり「ホーム」 「ずっとギガ得プラン」+ひかり電話電話オプションパック

・36ヵ月以上の利用の約束

auひかり「マンション」

auひかり「 マンション」+ひかり電話電話オプションパック

・24ヵ月以上の利用の約束

こちらも住宅タイプによって条件が異なります。

いままでと少し変わった条件なのは「電話オプションパック」でしょうか?

この電話オプションパックはひかり電話のオプションをまとめたパック最大1500円のオプションを月額500円で利用することができるというもの。

ただ、auスマートバリュ―を適用する方はこの電話オプションパックが必要ないようなのでほとんどの方は申し込まなくてもいいかもしれませんね。

それぞれ利用期間が設けられていますが、これはそれぞれのプランの契約期間なのでこれも気にしなくて大丈夫でしょう。

2.乗り換え後、auスマートバリュ―に新規申し込みで契約回線ごとに10260円還元

①新規加入のauひかりとセットでauスマートバリューに新規申し込み 

②au契約回線で「2年契約(誰でも割」「2年契約(誰でも割ライト・自動更新なし)」に加入

auひかりと同時にケータイもauに乗り換えることで適用できる内容となっています。

条件的には特に注意することはなさそうですね。

注意点

注意点としては「1.最大30000円の違約金負担」が住宅タイプ・プロバイダによって変わるということ。

auひかり「ホーム」の場合

プロバイダ還元額

@nifty・au one net

So-net・@T COM

最大30000円

BIGLOBE・DTI

ASAHIネット

最大15000円

auひかり「マンション」の場合

プロバイダ還元額

@nifty・au one net

So-net・@T COM

BIGLOBE・DTI

ASAHIネット

最大30000円

 

このように住宅タイプかプロバイダによって負担される金額は変わるので、なるべく「ホーム」の方は30000円負担してくれるプロバイダを選んだほうがいいかもしれませんね。

解約金無料?auひかりに乗り換えるとキャッシュバックがもらえる!

③2.auひかりスタートサポートプラス

こちらはauひかりスタートサポートと名前は似ていますが、乗り換えていない方、つまり新規申し込みの方でも適用できる特典でもちろん乗り換えの方もauひかりスタートサポートと併用することができるキャンペーン。

内容

対象期間:なし

内容:

1.毎月1000円×12ヶ月間割引

2.電話オプションパック利用料を12ヶ月間無料

3.他社解約違約金を最大「ホームで3万円 ・ マンションで2万円」まで還元

条件

auひかり「ホーム」

・auひかり「ホーム」 「ずっとギガ得プラン」+ひかり電話

・36ヵ月以上の利用の約束

auひかり「マンション」

auひかり「 マンション」+ひかり電話

・24ヵ月以上の利用の約束

同じ名前だけあって条件は似ていますね。

こちらの条件も特に注意することはないでしょう。

注意点

注意点も条件と同様、特にありません。

auひかりスタートサポートでお話したことを覚えておきましょう。

 

さいごに

今回はauひかりの公式キャンペーンについてお話していきました。

やはり適用できるならなるべく適用したほうがお得ですよね?

今回で言えば、グッドスタートキャンペーン以外は全部適用できる方が多いと思うので今回の条件などを参考にしてみてくださいね。